FC2ブログ

【アメリカ映画】 2007.05.08 (Tue)

『スタンド・バイ・ミー』 異考

12754097994c053587e610c_import.jpg


スティーヴン・キング原作、ロブ・ライナー監督 『スタンド・バイ・ミー (1986米)』

かけがえのない友情。線路づたいの冒険。

過ぎ去りし少年の日の思い出に、誰もが心を躍らせ、温かい気持ちにさせた青春映画の名作。


・・・それはそれでいいでしょう。まったくもって正しい感想。

でもぼくは違った見方をしてしまうので、覚え書き程度に簡単に書いておきます。


 ・・・物語は、大人になったゴーディ (リチャード・ドレイファス)が過去を回想する形で進行する。 しかしその語りは、決して悠長なノスタルジーに浸っていない。

 「あの日以来、本当の友達を持ったことがない」
 という彼の手元には、かつての親友の死を伝える新聞記事が。

 亡き長男の影に縛られたゴーディの両親。戦争の影に縛られたテディの父。そしてゴーディもまた、少年の日の思い出に縛られ続ける大人になっていたのだ。

 子供から大人へと、誰もが通る通過儀礼。そこで何かに縛られ、何かを失っていく大人たちの、切なく悲しい現在進行形の物語なのである。



・・・と、バラしますがこれ、ぼくが高校生の頃に書いた感想です。

『スタンド・バイ・ミー』 なのはぼくでした。

 
関連記事
22:30  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑