FC2ブログ

【アメリカ映画】 2018.09.13 (Thu)

『大いなる西部 (1958米)』、対立の構図


大いなる西部(ポスター)


 名匠ウィリアム・ワイラー監督、グレゴリー・ペック主演の映画 『大いなる西部』。1958年。

 西部開拓時代のテキサス。ふたつの大農場の争いに巻き込まれた東部出身の男が、静かなる闘志と強固な精神によって困難に立ち向かっていく物語。
 西部劇といっても撃ち合いやアクションはあまりなく、雄大な自然の下での人間模様をスケール豊かに描く、ワイラー円熟の逸品です。
 有名なテーマ曲(ジェローム・モロス作)は、日本のテレビ番組でも「大いなるアメリカ西部」のイメージでよく使われていますね。カッコいい! 

 主人公の婚約者 「テリル」 という姓は初めて聞いたので調べたら、アングロサクソン系の苗字なんだとか。 つまり先祖はイングランドで、宗教はプロテスタント。
 その立ち居振る舞いから分かるとおりエリート志向が強く、「WASP (ホワイト、アングロ・サクソン、プロテスタント)」 といえばアメリカ保守派の代名詞になりました。
 もっともらしい正義を掲げて 「私的な戦争」 を始める独善は、21世紀のブッシュまったくそのまま。 理不尽であっても主人の後を1人2人と部下が続くシーンは、感動的な演出のようでいてゾッと寒気がした。

 一方、敵対する 「ヘネシー」 家はアイルランド系の苗字。(かの有名なコニャック・ブランデーを始めたリチャード・ヘネシーも、アイルランドから渡仏した移民。)
 アイルランドの宗教はカトリック。 イングランドとは領土や宗教問題で根深い対立を抱えているのはご存知の通りです。アメリカの観客にすれば、この両家の名前・風貌・言葉のなまりなどから、憎しみあっていることがひと目で分かる構図になっているのでしょう。
 アイルランド系の「負」のステレオタイプである、無教養な荒くれ息子たちはどうしようもないバカですが、親父さんは物事の道理が分かるひとかどの人物であることから、観客は両家を公平に見ていられるようバランスがとられています。(演じたバール・アイヴスがアカデミー助演男優賞を受賞したことから、アメリカ人観客もじゅうぶん彼らにシンパシーを感じたのだろう。)


 そして主人公 「マッケイ」。 あたまに 「Mac、Mc」 がつくのは 「~の子」 という意味の、典型的なスコットランド系の苗字。スコットランドではカトリックとプロテスタントが拮抗しており、両派の仲裁役としてまさにうってつけ。
 そもそも演じるG・ペックその人も、イングランドとアイルランド両方の血を引いているのだから、これ以上ないハマリ役です。(あと主人公は船長だというから 「海vs.大地」の気質という比較もできる。)

 ほか 「東部の人間=上品、教養、ずるがしこい、冷酷・・・」、「西部の人間=勇敢、義理人情、無知無学、野蛮・・・」 という対立構図もアメリカ映画の定番だし、ジーン・シモンズ演じるもうひとりのヒロイン 「マラゴン」 はスペイン系みたいなので、これも国境地帯テキサスでは大きな意味を含んでいます。

 ちなみにワイラー監督は、長く仏独が領有を争ったアルザス地方出身のユダヤ系。彼が生まれたときはドイツ領でしたが、現在はフランス領という複雑さ。ワイラーもまた、相容れない宿敵どうしの争いを肌に感じて育った人でありました。
 
20:11  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【日本映画】 2018.07.19 (Thu)

納涼!『東海道四谷怪談(’59)』

『東海道四谷怪談(1959)』DVD

 暑い夏には映画 『東海道四谷怪談』
 中川信夫監督、1959年、新東宝。

 ごぞんじ 「お岩さん」 の悲劇。
 子供のころ、雑誌に写真が載っていてめちゃくちゃ怖かった記憶がある。今回初めて観ます――。


 どこまでも人生に受け身で簡単にだまされる、古い日本の女性像がまったくおもしろくない。
 ようやく、夫・伊右衛門に裏切られ毒を盛られるかの名場面 「この恨み、晴らさずにはおくべきか」 は、それまでの服従と忍耐が一気に爆発して真に迫るものがあった。
 しかしそこからの彼女は、お化け屋敷の「おどろかし」に終始。それはそれで畳みかける恐怖、迫力ある映像演出ではあったのだが、女性の内面描写という点では現代ではまったく物足りなかった。お岩を体当たりで演じたのは若杉嘉津子さん。

 対する夫・民谷伊右衛門を演じるのは若き天地茂さん。
 不実の果てにお岩の亡霊に狂乱する、怒涛のクライマックス! なるほど本作は彼が主役だ。すさんだ生活の中で妻に飽き、疎みながらもいざ殺すとなるとためらいを見せる多層的な人間像。こういう深みをお岩にも与えてほしかった。
 ニヒル、ダークな “マダムキラー” 天地さんにとって出世作になったそうだ。伊右衛門をそそのかす直助役・江見俊太郎さんの、軽薄なずるがしこさも強く印象に残った。


 撮影はのちにブルース・リー作品など香港映画で重きをなす西本正さん。美術はこれら怪談映画で活躍した黒沢治安さんという方。照明の折茂重男さんや編集の永田紳さんらも併せて、テンポのいい映像は素晴らしかった。
 音楽はアニソンの巨匠・渡辺宙明さんだったのか。たしかにマジンガーみたいなティンパニ連打がチューメイさんらしいや。
 
22:42  |  日本映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【欧州&世界映画】 2018.07.02 (Mon)

メッシよりユン・ピョウだろ!『チャンピオン鷹('83香港)』

ユン・ピョウ『チャンピオン鷹』VHS
(VHS版)

サッカー・ワールドカップもたけなわ。

夜ごと、世界最高峰の技に酔いしれるのは結構ですが、誰か忘れちゃいませんか?

ユン・ピョウ主演のサッカー映画 『チャンピオン鷹』! 1983年香港!


   【YouTube】チャンピオン鷹・予告編


こんなの見たことないよ!新春かくし芸大会だよ!


学校のグラウンドか撮影所の裏山で撮ったような、ルール無用の壮絶肉弾サッカー。

場面つなぎの脈絡なんか滅茶苦茶で、何がどうなってるのか分からない場面もいっぱい。

制作はユエン・ウーピン(袁和平)、監督はその弟ブランディ・ユエン(袁振洋)、

世界に名を馳す「袁家班」が贈る、’80年代香港映画黄金の神髄に吃驚仰天すること必至です。


のちの 『少林サッカー』 も大好きだけど、それとはひと味違うユン・ピョウたちの身体能力!

できるまで何度も何度も撮り直したんだろうな。

CG全盛のつまらない今だからこそ、これは本当に偉いと思う。


敵役のディック・ウェイは、『プロジェクトA』 のラスボスでもおなじみ。

赤キャップに黄シャツ・短パンって、ファミコンの高橋名人かと思ったよ。

ほか、準主役の「張國強」さんってどこかで聞いた名前だなーと思っていたが、

早世した大スターのレスリー・チャン(張國榮)とゆかりはないらしい。


最後になったけど、ユン・ピョウかわいい!

じつは彼の主演映画を観るのは初めてで、この映画もつい最近知りました。

古谷徹さんの吹き替えで観たかったなー。上の古いVHS版ジャケは、実写版アムロみたい。

 
19:22  |  欧州&世界映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【アメリカ映画】 2018.05.20 (Sun)

大女優競演 『何がジェーンに起ったか?』 『ミルドレッド・ピアース』

『何がジェーンに起ったか?』


 老いて忘れ去られた女優姉妹のグロテスクな愛憎を描く、1962年のアメリカ映画 『何がジェーンに起ったか?』
 監督ロバート・アルドリッチ。主演はベティ・デイヴィスジョーン・クロフォード、ハリウッド史上の大女優どうしがまさかの共演。

 ハリウッドの邸宅に引き籠って暮らす老姉妹。車いすの姉をいじめたおす、妹ジェーン役デイヴィスの醜悪なメイクと演技!(『燃えよドラゴン』ばりのサッカーボールキック!)
 時代は世界的な「ニューシネマ」運動の黎明期。人間のリアルな悪や醜さをもてはやす時代だったとは言え、彼女ほどの人がここまでする必要があったかは、いまだに疑問に思います。
 このふたり、戦後のワーナー所属中はバチバチのライバル同士で、本当に仲が悪かったというのは有名な話。

 2時間超もかけたアルドリッチの演出は無駄が多い。30分は削ってほしい。やはりヒッチコックやワイルダー、マンキーウィッツからは落ちる。
 でもラストはよかった。一瞬だけ変わるメイクと表情。謎を呼ぶタイトルに合点。


☆  ★  ☆


 じつはこの前に、同じクロフォード全盛期の作品 『ミルドレッド・ピアース』 をはじめて観ていました。その連想で(ほとんど忘れていた)『ジェーン…』を観なおしたというわけ。
 1945年の 『ミルドレッド・ピアース』 はその年のアカデミー作品賞候補になったというだけで、それ以外はまったく知らなかった。

 冒頭いきなりの銃声をきっかけに浮き彫りになる、ひとりの女ミルドレッドの波乱の半生。
 前夫の失業と離婚。平凡な主婦の身から飲食事業を立ち上げ、成功を収めたこと。わがままに育った娘、下心が見え見えの支援者、さらには後に再婚する(そして殺される)名士との出会い・・。
 大ヒットした 『風と共に去りぬ(1939)』 に触発されたのだろう、「みずからの手で人生を切り拓く女」の一代記が、サスペンスの形を借りて描かれます。

 クロフォードにとってはMGMからワーナー社への移籍第1作とあって、スタッフともども力が入っているのが分かる(彼女は本作でオスカー)。スターを美しく撮るカメラ、照明、美術、演出・・・ハリウッドでも名だたる名手が勢ぞろい。いかにも大げさなメロドラマ演出も多々ありましたが、『ジェーン…』の頃になるとそういう職人の伝統が廃れてしまうだけに、よけいに古き良きハリウッドの仕事ぶりにうならされました。個人的にはこっちのほうが良かった。
 ただ、取っつきやすいサスペンス&メロドラマ調にしたことは功か罪か。第二の『風と共に去りぬ』になれたかもしれないが、なれなかった。おもしろく、良く出来ていただけにむずかしいところです。
 日本では劇場公開もされていないらしい。
 
20:28  |  アメリカ映画  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【日本映画】 2018.02.09 (Fri)

≪この日本映画!≫書庫もくじ

  ≪日本映画≫書庫もくじ

  納涼!『東海道四谷怪談(1959)』
  三船と黒澤(前編)~『銀嶺の果て(1947)』
  高峰×成瀬の『女が階段を上る時(1960)』

  『修羅雪姫』~梶芽衣子さまに斬られたい
  『ゴジラ』第1作だけあればいい
  武満徹、映画音楽の旅
  溝口健二 『祇園囃子('53)』 は美しいか
  小津安二郎をみたけれど (1)

  小津安二郎をみたけれど (2)
  おいしい映画 『南極料理人('09)』
  小津とおならと『お早よう』と
  小林正樹×橋本忍『切腹(1962)』
  勅使河原宏・安部公房『他人の顔(1966)』

  日米競演『Shallweダンス?』
  伊丹十三の大傑作『タンポポ』
  高峰×成瀬の『乱れる(1964)』
  小津安二郎『秋刀魚の味』
  時代劇の名悪役トリオ

  【黒澤明】
  クロサワ版マクベス
  黒澤映画の悪女・山田五十鈴
  黒澤映画の原節子
  黒澤明『静かなる決闘』・・・の千石規子
  黒澤明『隠し砦の三悪人…の雪姫』
  黒澤明没後10年『七人の侍』

  【名キャメラマン宮川一夫】
  溝口健二『雨月物語』
  稲垣浩『無法松の一生(1943“阪妻”版)』
  黒澤明『羅生門』
  市川崑『炎上』
  小津安二郎『浮草』
  映像の神様・宮川一夫

  【宮崎駿】
  ポニョと未来少年コナン
  天空の城ラピュタ、みました。
  カリオストロの城、みました。
  風の谷のナウシカ、みました。
 
19:07  |  日本映画  |  EDIT  |  上へ↑

【日本映画】 2018.02.08 (Thu)

三船と黒澤(前編)~『銀嶺の果て('47)』

三船×黒澤『銀嶺の果て』


 2017~18年は、三船敏郎(1997年12月没)と黒澤明(1998年9月没)の没後20年です。
 言わずと知れた、日本映画史上最強の名コンビ。

 「東宝ニューフェイス」 第1回オーディションの場。カメラマン志望なのに俳優部門に回されてふてくされていた三船を、噂を聞きつけた黒澤が無理に合格させた、というのは有名なエピソード。そこから始まる黄金の20年余――。
 このたび、その最初の共作 『銀嶺の果て('47)』(初鑑賞)と、最後の作品となった 『赤ひげ ('65)』 を観ました。


 三船のデビュー作 『銀嶺の果て』谷口千吉監督、黒澤は脚本を担当。1947年東宝。
 豪雪の日本アルプスに逃げ込んだ銀行強盗犯たちの顛末を描くサスペンス・ドラマ。人の温かさに触れて改心する志村喬に対し、三船は最後まで欲とエゴにまみれて破滅する若い強盗犯を演じる。

 彼も監督デビューだったという谷口監督の演出は迫力満点。本当に人が飲み込まれたかのような雪崩のシーンは、演出と編集の妙。また、雪原を疾走するスキーの美しさや、志村がピストルを崖から投げ捨てる=悪と決別する場面の荘厳さ・・・。昔のスタンダードサイズの小画面ながら、雪山の魅力を余すところなく活写しています。

 黒澤の脚本も娯楽と人間ドラマに富んでいて面白かった。
 事件に巻き込まれた登山家の、山男としての矜持に胸を打たれた。これを演じる河野秋武は黒澤の最初期作品で主役級を演じた常連だったが、このあと労使紛争 「東宝争議」 に身を投じて東宝を離れ、これが最後の黒澤作品となったのは皮肉。

 ほか、後の 『ゴジラ』 音楽で有名な伊福部昭にとっても初めての映画音楽だったそうで、前衛と大衆性が見事に融合。

 そして三船敏郎。
 野獣のようにギラギラした男くささ、デビュー作からして大器の片鱗がよく指摘されているが、むしろ器用で丁寧な演技だと感じた。がさつさや不器用さなんてものはない、深く真剣に取り組んでいるのが伝わってくる。実際とても細やかで気配りの人だったという三船の人柄が垣間見えたよう。
 三船は翌'48年、黒澤監督作 『酔いどれ天使』 にも主役として抜擢され、引き続き共演したベテラン志村喬とあわせて黒澤映画の名トリオがいよいよ完成する。


 戦後20年間、黒澤明全盛期の作風をひとことで言えば、「自立した個人には別々の自我・理想・利害があり、それが対等にぶつかり合う」というドラマ。
 それは『白痴('51、ドストエフスキー原作)』 や 『蜘蛛巣城('57、シェイクスピア『マクベス』翻案)』 といった西洋文学の本質そのものであり、人間社会の無慈悲・無理解の果てにはじめて精製される人間の美しさは、『野良犬('49)』 や 『生きる('52)』、『生きものの記録('55)』 などにも通底している。最高傑作 『七人の侍('54)』 はその生々しい激突の頂点というべきもの。

 敗戦によって古い日本的価値観からの脱却が求められた時代、日本人離れした三船のスケール感は、そんな黒澤世界を120%体現するうってつけのアイコンであった。しかし日本人が 「戦争の抑圧からの解放」 にも慣れ、黒澤自身も年を取り地位を成すと、個のぶつかり合いやその醜さ美しさは迫力を欠いていく。
 続きは後日。

 
00:12  |  日本映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【アメリカ映画】 2017.12.09 (Sat)

≪このアメリカ映画!≫書庫もくじ

  ≪アメリカ映画≫書庫もくじ

  大女優競演 『何がジェーンに起ったか?』 『ミルドレッド・ピアース』
  世界の 「I am your father!」
  ビリー・ワイルダー作品の脇役おじさんたち

  真のアメリカの悲劇~『陽のあたる場所(1951米)』
  dog day な 『狼たちの午後(1975米)』
  隠れ名作/ポール・ニューマン『暴力脱獄(1967米)』
  『2001年宇宙の旅』ふたたび
  イースターだから 『イースター・パレード(1948米)』

  反戦をこめて・・・『ジョニーは戦場へ行った』
  『大脱走』 吹き替え版!
  ディズニーの 『白雪姫』
  原発と闘え!『チャイナ・シンドローム』
  ジャームッシュの 『ストレンジャー・ザン・パラダイス』

  吹き替え版 『トータル・リコール(1990)』
  追悼…ホイットニーの 『ボディガード』
  『追憶』のハッピーエンド
  『ブルース・ブラザース』ネ申吹き替え!
  ジョン・バリーの『007』

  『サウンド・オブ・ミュージック』TV吹き替え版
  本物の女 『ジュリア('77米)』
  スピルバーグの『激突!』!!
  吹き替え映画まつり
  『あなただけ今晩は』~それはまた別の話

  デ・ニーロ&ハーマン『タクシー・ドライバー』
  '07-08アカデミー賞授賞式を見て
  『十二人の怒れる男』
  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』!!!!
  『スタンド・バイ・ミー』異考

  ワタシが愛した007
  傑作コメディ『ギャラクシー・クエスト』!
  『ターミネーター』とハリーハウゼン
  2006年不眠の旅
  チャップリンのラスト・シーン

 
19:17  |  アメリカ映画  |  EDIT  |  上へ↑