【アメリカ映画】 2006.07.25 (Tue)

チャップリンのラスト・シーン

 
 チャップリンはラスト・シーン作りの名手なのでしょうか。いずれも映画史上に残る名場面ばかりです。

 『独裁者(’40)』 の大演説は心を打つし、隠れた名作 『サーカス(’28)』 も放浪紳士にふさわしい幕切れ。(なにぶんラストなので詳しく説明はできませんが、興をそがない程度に・・・)
 また 『モダン・タイムス(’36)』 では、画面が切り替わったとき人物の影の向きが逆になっている・・・というのは、映画の間違い探しクイズでもよく取り上げられる有名なシーンです。

 ※ただこれ、実はチャップリンが意図していたとの説も。
 前者は朝日で後者は夕日、一日中歩き続けたとすれば、つじつまが合う・・・と、先日NHK教育の番組で解説されていました。ロケ地の検証もあり、なかなか説得力がありました。
 また、サントラ盤によるとこの場面のBGMのタイトルは 『Into The Sunset (夕陽へ)』。・・・納得。



 しかし名場面中の名場面といえば、やはり 『街の灯(’31)』!!
 すべての映画を通じて、ぼくが最も好きなラスト・シーンです。気持ちがギスギスしている時に観ると、きまって心が洗われます。
 今ではチャップリンとその作品を、「愛と平和を説いた人類の宝」とする讃辞がもっぱらですが、ぼくが好きなのは、人の食い物をくすね、子供相手に本気でケンカするチャーリー。そういう人間の美醜が作為なく描かれているからこそ、素直に心洗われるのです。

 しかし本作以後、『モダン・タイムス』 『独裁者』 と、次第に政治色が濃くなっていくのはご存知の通り。ふたつの大戦にはさまれた激動の時代に、チャップリンも否応なく飲み込まれていきました。
 次作 『モダン・タイムス』 の 「社会派」 チャーリーは、今までの自由で無邪気な主人公とはすでに異質。だから 『街の灯』 は、「放浪紳士チャーリー」 の最期・遺作といっても過言ではありません。

 『街の灯』 の感動的なラスト・シーンは、残酷な現実の始まりだという意見もあります。そうかもしれません。
 でもそんな 「後付け」 の 「深読み」 になど、ぼくはいっさい賛同しません。ぼくは、あんないいヤツの最期くらいは、美しい夢のままで終わらせてあげたいと思っています。

 
関連記事
23:54  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2006.07.24 (Mon)

これが俺のカレーだっ!

 
新鮮な野菜を仕入れてきたこの週末、それまでの残り野菜で、カレーをつくりました。

合挽き肉(特売)

たまねぎ (大1個)
にんじん (ヘタだけ取って皮ごと)

キャベツとブロッコリーの芯 (あるだけ)
パセリのじく (1束)

トマト缶
にんにく、しょうが (ひとかけ)

まずかった時のいいわけ (20字以内)



①野菜類は、問答無用でミキサーにかける。

②ひき肉を香ばしく炒める。

③ミキサーの野菜を加える。

④適当に煮込んで、アクをすくって、カレールーを入れる。お好みで各種隠し味を。

⑤できあがり!

⑥にんにく、しょうがを忘れていたことに気付く。


驚くほど野菜の甘さ。男子なら大ウケ間違いなしの味。

我ながら金のかからないヤツです。

 
関連記事
00:31  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【 このスポーツ!】 2006.07.21 (Fri)

正式に“オシムJAPAN”


60年前はこうだったんだな、と追体験した気持ち。


ジーコJAPANの敗因をろくに分析もせず、

彼を独断で信任した川淵会長は責任を取ることもなく、

オシムに決まる前から、決まったような大騒ぎ…。


あまりに軽く薄っぺらい空気なので、新監督は“ジダンJAPAN”とか“ピクシーJAPAN”のような、

マスコミ映えするサッカー・セレブに期待していたのだが (いっそ“エムボマJAPAN”でもいいぞ!)、

えらくまともな大本命に着地したので、ある意味驚いている。

でもジーコ路線とはだいぶ違うじゃん。


とにかく、オシムで正式発表なんですね。(もし土壇場で翻っていても、誰もこの騒動の責任取らないんだろうな…)

なんだか彼ほどの名将、今の日本にはもったいなくすら感じる。
関連記事
23:50  |  このスポーツ!  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ごあいさつ'06-'08】 2006.07.20 (Thu)

♪サマ~ジャンボ、宝っくじ

 
サマージャンボ宝くじを買いました。

周囲へのお小遣い(ご機嫌取り)も兼ねて、30枚ほど。

財布に入れたらパンパンです。お金持ちになった気分です。

小銭が増えてもうかったと喜ぶ、『はじめてのおつかい』の子供なみです。


当たるかどうかは、期待していません。こういうのって、欲張らないほうが、うまくいくのでしょう。

ただ、ブログが急に派手になったら、「やりやがったな」と舌打ちをしてください。

 
関連記事
00:14  |  ごあいさつ'06-'08  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【京都・奈良&和ふう】 2006.07.18 (Tue)

つゆの青もみじ

夏の青もみじが好きです。

きっかけは、紅葉の名所として知られる京都・東福寺。

ある夏、かの寺の谷に下りる機会があり、そこで夏の露にぬれた青もみじの静けさに魅かれたのです。

まだ皆に愛でられる前のもみじ林を、独り占めにしたような優越感があり、

ひと声を張れば、あちこちから こだまが返ってきそうな空間がとても幻想的でした。


この連休、お茶の会席に招かれたところ、立派な庭には、おあつらえ向きのもみじの木が。

しかしお呼ばれされたのは、よりによってくそ暑かった日曜日。庭に下りる元気もなし。

雨に降られた今日なら情趣が出て、ぼくもお行儀良くできただろうに…。

いま、一昨日の青もみじと今日の雨を、脳内CGで合成して楽しんでいます。いや楽しくないです。

関連記事
01:05  |  京都・奈良&和ふう  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ごあいさつ'06-'08】 2006.07.12 (Wed)

6リットルを飲んだ男

 
暑い夏には、麦茶が欠かせませんね!

ぼくはこの24時間で、3度目の湯沸しです。


昨夜の今頃に1回、翌朝職場で1回、帰宅して今まさに1回…。

3ℓ入るヤカンなので、計9ℓの麦茶を作りました。


このヤカンは、事実上ぼく専用。だから今日1日で、6ℓ飲んだことになります。

わしゃバケモノかい。自分で自分に呆れます。


理科の教科書によれば、水1ℓはぴったり1kg。

理屈では6ℓ飲めば、6kg体重が増えるているはずです。

まさかと思って体重計に乗ったのですが、数日前に計った記録とまったく変わっていませんでした。

それはそれで、バケモノのような代謝力ではあります。


そして今、生まれたばかりの麦茶3ℓを、虎視眈々と狙うぼくがいます。

この才能、ぜひ何かに活かしたい。

夏休みのお化け屋敷で雇ってもらえないでしょうか。

 
関連記事
00:37  |  ごあいさつ'06-'08  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【【未整理】 世界ブラボー日記】 2006.07.07 (Fri)

青い入浴剤

夏なので、入浴剤を変えました。

おなじみクール・バスクリン。

ぼくは特にこだわりはないので、何となく色がついて 何となくいい匂いがすればOK。


(めったに行くこともない温泉も、いわゆる「源泉かけ流し」なんてネコに小判。

もてなしと雰囲気が良ければ、それで満足。)


でも今日の入浴剤は入れすぎ。薄めても薄めても、気持ち悪いくらい青々としています。

インチキ温泉ならすぐバレる毒々しさ (ツムラさんには罪はなし)。つかり甲斐があります。

でも、ごぼうのアク抜きじゃあるまいし、これ以上サワヤカになったら、どうしましょ…!?

関連記事
00:32  |  【未整理】 世界ブラボー日記  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【全世界音楽】 2006.07.05 (Wed)

この木なんの木、気になる木♪


                              (日立HPより)

懐かしCMソングのCDを買ってきました。


「ニッセイのおばちゃん自転車で…」

「ほら、チェルシー、もひとつチェルシー」

「新三共胃腸薬、かりゅう~!」

懐かしい!


「♪ダンダンディラン、シュビダデン、オエ~オ~」のサントリー・オールドのCMは、幼い日のぼくのあこがれ。

この時代はまだ、大人の世界というものがありました。


「この木なんの木、気になる木…」

「おいしい顔ってどんな顔」

「白さとハーブの、ブルーダイヤ」

フルコーラスで聴くと、新しい魅力を発見できます。


…で、ふと気付いた。ぜんぶ小林亜星作曲。

すごいぞ、貫太郎。あんたは人間国宝級だ。

関連記事
00:24  |  全世界音楽  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2006.07.02 (Sun)

ブラームス交響曲第1番×5


 
ブラームスの『交響曲第1番』。
うちにはこのCDが5枚あります。ラフマニノフ『ピアノ協奏曲第2番』の4枚を凌ぐ、堂々第1位。
せっかくなので、ぼくなりの感想をメモ代わりに書きつらねておきます。


ミュンシュ&パリ管(’68)

熱演中の熱演で知られる名盤(写真)。でもあまり魅かれなかった。

“フルトヴェングラーの第九”の二番煎じって感じ。


トスカニーニ&NBC響(’51)

中学時代、NHKのFMラジオで初めて聴いて感銘を受けたのが、このトスカニーニ版。

もっとも今聴きなおすと、20世紀を代表する巨星の演奏は、へたすれば“珍演”の部類に入るかもしれない。


CD解説にあるとおり、メトロノームのように機械的なリズム。

ただ、第2楽章のヴァイオリン・ソロは絶品! 歌ってる。


好みは分かれるだろうが、この人の鋼鉄の統率力は、今どきの指揮者には真似できまい。

たまに「怖いもの見たさ」感覚で聴きたくなる。


ベーム&ウィーン・フィル(’75)

これは父から譲り受けた、第1~4番までの全集版から。

とにかく堅実。名人たちの匠の芸、ケチのつけようがない。


ただ、雄大さを楽しみたい第1番は、他の盤と比べると地味すぎ。


アバド&ベルリン・フィル(’90)

アバドがカラヤンの後を継いで、ベルリン・フィルの監督に就任したときの、お披露目演奏会のライヴ録音。

ぼくはTV中継で大いに感動。イタリア的な明朗さと、ドイツ的な重厚さが絶妙にマッチ。

とても新鮮。いいタイミングで出会えたエキサイティングな演奏。

ただし同時に、このコンビはベートーヴェンだと頼りないな、と悟ってしまった。

実際、そうだった。


小澤&サイトウ・キネン(’90)

たしかこのオケの発足時、ブラームスの交響曲を売りにしていたっけ。

処女航海の意気込みが感じられ、とても力のこもった演奏だ。安心して何度でも聴ける1枚。

日本人とブラームスは相性がいい。何はともあれ、ブラームスで止めておいたのは賢明だ。



…と、好き勝手お許しください。さて、お好きな方、6枚目は何がいいでしょうか…?
関連記事
23:45  |  クラシック音楽  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑