【ニュース&カルチャー】 2018.01.12 (Fri)

タカラヅカと阪急モダニズム伝説

小林一三『逸翁自叙伝』


 阪急電鉄や宝塚歌劇を創業した小林一三の伝記を読みました。(小林一三『逸翁自叙伝』、伊井春樹『小林一三は宝塚少女歌劇にどのような夢を託したのか』など)
 当時田んぼしかなかった大阪郊外に鉄道を敷いて、モダンな住宅街や娯楽・文化施設をプロデュース。日本初の「田園都市文化」をつくりあげた大実業家。
 開発の過程で次々と持ちあがる問題の数々。それを逆手に取って飛躍のバネとした「逆転の発想」伝説にワクワクさせられました。

■ ■ ■

 ――20世紀初め、日露戦争後に進んだ工業化・都市化の時代。「煤煙と俗塵」の都市部を離れて、大阪郊外に鉄道を敷こうという事業計画に小林は参加する。1910年、阪急電鉄の前身 「箕面有馬電気軌道」 社。
 はじめはその名のとおり、箕面(みのお)と有馬温泉という2大観光地への開通が目的だった。ところが六甲山系の工事難航や日帰り客の増加を恐れた有馬の宿々の反対などで、計画は途中の宝塚までで止まってしまう。

 当時の宝塚は地域の温泉街として賑わってはいたものの、鉄道の終着駅を背負って立つには頼りない規模だった。そこで小林は、今でいうアミューズメント・テーマパークをプロデュースして新たな客層の開拓をもくろむ。目玉がなければつくればいい。のちの「宝塚ファミリーランド」として長く親しまれた新時代の温泉施設には、遊園地や動植物園、劇場、室内プールなどが設けられ、一躍人気の観光スポットになる。

■ ■ ■

 もちろん、田んぼだらけと笑われていた沿線一帯も放ってはおかない。町がないならつくればいい。安い田んぼを買い占め、住宅地に造成して分譲。若い勤め人でも買えるよう、一般向けの「住宅ローン」を導入したのもこの時が日本初だった。
 モダンな文化と静かな自然が同居する街並は、新しもの好きな若い中産階級の心を見事にとらえる。かの手塚治虫の父祖もそう。手塚作品の自由でハイカラな世界観は、まぎれもなく進取の気風に富んだ両親と阪急沿線の街並がはぐくんだものであった。(ぼくが阪急文化に興味を持ったのも、手塚の人間形成史が入口でした。)

■ ■ ■


 そして、鉄道開通の翌1911年にオープンしたアミューズメントパーク 「宝塚新温泉」。
 しかし日本初の(に近い)室内プールは、地下水をくみ上げただけだったので水が冷たくて不評(温泉が出なかった?)。そこで水を抜いた水槽を客席に、プールサイドを舞台にしつらえ、募集した少女たちに歌舞を演じさせることにする。失敗をも取りこむ逆転の一手が、「タカラヅカ」誕生の瞬間だったというわけだ。1914年初公演。
 (急きょプールを劇場につくりかえた、というのは有名な「発想の転換」伝説だが、実際はシーズンオフには劇場にするつもりで初めから設計していたのではないか。そうでないと「水が冷たい」のも分からないなんてお粗末な話だから。
 実際、少女たちは早い段階から集められ、訓練されていたそうだ。少女劇団は大好評で、プールはそのまま廃止になったことは事実。)


 少女たちの指導には著名な音楽・演劇人が招かれ、ゆくゆくは男子生徒も加えて日本初の本格オペラ歌劇場をつくる構想もあったそうだ。ただし阪急・小林にとってはあくまで集客のための娯楽事業であったため、さすがにこれは叶わなかった。その代わり、世界でも類を見ない女性だけによる歌劇団が生まれ、この一地方都市に人々を引きつけるキラーコンテンツとなっているのはご存知のとおり。

■ ■ ■

 かくして、郊外に新しい住宅地と文化を形成する「田園都市」文化はその後、東京の田園調布など日本各地に広がっていく。

 あともうひとつ付け加えるなら、阪急宝塚線もう一方の起点である大阪・梅田駅には「阪急百貨店」が開業。黙っていても人が集まるターミナル駅に大型商業施設を置くという発想も、当時としては画期的なものだった。
 阪急宝塚線はそのふたつの起点で、そして途中の駅々で、それぞれ日本の新しい文化を切り拓いたのである。

■ ■ ■

 ――以上が(阪急社員でもないのに)かいつまんでまとめた阪急創業史です。元からあるカネのなる木にただ乗っかるだけならつまらない。客がいなければつくればいい、文化がなければつくればいいという大胆な発想にこそ感心しきりでした。
 これがどこまで小林一三ひとりのアイディアによるのかは分かりません。個人をヒーロー視するのは簡単ですが、実際は多くの頭脳から絞り出されたビジョンの集約であっただろうし、それが近代ビジネスというもの。だとしても、「阪急モダニズム」という響きとそこから生み出された文化遺産は、今も大きな憧れをもって人々をひきつけているのは疑いないでしょう。

 
20:02  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2017.05.04 (Thu)

≪ニュース&カルチャー≫書庫もくじ

  ≪ニュース&カルチャー≫書庫もくじ

  タカラヅカと阪急モダニズム伝説
  日本国憲法施行70年
  聖地メッカのライブストリーム

  「特別養子縁組」を知る
  NHKドキュ『生理用ナプキン製造機を作った男』
  特定秘密保護法案に断固反対します。
  キャパをかじる
  キング牧師 「I have a dream」 50年

  「一票の格差」、選挙無効判決!
  高橋和利さんとジョン・ガードンさん
  世界とたたかう『ザ・イエスメン』!
  ベニシアさん
  チリ鉱山事故、全員生還!

  地球帰還!≪はやぶさ≫
  ベルリンの壁崩壊20年
  真のノーベル物理学賞’09
  あの人に聞く(第3回)
  金大中氏を悼む

  あの人に聞く(第2回)
  オバマ大統領誕生へ
  『首相戦士ガンダム』劇場
  ノーベル物理学賞・南部陽一郎さん
  あの人に聞く(第1回)

  よみがえれ、レブロン・フレックス・シャンプー!
  たたえよ赤塚不二夫!
  巨人・阿久悠さん逝く
  青島幸男さん追悼(追従)作品
  さらば、青島幸男

  ノーベル平和賞ムハマド・ユヌス
  尊敬する人、周恩来
  ムッシュ村上信夫
  久世光彦さん、恐れ入りました

 
00:08  |  ニュース&カルチャー  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2017.05.03 (Wed)

日本国憲法施行70年

 
 座右の書は日本国憲法。
 その第9条は、ぼくにとってアイデンティティーの根源というべきもの。自分が日本人であることより重要だ。
 普遍的な理想をうたった完璧な内容と、70年間の平和は人類史上でもこの上ない財産である。

 安倍自民の改憲には断固として反対する。
 一度変えればズルズル一国民の人権は削られていくだろう。治安警察法から維持法へ。国家総動員法へ。国民徴用令へ。かつて国民の人権を踏みにじって日本を守ろうとした結果は、日本史上最大の死と破壊でしかなかった。
 改憲は、その時の末裔である安倍にとっての利益でしかない。そういう人間に丸投げするのか。

 力のない小さな一国民にとっての、最後の最大のよりどころがこの日本国憲法。興味ない、何となく不安、隣国けしからん・・・、そう思っていられるのもこの憲法に保障されていてこそだ。
 
23:42  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2017.01.09 (Mon)

聖地メッカのライブストリーム

【YouTube】聖地メッカのライブストリーム
(画像だけ拝借)
【YouTube検索】Makkah Live HD
(リンク元のYouTubeで、「ライブ配信中」とあるものをどうぞ。)


初詣だなんだで街がごったがえす新年。

「いま世界で一番にぎやかな場所はどこだろう?」と考えたら、

イスラムの聖地メッカを真っ先に思い浮かべました。

いろいろ調べたところ、YouTubeにメッカを生中継したライブストリーム動画を発見。

定点カメラでずーっと映しているだけですが、絶えることのない人の渦はさすが壮観。


エンドレスに続く動画の、朗々と歌いあげるお経?に魅かれて再生しっぱなしにしていたら、

ちょうどお祈りの時間にもめぐりあうことができました。

中央の四角い神殿に向かって、同心円状に並んだ人々が一斉にかしずく様は、

ライブで見るとまた圧倒、圧巻。

いま世界中の何億が、この地この一点に向かって同心円を描いている!


思い返せばイスラム教のことはほとんど無知でした。

この場所の名前も、この黒い建物の名前も知らなかった。


今年も勉強。

そして今年こそは世界が平和でありますよう。

 
22:33  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2015.11.12 (Thu)

「特別養子縁組」を知る

 
 あるかわいい赤ちゃんの子育てブログで、「特別養子縁組」 について紹介していました。そのご夫婦もこの制度で子供を持たれたそうです。(そのブログは会員以外は連絡がつかないので、ここでは名前を出せないのが残念。)


 
 【YouTube】 マザーズ 「特別養子縁組」母たちの選択 (中京テレビ)


 TVのドキュメンタリー番組。オンエア時に一度見た記憶があります。 (・・・同局公式チャンネルより。動画転載ゆるしてね。)



 さまざまな事情があって、実親が育てることができない子供たちの養育――。戦後の日本では児童養護の「施設」が中心でした。
 世にあふれた戦災孤児に対応するためでしたが、代わりにそれまでの「養子縁組」は一気にすたれてしまった。公的サポートがない中では養父母の善意に頼るしかなく、芝居や物語で「まま母」が悪く描かれすぎたイメージも、「施設」一辺倒に傾く原因になったらしい。

 そこで現代では有志NPOなどが仲介に立って、手続きや精神的ケアにつとめているとのこと。手厚いサポートと啓蒙で、「養子縁組」への理解と幅が広がるのはすばらしいことです。


 ただし今度は逆に、「施設」へのマイナスイメージが進むとしたら本末転倒。当の子供たちが負のレッテルを抱えてしまうのがこわい。子供の人権と幸せが第一に守られるのが最優先。いろんな選択肢があって、それぞれがよりよい環境をめざしていけばいい。
 現場の賃金も安すぎる。システムの不備や制限も、先立つものがなければ「よりよい環境」にはなりえないというもの。
 さらには、そもそもの望まない妊娠・出産を招かぬよう、若いころからの性教育の充実を。

 われわれ一市民だって寄付や理解はいくらでもできるはず。子を手放す親を不道徳だとなじるだけか。その子供を差別するのか。大上段から己の家族観を押しつけるのか。座して社会の不備を嘆くだけか。
 日本は人間を育てる投資や文化がもっと豊かで寛容にならないと、人材は出ていくばかりです。
 
19:02  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2014.07.28 (Mon)

NHKドキュ『生理用ナプキン製造機を作った男』

ムルガナンサム - Google 検索


 NHK-BS世界のドキュメンタリー 『生理用ナプキン製造機を作った男』 という作品に、とても心を動かされました。
 インド製作。

 女性そして月経への偏見が根強いインド社会。貧しく力のない女性たちにも、安くて清潔な 「生理用ナプキン」 を届けようと立ち上がった男性の話。
 シンプルな金型機械さえあれば、そこに布と繊維綿をプレスするだけ。何より、それを女性たち自身にゆだねることで雇用創出にもつながる・・・。

 途上国に伝え、援助すべきことはいろいろあるでしょうが、男のぼくには 「生理用ナプキン」 という発想はまったくもって考えもしなかった! でもそうだよな、女性たちにとってはごくごく身近な生活の手足だったんだ!

 しかしその男、ムルガナンサムさんの道のりは厳しい。
 いちおうテレビCMでも宣伝されてはいる専用ナプキンは、ひと握りの豊かな人だけのもの。 偏見や羞恥の中で、貧しい女性たちは粗末なボロ布を隠すように洗い、不衛生なまま繰り返し使うしかなかった。(中には新聞紙や葉っぱまで!)
 ムルガナンサムさん自身、奥さんが難儀するさまを見かねて立ち上がったそうですが、周りからは白い目で見られ、一時は奥さんその人にも逃げられてしまう。

 でも彼の信念は揺るがない。カメラの前で熱く語り、各地を精力的に飛び回る彼の表情はいつだって明るく、ユーモアをたたえ、そして力強い。


 長い試行錯誤の末、女性たちが簡単な訓練だけで扱えるナプキン製造機は完成。コストは1枚80円。
 工場での大量生産ならもっと安くできるでしょうが、女性の生理という 「タブー」 に風穴を開けた功績、そして彼女たちが手にした 「自立」 という誇りは、お金には換えられない価値を生みだしました。

 そして今、ムルガナンサムさんの新しいビジネスは、インドじゅうの小村はもちろん、海外にも展開するほどの成果を遂げているとか。しかも大手資本の口出しを断り、どこまでも名もなき貧しい女性たちの力だけに絞って。
 彼の話を聞いて思ったことは、尊大に決めつける男目線が最後までなかったこと。あくまで目指すのは 「女性の解放」、それこそ世界が前進していく原動力になるという確信!


 同じ枠で放送されていた 『インド代理母』 ドキュメントでは、初潮を迎えたばかりの少女が、お金のために 「代理母出産」 させられる話を取り上げていた。うまい話に乗せられて傷ついた女性が、別の少女をあっせんする側に回る悪循環を描いていて、やりきれなさだけが膨らんでいった。

 それだけに、草の根から育ったムルガナンサムさんのソーシャル・ビジネスに、小さな希望の光を見る思いでした。ぼくも何かできないだろうか?
 何回か再放送されているみたいだけど、ぜひNHK以外の信頼できる媒体でも見せてほしいです。
 
22:40  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2013.12.05 (Thu)

特定秘密保護法案に断固反対します。

 
私nacchann0904は、安倍自民党政権による特定秘密保護法案に断固反対します。

 
18:44  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑