FC2ブログ

【京都・奈良&和ふう】 2006.04.06 (Thu)

その時“苔寺”が動いた~逆転の西芳寺

京都には、貴重な文化遺産を守るため、入場や観覧を制限しているものが少なくありません。

その中でも、特に心をひきつけられる まだ見ぬ名刹があります。


西芳寺。

またの名を“苔寺”といいます。


京都の西、かの嵐山の南方に、山にうずもれるようにたたずむ古寺です。

(グーグル<ローカル>の衛星写真マップで見ると一目瞭然)

その通称どおり、庭一面をおおうコケが見事。都会の喧騒とは無縁な、幽玄と静寂の世界が広がっています。


作ったのは(伝承では)室町初期の名僧にして、歴史的な作庭家とされる夢窓疎石(むそうそせき)。

ただし当時は、輝く白砂が一面に敷き詰められ、コケなど生えていませんでした。

それどころか、豪放な石組みの枯山水庭園と、池と御殿を中心にした回遊庭園の2段がまえは、

さしずめ豪華で雅やかな室町テーマパーク。

天皇家や足利将軍家らセレブリティに愛され、かの金閣&銀閣は、当時の西芳寺をまねて造られたのだとか。


苔むした現在の侘しさ寂しさからは、とても想像がつきません。

実は、この“わびさび”の境地に至るまでには、壮絶なお寺ドラマが秘められていました。


というのも、もともと湧き水が豊かな土地柄が災いして、約50年ごとに洪水と山崩れで崩壊してしまうのです。

さらに1467年、京都を火の海で包んだ“応仁の乱”で、立派な御殿も庭木もほぼ焼失。

あぁ、人世むなしい西芳寺さん…。

それでも、金閣寺の足利義満、銀閣寺の義政、そして織田信長と、

事あるたびに時の権力者が手を差し伸べてくれました(まだまだ愛されてるッ)。


しかし、江戸時代に入ると状況は一変。

宗教界は徳川幕府の厳しい管理下に置かれ、この寺の影響力もガタ落ちに。

気まずい雰囲気の中、ここでも2度の洪水に襲われてしまいます…。


造っては焼かれ、直しては流され…

その間、本来のデザインはほとんど失われてしまいました。

かくして、次第に人々の心から忘れ去られていく西芳寺さん。

江戸後期には寺は困窮を極め、庭木を木炭にして生活の足しにしたとか。

そんな不幸のどん底に落ちた西芳寺さんを、痛恨の一撃が襲います。


時は明治維新、新政府は天皇中心の政治システムを建設するため、

仏教を弾圧する“廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)”政策を掲げたのです。


ただでさえ落ちぶれ果てた貧乏寺、これには参った。もうお手上げ。万事休す。

もはや捨てるも同然にされてしまいました。

ところが…!


  その前に、コマーシャル!!


ところが…!

荒れるに任せるうち、庭は一面の見事なコケに覆われたというではありませんか。

木炭用に丸裸にされたはずの庭木も、新しく現れたのは、すべて勝手に自生したもの。

もともと湧き水が豊かで、幾多の洪水に見舞われた、水には縁深い地。

コケを育む条件はどこよりも満たしていました。

いま我々が映像・写真等で目にする神秘的な景観は、本当に時間と自然のたまものだったのです。


…皮肉なものです。

このブログも、ほったらかしにしたら塩梅な趣が出てくるでしょうか…。


しかし、運命の皮肉には続きがありました。

戦後、このコケ庭が広く知られるようになると観光客が殺到、

無神経に踏み潰すわ、コケをはがし取るわ、ゴミは捨てるわの狼藉ざんまい。観光バスの排ガスで、植生も大ピンチに。

そこで1977年、寺は1日2、30人程度の完全予約制をしいて、一般の入場を大幅に制限したのです。


現在では、ただ庭を見るだけでなく、写経をしたりお説教を聞いたりしなければなりません。

信者ではないぼくにすれば、かえって魂の抜けた一日になるでしょう。

だから憧れに任せて行く気にはなれないのです。


最後に、運命の皮肉ついでをもうひとつ。そこまでしての保護が実ったのか、

1994年、京都の名だたる寺社・城と共に、ユネスコの“世界遺産”に登録されました。

関連記事
00:55  |  京都・奈良&和ふう  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑