【クラシック音楽】 2017.09.16 (Sat)

夏の終わりのメンデルスゾーン

メンデルスゾーン『無言歌集1』エッシェンバッハ
(全曲盤)

しばらくぶりにメンデルスゾーンの 『無言歌』 集を聴きました。

クリストフ・エッシェンバッハのピアノによるCD。1975年録音。


『春の歌』 がいちばん広く親しまれていますね。

ほか、第1曲 『甘い思い出』 がせつなく、妙に心に引っかかった。

その理由をよくよく思い返してみれば、受験の一番つらい時期に聴いていたせいだった。

今となってはそれも甘くほろ苦い思い出、と言えるのでしょうか。


「谷間の世代」とされるエッシェンバッハの、クールなのか温かいのかよく分からない「中庸の美」な

演奏と録音音質も、あの頃を思い出させてくれました。

今夜はよく眠れそうです。


 HMV試聴ページへ (ハイライト盤)


 長く理不尽な差別と弾圧を受け、多くが強制居住区域<ゲットー>での生活を余儀なくされていたユダヤ人たち。その最初の成功者と言えるのが、ドイツのメンデルスゾーン家でした――。

 貧しいゲットーから出た祖父モーゼスは、独学で学問を修め、同時代のI・カントと並び称される哲学者として大成。ユダヤ文化の体系化と近代化の第一歩を記す。(「それまでの五〇〇年間で、最も著名なユダヤ人となった。」
 モーゼスを継いだ父アブラハムも銀行家として財を成し、家族ともどもキリスト教に改宗。ドイツ社会との融和を目指した。

 そして3代目にあたるフェリックス。 「モーツァルトの再来」 とも呼ばれた早熟の天才児として、19世紀ドイツロマン派音楽界の実力者として君臨。(最も有名な 『真夏の夜の夢』 を作曲したのは17歳の時!)
 母の実家がバッハ家のパトロンであったことから、(信じられないことだが)当時世間から忘れられていたJ・S・バッハの作品を発掘し、今に至る 「音楽の父」 としての地位を決定づけた功績は大きい。また、指揮者として「指揮棒」 を初めて使ったのも彼だったというのはちょっとしたウンチク。
 40歳を前にして早すぎる死を迎えたが、彼の子供たちも事業や学問の世界でそれぞれ成功を収めた。

 しかしその後、反ユダヤ思想の高まりにより、その急先鋒たるワーグナーから手ひどく攻撃され、続くナチス政権によってメンデルスゾーン家の遺産は徹底的に収奪・破壊される。フェリックスの音楽も不当に軽んじられ、名誉回復には戦後しばらくまでかかった。

 今では、古典派ベートーヴェンを継いでロマン派黄金時代を築きあげた巨人のひとりとして、ふたたび人気作曲家に返り咲いたのはご存知のとおり。
 近年は姉のファンニーの、女性初の作曲家・ピアニストとしての 「自立した女性像」 にも注目が高まっている。

 ――ハーバート・クッファーバーグ著 『メンデルスゾーン家の人々/三代のユダヤ人』 が力作でした。日本人にはなかなか伝わりにくい、当時のユダヤ人の置かれた状況も勉強になった。


 
21:10  |  クラシック音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2017.04.27 (Thu)

ホロヴィッツ plays モーツァルト

ホロヴィッツ plays モーツァルト
モーツァルト 『ピアノ協奏曲第23番(K.488)』 CD盤


20世紀を代表する偉大なピアニスト、ウラジミール・ホロヴィッツ。

ロシア⇒アメリカ好みのきらびやかな超絶テクニックを持ち味とした彼が、珍しくモーツァルトを演奏。

ずいぶん昔、NHK-BSでこの 『ピアノ協奏曲第23番』 の録音ドキュメンタリー番組を観たのですが、

その時の雷に打たれたような感動は今でも忘れられません。


  ≪Amazon試聴ページ≫


指揮はカルロ・マリア・ジュリーニ、演奏はミラノ・スカラ座o。1987年。(亡くなる2年前の84歳!)

CDはよく見かけますが、ドキュメンタリー版はVHSだけでまだDVD化されていないらしい。

ぼくはNHKでの再放送時に満を持してビデオ録画したテープを今、たまたま掘り出して観ています。


まず目をひくのが、伸ばしたり折り曲げたりと、気持ち悪いくらいの指づかい!(ほめ言葉)

「悪魔的」と形容されるのも分かる。 真似したら指の腱ブチブチ切りそうです。


そして通常より速いテンポの、いま聴いたらずいぶん奇抜なモーツァルト像。

でもこの異形さというか、唯一無二の個性と世界にこそホロヴィッツたるゆえんがあります。

この不思議な求心力と説得力は、どう説明したらいいのだろう??

やっぱり映像で見ないと伝わらないので、ぜひDVDで復刻してほしい。


ちなみに録音現場にも同席しているワンダ夫人は、大指揮者トスカニーニの娘なのは有名。

そのせいかなんかすごい貫禄感じてしまいました。

 
18:54  |  クラシック音楽  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2016.10.07 (Fri)

≪クラシック音楽≫書庫もくじ

  ≪クラシック音楽≫書庫もくじ

  ホロヴィッツ plays モーツァルト
  ドボルザークあるある
  ベートーヴェンの 『悲愴ソナタ』 聴き比べ
  カラヤンの『ツァラトゥストラ』聴き比べ

  シャンパン・バッハ
  世界一ヘタクソな『ツァラトゥストラはかく語りき』
  プーランクのピアノ曲集
  立ち上がれ!ブラームス弦楽六重奏曲
  洋食喫茶?ラフマニノフ

  オペラ映画 『リゴレット』 (ヴェルディ生誕200年)
  グルベローヴァの『夜の女王』
  水曜日はワグナーを聴いて♪(生誕200年)
  無限『トリスタンとイゾルデ』
  フィッシャー・ディースカウとわたし

  マリア・カラスの 『夢遊病の女』
  クレンペラー×ベートーヴェン 『荘厳ミサ曲』
  ハチャトゥリアン 『フルート協奏曲』
  衝撃の歌姫 !? フローレンス・フォスター・ジェンキンス!
  わが心のドボルザーク交響曲第8番

  フォーレのピアノ曲全集
  フルトヴェングラーのワーグナー
  レナード・バーンスタイン記念
  『だったん人の踊り』改め・・・?
  チャイコフスキー『交響曲第4番』って何だ!?

  ショパン生誕200周年の『プレリュード』
  マーラーの交響曲≪巨人≫聴きくらべ
  驚異のシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ!
  イ・ムジチの『四季』50周年聴きくらべ
  トスカニーニのワーグナー

  プッチーニの『誰も寝てはならぬ』
  『展覧会の絵』めぐり
  カラヤンのモーツァルト『戴冠式ミサ』
  カラヤン愛憎
  ヴェルディ、怒りのレクイエム

  無伴奏チェロくらべ
  バッハとドラクエ
  バッハを兄弟に例えてみた。
  フルトヴェングラーの『第九』
  とすかにーにカンタービレ

  ブラームス交響曲第1番聴きくらべ
  アマデウス、走る
  さわやかな『皇帝』
  アラウのショパン『前奏曲』
  ショーシャンクのモーツァルト

 
20:01  |  クラシック音楽  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2016.10.06 (Thu)

ドボルザークあるある

ドヴォルザーク『交響曲集』クーベリック
『交響曲集』クーベリック&ベルリン・フィル盤

少し前ですが、TVでハカセ太郎さん解説のクラシック音楽バラエティをやっていました。

でもブラームスの『ハンガリー舞曲』やドヴォルザークの『新世界』とか、ミーハーすぎて物足りなかった。

でもビギナーの人には取っつきやすいだろうから、それ以上は文句は言いません。

でも前もおんなじ内容やってなかったっけ??


 
 「ドヴォルザークあるある」

 音楽の授業でみんな聴かされた大スペクタクルな 『第9番≪新世界より≫』 から入って、オトナの人気曲 『第8番』 へ。
 そして8番同様に東欧ボヘミアの薫りあふれる 『第7番』、さらには粗削りながら若々しく快活な 『第6番』 へ――

 ――ドボルザークの交響曲を聴きこむほど、番号の大きい作品を「ミーハー」とバカにしだす。
 (でもマイナーすぎる 『第1~5番』 が好きと言う上級者は鼻について嫌われる。)
 



 ぼくはいま 『第6番』 のところにいます。じゅうぶん鼻につくと思われます。


 
 初心者は 「ドボルザーク」 と呼ぶ。
 ちょっとクラシックをかじると 「ドヴォルザーク」 と呼ぶようになる。
 さらに 「ドヴォルジャーク」 と呼ぶ上級者は鼻について嫌われる。


 で、チェコ語の正しい発音では・・・とか言い出してキリがなくなっていく――。
 



 ――けっきょく最大のあるあるは、ぼくみたいな「通ぶってる奴が一番嫌われる」でした。オチ音
 
21:10  |  クラシック音楽  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2016.05.12 (Thu)

ベートーヴェンの 『悲愴ソナタ』 聴き比べ

 
 ベートーヴェンのピアノソナタ第8番 『悲愴』 ――
 とくに甘くせつない第2楽章が、クラシック界を越えて広く親しまれている名曲中の名曲。

 ぼくも生まれてこのかた大好き。その時々で嗜好が変わっても、やっぱり全ベートーヴェンの中で一番大好き。

 動画サイトをサーフィンしてたら、たまたまこんな投稿を見つけたので拝借しました。そうそうたる巨匠の演奏集。思いつくまま気ままに感想を・・・。


 
 【YouTube】ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章 聴き比べ



 ≪エミール・ギレリス (ソ連)≫
 「名盤」ということで昔この人の「後期ピアノソナタ」CDを買ったけど、ぜんぜん好みじゃなかった。
 いかにもソビエト的な乾いたプラスチックのような音、何がいいのか何度聴いてもさっぱり分からん。・・・パス!


 ≪フリードリヒ・グルダ (オーストリア)≫
 実家の父のコレクションにモーツァルトのピアノ協奏曲CDがあったのですが、クセが強いイメージがあったので、こういう古典派モノは避けて通っていました。
 いま聴いてみると、これが思いのほか良い! がっちりと整った骨格の中にも現代的なスマートさ。21世紀の今なら、「これが正統派ベートーヴェン」と呼んでもいいのではないか。ようやくぼくの耳が追いついた。


 ≪ウィルヘルム・ケンプ (独)≫
 バックハウスと双璧を成した名ベートーヴェン弾き。実家のCDもこの人。ぼくはこれを聴いて育ちました。
 技術面ではたどたどしいけど、もう何とも言えない味があって、忘れがたい離れがたい魅力。

ケンプ『ベートーヴェンのピアノソナタ』(1964)

 この 『悲愴』 第2楽章は、「悲愴」といっても 『若きウェルテルの悩み(ゲーテ)』 に例えられる、ほろ苦い青春の痛み。ケンプの演奏は過ぎ去ったこの青春を追憶するかのようで、厳しい表情の中にもどこかしら温かみを感じさせます。
 お酒が入っていたらダントツ1位。


 ≪ウィルヘルム・バックハウス (独)≫
 人呼んで「鍵盤の獅子王」。ベートーヴェン直系の、20世紀を代表するベートーヴェンの大家。ぼくも 『悲愴』 を含む3大ピアノソナタのCDを持っています。
 ただ、ほかの重厚な曲だとさすが威厳と風格に満ちているのだけど、こういう甘美なメロディはちょっと似合わない。よりによってこの曲だけ、ハズレ感があった。


 ≪グレン・グールド (カナダ)≫
 奇才グールドの、淡々と刻む演奏は好みじゃないんです。たまにハッとさせられる演奏もあるにはあるけど、天下の楽聖ベートーヴェンは別の人で聴きたいなぁ・・・。


 ≪ウラジミール・ホロヴィッツ (露/米)≫
 悪酔いしそうな悪魔の指使い。この人らしいケレン味たっぷりなんだけど、いや、嫌いじゃない。むしろ好きかも・・・。
 全曲をぜひ聴いてみたくなった、まさに悪魔の誘惑!


 ≪アルトゥール・ルービンシュタイ­ン (ポーランド/米)≫
 最後は、20世紀最大のピアニストともいわれる巨匠を――。
 バックハウスのようにコワモテすぎず、ケンプよりもちろん上手く、ホロヴィッツやグールドのような奇抜なクセもない。とてもバランスが整っていて一番良かった。
 ぼくが持っているショパンのCD集は古くさくて時代遅れな印象だったけど、ベートーヴェンなら聴けるかも。ベートーヴェンはあまり斬新すぎるより、古いいかめしいほうがぼくの好みです。



 ・・・ぼくの1位ルービンシュタイン、2位は思い入れ深いケンプ、3位は新発見グルダ、そして大穴ホロヴィッツ。
 みなさんは誰がお好みですか?

 
18:54  |  クラシック音楽  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2016.02.05 (Fri)

カラヤンの『ツァラトゥストラ』聴き比べ

 前回のクラシック音楽記事 世界一ヘタクソな『ツァラトゥストラはかく語りき』 の続きです・・・


カラヤン59『ツァラトゥストラ』VPO


 映画『2001年宇宙の旅』のテーマ曲「♪パ~パ~パ~」でおなじみ、リヒャルト・シュトラウス作曲の交響詩 『ツァラトゥストラはかく語りき』
 ・・・といえば、やっぱり帝王ヘルベルト・フォン・カラヤンのCDが決定盤。この曲を最大のレパートリーのひとつにしており、数多くの名演を残しています。


 1959年ウィーン・フィル版 (英デッカ)
 1973年ベルリン・フィル版 (独グラモフォン)
 1983年ベルリン・フィル版 (独グラモフォン)



 ・・・他にもライブ盤などがありますが、代表的な録音はこの3つ。

 中でも完成度が高く集大成とされているのが、晩年の 「1983年版」
 ただ、たしかに全体の骨格や構成は立派だけど、もっと若々しい勢い、ドキドキするような突き上げが欲しかったな。

 というわけで、ぼくは 「1959年版」 を愛聴しています。映画『2001年』に使われたのがまさにこの演奏。(上の写真。なお、公式サントラには長く「ベーム&BPO」版が収録されていたが、ぜったい違うと思ってた。真面目すぎて面白くない。)
 「ベルリン」ではなく「ウィーン」ということでいくらかソフトと言われていますが、色彩や表情は豊かなので、そんなことは感じなかった。録音も悪くない。それに何てったって、「ツァラトゥストラ」といえば「2001年」だもの。(←ミーハー)
 ちなみに中盤のヴァイオリン・ソロは、ニュー・イヤー・コンサートやウィンナー・ワルツでおなじみ、ウィーン・フィルの名コンマスだったウィリー・ボスコフスキーさんです。

 残るひとつ 「1973年版」 は、カラヤンとその手兵ベルリン・フィルの黄金期のもの。オケの大迫力が売りとされていますが、ぼくには音がシャリシャリしてるような印象だった。CD録音が安っすい廉価盤だったのかな。


 みなさんは、お好きな奏者のお好きなバージョンを選んでくださいね。
 (参考:ニコニコ動画の聴き比べ。・・・最初期の古い演奏は、拍子抜けするほどあっさりと小ぢんまり。宇宙規模で壮大に歌いあげる今のイメージに変わって、はじめて「名曲」になった。

 
22:04  |  クラシック音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2015.10.13 (Tue)

シャンパン・バッハ

12754122934c053f454c6bc_import.jpg

J・S・バッハ 『ブランデンブルク協奏曲 第1~6番』
J・F・パイヤール指揮 パイヤール室内管弦楽団 (1973年 DENON)



明るく華やかな雰囲気。耳なじみのあるメロディも多いので、日常のBGMとして最適。

バッハの人気作なので、本場ドイツの名手たちが残した名演も数多いのだが、

ぼくはフランス代表、ジャン=フランソワ・パイヤールとその楽団の演奏に 「一目ぼれ」。


それは、フルートのジャン=ピエール・ランパルやトランペットのモーリス・アンドレといった、

まさに 「フランス代表」 と呼ぶにふさわしい顔ぶれ。

シャンパンの気泡がはじけるように、奏者ひとりひとりのみずみずしい個性が輝く、刺激的な演奏。

もともとイタリア的な開放感がある娯楽曲なので、むしろこっちの方があるべき姿なのかもしれない。

おかげでぼくは、ドイツ勢のお堅い演奏が聴けなくなった。


このパイヤール版、現在は第2・3・4・5番を収録した1枚(写真)がよく店に並んでいるが、

ぼくは全曲をそろえたいため、街中の中古CD店を回って、全曲盤2枚を探し出した。

幸い、さほど苦もなく見つかったのだが、それでもハッピーな一日だったことを覚えている。


なお、'91年にメンバーを代えて再録音しているが、こっちはマジメにやろうとして逆効果、

まったく面白みに欠けていた。

おすすめは“1973年”版であることを強調しておきます。

 
21:52  |  クラシック音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑