【 このスポーツ!】 2009.11.29 (Sun)

白鵬、年間勝ち星86新記録!

 大相撲九州場所2009 千秋楽
 
 白鵬が 「年間勝ち星86新記録」 を全勝優勝へ決める。
 今年の優勝は3/6回だが、逃した3回は相手(朝青龍2、日馬富士)の執念のほうがすごかったので、1年の締めくくりとしては満足している。

 しかしこの白鵬以外は最低の場所だった。

 朝青龍はまたも1敗から崩れた。気まぐれが未熟だ。
 「第三の男」 たるべき日馬富士もほとんど見せ場なし。

 老残の魁皇や千代大海への声援は異様。「おらが村」 根性はまぁ結構だが、「落日」 にしがみつく志の低さ。

 そして期待していた若手・鶴竜は、三役の地位を守るために姑息な引き技を連発。つまらぬ小細工に大きく失望した。彼の応援はやめだ。
 (なお、その他の 「日本人ホープ」 とやらは 「日本人」 先行で、いちアスリートとしての運動センスなし。 とっくに相手にしていません。日本人じゃなければどれだけのものか。ファンの 「日本人、日本人」 にもウンザリ。)

 来年こそは、ドラスティックな世代交代や改革で驚かせてほしい。それがなければ大相撲への興味が続かないというものだ。

 
関連記事

(  テーマ : 大相撲  ジャンル : スポーツ

23:28  |  このスポーツ!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2009.11.21 (Sat)

驚異のシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ!

 
「グローバリゼーション」 の名のもと ベルリン・フィルほか名門オーケストラがとことんつまらなくなる中、

久々に熱い演奏を見つけました。


 グスターボ・ドゥダメル指揮
 シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ



長い!

貧困層の子供たちに音楽教育をほどこそうという南米の教育団体。

その選抜メンバーで構成された いま話題のオケです。


先日のBSで、大好きなチャイコフスキーの 『交響曲第5番』 をやっていたのですが、下はそのアンコール。

技術やアンサンブルうんぬんはともかく、このパワーと明るさはなんなんだ!?





 
【TouTube】 シモンボリバル・ユース・オーケストラ ノリノリのアンコール! (勝手に掲載ごめんなさい)


ノッたり踊ったりなら、まぁ学生オケでよく見るパフォーマンス。

それよりこのインナー・マッスルの厚みと バイタリティの輝きときたら!

ストラディヴァリウスなんか使ってる優等生チャンにはぜったい!出せない音だ。


観客席も、今日のクラシック演奏会ではまずありえないスタンディング・オベーション。

おあいその 「ブラボー」 ではなく、ぼく同様、芯から心を奪われたのがよく分かります。

うんうん、これならいくらお金を出してもいい。


この来日公演は'08年12月。 次はいつだろう・・・?

経験や名声を重ねるほどつい 「守り」 に入ってしまうものですが、

彼らにだけは、愚直なまでの若い力を貫いていってほしいものです。

 
関連記事

タグ : クラシック  テーマ : クラシック  ジャンル : 音楽

20:41  |  クラシック音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【東京ずまい】 2009.11.18 (Wed)

赤く咲いても冬の花

12754045074c0520db02888_import.jpg



   宵闇せまる赤坂公園

   真っ赤な花を撮りました


   椿?さざんか?さざんか?椿?

   どちらも同じ花という

   今日は銀座か、あす赤坂か

   流れおんなの名の軽さ


   …苦節15分、ピンボケを乗り越えて載せました。

   それでは歌っていただきましょう、『アンコ椿はさざんかの宿』

   はりきってぇどうぞ!

 
関連記事

(  テーマ : 写真日記  ジャンル : 日記

21:35  |  東京ずまい  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【京都・奈良&和ふう】 2009.11.15 (Sun)

能と歌舞伎の 『勧進帳』

 
京都・金剛流の能を観にいきました。(11/7東京・国立能楽堂)

演目は歌舞伎の 「勧進帳」 として有名な 『安宅』 (あたか)。


兄頼朝に追われる義経・弁慶一行と、「安宅の関」 の守将・富樫との静かなる対決。

山伏姿の弁慶が架空の 「勧進帳」 を読み上げる場面や、

涙を飲んで主君の義経を打ちつける名場面はもうおなじみですね。


ただひとつ新鮮だったのが、守将の富樫といえば相手が義経一行と気付きながら見逃す

「人情のひと」 のイメージがあったのですが、ここではずっとシビアで殺気立っている。

最後の和解の酒宴にいたるまで、「逃げろ」 「逃がすな」 の緊張感にあふれていました。


のちのち平和な江戸時代に入って、今に伝わる 「人情味」 が加えられていったんでしょうね。

「武士道」 をうたう歌舞伎版のほうがずっとソフトに感じたのだから皮肉です。


≪金剛流≫ は能の流派でも唯一の京都拠点とあって、優雅で洗礼された 「舞」 が特長だとか。  

そろそろ肌寒さが身にしみてくる晩秋の空の下、今年を締めくくる 「芸術の秋」 を堪能。

力強くもやわらかい京からの風が、木枯らしの帰路を少しだけ暖めてくれました。

 
関連記事

(  テーマ : 能楽  ジャンル : 学問・文化・芸術

17:43  |  京都・奈良&和ふう  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【めざせ東大 !?】 2009.11.12 (Thu)

ためしてみてガッテン

12754045314c0520f30c99b_import.jpg


水と風が冷たくなる前に、家の大掃除をしています。

お湯を使わなくてすむので、年末にやるより経済的。


それにしても 「重曹」 ってすごい!

レンジまわりの油汚れが、拭き取るだけで一発ピカピカになりました。

油と重曹は、酸性とアルカリ性が 「中和」 するのに加え、

ふたつ合わされば 「石鹸」 になるという2段階の効果があるんだそうです。


知らなんだ。 専用の洗剤よりずっと落ちるんでないかい?

なにより、手荒れがほとんどないのが超!うれしい。


ひと仕事のあとは柿をむいて食べました。

これは本家 『ためしてガッテン』 で見たのですが、ヘタの部分に濡れティッシュを当てて保存すると、

水分が蒸発せずシャリシャリ感が保てるんだそうです。 ふ~ん・・・じゃなかったガッテンガッテン!!


もっとも柿大好き カッキー なぼくは、熟れる前に食べ尽くしてしまうんですけどね。

イノシシ以上クマ未満。


関東地方は今日からしばらく雨。 そこそこ暖かいのが救いか。

どうせ今年も紅葉は12月入ってからでしょう。

ひととおり秋は満喫したけれど、肝心の秋待つ秋の夕暮れ…です。

 
関連記事

タグ : 大掃除 重曹  テーマ : 日用品・生活雑貨  ジャンル : ライフ

00:04  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2009.11.09 (Mon)

ベルリンの壁崩壊20年

 
 1989年11月9日に≪ベルリンの壁≫が崩壊して20年がたちました。
 当時は目の前で動いていく、ライブで変わっていく 「歴史」 に大興奮。 ちょうど開局したばかりのNHK衛星放送から次々と送られてくるニュースに、毎日くぎ付けになったものです。

 とくに思い出深いのが、壁崩壊前の夏ごろ、東側の市民が 「ピクニック」 と称して山の国境を越えていく 「ピクニック計画」 です。
 公然と同行するTVカメラ。それらを阻止すべき国境警備兵の、同調だったのか半ばあきらめだったのか、その気さくな笑顔・・・。まさに 『サウンド・オブ・ミュージック』 を超える、「国ごとサウンド・オブ・ミュージック」。 悲壮感とはまったく無縁の明るく軽やかな集団亡命計画には、見ているほうもワクワクと心躍らされました。

 そして運命の11月9日。
 混乱の中、「壁を開放」 と間違って言ってしまった東ドイツ幹部の記者会見ニュースは、はっきり覚えています。
 ぼくがテレビをつけた時にはすでに、≪壁≫の周りは東から西からの黒山の人だかり。そして、例の 「段ボール紙製」 と言われた東独の大衆車トラバントが、誇らしげに≪壁≫の検問を越えていく・・・。
 やがて、我も我もと壁によじ登る人々。 中でもあの有名なツルハシの一撃は、今でこそ 「崩れゆく失敗国家への晩鐘」 のような演出で語られていますが、当時はヒーローのKOパンチや必殺光線のように 「そこだ! やったれ!」 。 権力の象徴が破壊されていくさまは、どれだけ痛快だったことか。
 独裁者ホーネッカーに代わった新議長エゴン・クレンツの困り果てた顔も、胸がすく思いでした。


 それともうひとつ忘れられない、続くルーマニアでの政変。 群衆からの思わぬ罵声にたじろぐチャウシェスク大統領と、その直後クリスマスの処刑。 あの衝撃の映像が、壁崩壊からわずか1カ月後だったとは驚きです。なんという歴史の濃密度!


 ・・・あれから20年、統一の現実は厳しく、彼らが新たな問題を抱えていることは事実であり、予想どおりとも言えます。 でも、創作のドラマではなまじ想像もつかないほどドラマチックだった歴史的大変革。 いちど、当時の日々のニュースをつないで見てみたい。 それだけで1本の傑作歴史劇になるに違いありません。
 文字通り 「激動」 の1989年は、ぼくにとって本当に特別でエキサイティングな年になりました。
  

関連記事

19:13  |  ニュース&カルチャー  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ゴーヤ絵にっき】 2009.11.06 (Fri)

第3部完結~ベルサイユのゴーヤ

12754045834c05212774e52_import.jpg
在りし日のゴーヤ


この秋最初の木枯らしが吹いた日・・・

ベランダ栽培のゴーヤたちは、ついに命果てました。


ある時は、飢えた食いしん坊の胃袋を満たす砲弾として。

またある時は、暴虐な夏の日差しをさえぎる緑の盾として。

そんな気高く咲き、うつくしく散った葉や茎を集め、土へと還しました。


はじめて試みた 「水耕栽培」 は、苗2本に10センチ程度の実が10個ずつと、期待を裏切る結果に。

コンクリートの都に吹き荒れた冷たい夜風・・・

そして容赦なく水槽を叩いた雨が、中の肥料水を薄めてしまったのかもしれません。

指揮官の知識・経験不足も致命的でした。


しかし我らが市民諸君よ、うなだれることなかれ。

一度燃え上がった革命の炎は、誰にも消すことなどできはしない。

やがてめぐり来るあたらしい夏の空の下、

若き情熱と食欲に導かれたゴーヤは、ふたたび狂おしく咲き乱れることだろう・・・!


今はさようなら、わたしが愛したゴーヤの日々。

しかし今こそ、この自称ヴェルサイユのベランダで誓おう。

「ゴーヤがダメならキュウリをお植え!」


・・・じゃなかった間違えました。今のはナシ。

来年こそは勝利のゴーヤもて、フランスの土ぞ踏みしめん!


第3部~FIN~

12754045944c0521329fb21_import.png


 
関連記事

タグ : ゴーヤ 家庭菜園  テーマ : 家庭菜園  ジャンル : 趣味・実用

19:27  |    ゴーヤ絵にっき  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【東京ずまい】 2009.11.03 (Tue)

東京ミニチュアー

12754046094c052141e2768_import.png


東京の神田神保町では、毎秋恒例の 「古本まつり」 が開かれています。

1万円近くする中国の歴史書が3000円。

さんざん悩んだあげくあきらめましたが、後で気づいた。それすでに持ってました。

ボケること火の如し。


けっきょく今年は何も買わずじまいでした。

しみったれなこと山の如し。


写真は、古本街の北にあるお茶の水駅からとなりの秋葉原を。

tiltshiftmaker というサイトで、「ミニチュア模型ふう」 に加工しました。 ぜひ使ってみてください。


このあたり一帯は下町の代名詞 「神田」 と呼ばれた街ですが、

今ではもう 「下町」 や 「チャキチャキ」 の面影はこれっぽちもありません。

オフィスと雑居ビルと飲食店ばかり。長屋や路地裏ってまだあるのかな?



12754046204c05214c44dd4_import.png


夕陽の色はつめたいコンクリートの灰色まじり。

いつもより日暮れが早く、そして暗く感じたのはただ秋の深さだけではないかもしれません。

 
関連記事

(  テーマ : 写真日記  ジャンル : 日記

00:13  |  東京ずまい  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【はじめてのパソコン】 2009.11.01 (Sun)

Yahoo!ブログの全広告カットしました。

【今週のテーマ】めっちゃ便利!だと思う家電(Yahoo!ブログ)


「家電」ではありませんが、ブラウザー (インターネットを見るソフト) の ≪Firefox (ファイヤーフォックス) ≫です!

みなさんが今ご覧になっている(であろう)画面、≪Internet Explorer≫のライバルのソフト。


≪Firefox≫といえばやっぱり、豊富な機能を好きなだけ選べる、カスタマイズの自由度が最大の魅力。


たとえば 「Adblock (アドブロック)」 という広告カットの機能を追加すれば、見境なく増殖する

ヤフーブログのトップページもこんなにスッキリ! 広告以外も何だって消せます。





たれ流される情報につきあうのはまっぴらご免。

既存の ≪Internet Explorer≫ はログアウト状態にして、ブログのお客さん目線用。


≪Firefox≫ はカスタマイズなしでも十分使えるので、とりあえず無料ダウンロードしてみてはいかがですか?

まちがいなくブログ世界観が変わります。


 先日来、≪Windows≫や≪Google≫が新製品を発表していますが、これら巨大企業の情報支配・依存はイヤなので、ぜひとも新興勢力はがんばってほしい!
 特に非営利・オープンソースの≪Firefox≫は、世界中の一般技術者の力で成り立っているので応援しています。
 みなさんは何をお使いですか? おすすめはありますか?



(※2010.5.追記・・・↓現トップページ。つまらん芸能人なぞ徹底排除。よければ実践編を書きます。)



関連記事

(  テーマ : ブラウザ  ジャンル : コンピュータ

07:28  |  はじめてのパソコン  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑