【クラシック音楽】 2010.12.27 (Mon)

フルトヴェングラーのワーグナー

blog_import_4d931eb1cea74.jpg


年末ということで、景気のいい音楽を聴きました。

ワーグナーの 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』 前奏曲。

演奏は、20世紀最大の指揮者ウィルヘルム・フルトヴェングラーとその手兵ベルリン・フィル。

 グラモフォン盤 『ワーグナー管弦楽作品集 (POCG-3792、UCCG-3699)』 より。1949年。
 ・・・フルトヴェングラーのCDといえばEMI社のものがポピュラーだが、どうしても録音が古くて大巨匠のド迫力が伝わらない。この黄色いラベルのグラモフォン盤は比較的音がましで、色彩感や厚みが可能な限り再現されている。今も売ってるかな?



これぞドイツ・ロマン派音楽の正統・本流!

芸術の傾向を、よくギリシャ神に例えて 「ディオニュソス的」 「アポロン的」 という言いかたをします。

「ディオニュソス」 は男性的、強さ、情熱。 「アポロン」 は女性的、優しさ、洗練といったところ。

フルトヴェングラーはまさに 「ディオニュソス」 の権化。

剛毅、厳然、激情、堂々。

「アポロン的」 な後継者カラヤンがヒヨッ子扱いされるのも分かるというもの。


併録の 『トリスタンとイゾルデ~前奏曲と愛の死』 も、今どきの 「泣ける」 ラブ・ロマンスなんかではなく、

揺るぎない精神のもとに構築されたドラマの神髄。

激烈だが甘ったれた感傷にいちいち流されない、王者のたたずまい!

そう、「ドラマとはかくあるべき」 というものを思い知らせてくれます。


ビギナーの方にはふつうに音がいい現代の演奏(レヴァイン&メトロポリタンo)をおすすめしますが、

ぼくの場合、真の巨人の真の風格というものに心酔しきってしまって、ほかのワーグナー・・・

特に 『マイスタージンガー』 が聴けなくなりました。


最新の技術でもっと音を再現できないのか!? タイムマシンがあったら生で聴きに行きたい!

極上の 「芸術」 を手に入れるためなら 「科学」 に魂を売ってもいい、そんな 『ファウスト』 の気持ちです。

 
関連記事

(  テーマ : クラシック  ジャンル : 音楽

22:15  |  クラシック音楽  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【東京ずまい】 2010.12.24 (Fri)

雨は夜更け過ぎに・・・

blog_import_4d931ebbe1ac8.jpg


忘年会とクリスマスのシーズンです。


今年の忘年会は、年季の入った庶民派の居酒屋。 タタミの座敷で焼き鳥を突っつきました。

酒ビンを片手に、立て膝ついてグダグダと。

こんな大人になるのが夢でした。


ほか、お呼ばれしたクリスマス・パーティーでも飲んで、店でも飲んで、家でも飲んで、

ワイン飲んで、カクテル飲んで、イモ焼酎飲んで。


休日のきょうは、朝から飲みたくなりました。

こんな人間おしまいです。


どうせならカミナリ様になって、シャンパンの雪を降らせましょう。

子どもたちには、軒下にチーズの雪だるまを。


そんなお幸せなサンタさんから Merry Christmas!

頭の中はクリスマス・ツリー。 銀色のきらめき。



blog_import_4d931ebe55047.jpg


 
関連記事

タグ : クリスマス  テーマ : クリスマス  ジャンル : ライフ

00:17  |  東京ずまい  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【めざせ東大 !?】 2010.12.20 (Mon)

ボイジャー1号 ・・・あの人は今

 
臨時ニュースをお伝えします。

NASAの発表によりますと、宇宙探査機ボイジャー1号はあと4年で太陽系を脱出するのだそうです。


・・・まだ太陽系だったのかよ!

1977年に打ち上げられ、'80年までに木星と土星を探査した後、

いまは太陽系外に向かっているとは聞いていましたが・・・。

・・・どんだけあるんだよ太陽系!


ざっと計算したところ、太陽から地球まではたかだか 「東京駅⇒神奈川県境 (多摩川)」 程度、

冥王星は 「東京⇒山口」、 現在のボイジャーはなんと 「東京⇒宮古島」 の距離!

(太陽⇒地球は1億5000万km、冥王星は最大74億km、ボイジャー1号は現在174億km。)


冥王星からあっちの方が、はるか遠大な道のりだったとは。

太陽から飛び出す粒子 「太陽風」 の勢力圏が、それだけあるということなんだそうです。


ちなみに 「地球⇒月」 は40万km弱だから、多摩川のグラウンドあたりで40m、

野球のキャッチャーが2塁に送球しているくらいのもん。

あわわわ・・・。太陽系もすごいがボイジャーもすごい!


 (※以下ネタバレ!) ボイジャーといえば思い出すのが、SFテレビドラマ 『スタートレック』の劇場版第1作 (1979米)。
 23世紀、宇宙の果てから 「ヴィジャー(V'ger)」 を名乗る謎の知的物体が襲来、自らの創造主を探して人類を危機に追いやるが、その正体は機体から名前の一部が剥げた 「Voyager(ボイジャー)1号」 だった・・・というストーリー。
 話は長かったけど本格SFの 『スタトレ』 らしくてうならされた。


 
弟分のボイジャー2号もいま、1号を追って太陽系外を目指していることでしょう。

ぼくの人生最後の夢は 「人類初の太陽系脱出」 なので、3号計画があったら

ぜひ乗っけて行ってほしいです。

 
関連記事

タグ : 太陽系 ボイジャー NASA 宇宙  テーマ : 宇宙・科学・技術  ジャンル : 学問・文化・芸術

22:12  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【【未整理】 世界ブラボー日記】 2010.12.17 (Fri)

マンガでよくある風景。その3


 
本屋さんに行きました。

お目当ての本を取ろうと手を伸ばしたら、隣りにいた女性と手が重なりあいました。

ハッとして手を引っこめました。 もじもじ。


あした転校生としてやってきて、「あーっ、あの時の!」 ってなるんでしょうか。

恋が生まれそうです。

 

関連記事

22:43  |  【未整理】 世界ブラボー日記  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  段ボール箱コンポスト】 2010.12.14 (Tue)

復活の生ごみコンポスト

blog_import_4d931fa008c3e.png


今年の冬も ≪生ごみ処理0円コンポスト≫ を始めます。

段ボール箱に土 (または「もみ殻くん炭2:ピートモス3」) を入れ、ごみを投入して米ぬかをまぶすだけ。

これからの季節は、虫やにおいが出ないから打ってつけです。


米ぬかは、お米屋さんでレジ袋いっぱいタダで頂きました。

肝心のごみは、タラちり鍋をしたので、たくさんの魚・野菜くずが出ました。

山盛りためておいた 「お茶がら」 も、「くん炭」 代わりに全投入。

こうしてひと冬ぶんの生ごみを肥料にします。


くわしくは ≪段ボール箱コンポスト≫ 過去記事に、テーマごとにまとめてあります。

今年も簡単&適当、失敗したら土に埋めりゃいいやの気楽さでスタートです。


・・・次回、「発酵熱」 を出すべく肉っ気を投入してみます。 『生ごみコンポスト、血に染めて』。

君は、生き延びることができるか?

 
関連記事

(  テーマ : エコライフ  ジャンル : ライフ

00:16  |    段ボール箱コンポスト  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【全世界音楽】 2010.12.11 (Sat)

あの曲はこの曲だったのか2010

 
 テレビを見ていて、番組内のBGMの原曲は何なのか、よく気になります。調ればすぐ分かる主題歌やテーマ曲じゃなくて、ちょっとしたBGM。

 一番気になっていた曲は、もとはハリウッド映画音楽だと思われる勇壮なオーケストラ曲。
 古くはテレ朝深夜の人気企画 『うんちく王』 のテーマ曲として、最近では日テレ 『イッテQ』 の挿入曲として・・・。

 さがしてさがして、ほんとに探して、ようやく突き止めました。(著作権侵害は本意ではないので、気持ちだけでも小さく貼ります。)



Shrek Soundtrack - Ride the Dragon(※1分超のところ)


 映画 『シュレック』 の曲でした。作中登場する 「ドラゴン」 の場面でかかる、ほんの短いフレーズ。(YouTube関連動画の 『Shrek-Escape From The Dragon』 も参照。これもよく耳にするダンスビート・バージョン。)
 サントラ盤を買って、そのフレーズがある数曲だけをパソコンに取り入れて聴いています。


♪ ♪ ♪


 続いては、テレビ東京の 『空から日本を見てみよう』 の挿入曲。 空撮から地上にズームする場面。(ぼくは空撮しか興味ないので、この曲がかかるとトイレタイム。)
 先日、坂本龍一さん出演のテレビ番組でかかっていて、あっ!と気付きました。 YMOだったのか。



Yellow Magic Orchesra "Firecracker" (1979)


 くもじいじゃ。 テレ東系列なので、見られん人はすまんのぅ。
 声の伊武雅刀さんは昔よくYMOと共演されていたそうで、そこらを踏まえての選曲でしょうか? ほか、クイズ番組などでも使われていたような・・・?


♪ ♪ ♪


 ラストは薬師丸ひろ子さんの 『ハードデイズ・ラグ』 という歌。



薬師丸ひろ子 - ハードデイズ ラグ


 それではここで問題です。この曲はどんな番組の場面で使われているでしょう?
 曲名だけで分かった人には得点10ポイント、イントロでなんとな~く気付いた人は5ポイント、3分過ぎの 「そのものズバリ」 なエンディングで分かった人には、ライオン製品をさしあげます!
 席替え~!


blog_import_4d931faa3a207.png
(ごきげんようのサイコロ~!)


 ・・・以上、今のところ思いついた2010年版です。 これからも情報がたまり次第報告いたします。
 最後に質問。 『ネプリーグ』 の 「ブレーンタワー」 コーナーや、NHK 『名将の采配』 に使われている、トランペットが雄々しく高らかに鳴る曲は何でしょうか?

 
関連記事

タグ : シュレック イッテQ YMO 薬師丸ひろ子 ごきげんよう  テーマ : TV番組の定番曲  ジャンル : 音楽

00:18  |  全世界音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【★特別企画★】 2010.12.08 (Wed)

『イマジン』 Yahoo!ブログ・バージョン


 
 2010年はジョン・レノンが生誕70年&没後30年ということで、歌をつくりました。
 それでは聴いてください。(1、2、スリー、ホー)



  『Imagine (Yahoo!blog version)』
  Music/John Lennon
   Lyrics/John Lennon、nacchann0904


  想像してごらん、「重く」なんかない
  Imagine there's no "Heavy"

  やってみれば簡単さ
  It's easy if you try

  ブログの下に広告はない
  No add below us

  トップには素敵な「背景」だけ
  Above us only template


  想像してごらん、すべてのブロガーが
  Imagine all the people

  サクサク投稿している
  Writing for today...


  Yahoo!



  想像してごらん、コメントなんかない
  Imagine there's no comments

  難しくなんかないさ
  It isn't hard to do

  ファンもポチもない
  Nothing to FAN or POCHI for

  お返しのためだってない
  And no return too


  想像してごらん、すべてのブロガーが
  Imagine all the people

  自分の言葉で書いている
  Writing their own words


  Yahoo!



  君は僕を夢想家と呼ぶかもしれない
  You may say I'm a dreamer

  だけど僕ひとりじゃない
  But I'm not the only one

  いつかみんな一緒になって
  I hope someday you'll join us

  ヤフーから引っ越そうよ!
  And the world will leave as one



  想像してごらん、トラックバックなんかない
  Imagine no Trackback

  ヤフーにできるかな?
  I wonder if Yahoo can

  業者も荒らしも必要ない
  No need for greed or troll

  ブロガーはみな兄弟なんだ
  A brotherhood of man


  想像してごらん、すべてのヤフー・スタッフが
  Imagine all the staff

  自分の仕事を果たしている
  Serving their own works


  Yahoo!


  君は僕を夢想家と呼ぶかもしれない
  You may say I'm a dreamer

  だけど僕ひとりじゃない
  But I'm not the only one

  いつかみんな一緒になって
  I hope someday you'll join us

  ヤフーから引っ越そうよ!
  And the world will leave as one



 ・・・センキュー。天国のジョンにささげます。


 
関連記事

00:27  |  ★特別企画★  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【東京ずまい】 2010.12.05 (Sun)

秋の青山、散歩道

青山霊園(「トイカメラ」加工)


12月だというのに、東京は秋まっさかりです。


都心の紅葉といえば神宮外苑のイチョウ並木が有名ですが、高台にあるので坂がめんどくさい。

南隣りの青山霊園でお茶を濁しました。 (写真は入口。11月中旬)

植栽は地味ですが、こっちのほうがずっと静かでいい。


無粋な舗装なんかされてない小路に、すっかり年季が入った延べ段の敷石。

所どころ秋色づいた低い生け垣も、昔の下町のようなノスタルジーをかきたててくれます。


 「大久保さん今年はあったかいですねえ」 「犬養さん今夜は焼き魚ですか」


なんて、ご近所さんの声が聞こえてきそう。

ほんとに聞こえたらコワいか。なんまいだぶ・・・。


帰り道、「甘酒」 の貼り紙に誘われて、甘味のお店で一服しました。

のんびり散歩で冷えた体に、しみるねぇ。

この世の極楽。 思わずそっちに行きそうでしたよ、大久保さん。

 
関連記事

タグ : 紅葉 青山  テーマ : お散歩・お出かけ  ジャンル : ライフ

00:50  |  東京ずまい  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【このアート!】 2010.12.02 (Thu)

酔っぱらいとカンディンスキー


ワインの新酒の季節です。 昨'09年のボージョレー・ヴィラージュを1周遅れで飲みました。

ラベルには、よく分からないけどなかなか素敵な抽象画。

そういえば、20世紀・抽象絵画の父カンディンスキーの展覧会が東京で開催中だそうです。


有名な 『コンポジション』 シリーズは来日するのかな?

円と直線が乱舞する幾何学模様。

音楽を絵画で表現しようとする試みは抽象芸術らしい発想。

ぼくにとっては、小学校の図工の教科書が初対面でした。


毎年一流画家が手がけるラベルが有名な、銘酒≪シャトー・ムートン=ロトシルト≫の

ラベル集も調べてみました。

・・・あった1971年、カンディンスキー画 (上)。 写真で見ると、ビンの色に埋もれてて地味だった。


学生時代、彼のポスターを飾ってた友人がいましたが、部屋にカンディンスキーって。

いかにもバブリー&オヤジなセンスについてけなかったことを思い出しました。


カンディンスキーを流行じゃなくて美術史として見るのは、ぼくには無理だ。

展覧会行こうかな・・・、迷っています。 行った人、楽しかったですか?


東京丸の内・三菱一号館美術館にて、2011.2/6まで。
 
関連記事

タグ : カンディンスキー ボージョレー・ヌーボー  テーマ : 絵画  ジャンル : 学問・文化・芸術

00:25  |  このアート!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑