【ニュース&カルチャー】 2018.05.07 (Mon)

秀作ドキュ③『ラーマのつぶやき(NHK)』


テレビジョン(10)

 このところ、社会派の優れたテレビ・ドキュメンタリー番組を観たので、その最後3作目です。


 ETV特集 『ラーマのつぶやき (NHK)』
 週末深夜の骨太ドキュ枠から。

 内戦のシリアから日本に「難民」として逃れてきた一家に密着。16歳の長女ラーマさんの目線で、ようやく得た命の平穏と、異国の地に生きる不安の日々が描かれる。

 明るく屈託のないラーマさん。来日して数年、友達とカラオケで歌い、宿題を教える姿はどこにでもいる女子高生そのものだ。
 しかしその胸中は・・・。自分と家族が抱える問題に押しつぶされそうになりながらも、ひとつひとつ率直に丁寧に語る姿からは、とても聡明な人だと伝わってきた。


 無知無責任に「俺たちの税金で養われている」と浴びせかけるほど、彼らが置かれた環境は甘くない。難民とて生計を立てて自立していかねばならないのはどこも同じ。
 日本語が覚えられない夫に代わって、衣料店で働く自分の収入で一家を支えなければならないお母さんにのしかかる重圧。普段はほがらかなお母さんから唐突にあふれだす涙には心が痛んだ。

 また、「日本人家庭に1泊ステイしたい」というお母さんの提案に、かたくなに反対するお父さん。ラーマさんから、女性の外泊を認めない母国の文化が語られる。このお父さんは決して封建的な専制家長などではない。心を閉ざし、家に引きこもる彼ら難民の深い喪失感・絶望感も、ラーマさんの代弁なくして知りえなかっただろう。異邦人の苦難に何となくは同情できても、個々の環境や価値観の違いにどこまで気づき、寄り添えるか。
 それでも周囲の日本人たちはごく自然体で優しい。料理教室の講師として招かれ、大好評を得た元・5ッ星総料理長のお父さん。少しずつ日本社会に心を開いていく様子にひとまず、ほんのひとまずながらホッとした。


 ラーマさんの 「難民指定されたからといって幸せとは限らない」 という言葉には、受け入れる側の国民としてじくじたる思いがした。

 難民認定されるのが年に1ケタ、ようやく10数人に乗せた程度の「難民鎖国」日本。彼らを受け入れる意欲・能力の貧弱さだけでなく、世界に出たい人を送り出す手続きも煩雑だ。
 せめて世界に難民を生む元凶となったり、この国から逃げたくなるような国づくりの無きよう。

 ・・・本放送からすでに1ヵ月、遅くなってごめんなさい。NHKだからいつかまたやってくれるかな。

 
19:43  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2018.04.26 (Thu)

秀作ドキュ② 『マザーズ“特定妊婦”(中京テレビ)』

 
テレビジョン(10)


 NNNドキュメント 『マザーズ “特定妊婦” オンナだけが悪いのか。』
 前に記事にしたシリーズの続編に当たるのだろう。中京テレビ(日テレ系)制作。
 幼児を戸籍ごと養父母に移す 「特別養子縁組」。今回は、やむなく子供を手放すことになった実母の側を中心に描く。

 タイトルのとおり、育てられない子供を手放すのは「女だけが悪いのか」。妊娠させておいて「逃げ得」な、男性中心の法と制度。前記事(↓下参照)の 『えん罪弁護士』 ドキュメンタリーもそうだが、力も資金もない弱者側の申し立てや手続きに丸投げされるケアの薄さ、仏つくって魂込めぬ制度の酷薄。
 たしかに、望まぬ妊娠を招いた少女たちの言動は多分に軽率だ。だが案の定、ネットを中心に広がる、冷たくあるいは口汚い世論。個人をののしる前に、社会の不備にこそ目を向け、小さなことから行動してほしい。彼女たちを明るいほうへ導く力になるはずだ。

 ・・・地上波放送(日曜深夜)ぶんは終わって、この週末にかけてBSやCSで再放送されるみたいだけど、民放のがんばってるドキュメンタリー番組、もうちょっといい時間帯で放送してほしいなあ。本作のように1時間枠で。

 (次回の記事は最後3つめ、在日シリア難民一家を描く 『ラーマのつぶやき(NHK)』 について。)

 
20:38  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2018.04.21 (Sat)

秀作ドキュ 『えん罪弁護士 (NHK)』

テレビジョン(10)

 このところ、社会派の優れたテレビ・ドキュメンタリー番組を観たのでいくつか――。(番組名は正確ではありませんが、ネット検索すればより詳しい情報にたどり着けるでしょう。)


 NHK 『えん罪弁護士』
 放火や痴漢容疑など、金にも名誉にもならない小さな刑事事件をあつかう異色の弁護士・今村核さんを紹介。

 戦中ではなくこの21世紀にも、警察官の決めつけと恫喝がまかり通る取り調べ。やましい事はないから大丈夫とひとたび出向けば、「自白するまで家に帰れない」という恐怖のシステム。
 「身に覚えのない痴漢に間違われたらとにかく逃げろ。捕まった時点で終わり」というどこかで聞いた不謹慎な忠告は、あながち不謹慎ではなかったのか。これではひどい目にあった肝心の被害者たちも救われないだろう。

 裁判所も同様。起訴されたら「有罪率99.9%」という恐るべき数字。
 「疑わしきは罰せず」「推定無罪」の理念の逆を行く、閉ざされた日本の司法の怠慢と変質に戦慄した。録画しておいた番組が終わってもしばらく立ち上がれなかった。

 政治家の腐敗と暴走すら止められない日本国民が、この密室の権力を正す術などあるのだろうか。市民ひとりひとりによる、地道な権力監視と発信・連携・・・。地道だがひとりひとりの不断の努力と良心が試されている。
 「民主主義は誰かが守ってくれる」 と思っている時点で、それは民主主義ではない。
 
19:56  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2017.05.04 (Thu)

≪ニュース&カルチャー≫書庫もくじ

  ≪ニュース&カルチャー≫書庫もくじ

  秀作ドキュ『ラーマのつぶやき (NHK)』
  秀作ドキュ 『えん罪弁護士 (NHK)』
  日本国憲法施行70年
  聖地メッカのライブストリーム

  「特別養子縁組」を知る
  NHKドキュ『生理用ナプキン製造機を作った男』
  特定秘密保護法案に断固反対します。
  キャパをかじる
  キング牧師 「I have a dream」 50年

  「一票の格差」、選挙無効判決!
  高橋和利さんとジョン・ガードンさん
  世界とたたかう『ザ・イエスメン』!
  ベニシアさん
  チリ鉱山事故、全員生還!

  地球帰還!≪はやぶさ≫
  ベルリンの壁崩壊20年
  真のノーベル物理学賞’09
  あの人に聞く(第3回)
  金大中氏を悼む

  あの人に聞く(第2回)
  オバマ大統領誕生へ
  『首相戦士ガンダム』劇場
  ノーベル物理学賞・南部陽一郎さん
  あの人に聞く(第1回)

  よみがえれ、レブロン・フレックス・シャンプー!
  たたえよ赤塚不二夫!
  巨人・阿久悠さん逝く
  青島幸男さん追悼(追従)作品
  さらば、青島幸男

  ノーベル平和賞ムハマド・ユヌス
  尊敬する人、周恩来
  ムッシュ村上信夫
  久世光彦さん、恐れ入りました

 
00:08  |  ニュース&カルチャー  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2017.05.03 (Wed)

日本国憲法施行70年

 
 座右の書は日本国憲法。
 その第9条は、ぼくにとってアイデンティティーの根源というべきもの。自分が日本人であることより重要だ。
 普遍的な理想をうたった完璧な内容と、70年間の平和は人類史上でもこの上ない財産である。

 安倍自民の改憲には断固として反対する。
 一度変えればズルズル一国民の人権は削られていくだろう。治安警察法から維持法へ。国家総動員法へ。国民徴用令へ。かつて国民の人権を踏みにじって日本を守ろうとした結果は、日本史上最大の死と破壊でしかなかった。
 改憲は、その時の末裔である安倍にとっての利益でしかない。そういう人間に丸投げするのか。

 力のない小さな一国民にとっての、最後の最大のよりどころがこの日本国憲法。興味ない、何となく不安、隣国けしからん・・・、そう思っていられるのもこの憲法に保障されていてこそだ。
 
23:42  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2017.01.09 (Mon)

聖地メッカのライブストリーム

【YouTube】聖地メッカのライブストリーム
(画像だけ拝借)
【YouTube検索】Makkah Live HD
(リンク元のYouTubeで、「ライブ配信中」とあるものをどうぞ。)


初詣だなんだで街がごったがえす新年。

「いま世界で一番にぎやかな場所はどこだろう?」と考えたら、

イスラムの聖地メッカを真っ先に思い浮かべました。

いろいろ調べたところ、YouTubeにメッカを生中継したライブストリーム動画を発見。

定点カメラでずーっと映しているだけですが、絶えることのない人の渦はさすが壮観。


エンドレスに続く動画の、朗々と歌いあげるお経?に魅かれて再生しっぱなしにしていたら、

ちょうどお祈りの時間にもめぐりあうことができました。

中央の四角い神殿に向かって、同心円状に並んだ人々が一斉にかしずく様は、

ライブで見るとまた圧倒、圧巻。

いま世界中の何億が、この地この一点に向かって同心円を描いている!


思い返せばイスラム教のことはほとんど無知でした。

この場所の名前も、この黒い建物の名前も知らなかった。


今年も勉強。

そして今年こそは世界が平和でありますよう。

 
22:33  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2015.11.12 (Thu)

「特別養子縁組」を知る

 
 あるかわいい赤ちゃんの子育てブログで、「特別養子縁組」 について紹介していました。そのご夫婦もこの制度で子供を持たれたそうです。(そのブログは会員以外は連絡がつかないので、ここでは名前を出せないのが残念。)


 
 【YouTube】 マザーズ 「特別養子縁組」母たちの選択 (中京テレビ)


 TVのドキュメンタリー番組。オンエア時に一度見た記憶があります。 (・・・同局公式チャンネルより。動画転載ゆるしてね。)



 さまざまな事情があって、実親が育てることができない子供たちの養育――。戦後の日本では児童養護の「施設」が中心でした。
 世にあふれた戦災孤児に対応するためでしたが、代わりにそれまでの「養子縁組」は一気にすたれてしまった。公的サポートがない中では養父母の善意に頼るしかなく、芝居や物語で「まま母」が悪く描かれすぎたイメージも、「施設」一辺倒に傾く原因になったらしい。

 そこで現代では有志NPOなどが仲介に立って、手続きや精神的ケアにつとめているとのこと。手厚いサポートと啓蒙で、「養子縁組」への理解と幅が広がるのはすばらしいことです。


 ただし今度は逆に、「施設」へのマイナスイメージが進むとしたら本末転倒。当の子供たちが負のレッテルを抱えてしまうのがこわい。子供の人権と幸せが第一に守られるのが最優先。いろんな選択肢があって、それぞれがよりよい環境をめざしていけばいい。
 現場の賃金も安すぎる。システムの不備や制限も、先立つものがなければ「よりよい環境」にはなりえないというもの。
 さらには、そもそもの望まない妊娠・出産を招かぬよう、若いころからの性教育の充実を。

 われわれ一市民だって寄付や理解はいくらでもできるはず。子を手放す親を不道徳だとなじるだけか。その子供を差別するのか。大上段から己の家族観を押しつけるのか。座して社会の不備を嘆くだけか。
 日本は人間を育てる投資や文化がもっと豊かで寛容にならないと、人材は出ていくばかりです。
 
19:02  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑