FC2ブログ

【ぐるめ…?】 2018.01.23 (Tue)

雪の夜は飲んだくれ

ホガース『ジン横丁』
ホガース『ジン横丁(1751)』

東京にも雪が積もりました。

もともと温室育ちなので寒いのは苦手。

でも、こういう人出が少ない時こそ、病院行って、買い物して、酒場で一杯ひっかけて。

おかげさまで貸し切り状態を堪能できました。


酒場では今ハマってるジンの、ホット・カクテルをあれこれ教えてもらいました。

ジン、紅茶に、アーモンドのリキュールで香りをつけたものが変わってて印象に残った。

プロの微妙なさじ加減、自分ではマネできないかな。


今ハマっていると言えば聞こえのいい、ただ飲んだくれているだけ。

家ではジンは事実上ぼく専用なので、ボトルをラッパで飲んでいるありさまです。


 昔のジンはただアルコール度数が高いだけで、混ぜ物も多い粗悪な作りだったので、貧乏人の酒の象徴とされていた。
 イギリスの画家ホガース作の 『ジン横丁』 は、そういう貧困社会の堕落と荒廃を描いている。昨年大にぎわいだった 『怖い絵』 展でも紹介されていましたね。



早く夏にならないかな。冷たいジンがぐびぐび飲めるのにな。

ぼくは映画 『スティング』 のポール・ニューマンへの憧れから、ジンだけはラッパで飲んでます。

たまにウィスキーもワインも日本酒もブランデーも、ラッパで飲んでいます。
 
21:49  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2017.09.22 (Fri)

イナゴを食べました。

イナゴの甘露煮_藤岡弘

生まれてはじめて虫を食べました。

お土産にもらった「イナゴの甘露煮」。


バッタみたいにでかくないし、一度食べてみたかったので、そんなに抵抗はありません。

正面から見たら仮面ライダーにそっくり。


実際、ふつうにおいしかった。

小エビの頭や足ばかりを煮込んだような、ただひたすら甘辛いシャリシャリ。

たぶん下茹でしすぎて、うま味も何もスカスカに抜けてしまっていたのが残念だった。

ピザにあしらったら、とろけたチーズとのハーモニーでオシャレかも。


昆虫は、家畜に比べて圧倒的に少ない飼料で、しかもじゃんじゃん育つ未来食・宇宙食です。

(人間用にしなくても、家畜のエサにすればそのぶん穀物を人間に回せる。)

次は、この時期テレビでよくやってる、駆除スズメバチなんかも食べてみたいなあ。

 
21:02  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2017.02.05 (Sun)

≪ぐるめ・・・?≫書庫もくじ

  ≪ぐるめ・・・?≫書庫もくじ

  イナゴを食べました。
  干物びより
  まぐろ貧乏クッキング
  自宅でカンタン!男塾・毒手拳
  メンマが止まらない

  ピザ、いきあたりばったり
  夏野菜でピクルス
  キムチ改造
  いも野郎、世界を翔ける
  「お好み焼きJAPAN」代表チーム発表!
  りんごとさつまいもの春巻き
  芋と竜
  ロールキャベツ・バカ一代
  マッコリLOVE
  おせちで肌ツル

  柿のミートソース
  ホンマ゙にもう、ぼく玉子すっきやからね。
  おやつにステーキ
  うなぎサマータイム
  ヨーグルトぬか漬け
  違いが分かりすぎるコーヒー
  ブラック・ジャックによろしくぅ
  ミートソース・バカ一代
  「おでんジャパン」代表チーム発表!
  お腰につけた、さつま揚げ
  ジンと少年

  ハンバーグ・バカ一代
  天ぷら王子
  おからクッキー
  肉と自分をぶった斬る。
  みかん依存症
  ジビエの季節
  魅惑のコンビニ弁当
  「ビール⇔発泡酒」曲線理論序説
  ブタになるまでぶたを食う
  お茶っ葉でスモーク
  柿の種一族の陰謀

  べトナム・コーヒー
  キムチ刑事、殉職
  牛乳1本を使いきれ!
  キムチを作ってみた。
  これが俺のカレーだっ!
  酒かす地獄
  おやつにコロッケ♪
  はつ鰹
  仄暗いポン酢の底から
  がんばれ南アフリカ・ワイン!

 
23:22  |  ぐるめ…?  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2017.02.04 (Sat)

干物びより

干物(40)


スーパーでサバが安かったので、3匹も買ってしまいました。

前日の昼ごはんもサバだったことを忘れていました。

そんなバカ脳でもすぐには食べたいとはならないので、干物にしました。


二枚にさばいて、塩をすりこんで(本当は塩水につけるらしいけど)、網に乗せてベランダへ。

おあつらえ向きに、このごろ風の強い日が続いています。びゅんびゅん言っています。


「風よ、吹け! うぬが頬を引き裂け!」                           (『King Lear』Ⅲ-2)


たったひと晩でいいぐあいに仕上がりました。

ためしに焼いてみたら、生の焼きとはまた違った、意外と上品なうまみ。


すっかり味をしめたので、一緒に買ってきたシイタケとエノキも干してみました。

洗わず手ごろな大きさに裂き、飛ばないよう洗濯ネットに入れて。

うん、キノコ類は今まで冷凍していたけど、干したほうが断然うまい!


ほか、鶏肉はよく干したり燻したりしているので、次は牛肉にチャレンジだ。

残念ながら、野菜は夏とちがって干したいものがなかった。

大根なんかは、野菜高騰対策として買っていた「切り干し」がまだ残ってるし、

そもそも干す前になくなっていくから。


冬はまだ終わらない――。                               「Winter’s not gone yet――」

 
21:34  |  ぐるめ…?  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2016.07.26 (Tue)

まぐろ貧乏クッキング

まぐろ&哲也(40)
   (友情出演)渡哲也


スーパーで 「マグロの血合い」 が驚異の1パック100円でした。

キハダマグロ。1kg近くは入ってるんじゃないかしらん。


貧乏人のさがで、後先考えずに買いました。

どうする?

とりあえず身の部分を削いでいったら、ふつうにお刺身が一品できました。

ふつうにうまうま。元は取った。


本当の血合いの部分は竜田揚げに。これが当たりだった!

肉のレバーより柔らかくて上品で、変なくさみもなくて、おやつ代わりにつまめちゃうくらい。

栄養満点だしね。

レバーペースト感覚で、パンにはさんで洋風にしてもいけます。(次は自家製ツナに挑戦しよう。)


でも世の中には 「血合い」 目当ての貧乏人が多いのか、

またそのスーパーに行ったら、1パック300円に値上げしてやがりました。(クロマグロ)

金持ちどもはトロを買え。

 
00:23  |  ぐるめ…?  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2015.11.20 (Fri)

自宅でカンタン!男塾・毒手拳

『魁!!男塾』影慶の毒手拳


八百屋さんで 「ししとう」 を買いました。

辛いか辛くないか聞いたところ 「辛くない」 とのことなので、ひと山買って炒めものにしましたが

辛いじゃん!


もともと辛いものは好きな方ですが、不意打ちはひきょうだ。

かと言って放るわけにもいかないので、ヒーヒー言いながら半山ぶんを食べきりました。


しかし真の恐怖はそこから・・・。

なにげなく目をこすったところ、目が痛い! ヒーヒーする!

ししとうのタネを取ったぼくの左手は、猛毒カプサイシン<鯉犀疹>の辛みをまとい、

触る者みな傷つける人間凶器と化していたのでした。

これが世に聞く 「毒手拳」 です。


 「愾慄流 穿凶毒手(きりつりゅう せんきょうどくしゅ)」とは、中国拳法秘伝中の秘伝・・・
 巨象をも数秒で倒すであろう毒薬を手にふりかけ、その毒手でかすり傷でも負わせれば、そこから血液に毒が入り、たちどころに相手は絶命する。
 しかし仕掛ける者も、毒が直接体内に入ることとの時間差さえあれど、じょじょに毒が皮膚に浸透していき、己の命を絶つことになる。
 そして何よりも恐るべきは、死を覚悟した者がそこから生み出す闘いの気迫!! 将(まさ)に死の奥義よ。
                        民明書房刊 『魁!!男塾/三号生死天王影慶列伝』より



お風呂に入ったら、熱でさらにヒーヒーする! もうなんにも触れないよ!

翌朝、ようやく手のしびれは収まりました。いや、まだ少しヒリヒリするかも。


これをひと山食べねばならぬとは、辛くないと言ったあの(豪アデレードの)八百屋は一体??

ししとう流・毒手拳、げに恐ろしき技よ・・・。

 
21:03  |  ぐるめ…?  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2015.10.06 (Tue)

メンマが止まらない

竹取物語(50)
(夢)


いつも中国野菜を買っているお店で、メンマ1kgパックを見つけました。

ラーメンにチャーハンに白いご飯・・・、マンガみたいに山盛りできたらどれだけ幸せでしょう。


世の中には、紅しょうがをバカみたいに乗っけたり、七味唐辛子をバカみたいにぶっかけたりする

ジャンキーがいるみたいですが、ぼくは違います。あんなふうにはなりません。

次の3袋目でやめにします。



そもそもメンマって、「タケノコ」じゃなくて「竹」になりかけた部分を使うんだそうです。

それを蒸して、発酵させて、干して、水で戻して、味付けて・・・をくり返す、気の遠くなるような手間ひま。

たしかに家で作ろうとしても、「タケノコの中華風」になるだけ。あのコリコリと風味は真似できん。


竹取物語(メンマ行程1・蒸し)40
蒸し

竹取物語(メンマ行程2・干し)40
 干し

竹取物語(メンマ行程3・水戻し)40
水戻し

竹取物語(メンマ行程4・味付け)40
味付け


いつもありがとう、メンマ業界のみなさん。

そしてありがとう、ぼくを紅しょうが依存症から救ってくれて。


 
21:42  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑