FC2ブログ

【全世界音楽】 2006.06.09 (Fri)

松本隆 『赤いスイートピー』

 
 先日のNHKで、作詞家・松本隆さんを取材した番組をやっていました。

 太田裕美 『木綿のハンカチーフ』 は、一曲でそのままひとつの秀作ドラマ。歴史に残る名曲中の名曲。
 近藤真彦 『スニーカーぶる~す』。 「♪青春知らずさ~!」 だなんてまぁ、青春時代からこっぱずかしかったけど、松本さんはこういう青春期の微妙な揺れや恋心を描くのが実にうまかった。

♪ ♪

 そして松本隆といえば松田聖子

 代表作のひとつ 『赤いスイートピー』。 番組によると、このたび女優の綾瀬はるかさんがカバーするとのこと。 綾瀬さんはとても歌が上手くて、ひと世代上のガールズ・シンガーよりずっと本職の歌手らしい。

 「気が弱いけど」「ついてゆきたい」

 やさしく柔らかい綾瀬さんの歌声は、現代のふわふわした男女関係とマッチしていて、とても都会的でスマート。
 男社会をこじ開けて自己主張を始めた聖子世代のたくましさからは逆行していますが、これが本来の松本隆的世界なのかもしれません。
 男だけでなく、ついには女もふわふわの時代。

♪ ♪

  一言でガツンとくる故・阿久悠さんを戦略的なコピーライター・タイプとするなら、物語で聴かせる松本さんは吟遊詩人タイプでしょうか。

 「幾千粒の雨の矢たち」  (松田聖子 『瞳はダイアモンド』)
 ・・・一番好きな松本フレーズ。 冷たさと優しさの情景が浮かぶ、うつくしい表現だなぁ、とうるうる。
 同じ旋律で
 「私はもっと強いはずよ」
 ・・・一方こちらは聖子イズムの真骨頂。かっこいいねえ。

 
関連記事
23:25  |  全世界音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑