【  禁煙物語】 2006.03.01 (Wed)

禁煙物語(終)『1年前のぼくへ』

愛の禁煙

きょう、2006年3月1日


禁煙してちょうど1年がたちました。

タバコ歴10数年にして空前の快挙です。


器具や療法に頼らず、自分の意志だけでやめました。

パッと決意してパッと実行、

あまり気合を入れなかったことが、かえって功を奏したようです。


もちろん今後も、タバコに手を出すつもりはありません。

現代社会には、もっと他に誘惑があるし。


そんなぼくの手元には、激闘の軌跡を書き記したノートが・・・。

世の禁煙マニュアルのような、お役だち情報はありません。

日々の感情を淡々と、不親切につづっているだけ。

だけどこのまま埋もれさすのはもったいない。


というわけで、今夜から新連載 『禁煙物語』 が始まります。

まずは18夜連続、以後はひと月ごとに更新していきます。

タバコと無縁な人のため、おバカなオマケもつけています。


絶望からの生還! 奇跡の365日!

その時あなたは、歴史の証人となる!

お楽しみにっ!!

 

タグ : 禁煙  テーマ : 禁煙  ジャンル : ヘルス・ダイエット

18:41  |    禁煙物語  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  禁煙物語】 2014.03.04 (Tue)

禁煙物語・第1夜 『うそだよ、今でも君が好き』

愛の禁煙

 ≪禁煙1日目 (※2005年3月1日)

 前の夜、夢の中で禁煙を決意。
 起きてそのまま禁煙を開始。

 タバコを求めて、事あるごとに手探り。「吸わない」という「行為」に慣れていないので、少し戸惑う。
 もともと4~8時間くらいのガマンは経験済み。特に最近は、周囲に遠慮する時間が長かった。あぶないのは、食後や帰宅時など一日の節目の時間だ。
 初めて気づいたのは、起床時に吸えなくてもまったく平気だったこと。禁煙サイトでの簡易テストによると、ニコチン依存は軽度らしい。

 その決意を周囲に宣言していなければ、今なら禁煙はなかったことにもできるだろう。(自分だけの命じゃない、という)壮大な?テーマに自己陶酔することで、吸えない不満を紛らわせている。


タグ : 禁煙  テーマ : 禁煙・タバコ  ジャンル : ヘルス・ダイエット

22:51  |    禁煙物語  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  禁煙物語】 2014.03.12 (Wed)

禁煙物語・第2夜 『まぼろし』

愛の禁煙

 ≪前回からのつづき≫
 タバコ歴10数年のうち、前の半分はラッキーストライクを愛飲。その後は健康志向も重なって いわゆる1mgものに転向しました。以来1日30本ほど。気休め程度に、市販のヤニ取りフィルターも付けていました。そして・・・

 ≪禁煙2日目 (2005年3月2日)≫

 肺にガツンと刺激を与えたい欲求。ただし一過性で、仕事や娯楽など熱中できるもので紛らわすのは難しくない。もっとも、「よし、乗り越えたぞ」 と達成感にひたるたび、無意識にタバコを探していた自分を笑う。

 ネットで禁煙体験記を見る。今は楽観的な気分なので、他人事のように楽しむ。読み終わって 「なるほどなあ」 と感心しながら、またも無意識にタバコを探していた。

 タバコに関する事柄を目にしても、べつに苦ではない。事実、今も手を伸ばせばタバコに手が届く。
 そう、ぼくはタバコを捨てていない。
 急な禁煙宣言だったので、無理に処分して追い詰めるより、逃げ道を作っておくくらいのスキがあってもいい。

 吸いすぎた時のような胸の痛みを感じる。
 今日は晩酌時にいちばん吸いたくなった。


タグ : 禁煙  テーマ : 禁煙・タバコ  ジャンル : ヘルス・ダイエット

00:15  |    禁煙物語  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  禁煙物語】 2014.03.18 (Tue)

禁煙物語・第3夜 『高慢と軽侮』

 

 ≪禁煙3日目 (2005年3月3日)≫

 胸の痛みは続く。
 ときどき吸いたくなるが、ガム、コーヒー、深呼吸などで対処可能。この3日間は、思ったほどの苦行ではなかった。
 「吸ったら楽になるのに」 という思いがあるのも事実だが、今は壮大?な禁煙の志のほうが勝っている。
 もちろん、このまま楽勝だとは思ってないが、今は難しいことは考えたくない。むしろ 「今後、どんな禁断症状に襲われるか楽しみ」 くらいのナメた感じでいい。


タグ : 禁煙  テーマ : 禁煙・タバコ  ジャンル : ヘルス・ダイエット

20:04  |    禁煙物語  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  禁煙物語】 2014.03.25 (Tue)

禁煙物語・第4夜 『禁断の症状』

 

 ≪禁煙4日目 (2005年3月4日)≫

 身に染みついたクセで、事あるごとにタバコを探してしまう。

 夕晩の帰宅時に急変。
 体内に残っていたニコチン貯金を使い果たしたのかどうか、今までの「肺に刺激を与えたい」という一過性の欲求とは違う、連続的なイライラ感にかられる。発作のように胸が苦しい。これが本当の禁断症状なのだろうか。

 コーヒーなど他の嗜好品ではごまかしきれなくなった。今後いっさい、あのタバコの味を楽しめないという現実が、リアルな不安として襲ってくる。
 この精神的な強迫感!

 頭がクラクラしてきた。胸の痛みはあるといえばあるが、それどころではない。
 日付が変わるころ、ようやく落ち着く。難所を乗り越えてすっきりした気分。
 寝酒をあおる。


 (追記・・・一番苦しいといわれる禁煙3~4日目の山。自分の意思だけで禁煙していたので、一種のパニックに陥っていたのかな。禁煙2週間ごろにも、ニコチン切れによる脳内物質のバランスが崩れて、一時的な不安感や動悸におそわれることがあります。後日詳しく。)
 

タグ : 禁煙  テーマ : 禁煙・タバコ  ジャンル : ヘルス・ダイエット

23:17  |    禁煙物語  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  禁煙物語】 2014.04.05 (Sat)

禁煙物語・第5夜 『ひとりにして』

愛の禁煙

 ≪禁煙5日目 (※2005年3月5日)≫

 (土曜日で休み。)
 体がだるいのは深酒のせいか。慢性的に吸いたい気分だが、昨夜の苦しみに比べればぜいたくは言えない。
 もはや 「肺にガツンと刺激」 欲求は消え、「どんより低空飛行」 というイメージ。
 タバコはまずいと思えるようになった。


タグ : 禁煙  テーマ : 禁煙・タバコ  ジャンル : ヘルス・ダイエット

22:52  |    禁煙物語  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  禁煙物語】 2014.04.15 (Tue)

禁煙物語・第6夜 『回想』

愛の禁煙

 ≪禁煙6日目 (※2005年3月6日)≫

 ほんの少しだが昨日より楽になった。

 時々吸いたくなるが、「吸いたい吸いたい欲求」 というより 「吸えたらいいな願望」 という感じ。
 実際、無謀にも放置されているタバコが目に入ると、吸いたいなと思う。もちろん、手を出すつもりはこれっぽっちもない。

 何かに集中しなくても、タバコを意識しない時間があった。
 なお、胸の痛みも忘れていたが、こうして回想すると何だかまだ苦しいような・・・。


タグ : 禁煙  テーマ : 禁煙・タバコ  ジャンル : ヘルス・ダイエット

23:00  |    禁煙物語  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑