FC2ブログ

【この本!】 2006.10.02 (Mon)

かこさとしの絵本

12754119184c053dcee4837_import.gif


知人の坊やが2歳になったので、誕生日プレゼントに絵本をあげることにしました。

親御さんといろいろ相談した末、かこさとし作の 『だるまちゃん』 シリーズに決定。


加古里子 『だるまちゃんとてんぐちゃん('67)』 『だるまちゃんとかみなりちゃん('68)』


およそポップ&ソフィスティケイトとは無縁の野太いタッチ。

絵本の書棚でひときわ異彩を放つ、昭和テイスト全開の大ロングセラーです。


自分の小さい頃をよくよく思い出すと、あまり好きな絵じゃなかった・・・のですが、

今はひと回りして、絵本といえば“かこさとし”作品を思い浮かべます。


聞けば、知人の坊やは 『からすのパンやさん』 を 「むしゃむしゃのほん」 と喜んでいるとか。

『とこちゃんはどこ』 も根強い人気とのこと。プレゼント、喜んでもらえるでしょうか。


そしてもう1冊、『どろぼうがっこう』 を自分用に購入。

とても絵本に似つかわしくないコワモテの面々が、泥棒の極意を学ぶというアナーキー?な内容に、

一発でKOされました。

いい年こいたぼくを、“かこLOVE”に陥れたニクい奴らです。


かこさんの作風は、ファンタジーや教訓を散りばめた大きな話ではなく、

本当に子供の目線に近い、他愛のないやりとりが魅力です。

だからこそ永遠に、次のあたらしい世代に無条件に愛されていく・・・。


今年で御歳80とか。最近も 『だるまちゃん』 の新作が出たというのだから、まったく恐れ入ります。

 
関連記事
23:45  |  この本!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑