【この本!】 2006.04.26 (Wed)

ダンテと行く、GW地獄めぐりの旅

12754132554c0543078f33b_import.jpg

 
イタリア文学・・・いや西洋文学の最高峰とされるダンテ・アリギエーリの叙事詩 『神曲』。

「人生の半ばで道を外れ、ふと気付くと暗黒の森であった」

・・・という書き出しは、イタリア人にとっての国民的大常識、

日本人にとっての「国境のトンネルを抜けると雪国だった」みたいなものなんだそうです。


内容は、早い話がダンテ自身による地獄・天国めぐりの記。

『地獄編』 『煉獄編』 『天国編』 の3編から構成されていますが、やっぱり人気が高いのは 『地獄編』。

焼かれたり、つつかれたり、罵られたり・・・

この世で罪を犯し、地獄に落とされた人々への責め苦が、これでもかとばかりに展開します。

場面によっては、エグい地獄の描写に 食欲を失いますのでご注意を。

ここにギュスタフ・ドレの有名な挿絵がそえてあれば、かなりヤバいです。


でも一番コワいのは、作中、レポーター役として旅するダンテご本人。

当時、政治闘争に敗れてドン底だったダンテは、実在の憎き敵を生きたまま地獄で氷漬けにさせて、

罵りながら頭を蹴飛ばして髪をひん剥きます。


彼のお眼鏡にかなわなければ、アリストテレスだろうがローマ教皇だろうが容赦なし。

それを不特定多数の人々に読んでもらうため、

ラテン語が知識人のステイタスだった時代に、地元のトスカーナ語で書き記しました。


まるで暴露本であり、ワイドショーであり、ネットの掲示板の中傷記事。

それが100年単位で読み継がれているとくれば、書かれた人は迷惑このうえありません。


でもぼくはキリスト教徒じゃないので、ダンテの恨み節、かえって無邪気に楽しめました。

こんな人間には決してなりたくありませんが、一歩引いた目で見ると、おもろいオッサンではあります。


来たるGW、怠惰なぼくはブログを丸々お休みし、高慢にして貪欲なパラダイス地獄へ行って参ります。

みなさんは、ぜひ天国に行ってくださいね。

 
関連記事

(  テーマ : 文学・小説  ジャンル : 小説・文学

23:49  |  この本!  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【JAZZ】 2006.04.22 (Sat)

かもめのチック・コリア

12754132954c05432fa8105_import.jpg


現代ジャズ界のリーダーのひとりであるチック・コリア

カモメが飛ぶレコ・ジャケが印象的な、『リターン・トゥ・フォーエヴァー』は、若き日の代表作のひとつ。

1972年発表。当時としては斬新な、エレクトリック楽器を導入した軽快なサウンド。

“フュージョン”音楽の先駆けになった、歴史的作品だとか。

とまぁ、能書きは抜きにして、休日はこれでくつろぎたい。


3曲目 『What game shall we play today』

「きょうは何して遊ぼ?」ってところだろうか。

ボサノヴァ風のリズムと、透明感あふれる女性ヴォーカルが、まさに遊ぶように渚を滑空。

たしか何かのCM曲に使われていたような…。

もし頭痛薬なら、すっきりさわやかに効きそう。食パンやインスタント・コーヒーもいい。とにかく朝が似合う。


ただし、今聴くと、正直言ってちょっと古い。

時代がひと回りして逆に新しい、という感覚とも違う。

でも悪くない、大目に見てやろうという程度のズレ加減…。

いや、休日なんだから、音楽も着崩したっていいじゃないか。


以前、『タモリ倶楽部』 でタモリさんが、チック・コリアふうピアノ演奏をマネされていた。

もったいぶって抑揚をつけながら、白鍵だけをポロリンと弾く。

そうそう、分かる分かる!

あまりにマニアックすぎる芸だけど、どこかで誰かが喜んでます。またいつかやってください。

 
関連記事

タグ : ジャズ チック・コリア  テーマ : JAZZ  ジャンル : 音楽

23:44  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【京都・奈良&和ふう】 2006.04.16 (Sun)

大岡越前のふすま

12754133404c05435c08d39_import.gif


加藤剛さん主演のTVドラマ『大岡越前』(TBS系列)。

つい先日、36年間のシリーズに幕を下ろしたと、今ごろ知る。


何と言っても、山下毅雄作曲&口笛によるテーマ曲が好き。(&名コンビ伊集加代子さんのスキャット)

ぼくがプロレスラーなら、ぜったい入場テーマ曲にしているだろう。

そしてもうひとつ印象に残っているのが、クライマックス、大岡裁きのお白洲のふすま。

まるで迷路のような青と白の幾何学模様。


『水戸黄門』といえば“葵の家紋”がトレードマークであるように、

『大岡越前』といえばあのふすまの模様。

すごく気になっていたので、このたび初めて調べてみた。


桃山時代ごろ、中国明朝から伝わった“紗綾形(さやがた)”という文様だとか。

“卍”の字がモチーフになっていることから、「卍つなぎ」「菱卍」とも言う。

なるほど、卍をもとの形に角度を戻すと、がぜん中国建築の装飾ぽくなる。


江戸時代、小袖や調度品などに用いられ、武家や町家の間で流行。

ぼくは きものにまったく疎いのだが、女性用の高級絹織物“綸子(りんず)”といえば、

この文様が定番なんだとか。


ネットで探してみると、きものだけじゃないようだ。

カーテン、寝具、香炉に指輪・・・、しゃれたアイディアに目移りしてしまう。

どれがいいか、お奉行さまに最後の名裁きをお願いしたいくらい。

 
関連記事

(  テーマ : 時代劇  ジャンル : テレビ・ラジオ

01:10  |  京都・奈良&和ふう  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【めざせ東大 !?】 2006.04.13 (Thu)

トンネルを考える

 
日本は山がちなので、トンネルなくして交通網は成り立ちません。


新幹線がせわしなく形を変えるのは、トンネル突入時の衝撃を少しでも和らげるため。

車体が突入した瞬間、一方の出口から“トンネル・ドン”と呼ばれる大きな音と衝撃波が起きるからです。


でもこの空気鉄砲のような原理、宇宙ロケットの打ち上げに使えるんじゃないか、と考えられています。

地中にたて穴を掘り、ロケットを設置。下から空気の力で押し上げれば、

従来のとてつもない噴射エネルギーを、かなり節約することができるというのです。


もうひとつ、トンネルといえば川端康成の『雪国』。

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」

この国民的メジャーな書き出し、実は数パターンあるそうです(実際、記憶があいまいですよね)。

川端は改訂のたび、ちまちまと書き直したのだそうです。

文豪、ぼくと似てるネ。


最後に、なぜこんな話を思い立ったかというと、かつて木梨サイクルのお世話になった自転車、

そろそろ寿命が来たからでした。

 
関連記事

タグ : トンネル  テーマ : 建築  ジャンル : 学問・文化・芸術

00:47  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【全世界音楽】 2006.04.11 (Tue)

小さな恋のメロディ

ビージーズ『若葉のころ』…。


映画『小さな恋のメロディ('71英)』を初めて観たのは今から10年以上前、まだ高校生のときでした。

レンタルだったか、テレビの映画劇場だったか、は定かではありません。


ただ、思春期・反抗期(&バブル期)真っ盛りの年頃に、こんな愛らしい映画に夢中になる自分が、

とてもおかしかったのを覚えています。

それでも自信を持って素晴らしいと公言できる作品でした。


イギリスの宗教観および階級意識から分析すれば、もっと大人びたニヤリ笑いができるのでしょうが、

今は素直に子供心のままでいます。

また、ストーリーのあらすじも他に譲ります。ここでは書きません。


何はともあれ、ビージーズの音楽が素晴らしい。

CMなどでよく使われる挿入歌『メロディ・フェア』が一番有名でしょう。

他にも「あ、何となく聴いたことある…」という曲がたくさんあります。


ぼくが一番好きなのが、『FIRST OF MAY』。


“若葉のころ”と訳されますが、慣用句なのかな? よく見かけるフレーズです。

人生の早春・青春ということでしょう。『メロディ・フェア』と同じくらいに有名な歌です。

 
   「クリスマス・ツリーより小っちゃかった頃は、何もかもが楽しかった。

    でもツリーを見おろすようになった今、

    君はぼくの元をすり抜け、去っていった。


    ぼくたち、好きどうしだよね?

    春なのに悲しいのはなぜ…?」


…といったような歌。かなり!意訳しました。

映画の字幕では、もっと穏やかです。相手の心が離れてしまったことに、まだ気付いていません。

(だからこそ、「ぼくたちの愛は死なない!」と歌いあげることが哀しい)


いま、女の子が分からなくなった思春期真っ盛りの方は、この歌に惹かれないかもしれません。

たぶん、もっと激しく狂おしい想いに駆られていることでしょう。

むしろ、小さな娘さんをお持ちのお父さんなんか聴いたら、号泣ものです。

娘さんが巣立たれたお父さんが聴いても、号泣ものです。


好きなシーンは、思い出せるだけでも数え切れません。

丸っこい出っ歯の女の子が泣かされる場面。トム、そんなこと言うなよ。

ダニエル一家が下品にむさぼるラザニア?が美味そうでした。

爆弾マニアの少年がいい味出していました。もちろん出っ歯の女の子も。


ダニエル役のマーク・レスターは、日本で大ブレイク。その縁で日本の武道と出会い、

今は整骨医をなさっているそうです。

メロディ役のトレイシー・ハイドも、すでに俳優業を退いていらっしゃるとか。

ダニエル君はさすがに優しいパパって感じでしたが、おふたりともイメージを壊さないくらいの面影がありました。

(10年ほど前、『明石家多国籍軍』という、さんまさんの番組で紹介されていました。)


そしてこのたび調べていたら、去る3月1日、ガキ大将トム役のジャック・ワイルドさんが、

ガンにより51歳で亡くなられたとか…!


…思わず言葉を失いました。

“5月のあたま”にでも投稿しようかと、のんきに考えていた話題ですが、こんな形で振り返るとは…。

こういう時の流れが、一番切ないです。

関連記事

00:31  |  全世界音楽  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【【未整理】 世界ブラボー日記】 2006.04.09 (Sun)

ずっこけ This Week

日曜日、洗濯していたら、糸くずネットが破れてしまいました。
(100円ショップ製だから、まぁ、そんなもん。)

月曜日、コーヒーをいれたら紙フィルターの底が抜けて、粉まみれのコーヒーができました。
(“破れ”つながりではあるが、話としては弱い。)

火曜日、自転車に乗ろうとふんばったら、チェーンが外れてつんのめりました。
(ようやく、記録だけはしておこうか、という気になる。)

水曜日、ワインのコルクを抜こうとしたら、真ん中でボキッと折れてしまいました。
(その勢いで、何かが倒れた・壊れたがあれば面白かったのに。)

木曜日、大事な用を思い出して道を引き返したのですが、その時のリアクションがダチョウ倶楽部より大げさになってしまいました。(それは恥ずかしい。)

金曜日、ソツなく一日を乗り切りました。
(うわっ、一番だめじゃん。)

土曜日は飛ばして日曜日、『アタック25』がステレオ放送になっていました。
(CMスキップ録画に失敗。でも児玉さんのマネしてる博多の芸人さん面白い。)

お客様よ、これがぼくの1週間です。
だれか歌にしてください。

関連記事

21:43  |  【未整理】 世界ブラボー日記  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【【未整理】 世界ブラボー日記】 2006.04.08 (Sat)

プロムスの熱い夜

NHK-BSで『プロムス・ラストナイト・コンサート』中継、今頃やってます。

夏の間イギリスで催される音楽祭“プロムス”の、最終日を飾る人気のオーケストラ・コンサートです。


一番盛り上がるのは第2部の後半、コンサート最後の1時間でしょう。

有名な『“威風堂々”行進曲』や『ルール・ブリタニア』など、イギリスの国民歌のオンパレード。

表彰式でおなじみの曲も演奏されます。


何が楽しいって、思い思いの扮装で詰め寄せた観客が、足を踏み鳴らしての大合唱。

船酔いするほど はためく“ユニオン・ジャック”の波。

クラッシック音楽の(日本での)イメージを覆す、まるでサッカーのスタジアムのような熱狂の渦。


近年は、愛国主義的すぎるというので、いくらか控えめにしているようですが、そのきっかけになった

9.11テロの1週間後に催された時は、急きょプログラムを変更してベートーヴェンの『第九』を熱演。

人々が音楽の力でひとつになる瞬間を確認できて、ぼくの乱れた心を落ち着かせてくれました。


日本でも毎年テレビ中継されているので、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートに匹敵する人気があります。

実際、バブル期には日の丸も多くゆれていました。

一緒に歌うかどうかは別としても、こういう楽しくにぎやかな雰囲気は大好きです。

関連記事

01:55  |  【未整理】 世界ブラボー日記  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【京都・奈良&和ふう】 2006.04.06 (Thu)

その時“苔寺”が動いた~逆転の西芳寺

京都には、貴重な文化遺産を守るため、入場や観覧を制限しているものが少なくありません。

その中でも、特に心をひきつけられる まだ見ぬ名刹があります。


西芳寺。

またの名を“苔寺”といいます。


京都の西、かの嵐山の南方に、山にうずもれるようにたたずむ古寺です。

(グーグル<ローカル>の衛星写真マップで見ると一目瞭然)

その通称どおり、庭一面をおおうコケが見事。都会の喧騒とは無縁な、幽玄と静寂の世界が広がっています。


作ったのは(伝承では)室町初期の名僧にして、歴史的な作庭家とされる夢窓疎石(むそうそせき)。

ただし当時は、輝く白砂が一面に敷き詰められ、コケなど生えていませんでした。

それどころか、豪放な石組みの枯山水庭園と、池と御殿を中心にした回遊庭園の2段がまえは、

さしずめ豪華で雅やかな室町テーマパーク。

天皇家や足利将軍家らセレブリティに愛され、かの金閣&銀閣は、当時の西芳寺をまねて造られたのだとか。


苔むした現在の侘しさ寂しさからは、とても想像がつきません。

実は、この“わびさび”の境地に至るまでには、壮絶なお寺ドラマが秘められていました。


というのも、もともと湧き水が豊かな土地柄が災いして、約50年ごとに洪水と山崩れで崩壊してしまうのです。

さらに1467年、京都を火の海で包んだ“応仁の乱”で、立派な御殿も庭木もほぼ焼失。

あぁ、人世むなしい西芳寺さん…。

それでも、金閣寺の足利義満、銀閣寺の義政、そして織田信長と、

事あるたびに時の権力者が手を差し伸べてくれました(まだまだ愛されてるッ)。


しかし、江戸時代に入ると状況は一変。

宗教界は徳川幕府の厳しい管理下に置かれ、この寺の影響力もガタ落ちに。

気まずい雰囲気の中、ここでも2度の洪水に襲われてしまいます…。


造っては焼かれ、直しては流され…

その間、本来のデザインはほとんど失われてしまいました。

かくして、次第に人々の心から忘れ去られていく西芳寺さん。

江戸後期には寺は困窮を極め、庭木を木炭にして生活の足しにしたとか。

そんな不幸のどん底に落ちた西芳寺さんを、痛恨の一撃が襲います。


時は明治維新、新政府は天皇中心の政治システムを建設するため、

仏教を弾圧する“廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)”政策を掲げたのです。


ただでさえ落ちぶれ果てた貧乏寺、これには参った。もうお手上げ。万事休す。

もはや捨てるも同然にされてしまいました。

ところが…!


  その前に、コマーシャル!!


ところが…!

荒れるに任せるうち、庭は一面の見事なコケに覆われたというではありませんか。

木炭用に丸裸にされたはずの庭木も、新しく現れたのは、すべて勝手に自生したもの。

もともと湧き水が豊かで、幾多の洪水に見舞われた、水には縁深い地。

コケを育む条件はどこよりも満たしていました。

いま我々が映像・写真等で目にする神秘的な景観は、本当に時間と自然のたまものだったのです。


…皮肉なものです。

このブログも、ほったらかしにしたら塩梅な趣が出てくるでしょうか…。


しかし、運命の皮肉には続きがありました。

戦後、このコケ庭が広く知られるようになると観光客が殺到、

無神経に踏み潰すわ、コケをはがし取るわ、ゴミは捨てるわの狼藉ざんまい。観光バスの排ガスで、植生も大ピンチに。

そこで1977年、寺は1日2、30人程度の完全予約制をしいて、一般の入場を大幅に制限したのです。


現在では、ただ庭を見るだけでなく、写経をしたりお説教を聞いたりしなければなりません。

信者ではないぼくにすれば、かえって魂の抜けた一日になるでしょう。

だから憧れに任せて行く気にはなれないのです。


最後に、運命の皮肉ついでをもうひとつ。そこまでしての保護が実ったのか、

1994年、京都の名だたる寺社・城と共に、ユネスコの“世界遺産”に登録されました。

関連記事

00:55  |  京都・奈良&和ふう  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【【未整理】 世界ブラボー日記】 2006.04.04 (Tue)

ようこそ、春

ベランダのメダカの水槽に、桜の花びらが一枚、浮かんでいました。

今日は風の強い日だったとはいえ、よくこんな所まで舞い上がってきたものです。

水槽のゴミは水を汚すので、本来なら取り除くべきなのですが、花びらと目が合ってしまいました。

しばらくこのままにしておきましょう。


ソメイヨシノのひとつ覚えの街並木にも、まして寒空の下の大宴会にも興趣をそそりませんが、

花びらが杯(現実は紙コップ)にひらりと落ちた瞬間だけは、思わず顔がほころびます。


いらっしゃい。これもなんかの縁なんだねえ。

関連記事

00:33  |  【未整理】 世界ブラボー日記  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【禁煙】 2006.04.01 (Sat)

禁煙1年~まじめに、禁煙の心構え

 
 2006年3月1日、おかげさまで禁煙1年を迎えることができました。苦しい時期は過ぎて、今はもう普通にタバコのない生活を送っています。

 去る禁煙1ヶ月目の時に、「禁煙の心構え」のような文を書いていました。なんとか軌道に乗ってひと段落つくと同時に、次の段階への自戒をこめたものです。
 ついでなので、そのまま掲載します。
 以下はあくまでぼくの場合であって、すべての人に有効だとは言いませんが、何らかの参考にしていただければ、と思います。

 「せめて1週間・1ヶ月を目標に」などと、期間を設定しないほうがよい。結局そのXデーを心待ちにして、苦行を克服した気分になってしまう(ぼくは前にこれで失敗した)。

 禁煙に最終日はない。「這えば立て、立てば歩めの親心」の精神で。

 日記をつけるのはとても有効。これで禁煙開始をうやむやにできない。そして後々、志が薄れてきた時に、初心を再確認できる。(※追記…ブログだと仲間づくりにも有効。「禁煙カウンター」 などパソコン・ツールもおもしろそう)

 禁煙開始は年始めや月始め、また人生の特別な日(入学、就職、結婚、子供の誕生、新居や新車購入…)に始めると、区切りがついて冷静に自分を分析できる。
 最初の志が大切。タバコ害そのものを動機にするのもよいが、「愛する人・宝物のため」など、他の動機を重視させると、つらさをカモフラージュできる。「“あの日”以来、吸っていない」と思い出づけることが励みになる。

 一方で、お小遣いの節約や臭い消しなど、ごく身近な理由も用意しておくとよい。大小どちらかの志だけでは疲れるので、心境次第で使い分けて。

 たとえ準備期間がなくても、大きな決意があれば、今この瞬間からでも禁煙は可能。苦しいときはその決意が支えになる。家族など身近で大切な人の理解と支援も心強い。

 個人差はあるが、苦しいのは最初の1週間。どんな手を使ってでも乗り越えよう。その後はだんだん楽になるが、初期の大志が薄れてくる。「1本くらいなら…」の煩悩はそんなころ芽生えてくる。志を再確認し、周囲に頼んででも励ましてもらおう。


  今日は区切りのいい4月1日。あなたもいかがですか、禁煙。

 
関連記事

タグ : 禁煙 たばこ  テーマ : 禁煙・タバコ  ジャンル : ヘルス・ダイエット

00:30  |  禁煙  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑