【めざせ東大 !?】 2011.05.30 (Mon)

「ラップ治療法」で傷を治す

 
 腕にお湯を引っかけて、軽いやけどをしてしまいました。腕の内側の柔らかい部分。
 大したことはないのですが、郵便切手ほどの水ぶくれを潰してしまったので、「ラップ療法」「湿潤療法」 などと呼ばれる話題の治療法をためしてみました。


 傷口を水でよ~く洗ったら、食品用のラップで傷をおおってテープで止めるだけ。 ワセリンを塗って摩擦をやわらげるとなお良し。(…ワセリンは薬効成分のないただの軟膏剤。そのぶん毒にもならず幅広く使える。)


 従来の 「消毒する」「ガーゼ類でジュクジュク液を吸って傷を乾かす」「ぬらさない」「かさぶたになれば治る」 療法とは正反対の・・・

  「善玉の細胞まで殺してしまうので消毒はしない」
  「ジュクジュク液は自然治癒のための有効成分なので、無理に取り除かない」
  「しっかり水で洗う」
  「重いヨロイのようなかさぶたを作らない」


 ・・・というもの。傷にやさしい水分でうるおった状態を保ち、自然治癒力を最大限に引き出す。こうすると直りも早く、跡もキレイになるんだそうです。


 結果は・・・

 1日目、傷口が空気に触れないので、痛みはすぐに引いた。ラップ一面にジュクジュク液が出まくり。ムレが気になるので毎日数回取り替える。水で洗うとしみる。

 2日目、ジュクジュク液はさほど出ない。傷はぷっくり真っ赤に腫れ、見るからに痛々しい。大丈夫かいな。ただ 石鹸の泡で撫でてもまぁ平気 (・・・よくない?)。

 3日目、皮膚が再生され始めている感じ。傷口は透明感を増し、コラーゲンのCMみたいなトゥルントゥルン状になり始める。

 4日目、傷の周辺から回復し始める。傷面も、血肉の色に肌色がさすように(新しい皮膚?)

 5日目、新しい皮膚。ジュクジュクはほぼ無くなり落ち着きつつあるが、潤いが減ったので少しヒリヒリする。 ※この日、就寝時など1日の多くでラップがはがれてしまい、治りが停滞したよう。

 6日目、ふくらんでいた傷面はほぼ真っ平らに。まだまだ赤いが、薄皮に覆われて落ち着いた様子。ラップ部分がかぶれてかゆい。

 7日目、傷はまだまだ赤いが、表面は周囲と同じような質感に。 今後は傷跡をキレイに直す後半戦へ、という感じ。 かぶれがかゆい。

 8日目、常備しているステロイド湿疹薬 「フルコートF」 がやけどにも効くらしいので、前夜に少しだけ塗る。 朝、赤みはグンと和らぎ、かゆみなし! 5日目くらいから使っておけばよかった。 新しい皮膚は8割がた強くなり、一度ツメでかいてしまったが無事だった。

 9日目~、跡こそまだまだ目立つが皮膚はすっかり強くなり、男子ならもう 「ほっとく」 レベル。 傷跡が残るかどうかのレポートのため、もう少しだけラップを続ける。(ばんそうこうでもいいか?)

 11日目、ラップをやめる。 かさぶたがはげた跡のようなアザはまだ残っているが、傷口は叩いてもツネっても平気。

 20日目ごろ、肌色のアザが残った。消えるのは年単位?・・・若い人ならもっと早くキレイに治るだろう。



 ↓下の 「追記」 にまとめ&感想です。
 
関連記事
20:51  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【エンタメ&テレビ】 2011.05.25 (Wed)

『モヤさま』であそぼう

モヤさま

『モヤさま』のナレーション、ペンタックスのSHOW君っつう機械らしいっすね。

たまにしか見ないので今ごろ知りました。

今さらですがみんなも早速やってみようじゃ、あーりませんか。


  ≪HOYA 音声合成ソフトウェア VoiceText≫ ページへ


HOYAさんとペンタックスさん、合併したんだよね。これからもがんばってください。

ところでこの記事、日曜の番組なのに水曜日に投稿って何なんすかね。

週の真ん中もっこり照美もびっくりです。


CMの後は、大江アナがあんなことこんなこと。

(テレビ東京 モヤモヤさまぁ~ず2)
関連記事
20:55  |  エンタメ&テレビ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【JAZZ】 2011.05.20 (Fri)

リアル・マッコイ・タイナー

リアル・マッコイ


のっけからチンチンに沸騰するドラムス!

洗練とは無縁のアフロイズムが、鍵盤の上を踏み荒らす。

魂の咆哮、That's エキサイティング!

ジャズ・ピアニスト、マッコイ・タイナーの代表作 『ザ・リアル・マッコイ』。1967年。


タイナーといえば、偉大なジョン・コルトレーンの黄金期を支えた 「次元大介」 のような名・相棒。

一方で評論家は、彼個人を 「目新しさはない」 とか 「時代を進んでいない」 とかケンもほろろだが、

コルトレーンの先進・創造性と比べられても困るというもの。


それに 「古い」 ったって、現代人からすればどちらも半世紀前の演奏。 いま言われても、だ。

『リアル・マッコイ』 のようなジャズ本来の魅力、プリミティブ(原始的)な興奮を等しく評価してほしい。


急速に 「芸術化」 していくジャズの潮流にあって、ファンキーなハード・バップしかできなかった男と、

そんな楽しいジャズを心から楽しんでいるメンバーの一体感。

ほほえましいじゃないか。 大好きな1枚です。


  マッコイ・タイナー (piano)
  ジョー・ヘンダーソン (tenor sax)
  ロン・カーター (bass)
  エルヴィン・ジョーンズ (drums)



・・・いいなあ! シブいなあ!

ルパンや次元というより、みんな銭形のとっつぁんだ。

1曲目 『パッション・ダンス』 なんか景気よくって最高!


『リアル・マッコイ』 Amazon試聴ページ

 
関連記事
22:52  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【欧州&世界映画】 2011.05.12 (Thu)

『男と女』、フランス冬の海

『男と女』


フランス恋愛映画の名作 『男と女 (1966)』

「♪ダバダバダ」 もアヌーク・エーメもいいけど、ぼくにとっては一にも二にも フランスの冬の海!


女を探す男が、海岸線に車を走らせる名シーン。

あの灰色に波打つ雲に覆われた、ものさびしい浜辺。

カモメ、桟橋、184号車・・・。


学生時代にあこがれてあこがれて、これを面白半分に真似た映像を作ったりしました。

ベルベットのように柔らかくもくすんだ色彩を出すのに、ずいぶん苦労したものです。

ビデオじゃなくてフィルムじゃないとなかなかできない。


舞台になったのは、ドーヴィルという大西洋側の小さな港町だそう。

たとえば 『シェルブールの雨傘』 がそうだったように、フランスにとって大西洋は、

日本でいう 「日本海」 に似た情緒をかき立てるのでしょう。

地中海の明るさとは違う、厳寒のメランコリー。


現代のドーヴィルは夏の保養地として人気なんだそうですが、

クロード・ルルーシュ監督の映像に憧れたぼくなら、季節はずれの冬に立ってみたい。

そしてくるくる回ってみたいです。


・・・監督・撮影クロード・ルルーシュ、音楽フランシス・レイ。仏映画の両巨匠の出世作。

 
関連記事
00:11  |  欧州&世界映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ゴーヤ絵にっき】 2011.05.07 (Sat)

ゴーヤ栽培シーズン5

1.種まく人(50)
ゴッホ 『種まく人 (ミレーの主題による)』


ベランダでのゴーヤ栽培、新しいシーズンが始まりました。

失敗続きの 「水耕栽培」 はもうこりごり、今年はふつうの土栽培です。


去年採れた種はスカスカだったので、苗を2本買ってきて横長プランターに植えました。

冬のあいだ 「段ボール箱・生ごみコンポスト」 で作った肥料もほどよく。


収穫は最低でも苗1本につき10個。 夢は大きく30個×2といきたい。

毎日のビタミンCで、小雪のようなうるおいスベスベ肌を目指します。


みなさんも 「緑のカーテン」 いかがですか?

苗は今ごろ在庫処分で100円以下のものも。 まだ間に合いますよ。


  ≪準備~種まき≫
 ◆広めの土・空間で栽培。(大プランターに1~2本。2~4本でサッシ2面ぶんは覆える。)
 ◆やせた土地でも育つ。市販の培養土でも庭の土でも。
 ◆ウリ科のゴーヤは連作できない。土は前年に別種を植えていたものを。
 ◆種まきは気温20℃を超える頃、関東地方で4月~5月上旬。(ゴーヤ実から採れる種は未熟なので、実ごと少し置いて熟成させる。ただし繁殖能力に劣るらしい。農家は毎年種を買わないといけないので、途上国支援の問題にもなっているとか。)
 ◆1週間ほどで発芽。
 ◆市販の苗は 「太く短く」、節が詰まっているものを。


 
関連記事
15:11  |    ゴーヤ絵にっき  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑