【この本!】 2011.03.28 (Mon)

陶淵明 『酒を止む』


   「飲み過ぎて腹を壊す
   この機にぞ酒を止めんと思う
   酒を止むれば仙脚を得るか
   酒を止むれば何が楽しや・・・

 飲みすぎてお腹を壊しました。
 えらく反省したので、中国の詩聖たちにならって漢詩でも編もうかと思ったのですが、文学史上にはすてきな詩がたくさんありました。
 そこで、そのひとつをフォークソングっぽく訳してみました。それではさっそく聴いてください。(1、2、スリー、ホー)


  陶淵明 『酒を止む』  (『止酒』)

  居止次城邑    都会の暮らしに背中を向けて (*1)
  逍遥自閑止    のんべんだらりと暮らしています
  坐止高蔭下    木陰の下でぼーっとしたり
  歩止篳門裏    小さな庭をぶらぶらしたり
  好味止園葵    好きなつまみは畑の菜っ葉
  大懽止稚子    趣味というなら子供だけ

  平生不止酒    ずっと酒はやめられませんでした
  止酒情無喜    やめたら心に喜びがない
  暮止不安寝    夜にやめたら眠れない
  晨止不能起    朝にやめたら起きられない

  日日欲止之    ずっとやめたいと思ってるけれど
  営衛止不理    やめたらあちこち調子が悪い
  徒知止不楽    楽しくないって決まってる
  未信止利己    ためになるって信じられない

  始覚止為善    だけど良いことだと気が付いて
  今朝真止矣    今朝ついに酒をやめました
  此従一止去    これから一切きっぱりやめて
  将止扶桑■    楽園のほとりで暮らそう (*2)
  清顏止宿容    さえない顔はさっぱり捨てて
  奚止千万祀    幾千年でも万年でも



 ・・・吉田拓郎さんに曲をつけてもらったら、ギター1本で全国をまわれるでしょうか。
 ちなみに酒好きで知られる陶淵明は、やめる気なんかサラサラなかったそうです。
 ぼくも同じです。しえしえ。

 (*1)「居止」 は「(都会に)居とどまる」 と 「居を止(や)める」 という正反対の訳2説あり。
 (*2)■はさんずいに矣。「水辺、ほとり」。


 
関連記事

タグ : 陶淵明 漢詩  テーマ : 漢詩  ジャンル : 小説・文学

00:16  |  この本!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【東京ずまい】 2011.03.23 (Wed)

スカイツリー、夢の明け方

blog_import_4d931cf278882.png


建設中の東京スカイツリーが、計画の634mに達しました。

これから最後の1年は、もろもろの設備とか試運転などに充てられるのだそうです。


周りに高い建物がないので、雄々しさが際立ちます。

あまり面白みのないデザインもいよいよあらわに。


今しかない、建設中だからこそのブームも最終盤。

サグラダ・ファミリアや日光東照宮の 「逆柱」 のように、未完成のままで少しずつ手を加えていく・・・

そんな 「じらし」 も大きすぎて無理か。

茶色に塗って、枝葉を左右に伸ばしていけばおもしろいと思ったけれど。


次に来られるのはいつかな。 完成した時かな、もっと後かな。

「想定外」 だけはないよう、願っています。

 
関連記事

タグ : 東京スカイツリー  テーマ : 建築デザイン  ジャンル : 学問・文化・芸術

00:15  |  東京ずまい  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ひょうきん絵かき歌】 2011.03.08 (Tue)

あの渡部さんのえかきうた(Y!アバターで作る)

 
 ヤフー・アバターで今人気のあの人のコスプレをしました。せっかくなので、≪Firefox≫の画面保存機能を使って絵描き歌にしました。

 それでは 『邦ちゃんのひょうきん絵描き歌』(「森へ行きましょう」のハミング)にのせて・・・
 いってみよっ!


♪ヒゲのおじさんがおりました

♪黒いおべべを着せましょう

♪おしゃれなベストでかっこよく



♪だいじなカメラもわすれずに

♪ベレー帽子をかぶったら



♪あっというまに戦場カメラマン



♪あ・・・っと
・・・いうまに戦場カメラマン♪





  これがまた・・・似せるのに・・・非常にタフな・・・ミッションでした。

  それでは・・・みなさん・・・
  ・・・また・・・

  ・・・らいし
 
関連記事

00:26  |  ひょうきん絵かき歌  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2011.03.05 (Sat)

フォーレのピアノ曲全集

blog_import_4d931d19e6806.jpg


フォーレのピアノ作品全集CD (全4枚) を買った。

演奏はジャン・ユボー。録音1988~89年。

ガブリエル・フォーレ(1845~1924年)、フランスの作曲家。
代表作 『レクイエム』 のほか、『パヴァーヌ』『シシリエンヌ』 といった小品が広く有名。(リンクはYouTubeへ)




フォーレといえばショパンほど田舎くさくなく、ドビュッシーほど革新的でもない 「谷間の世代」。

老ユボーの演奏も、決して野暮ではないけどキラリと光る洗練も感じない 「中庸の美」 といったところ。

そこがフォーレ的で的を射ているのかな、とすら思った。


CDジャケット(写真)にも描かれた気取りのない農耕民族、

そんな素顔のフランス気質というなら両者はぴったりだ。

(絵はアンリ・ルバスクという印象派時代の画家。初めて聞く名前です。)


フォーレがもっとメジャーになれば、もっと刺激的な演奏が出てくるのだろうが、

空気の流れに寄り添うように紡がれていくメランコリックな旋律は、

日常のBGMとして聴くには飽きがこない、邪魔にならないからうれしい。


じつは、きのう開けたボルドーAOCのワイン、いかにもフォーレ的だなと思っていたら、

柔和なカベルネ・フラン種がメインだった。

だからフォーレが聴きたくなったのかも。 思わず笑ってしまった。


みなさんも一家に1フォーレ。 チーズの代わりにどうぞ。

 
関連記事

タグ : フォーレ ピアノ  テーマ : クラシック  ジャンル : 音楽

22:12  |  クラシック音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【禁煙】 2011.03.01 (Tue)

禁煙まる6年

 
2005年3月1日に禁煙を始めて、丸6年がたちました。


この1年は、なぜか無性に吸いたかった。

1本でいいから、深ぁく 「吸って吐いて」 したい!

昨'10年秋の、タバコ値上げの話題にちょうどぶつかったのもこたえました。



さすがに禁煙初期のイライラはもうないし、吸いたい気持ちを切り替えるのはカンタン。

また、マナーや健康面から、他人の煙はイヤだしうらやましいとも思わない。

だから実際に手を出すことはまずないだろうけど・・・

あの刺激的なノド越しの記憶とは、一生付き合っていくしかありません。


禁煙していること自体すでに忘れているのが、強みでもあり弱みでもあり・・・な時期。

まぁ、そのつど乗り越えていくとしましょう。


「人間というやつは、わざわざおのれの敵を口に入れて分別を奪わせる」  (『Othello』Ⅱ-3
                                

1箱20本×365日×6年間=43800本
1箱300円×365日×6年間=657000円の節約

禁煙5年でガン発病のリスクが50%低下 (非喫煙者レベルになるには何10年もかかるとか!)


 
関連記事

タグ : 禁煙  テーマ : 禁煙  ジャンル : ヘルス・ダイエット

19:40  |  禁煙  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑