【日本映画】 2008.02.25 (Mon)

溝口健二 『雨月物語』

シリーズ宮川一夫⑤/溝口健二監督『雨月物語』

12754081004c052ee49fa4d_import.jpg
(C) 角川大映


きょう'08年2月25日は、日本映画を代表する名キャメラマン宮川一夫の生誕100周年記念日。

歴史に残るそうそうたる名作群を支えた映像の名手だが、最大の代表作といえば

溝口健二監督の 『雨月物語』 (1953大映)に尽きる。


怪奇幻想物語の古典を題材にしたモノクロの映像美は、日本映画のひとつの頂点だ。

戦国の世、それぞれの欲望に翻弄される2組の夫婦の物語・・・。

とくに主人公(森雅之)が謎の美女(京マチ子)に溺れていく 「朽木屋敷」 の場は、

どこをとっても幻想美の極み。

ひと部屋ひと部屋 灯かりがくべられていく奥行きのある照明の演出、

どこかモダンな市松模様のふすまや、錦糸の1本1本まで映えようかという きらびやかな衣装、

そしてそして、ふたりが戯れる外庭の超俗とした空気感! (写真)


それは 「伝統的な和」 の美というより、国内外の最新技術を貪欲に取り入れた映画職人たちの

ほとばしる才気のフィルターを通した 「進化する和」 の美。

(日本的というなら、もっと俗気たっぷりのチャンバラ劇や人情現代劇のほうがふさわしい)

照明 岡本健一、美術 伊藤熹朔、衣装 甲斐庄楠音、そして撮影 宮川一夫…、

鬼才・名匠たちによる 「ほんもの」 の技だ。


もうひとつの名場面 「霧の琵琶湖」 での、深い霧の中から小舟が浮き上がるように現れる瞬間は、

えもいわれぬ幽玄の魔術に言葉を失ってしまう。


脚本は 「活字過多」、主演の田中絹代はお上品すぎ・・・

必ずしも物語にはのめりこめなかったのだが、たしかな素養の上に成り立つ

名匠たちの最高の仕事は、ただ見ているだけで眼福、目の肥やし。

と同時に、ヘンに欧米化したわれわれ現代日本人にはヘンにありがたく感じて、少し苦笑いだ。


 『雨月物語 (1953大映京都)』
 製作/永田雅一
 監督/溝口健二
 脚本/川口松太郎、依田義賢
 原作/上田秋成
 撮影/宮川一夫
 音楽/早坂文雄
 主演/森雅之、田中絹代、小沢栄、水戸光子、京マチ子


 
関連記事
00:23  |  日本映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【あなたの性格診断テスト】 2008.02.18 (Mon)

あなたの「豪快」度テスト

 
 なんとか検定の流行に乗って、性格テストをつくってみました。
 記念すべき第1弾は、「あなたの豪快度」 を診断します。全10問。あなたは「豪快」さん? それとも「ささやか」さん?

  ---毎日のお風呂は?
  A.ぬるめの腰湯
  B.ザバーッとあふれさせる

  ---魚の1匹や2匹・・・
  A.さわれない
  B.頭から丸かぶり

  ---心にしみる言葉は?
  A.「ありがとう」
  B.「どんぶりめし」

  ---もし生まれ変わるなら?
  A.平安時代
  B.戦国時代

  ---一度やってみたいのは?
  A.プラダの店で棚買い
  B.バカラの店で千本ノック

  ---座右の銘にするなら?
  A.世界平和
  B.世界征服

  ---パソコンの調子が悪くてイライラ・・・
  A.がまん
  B.マイクロソフトを買収してやる

  ---(女性) 恋人から何と言われたい?
  A.「きれいだね」
  B.「平成のアンドロメダ」

  ---(男性) 世間から何と言われたい?
  A.「誠実な人」
  B.「ラスベガスの帝王」

  ---本気で住むならどっち?
  A.ベルサイユ宮殿
  B.土管

  ---地球温暖化について
  A.人類共通の問題
  B.自分の体温のせい


 ・・・以上、A・Bの選択肢から、Bの数を数えて下の表でチェックしてください。

Bが10個/前代未聞!空前絶後!銀河系クラスの大豪傑! 人類にとって大きな一歩も、
       あなたにとっては貧乏ゆすり。あなたの人徳は、もはや地球人のスケールを超えた!
9~7個/ワールド・クラスの豪傑! あなたの前に道はなく、あなたの後ろに道ができる。
       あなたがその気になれば、この世界のほとんどの問題は解決するでしょう!
6~4個/ジャイアン・クラスの豪傑。私のものはあなたのもの、あなたのものもあなたのもの!
       しかし心の芯のやさしさは忘れない、まことの豪傑とはあなたのことをいいます。
3~1個/「臥龍」諸葛孔明クラスの知られざる豪傑。世界はまだ、あなたに気付いてないだけ。
       しかしひとたび立てば、水を得た龍の如し。その慈悲深さに人々は涙するでしょう!
  0個/マザーテレサ・クラス、奇跡のささやかさん。あなたのあふれる愛は、この殺伐とした
      現代社会を潤すひとしずくの水・・・。あなた自身の名を唱えよ、さすれば救われん!



 あなたの豪快度は何クラスでしたか? 念のため言っておきますが、当テストに科学的根拠はいっさいございません。
 次回は「あなたのメルヘン度」をお贈りいたします。プリン、クリリン、メッテルニッヒ、みんなラブリィになぁれ!

 
関連記事
00:25  |  あなたの性格診断テスト  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【京都・奈良&和ふう】 2008.02.13 (Wed)

冬の京都 (My Favorite京都、ベスト3!)

 
この連休は、京都に行ってきました。

折からの積もりに積もった雪の中、今回はじめて、妙心寺退蔵院の庭を見にいきました。

雪におおわれた庭園は観光客も少なく、冷たい空気が張り詰めた厳粛な雰囲気・・・。


境内の他の院や、絵師・狩野元信の作という庭には入れず不完全燃焼だったのですが、

ほとんど予備知識もなく、ふらっと寄っただけなのでぜいたくは言うまい。

気を取り直して、ほかのお気に入りの名所で仕切り直しをしました。


そんな魅力の尽きない千年のワンダーランド京都、

いい機会なので、この場をお借りして 「マイ京都ベスト3」 を発表しておきます。でれれれ・・・


 ≪第3位! 東福寺≫
 通天橋から眺める紅葉は壮観のひとこと! 「通天」とはよく言ったもので、まさに紅葉の雲の上を歩いているよう。お金のない学生時代、秋になるとよく通っていました。
 昭和の名作庭家・重森三玲による庭園も、現代的でシャープなアプローチにハッとさせられます。

 ≪第2位! 祇王寺≫
 嵯峨野の山あいにたたずむ静かな草庵。一休さんの母上さまが遁居していそうなつつましさ、わびしさ・・・。丸い吉野窓からもれるやわらかい光に包まれると、もう帰りたくなくなります。
 雪よし、苔よし、紅葉よし。あまりメジャー観光地になってほしくない、ちょっとした秘密の隠れ家です。

 ≪第1位! 大徳寺≫
 龍源院の方丈石庭、聚光院のふすま絵、孤篷庵の茶室…。たくさんの名所を抱える大寺院ですが、特に大仙院の庭は「マイ・フェイバリット枯山水」!
 枯山水といえば竜安寺が有名ですが、観念的すぎて心底理解できないのが本音。だけどこちらの石組は、世界観がぎゅっと凝縮された緊張感あふれる雄雄しさ。「静」の竜安寺に対抗できるのは、「動」の大仙院だけといっても過言ではありません。いつ見ても圧倒されます。



みなさんのベスト3はどこでしょうか?


・・・京都みやげは、お香と漬物。

もっとも、どちらも東京に支店があり、行きつけている店。

あんまし意味ないんですけど、気付かれないうちにあちこち配りました。

 
関連記事
00:19  |  京都・奈良&和ふう  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【東京ずまい】 2008.02.04 (Mon)

雪の日の洗濯

今日の東京地方、屋根という屋根は一面まっしろです。

せっかくだからイチゴをのっけて、チョコをまぶして…

あの家からずーっとこっちの通りまで、ツバつけときました。


そんな大雪の日曜日ですが、洗濯好きとしては 「待ってました!」

めったに使わない乾燥機を回すチャンスなんです。


旧式の機なので、電気代は食うし効率も悪い。

でもぐるぐる回りながら、水がじょろじょろ出てくる様子がなぜか楽しい。

見ていて飽きません。


ぐわんぐわんとものすごい音を聞きながら

ざっと乾かして、仕上げはストーブの前に干しました。

これでシャツもタオルもパリッパリ。手裏剣にしてあそびました。ニンニン。
 
関連記事
00:16  |  東京ずまい  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑