FC2ブログ

【欧州&世界映画】 2010.07.28 (Wed)

ブルース・リー、感じろ!

blog_import_4d93219aaeb1c.gif
『死亡遊戯』の巨人ハキム(旧Y!アバター)

今年はブルース・リー生誕70周年 (1940.11.27) だそうで、NHK-BSで特集をやっています。

とくに先日の2時間spは、リーの武術家としての真髄に迫る本格的な内容でした。


盟友の倉田保昭さんをメインに、ブルース・リャン (『カンフーハッスル』 の悪役) から、

「Don't think, Feel~」 の元少年まで、マニアックすぎる出演者たち。

しかししっかり作られた良い番組なら、マニアならずとも惹きつけられるというもの。


また、截拳道<ジークンドー>のお弟子さんが、劇中の格闘シーンをくわしく解説。

映画的な見せるアクションではなく、実戦の理念をそのまま映画にしてしまったリーの高い志に

参りました。

構えやステップ、フェイントなどは、ひとつひとつが理にかなってたんだ!


ブルース・リーといえば、体育会系男子から神格化されすぎてずっと食わず嫌いでいたのですが、

実際に 『燃えよドラゴン』 を見て、その芸術的にまで研ぎ澄まされた体術にド肝を抜かれて以来。



「It is like a finger pointing away to the moon.」 のシーンはモノマネできるまでになりました。

あんまり強そうにない悪玉ハンのマネもできます。 「オハーラ!」

けどヌンチャクとかまわし蹴りはできません。

・・・って、これじゃ天国のリー先生に首をへし折られそう。(1回目)


ちなみに小さい頃は、ブルース・リーと志村けんは同一人物だと思っていました。(2回目)

 
関連記事
20:59  |  欧州&世界映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑