FC2ブログ

【  NBA】 2009.06.16 (Tue)

'08-09 NBAファイナル

 
'08-09 NBAファイナルは、西・ロサンジェルス・レイカーズと東・オーランド・マジックの対決。


東は 「ビッグ3」 を擁する前王者セルティックスと、レブロン・ジェームズ率いるキャヴァリアーズ

の2大優勝候補が敗れる番狂わせ。

超新星ドワイト・ハワード以下、若く活きのいいマジックの大躍進は楽しくて好感が持てたが、

いざファイナルでは戦う前から勝負は見えていた。


相手は、王座奪還への並々ならぬ決意で、群雄割拠の西リーグを制した名門レイカーズ。

象徴的だったのが第4戦。 終了間際、勝利を確信して気がゆるんでしまった彼らマジックに、

敵の百戦錬磨デレック・フィッシャーが浴びせた同点3点弾。

けっきょく延長戦で敗れてガケっぷちの1勝3敗…。


「覚悟」 を決めてファイナルに立ったチームと、「ラッキー」 感覚で出てきたチームの差は歴然!

そして今日第5戦、何の興奮もサプライズもなくレイカーズの優勝を見届けた。


近年のNBAは、個々の身体能力こそ華やかで力強いものの、

みな 「お子様」 で頭が悪く、チーム・競技としての成熟・完成度は著しく低下してしまった。

その点、レイカーズもマジックも好チームではあったが、歴代と比較すれば小粒も小粒。

彼らに敗れた者たちのほうに問題があったのだろう。

そんなNBAに失望して、今季の観戦はこのファイナルほかを少しかじっただけ…。


シャック抜きでも勝てることを証明してみせたコービー・ブライアントの成長は立派だった。

ハワードやレブロンも、21世紀のバスケ界をリードする頼もしい才能には違いない。

が、このスポーツからは、テレビの前に釘付けにさせるような大革命はもう起きないのだろうか。
 

関連記事
00:27  |    NBA  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑