【【未整理】 世界ブラボー日記】 2011.01.26 (Wed)

石油ストーブの魔術師


 
わが家は石油ストーブ派です。

お湯を沸かしてたくさん 「湯たんぽ」 にするから。

こたつの中に毛布と湯たんぽを入れたら、電源いらずの暖ったかさ。

うちのこたつはヒーター外したままです。 ザ・エコ。


ストーブの上で、古ポプリやお茶がらをいぶすといい香りがします。

とろけるチーズは 『ハイジ』 の気分。

焼きイモからアロマまで、ストーブはめくるめく魔法の錬金釜です。


…19世紀、ある技術者が生ゴムをストーブの上に落としたことから、便利な合成ゴムが発明されました。

男の名はチャールズ・グッドイヤー。

タイヤで有名なグッドイヤー社は、彼の名前から取られたそうです。(でも関係はないとか)


ぼくもストーブの上で、名前を勝手に使われるくらいの大発明をしたいものです。

コゲたアジの干物、だれか買いませんか?
 

関連記事
00:15  |  【未整理】 世界ブラボー日記  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【JAZZ】 2011.01.22 (Sat)

円熟の 『ハウ・ハイ・ザ・ムーン』

 
 YouTubeでジャズのお宝映像を見ていたら、ふたりの老巨星の演奏にたどり着きました。

 女王エラ・フィッツジェラルドと、ジャズ・バイオリンの第一人者ステファン・グラッペリ。 曲は、おふたりとも得意にしていたスタンダードの名曲 『ハウ・ハイ・ザ・ムーン』
 どちらも技術面ではだいぶ落ちてしまってはいるけど、えも言われぬたたずまいがむしろ味わい深い。家庭的で温かい、ライブならではの雰囲気も演奏を盛りたてます。 これぞ人徳のなせる業。

 ・・・まずはエラの歌から。 来日時の映像でしょうか?


  blog_import_4d931e252c33f.jpg
  【YouTube】ELLA FITZGERALD "HOW HIGH THE MOON" (写真は全盛時の名盤『エラ・イン・ベルリン』)


 YouTubeの関連動画には全盛期の歌唱もあり、その怒涛の、土石流のようなスキャットはひれ伏させるほど圧巻。でもこういう、グランマがノリノリで歌っている姿だって可愛いらしくって、スタンディング・オベーションするならこっち、という楽しさ。
 いつも思ってました、こういうばあちゃんが欲しかった。




  blog_import_4d931e2734716.jpg
  【YouTube】Stephane Grappelli Plays "How High The Moon" (写真は手持ちの愛聴盤 『時さえ忘れて』)


 一方のグラッペリ。
 パリジャンらしく上品で軽快、あふれるスウィング感。親しみやすい演奏ゆえに娯楽文化の中で消費され、CDなどはかえって歴史に埋もれているのが残念。今なら、同じフランス音楽界の巨匠ミシェル・ルグランと組んだ盤がポピュラーでしょうか。
 ぼくは亡くなる前の最後の来日公演に間に合いました。
 80越えても第一級のクオリティには頭が下がる。ほんといい思い出です。


 ・・・Youtube動画を貼りつけていたのですがやめました。リンク先だけ残しておきます。

 
関連記事
19:36  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【【未整理】 世界ブラボー日記】 2011.01.16 (Sun)

寒い寒い寒い東京




ぼくは寒いのが苦手です。

朝起きたら、家で一番古い時計は止まっていました。

干しておいたタオルは、利尻こんぶみたいに凍っていました。


きょうは全国的にこの冬一番の寒さ。

東京は最低気温1度。 プッチンプリン出したままでも冷やこい。


雪国の人に言わせれば、そんなのサザンが聴ける温度でしょうが、ぼくは寒いのが苦手なんです。

昨夏のようなバカ暑のほうがずっといいです。


ニュースによりますと、あの奄美大島でも雪が降ったそうですが、

観測所には降らなかったので記録上は 「降ってない」 ことになるんだそうです。

お役所仕事め。


暦の上ではもうすぐ大寒。 今日がピークであってください。お願いします。



 写真は、前に撮った東京ドーム・シティ(後楽園ゆうえんち)からの風景。右端にドームがちらり。
 無料サイト 『TiltShift maker』 でミニチュア模型ふうに加工してみました。英語だけですがカンタンなのでどうぞ。


 
関連記事
22:28  |  【未整理】 世界ブラボー日記  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【【未整理】 世界ブラボー日記】 2011.01.13 (Thu)

タイガーマスク 『みなし児のバラード』

 
「タイガーマスク=伊達直人」 を名乗った慈善活動が話題です。

若い頃ならナナメに見ていたでしょうが、今は素直に心打たれています。


『タイガーマスク』 といえば、何と言っても終わりのうた 『みなし児のバラード』。

「アニメ史上最高に暗い曲」 と言われながらもかつ! 「アニメ史上最高の名曲」!!

文句なしの1位。

後年のメディアが 「みなしご」 という言葉に躊躇して、この歌を埋もれさせていたのだとしたら残念です。


戦争で身寄りを失った男の屈折と、それでもなお正しく生きよう (その道のりは厳しい!) と誓う、ちいさな希望の歌。

ただのハッピーな勧善懲悪だけではない、『タイガーマスク』 というヒーローの本質が描かれています。


作詞は 「木谷梨男」 名義の番組プロデューサー斎藤侑さん。

作曲はテレビ音楽史上屈指の大ヒットメーカー、菊池俊輔大先生。(勲章くらいあげたれよ。)

歌うのは 「新田洋」 さん。 のちにムード歌謡の 「敏いとうとハッピー&ブルー」 で人気歌手に。

(ぼくは子供のころ、「タイガーの歌は 『♪よせばいいのに』 の声と一緒だ!」 と言っても誰にも信じてもらえませんでしたが、やっぱり正しかった!)



人様の著作物、あからさまな動画埋め込みは申し訳ないので、ささやかにリンクを張りました。

あしたもどこかの町にタイガーは現れるのでしょうか?


関連記事
00:35  |  【未整理】 世界ブラボー日記  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2011.01.10 (Mon)

おせちで肌ツル

 
お正月は実家に帰省していました。

年末の暴飲暴食から一転、近所を回るだけの静かなお正月でした。

昔ながらのおせち料理も堪能。

ぼくの 「好きなおせちベスト3」 は以下のとおり。 発表します。でれれれ・・・


  第1位 : 昆布巻き
  第2位 : 里芋やらの煮物
  第3位 : 紅白なます


・・・あぁ、なんて安上がりな孝行息子でしょう!

煮物なんかおやつ代わり。

地味~ぃな売れ残りを片づける 「処理班」 と化しました。

反対に、高そうなエビとか栗きんとんなんかは、ほとんど手を付けたことありません。


そんなヘルシーな三ヶ日をすごしたおかげで、お肌は見違えるほどすべすべになりました。

真矢みきもあきらめるくらい。(個人の感想)


みなさんのベスト3は何ですか?

やっぱり 「おふくろの味」 が一番の美しさの秘訣ですね。

・・・と、いまコーラをがぶ飲みしながら書いています。 おーい、これウィスキーで割ってくれー。


真矢みきになるのはあきらめました。

 
関連記事
21:43  |  ぐるめ…?  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【アメリカ映画】 2011.01.07 (Fri)

『サウンド・オブ・ミュージック』 TV吹き替え版

≪お正月のテレビ日記③ テレ東 『サウンド・オブ・ミュージック (1965米)』≫

38 サウンド・オブ・ミュージック

テレビ東京で、ミュージカル映画の金字塔 『サウンド・オブ・ミュージック』 をやっていました。

映画については前に記事にしたので、今回は地上波ならではの 「吹き替え版」 について。

テレビ東京が独自に製作したというこの新録バージョンは、全体的に声が若返った感じでした。


相手役の<トラップ大佐>とその恋人<男爵夫人>は、井上和彦さんと戸田恵子さん。

80年代アニメの、若くてカッコいいヒーロー&ヒロイン役と言えばこの方たち・・・なトップ声優。

そんなおふたりが壮年キャラを演じる時代になったかぁ・・・と、しみじみ。

吹き替えに若さを感じたのは、この両優のイメージからかもしれません。


そしてヒロインの<マリア>役は、ミュージカル俳優の新妻聖子さん。

吹き替えの専門家ではないので多少違和感をおぼえましたが、それも個性ということでいいのかな。

ヘタな芸能人起用されるよりはずっと良かった。(でもやっぱり吹き替えの専門家を育ててほしい。)


 往年の「マリア」=ジュリー・アンドリュース役の声優といえば、武藤礼子さん。
 エリザベス・テイラーやグレース・ケリーなど、吹き替え映画史上最高の美女役のひとり。 ヒッチコック 『裏窓』 のG・ケリーなどは艶っぽくてキュートで、もうたまらない名演でした。
 『サウンド…』 のDVDソフトには武藤さんの吹き替え版も併録されているらしいので、吹き替えマニアにはほんとうれしいボーナスです。



最後に、吹き替え映画文化を大事にしてくれるテレビ東京さん、ありがとう!

少し前には、亡くなられた野沢那智さんを追悼して 『アラン・ドロンのゾロ』 を、

年末には名作中の名作 『広川太一郎版007』 をやってましたね。 アリガト三角マタキテ四角!

 
関連記事
22:53  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【京都・奈良&和ふう】 2011.01.05 (Wed)

テレビで歌舞伎鑑賞

≪お正月のテレビ日記 NHK 『歌舞伎公演』≫
blog_import_4d931e7d5753c.jpg
取り壊し直前の旧・歌舞伎座


NHKで歌舞伎公演をいくつか生中継していました。

「そろそろ歌舞伎」 と思いながらここ数年、ぼくの歌舞伎のたしなみは伸びずじまいです。


それでも、菊五郎さんの国立劇場公演は存分に楽しめました。

(3日NHK-BS。演目は 『四天王御江戸鏑 (してんのう・おえどのかぶらや)』 という珍しい作品とか。)

何が楽しいって、B-1グルメの話題や、子役たちによるAKBの 「会いたかったー♪」、

果ては 「戦場カメラマン」 !まで登場して、いま、現代のネタを大胆にふんだんに。

菊五郎さんはほんと面白い、大好きです。


一方、エビゾー休演で話題の公演も中継。

別番組でさんまさんが、「(団十郎さんは) 30過ぎた息子の釈明会見、大変やでー」 。

ウケた。


今年こそは歌舞伎、生で見にいきたいな。

 
関連記事
00:15  |  京都・奈良&和ふう  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【★特別企画★】 2011.01.01 (Sat)

お正月だョ!全員集合!

 



♪な、な、なっちゃんの大爆笑
チャンネル回せば顔なじみ
笑ってちょうだい今年もまた
だれにも遠慮はいりません♪


♪兄さん姉さんパパにママ

ルパンジーパン北斗の拳

そろったところで始めよう
♪そろおーったところで、はーじーめーよーおー!


・・・新しい年も一生懸命がんばります。
ごきげんよう!

 

 
関連記事
00:59  |  ★特別企画★  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑