FC2ブログ

【エンタメ&テレビ】 2010.04.16 (Fri)

三谷幸喜 『王様のレストラン』

12754030344c051b1aaeeab_import.jpg


 
関東地方の昼下がり、テレビをつけたら 『王様のレストラン』 を再放送していました。

脚本・三谷幸喜さんの出世作にして最高傑作テレビドラマ。


ぼくは仕事で見られませんが、前に録画したものが2セットもあるので、ふふふ~んです。

それに、お話やセリフを覚えてしまうくらい何度も何度も見ているので、

この日ちらっとワン・シーン見ただけでも、「それからああなってこうなって・・・」

と、舌もなめらかに思い出せました。



伝説のギャルソン(松本幸四郎)と純朴な素人オーナー(筒井道隆)が、名門レストラン再建に

立ちあがる第1話。

赤字削減のため誰かをクビにする第3話。

数々の奇跡が重なって、店の名物料理が誕生する第5話・・・。


1話完結の中に、パズルのように組み込まれた伏線と見事な解決。

そして芝居芝居していない、笑いと騒動の 「生のリアクション」 を言葉にしたのが画期的だった。

バラエティ番組の構成作家でもあった三谷さんならではの、ライブのノリのおかしさ。

だからここぞで一転、大時代的なキメのセリフも生きてくる。



初放送の1995年から、はや15年もたってるんですね。

1年に1回は観ています。


おそらく、もっとも続編が期待されている作品のひとつでしょうが、ぼくはいいです。

やるとしたらまったく新しい世代、「ベル・エキップ50年後」 かを。

主人公・原田禄郎役は好々爺オヒョイさんあたりで。


『あなただけ今晩は('63米)』 のマスターみたいなキャラが見たい。・・・That's another story.

 
関連記事
00:32  |  エンタメ&テレビ  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑