FC2ブログ

【ぐるめ…?】 2020.02.07 (Fri)

がんばれアルゼンチン・ワイン!

アルゼンチンワイン「サレンタイン」
(同じラベルではないけど名前を覚えやすかった“サレンタイン”

バカげた消費税増税前に買いだめしておいたワインが、早くも底をつきました。

チリやアルゼンチンなど南米ものが20本。


ほかオーストラリアに南アフリカ・・・、わが家のワインはいま、コスパ抜群の南半球産がもっぱらです。

テーブルワインなら、ヨーロッパ産に何ら遜色ないレベルにまで追いついています。

とくに、仏ブルゴーニュと同じ「ピノ」種のブドウがよく日本に入っているチリそしてアルゼンチン産が好き。

 ――世界で五指に入るほどの農業大国アルゼンチン。
 むかし学校で習った「ラプラタ川」流域の大草原「パンパ」は、いまや世界の胃袋を満たす牧畜の一大メッカ。アルゼンチンの牛肉生産量そしてひとり当たりの牛肉消費量はいま世界で1、2、ワイン消費量も南半球では1、2を誇っているんだそうです。
 (どちらもアメリカ個人の倍の量。日本人はその1/10程度。ちなみに「1、2」の座を争っているのは隣りのウルグアイだとか。南米予選おそるべし。)

 大草原だけでなく、アンデス山脈というブドウ栽培に適した「水はけが良く、陽光まばゆいが適度に涼しい」地帯を抱え、裏側のチリ同様にワイン新興国として急成長を遂げました。アメリカ合衆国という巨大資本源と巨大消費地が近いこともあって、近年は繊細で華やかなアロマの、しかし栽培がむずかしいピノ・ノワール種のワインにも良品が現れつつあります。
 北半球とは季節が逆なので、旬や収穫期の違いで差別化が図れるのも彼らの強み。



ソーヴィニヨン種のがっちりボディの飲みごたえもいいけど、ピノ種の優雅なブーケが好きなので、

お口にもお財布にも優しい新興国ワインのがんばりはどうしても応援したくなります。

今夜もまた1本開けよう。

南米の20本はすでにありませんが、わが家にはまだ仏メドック産が同じくらい残っているんです。

ソーヴィニヨンにも栄光あれ。酒飲みの海に日は沈まず。

 
21:11  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2019.03.23 (Sat)

≪ぐるめ・・・?≫書庫もくじ

  ≪ぐるめ・・・?≫書庫もくじ

  がんばれアルゼンチン・ワイン!
  なつかしマルカワのフーセンガム

  ザ・王道、サントリーローヤル
  めざせ!米ぬか美人 (ちな♂)
  雪の夜は飲んだくれ
  イナゴを食べました。
  干物びより

  まぐろ貧乏クッキング
  自宅でカンタン!男塾・毒手拳
  メンマが止まらない
  ピザ、いきあたりばったり
  夏野菜でピクルス

  キムチ改造
  いも野郎、世界を翔ける
  「お好み焼きJAPAN」代表チーム発表!
  りんごとさつまいもの春巻き
  芋と竜

  ロールキャベツ・バカ一代
  マッコリLOVE
  おせちで肌ツル
  柿のミートソース
  ホンマ゙にもう、ぼく玉子すっきやからね。

  おやつにステーキ
  うなぎサマータイム
  ヨーグルトぬか漬け
  違いが分かりすぎるコーヒー
  ブラック・ジャックによろしくぅ

  ミートソース・バカ一代
  「おでんジャパン」代表チーム発表!
  お腰につけた、さつま揚げ
  ジンと少年
  ハンバーグ・バカ一代

  天ぷら王子
  おからクッキー
  肉と自分をぶった斬る。
  みかん依存症
  ジビエの季節

  魅惑のコンビニ弁当
  「ビール⇔発泡酒」曲線理論序説
  ブタになるまでぶたを食う
  お茶っ葉でスモーク
  柿の種一族の陰謀

  べトナム・コーヒー
  キムチ刑事、殉職
  牛乳1本を使いきれ!
  キムチを作ってみた。
  これが俺のカレーだっ!

  酒かす地獄
  おやつにコロッケ♪
  はつ鰹
  仄暗いポン酢の底から
  がんばれ南アフリカ・ワイン!

 
23:22  |  ぐるめ…?  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2019.03.22 (Fri)

なつかしマルカワのフーセンガム

P1080492 (20)


近所の駄菓子屋さんで、懐かしいマルカワのフーセンガムを買いました。

ぶどう味。

ぼくはオトナのセレブリテーなので、リッチに箱買いしました。


苔むした神社の裏で摘んだ、黒すぐりの若々しいアロマ。

シャトー・マルゴーを想起させるエレガントなブーケ。

その喉越しは、やがてジロンドに注ぎゆく湧き水のように甘くなめらか。

(ほんとは甘味料は体に悪そうなので、飲まずにペッペ吐いてますけど。)


写真は、4粒入りの小箱が24箱セット。ひと小箱20円。

それを2ケース買ったもんだから計200粒弱。 食べきるのに1年かかりそう。

そこでセレブらしく、気前よくあちこち配って回りました。

苦しゅうない、礼にはおよばん。

#

ところで、当たりくじはついていないそうですが、昔はあったような・・・?

これだけ買えば、一生ガムで食ってけると思ったのに。

 
20:12  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2019.01.20 (Sun)

ザ・王道、サントリーローヤル

サントリーローヤル・ランボオ編
(「陶器 金継ぎ」で検索を)


ジャパニーズ・ウィスキーの王道、「サントリーローヤル」を頂戴しました。


今も昔も変わらない、どっしりと角ばったボトル・・・

漢字の「酒」のつくりで、創業者・鳥井信治郎にもちなんだ 「酉」 という字をかたどってるんだとか。

はじめて知った。


それから何年ぶりかに飲んで、思わず叫んでしまった懐かしい味!

頭抜けた個性があるわけではないけど、真ん中を行きながらも鮮烈な記憶を呼び覚ます味わいは、

王道が王道たるゆえんでしょう。 甘く燻んだチョコレートの香り。


あと、テレビCMも子供の頃あこがれたなあ。ランボオ、ガウディ、マーラーの3編。【YouTube検索】

怪異な大道芸人が砂漠を闊歩する「ランボオ」編は、自分史上1位のテレビCMです。

わけ分からんけどカッコいい!


何十回目かの成人式、少しは近づけたか、こんな男に。

(じつはランボーの詩にだけはハマらなかった・・・。)

 
08:12  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2018.11.24 (Sat)

めざせ!米ぬか美人 (ちな♂)

(無料写真素材 写真ACさんより)
ぬか漬け・顔つき(自然な彩度加工)


今年の新米は玄米で買いました。

近所のお米屋さんで精米してもらっています。

ご飯がおいしいのはもちろんですが、「ぬか」もうまい!


酸化しやすいので、フライパンで乾煎りして「炒りぬか」に。このひと手間で持ちが違うらしい。

炒りたてを口いっぱいに頬ばれば、甘くて香ばしくて 「きな粉」 の味そのまんまじゃん!

おかげで水分を持ってかれてパッサパサ。お口の中はタクラマカン砂漠や~。


夜、小腹がすいた時もスプーン1杯で腹持ちがいい!

ローカロリーで栄養豊富。ボクちゃんも米ぬか美人になれるかしらん?


食べる以外にも 「生ごみコンポスト」 に入れたり、重曹と混ぜて食器洗剤や磨き粉にしたり。

ぬか漬けは・・・やっぱりめんどくさいな。

クッキーにしたら消費できるんじゃ、と思っていましたが、そんな面倒しなくても減っていきます。

(クッキーもうまかった。)


糠には残留農薬がより付きやすいので、無農薬米の糠が無難だそうです。

チラッと通りがかったお米屋さんでは、一袋100円もしなかった。これなら1年じゅう手に入る。

美人への道は近い。

 
23:15  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2018.01.23 (Tue)

雪の夜は飲んだくれ

ホガース『ジン横丁』
ホガース『ジン横丁(1751)』

東京にも雪が積もりました。

もともと温室育ちなので寒いのは苦手。

でも、こういう人出が少ない時こそ、病院行って、買い物して、酒場で一杯ひっかけて。

おかげさまで貸し切り状態を堪能できました。


酒場では今ハマってるジンの、ホット・カクテルをあれこれ教えてもらいました。

ジン、紅茶に、アーモンドのリキュールで香りをつけたものが変わってて印象に残った。

プロの微妙なさじ加減、自分ではマネできないかな。


今ハマっていると言えば聞こえのいい、ただ飲んだくれているだけ。

家ではジンは事実上ぼく専用なので、ボトルをラッパで飲んでいるありさまです。


 昔のジンはただアルコール度数が高いだけで、混ぜ物も多い粗悪な作りだったので、貧乏人の酒の象徴とされていた。
 イギリスの画家ホガース作の 『ジン横丁』 は、そういう貧困社会の堕落と荒廃を描いている。昨年大にぎわいだった 『怖い絵』 展でも紹介されていましたね。



早く夏にならないかな。冷たいジンがぐびぐび飲めるのにな。

ぼくは映画 『スティング』 のポール・ニューマンへの憧れから、ジンだけはラッパで飲んでます。

たまにウィスキーもワインも日本酒もブランデーも、ラッパで飲んでいます。
 
21:49  |  ぐるめ…?  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2017.09.22 (Fri)

イナゴを食べました。

イナゴの甘露煮_藤岡弘

生まれてはじめて虫を食べました。

お土産にもらった「イナゴの甘露煮」。


バッタみたいにでかくないし、一度食べてみたかったので、そんなに抵抗はありません。

正面から見たら仮面ライダーにそっくり。


実際、ふつうにおいしかった。

小エビの頭や足ばかりを煮込んだような、ただひたすら甘辛いシャリシャリ。

たぶん下茹でしすぎて、うま味も何もスカスカに抜けてしまっていたのが残念だった。

ピザにあしらったら、とろけたチーズとのハーモニーでオシャレかも。


昆虫は、家畜に比べて圧倒的に少ない飼料で、しかもじゃんじゃん育つ未来食・宇宙食です。

(人間用にしなくても、家畜のエサにすればそのぶん穀物を人間に回せる。)

次は、この時期テレビでよくやってる、駆除スズメバチなんかも食べてみたいなあ。

 
21:02  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑