【ぐるめ…?】 2008.06.22 (Sun)

フェア・トレード・チョコレート

よく行くセレクト・ショップで、「フェア・トレード」 のチョコレートを特別にいただきました。

「フェア・トレード」とは、現地の弱小労働者にも公正に賃金を支払おうという輸入製品の運動。

ぼくがタダでもらっちゃ元も子もありませんが、そこは大目に見て。

コーヒーやTシャツなどのフェア・トレード製品はたまに手に取りますが、チョコレートは初めてです。


南米はボリビア産。サッカー・ファンには、あのブラジル代表も息切れさせるアンデス高地の国として有名。

味は、少し甘口だけどおいしかった。

このひと口が、地球の裏側の人々の生活を潤しているのだと思うと、甘さもひとしおです (金払ってないって)。

食べる側にとっても、品質や安全性がしっかり管理されているのはうれしい。


チョコレートはこれでシーズン終了、秋までお預けなのだとか。

秋になったらまたタダでもらえるかな?

…だから金払えって。世界のみなさん、諸悪の根源はここにいますよ!


罪滅ぼしに、これからコーヒーはフェア・トレードにします。
 
関連記事

00:12  |  ぐるめ…?  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【【未整理】 世界ブラボー日記】 2008.06.21 (Sat)

魅惑のナレーション'08、ベスト3!

 
 最近、マスオさんのモノマネがマイ・ブームです。
 「ェエーっ!?」
 初めてやった人、えらい。
 でもマスオさん以上に、アナゴさんの声が大好きです。 演じるのは若本規夫さん。今夜も 『すべらない話』 の名物ナレーションを堪能したところ。
 あなたのベシャリぐぁぁ、一番のォォ、すべり知らずゥゥア!!
 耳について離れない名調子は、ヘタすれば本編よりおもしろいから侮れません。そこでといっては何ですが、せっかくなので '08年上半期の気になるナレーターをランキング (…といっても気持ちは順不同) してみました。


 ★第3位! 若本規夫 『人志松本のすべらない話 (フジ)』
 『サザエさん』 のアナゴさんや 『ドラゴン・ボール』 の人造人間セルなどで知られる声優さん。
 悪魔のような低音、切れ味するどい威圧感。ふてぶてしい悪役をやらせたらピカイチですが、バラエティ番組のナレーションでみせる人を食ったような独特の節回しは、聴く者を魅きつけてやみません。
「フグ田くーん、今夜はカミさんと完全体か~い?」
 いまモノマネ猛特訓中です。

 (他の「人を食ってる」系…テレ朝深夜 『ジョーシマ・サイト』 の平田広明さん。ジョニー・デップ役などの二枚目声なのだが、やたら馴れ馴れしくていい加減なナレーションが常識やぶり。)


 ★第2位! 小林清志 『嵐の宿題くん (日テレ深夜)』
 ルパンの 「次元大介」 役で有名な、泣く子も黙る大ベテラン!…なのに、「~しちゃったぜ」 なんていう軽いノリがカワイイ。このクラスの声の巨匠たちは、「人間国宝」 に認定して国が保護すべきです。まじで。

 (…ほか、格闘技番組で有名な立木文彦さんも、(何かの番組で見た)男臭さを逆手にとっての子供っぽい言葉づかいが笑えた。)


 ★第1位! 高橋美鈴アナ 『美の壺 (NHK)』
 誰が呼んだか 「NHKのチェ・ジウ」。落ち着いた中にも瑞々しく艶気のある語り。最近はNHKでも下手ックソなアナウンサーばかりが増えましたが、発声や語彙・知性においてアナウンサーのあるべき素養を満たしているのがこの方。「女王」 加賀美幸子さんや 「マドンナ」 山根基世さんらを継ぐ、NHKの語り部として新時代を築いてほしい。

 (他のお上品系…麻生美代子 『和風総本家(テレ東)』。 その声の正体はあの 「磯野フネ」 さん! ファミレス敬語の司会男性アナなど番組のセンスは安っぽいが、フネさんがいるだけでも番組の格が上がるというもの。)


 …久米明、滝口順平、来宮良子、森本レオ…いにしえより受け継がれしブラウン管の語り部たち。「ナレーター・マニア」としては少し前の「木村匡也時代」で研究が止まっているので、今いちど奮起せねばと我が身を叱咤する今日この頃です。
 
関連記事

23:32  |  【未整理】 世界ブラボー日記  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【【未整理】 世界ブラボー日記】 2008.06.19 (Thu)

ジョン・ウィリアムズ~魔宮のサントラ

テレビをつけると、1日1回は 『インディ・ジョーンズ』 のテーマ曲を耳にする今日このごろ。

出ずっぱりの三谷幸喜さんの顔ほどウンザリはしていないので、手持ちのCDをかけました。


作曲のジョン・ウィリアムズによる自作自演集 (アマゾン ASIN:B00005FEVS)。

オケはもちろん、手兵のボストン・ポップス


『スター・ウォーズ』『E.T.』『ジョーズ』『スーパーマン』 そして 『インディ・ジョーンズ』・・・

ヒット・メーカーにもほどがあるくらいのヒット・メーカー。

ロス五輪のファンファーレもカッコよくておなじみ。



若き日のルーカスやスピルバーグの功績のひとつは、「未来映画だから電子音楽」ではなく、

伝統的な生の交響楽をあてたこと。

そしてそれに応えたジョン・ウィリアムズ。 以後のSF映画音楽のお手本にもなりました。

作品も音楽も長い風雪に耐え、今では古典の風格すら漂わせていることはご存知のとおりです。



このCDはお行儀よく演奏しなおしたバージョンなので、オリジナル版のようなスリル感には欠けるのですが、

演奏のレベルは高いので風格たっぷり (『ジョーズ』はイマイチだったが『スターウォーズ』はこっちのほうがいい)。

選曲もベスト中のベストで、長くジョン・ウィリアムズ決定版のような一枚でした。


何年か前には、『ジュラシック・パーク』『シンドラーのリスト』 など近年の名曲群

(ハリポタはないのか…)も入った、新しい作品集が出たのだとか (ASIN:B0002ZEZPY)。

しかも2枚組で2500円の超お徳盤ときた。

さっそく買いに行こ。聴きすぎて解説書がヘナヘナになった古いやつは、誰かにプレゼントします。
 
関連記事

00:22  |  【未整理】 世界ブラボー日記  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【東京ずまい】 2008.06.15 (Sun)

あなたはナニ鉄?

東京地下鉄路線図


東京最後の地下鉄といわれている 「東京メトロ・副都心線」 が開業しました。

埼玉から池袋~新宿~渋谷の3大副都心を縦断し、いずれ横浜まで結ばれる新しい大動脈。

といってもぼくの場合、渋谷はともかく新宿&池袋にはそんなに縁がないので、まったくもって蚊帳の外。


近ごろは鉄道ファンのことを 「鉄ちゃん」「鉄子」 と呼んでいるそうですが、

ぼくは 「乗り鉄」 にも 「撮り鉄」 にも 「食べ鉄」 にも興味ありません。

さらに、「ダイヤ鉄」 とか 「音鉄」 とか 「葬式鉄(引退ものマニア)」 とかとか、よくもまぁ分類したもんだ。

ついていけん。


ぼくはせいぜい、路線図を見ながらバーチャル旅行をしたり、

「渋谷~六本木間に造るなら、どこまで伸ばそうかな?」 などと 計画を立てたりする程度・・・

・・・って、あぁ~! ぼくは完全なる 「路線鉄」 だった~!!

つい先日、そういう呼び名があることを知り、はじめて本当の自分に気がついた次第です。


そして今日、「副都心線」 も掲載された新しい路線図を 6枚もらってきました。

トイレに貼って、机に敷いて、かばんの中にも1枚…。

さっそく (紙の上の)埼玉は奥秩父まで行ってきます。


しゅっぽっぽー、た~のしいな~!!

 
関連記事

タグ : 鉄道 地下鉄 鉄ちゃん  テーマ : 鉄道  ジャンル : 趣味・実用

18:22  |  東京ずまい  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2008.06.12 (Thu)

コニャックは大人のかほり

今夜はブランデーで乾杯します。

「名前がなんとなくかっこいい」という、ただそれだけの理由で好きになったカミュのVSOP。

レミーやヘネシーよりスパイシーで辛口。 有名な割にそんなに高くないのがうれしい (3千円弱)。

ブランデー・グラスは持っていないので、広口のタンブラーで代用しています。


男らしくストレート・ノー・チェイサー。 手のひらの熱でわきたつ、芳醇なかほり…。

意味なくサングラスをかけたりして。

意味なく窓辺に立ってみたりして。


そんな平成の裕次郎、グラスをくるくる回したら、手にベチャーっとついてしまいました。

飲み込む加減を間違えて、ゲホゲホむせてしまいました。

あ~あ。 わが家のボスは、ぜんぜんかっこよくありません。


…と、それはこっちに置いといて、ブランデー梅酒も飲みたいなぁ。

ちょうど漬け込みのシーズンでしょうか? 自家製、まだ間に合うかな?
 
関連記事

00:41  |  ぐるめ…?  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【これが私のベスト3!】 2008.06.11 (Wed)

≪これが私のベスト3!≫もくじ

 「これが私のベスト3!」の記事が各書庫に散らばっているので、「もくじ」がてらリンクを貼りました。タイトルを押すと別ウィンドウで開きます。




 ≪PVがダサかったあの名曲洋楽ベスト3!≫
 ・・・当時のプロモーション・ビデオがダサくてガッカリしてしまったあの洋楽の名曲。

 ≪バート・バカラック、Myベスト3!≫
  ・・・20世紀ポップスの巨星、その懐かしい名曲をあなたに。

 ≪ アニメ「パチソン」感動の名曲ベスト3!≫
  ・・・勝手に作られ売られていた、ニセモノ歌手による名作アニメソング集!

 ≪赤塚ふうパーシー・スレッジ≫
 ≪恐竜戦隊ティナ・ターナー≫
 ≪いとしのトム・ジョーンズ≫
  ・・・世界の「濃い味シンガー」大集合!

 ≪【GYA48】 ゴーヤ料理総選挙! ≫
  ・・・ベランダ栽培のヘビー・ローテーション! ゴーヤ料理の献立ベスト48!

 ≪伊丹十三監督 『タンポポ』 の名シーン・ベスト3!≫
  ・・・傑作グルメ映画の美味そうな人たち。

 ≪ぼくの好きなバーンスタイン、ベスト3!≫
  ・・・指揮者レナード・バーンスタイン没後20年。手持ちのCDから名演を。

 ≪あの曲はこの曲だったのか②~懐かしスポーツ編≫
  ・・・テレビでよく聞くあのBGMのタイトル。懐かしスポーツ番組編。

 ≪あの曲はこの曲だったのか2010≫
  ・・・テレビでよく聞くあのBGMのタイトル。 「何が出るかなっ♪」

 ≪ジャッキー・チェンの強敵ベスト5!≫
  ・・・ベスト3では選びきれなかった! ベスト5でも無理かも。

 ≪ぼくのブラウザー比較2010≫
  ・・・ネットを見るのは「IE」だけじゃ物足りない。

 ≪ドリフ&ソウル≫
  ・・・ヒゲダンスに早口言葉にちょっとだけヨ!

 ≪江戸川乱歩のエログロ・ベスト3!≫
  ・・・リアル乱歩に手を出すな。

 ≪My ドラクエ・ランキング≫
  ・・・7と8で卒業しました。

 ≪吹き替え映画まつり≫
  ・・・文句なしの最強SF&アクション映画3作! その軽く10回は見たTV吹き替え版!

 ≪NHKスペシャル音楽ベスト3!≫
  ・・・Nスペは音楽もすばらしい!

 ≪21世紀に残したいコミックソング ベスト3!≫
  ・・・1970年前後の懐かしの3曲。

 ≪おでんJAPANベストナイン!≫
  ・・・「好きなおでんの具」 代表チーム発表!

 ≪ラスト・シーンで落ちた映画 ベスト3!≫
  ・・・最後の最後でズドンと感動させられた、フォーク・ボールのような名作映画。

 ≪黒澤明『七人の侍』のチョイ役キャラ・ベスト3!≫
  ・・・世界映画史に燦然と輝く空前絶後・驚天動地の最高傑作の中のチョイ役キャラ。 黒澤明没後10年。

 ≪クラシックが原曲のポピュラーソング ベスト3≫
  ・・・あの名曲がこんなふうに甦る・・・。クラシックとポップスのクロスオーバー作品を。

 ≪恐怖のバーナード・ハーマン音楽ベスト3≫
  ・・・ヒッチコックの『サイコ』など、サスペンス映画音楽の鬼才に震撼せよ!

 ≪マイ京都ベスト3≫
  ・・・有名なんだけど、ちょっと忘れがちな名所を。

 ≪今週のかっこいいベスト3≫
  ・・・番外編。かっこいいぼくちんのダンデーぶり、ちびっても知らないぜ。

 ≪あこがれの悪役第1位!イアーゴー&リチャード3世(シェイクスピア)≫
 ≪あこがれの悪役第2位!ボヤッキー≫
 ≪あこがれの悪役第3位!曹操 (『三国志』)≫
 ≪時代劇の名悪役トリオ≫
  ・・・LOVE悪役! ビバ悪役!


 ≪ベートーヴェンの 『悲愴ソナタ』 聴き比べ≫
 ≪カラヤンの『ツァラトゥストラはかく語りき』聴き比べ≫
 ≪ブラームス『弦楽六重奏曲』聴きくらべ≫
 ≪「○○ and コルトレーン」 聴きくらべ≫ ~ジャズサックスの巨人のコラボ盤
 ≪マーラー『交響曲第1番<巨人>』聴きくらべ≫
 ≪ストラヴィンスキー『火の鳥』聴きくらべ≫

 ≪歴代『イ・ムジチの四季』聴きくらべ≫
 ≪プッチーニ 歌劇『トゥーランドット』 聴きくらべ≫
 ≪ムソルグスキー 組曲『展覧会の絵』 聴きくらべ≫
 ≪バッハ『無伴奏チェロ組曲』聴きくらべ≫
 ≪ブラームス『交響曲第1番』聴きくらべ≫
   ・・・いずれもランキング形式ではありませんが、とにかくありったけ挙げてみました。


 ≪勝手に選ぶ、歴代『空耳アワー』アワード≫
 ≪『空耳アワー』アワード番外編≫
   ・・・『タモリ倶楽部』の名物コーナーに愛をこめて。


 これからもマニアックな 「Myベスト3」 をじゃんじゃん増やしていきます。乞うご期待!?


 

タグ : ブログ  テーマ : ブログ  ジャンル : ブログ

23:50  |  これが私のベスト3!  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2008.06.09 (Mon)

カラヤンのモーツァルト『戴冠式ミサ』

 
東京MXテレビの「カラヤン生誕100周年特集」で、モーツァルト 『戴冠式ミサ曲』の演奏を放送していました。


1985年、かのヴァチカン・サン=ピエトロ大聖堂での実際のミサ内で行われた超貴重な演奏。

合間には、当時の法王ヨハネ・パウロ2世じきじきのお説教つき (というよりこっちがメインか)。

カラヤン率いるオケはウィーン・フィル。

すごい。豪華。なんだかそれだけで高揚感満点。


あまりミサ曲は聴かないし、ましてカトリックのミサをじっくり見るのは初めてですが、

文字どおり朗々と歌いあげる司祭の朗読に引き込まれました。(翻訳か解説の字幕を出してほしかった)。

そしてコンサート・ホールとは違う、石の大聖堂のおごそかな音響。

モーツァルトは当然それも計算に入れて作曲しているのでしょう。


一方、当時77歳のカラヤンは、人生を達観したような悠然たる指揮ぶり。

「ヨハネ・パウロ2世はカラヤンより12歳年下」という話には驚きました。

う~ん、そういうものか。


関東ローカルの東京MXテレビは、来月以降も「カラヤン特集」を続けてくれるらしいのでうれしい限り。

前日のブルックナー以外はほぼチェック済み。

できれば放送日は早めに告知してください。楽しみにしています。

 
関連記事

(  テーマ : クラシック  ジャンル : 音楽

00:21  |  クラシック音楽  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ごあいさつ'06-'08】 2008.06.07 (Sat)

大そうじ’08

 
今年もまた、わが家の大そうじシーズンがやってまいりました。

毎年言ってますが、この時期の大掃除はお湯を使わずにすむし、窓あけっぱなしでも平気。

5月の末からひと部屋ずつ、チマチマと片付けています。


誤算だったのは、例年より1週間早いという梅雨入り。

シーツやらクロスやら、大物を洗濯しても干すに干せず、やむなく乾燥機へポイ。

あぁ、余計な電気代。すまん地球・・・。

せめてものお慰みにと、ホカホカ手巻き寿司になって遊んでいます。


そして今日は、台所の水まわりをピッカピカにしました。

明日はいよいよ最大の強敵 「換気扇」 と戦います。

ずらりと用意されたアルカリ性洗剤、重曹、ボロ雑巾・・・。

おそうじ界のランボーがいま、立ち上がる!

 
関連記事

タグ : 大掃除  テーマ : 片付け・収納・お掃除  ジャンル : ライフ

00:19  |  ごあいさつ'06-'08  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【はじめてのパソコン】 2008.06.04 (Wed)

さらばノートン!、ようこそE-SET!

 
 パソコンが遅くて遅くて困っていました。5年前の大衆機だから仕方ないのですが、いらないファイルや記録を削除したり、各種仕様を変えてみても、いたちごっこ。ただでさえパソコン音痴にはわずらわしい作業・・・。

1.「ごみ箱」 や 「メール」 内の不要なファイルをこまめに削除。
2.週に1度、「ツール(T)」⇒「インターネット・オプション(O)」 を開き、「Cookieの削除」
  「ファイルの削除」 「履歴のクリア」 を実行。
3.仮想メモリの変更 (「スタート」⇒「コントロール・パネル」⇒「システム」⇒「詳細設定」
  ⇒「パフォーマンスの設定」⇒「詳細設定」⇒「仮想メモリの変更」・・・で、Dドライブに数値を移す。)



 中でも足を引っ張りまくっていたのが、ウィルス対策ソフトの 「ノートン・インターネット・セキュリティ」!! バソコン購入時についていたものを惰性で使っていたのですが、とにかく遅い!! しかも年に一度はエンストするし、電話をかければたらい回し・・・。
 シマンテック社は船場吉兆より信頼できない世界一大嫌いな企業になりました。

 先日その期限が切れたので、今年こそは乗り換えようと「ウィルス対策ソフト 比較」で検索したHPを参考にしたところ、キャノン社販売 「NOD32」 の上位版 「イーセット・スマート・セキュリティ(ESET)」 がよさそう。「総合力がある」「4~5年前の古いパソコンに向く」「価格は4200円とまずまず」、そして何より 「軽い!」のだとか。

 さっそくノートンの野郎に引導を渡して無料体験版をインストールしたところ・・・おぉ、速い!! 昨日までのイライラが嘘のよう! 最初のパソコン起動だけでも、今まで5分かかっていたものがほぼ直後に。肝心の性能がどうなのかはまだ判断できませんが(どうせ素人なので分かるまい)、少なくとも二度とノートン野郎に帰る気はありません。

 いかにウィルス対策ソフトがパソコンの速度を左右するか、痛感しました。調べた甲斐があります。ちなみに他は、だいたいこんな感じ。('08年6月現在。ど素人の勝手な印象です。)

安さの 「ウィルス・セキュリティ ZERO」 ・・・更新料が10年無料(!)だが性能は信頼できるかな?
軽さの 「ESET」 ・・・古い機には福音のごとき軽快さ。新しい製品なので信頼度は未知数。
万人向けの 「ウィルスバスター」 ・・・総合力で高いシェア。安定感や速度はバラツキがあるようだ。
いぶし銀の 「マカフィー」 ・・・欠点の少ない中庸の美。性能は信頼できそうだけど、速度は?
プロ仕様の 「カスペルスキー」 ・・・最高級の性能らしいが、庶民派の旧型パソコンには高負担か。
亀の防御力 「ノートン」 ・・・性能は申し分ないが、仕事が慎重すぎて遅い! 重いソフトの代名詞に。



 ほかにも無料版やプロバイダー版があるそうですが、素人が手を出すのはちょっと怖い。
 今は軽さのESETに一目ぼれ状態。2週間たった今も、パソコンをメモ代わりに使えるほど「サクふわ」。みなさんのおすすめ情報があれば教えてください

 
関連記事

タグ : ESET ウィルス対策ソフト  テーマ : パソコン初心者  ジャンル : コンピュータ

00:32  |  はじめてのパソコン  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑