FC2ブログ

【 実録!ことわざ辞典】 2009.01.22 (Thu)

邯鄲の夢 【かんたんのゆめ】

 

 邯鄲の夢 【かんたんのゆめ】
人生の浮き沈みは夢のようにはかないこと。
中国の古都・邯鄲。ある旅人が波乱の生涯を送る夢を見るが、目覚めたとき火にかけていた鍋はまだ煮立ってもいなかった…。「一炊の夢」 とも言う。『枕中記』 より。



きのう、『ロンドン・ハーツ』 をボケーっと見ていたら、こたつの中でウトウト眠ってしまいました。

夢の中でぼくは、ブルース・リーみたいに殺し屋だらけの塔で戦っていました。

あちょー。

ハッと目が覚めたら、ロンブー淳はまだ 「許せない女」 のタイプを延々しゃべっていました…。


おかげで夜、眠れなくなったので、これ幸いにとオバマ大統領の就任式を見ました。

新しい時代の幕開けです。

しかし同時に、全世界を混乱に陥れたブッシュの 「負の遺産」 を受け継ぐ、厳しい現実のはじまり。

ホワイト・ハウスへ向かう彼の一歩一歩は、熱い夢から覚めていく一歩にほかなりません。


それでも、無能な指導者を戴く一国民としては、たとえ夢であっても夢を託したくなるような、

若くたくましいリーダーの姿がとても輝いて見えました。


次は我々のパワーが試される番です。

しかしその前に、今日のぼくは睡眠不足でヘロヘロでした。

立てよ国民! ぼくは寝ます。

 
関連記事
00:23  |  実録!ことわざ辞典  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑