FC2ブログ

【ぐるめ…?】 2017.02.04 (Sat)

干物びより

干物(40)


スーパーでサバが安かったので、3匹も買ってしまいました。

前日の昼ごはんもサバだったことを忘れていました。

そんなバカ脳でもすぐには食べたいとはならないので、干物にしました。


二枚にさばいて、塩をすりこんで(本当は塩水につけるらしいけど)、網に乗せてベランダへ。

おあつらえ向きに、このごろ風の強い日が続いています。びゅんびゅん言っています。


「風よ、吹け! うぬが頬を引き裂け!」                           (『King Lear』Ⅲ-2)


たったひと晩でいいぐあいに仕上がりました。

ためしに焼いてみたら、生の焼きとはまた違った、意外と上品なうまみ。


すっかり味をしめたので、一緒に買ってきたシイタケとエノキも干してみました。

洗わず手ごろな大きさに裂き、飛ばないよう洗濯ネットに入れて。

うん、キノコ類は今まで冷凍していたけど、干したほうが断然うまい!


ほか、鶏肉はよく干したり燻したりしているので、次は牛肉にチャレンジだ。

残念ながら、野菜は夏とちがって干したいものがなかった。

大根なんかは、野菜高騰対策として買っていた「切り干し」がまだ残ってるし、

そもそも干す前になくなっていくから。


冬はまだ終わらない――。                               「Winter’s not gone yet――」

 
21:34  |  ぐるめ…?  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2016.07.26 (Tue)

まぐろ貧乏クッキング

まぐろ&哲也(40)
   (友情出演)渡哲也


スーパーで 「マグロの血合い」 が驚異の1パック100円でした。

キハダマグロ。1kg近くは入ってるんじゃないかしらん。


貧乏人のさがで、後先考えずに買いました。

どうする?

とりあえず身の部分を削いでいったら、ふつうにお刺身が一品できました。

ふつうにうまうま。元は取った。


本当の血合いの部分は竜田揚げに。これが当たりだった!

肉のレバーより柔らかくて上品で、変なくさみもなくて、おやつ代わりにつまめちゃうくらい。

栄養満点だしね。

レバーペースト感覚で、パンにはさんで洋風にしてもいけます。(次は自家製ツナに挑戦しよう。)


でも世の中には 「血合い」 目当ての貧乏人が多いのか、

またそのスーパーに行ったら、1パック300円に値上げしてやがりました。(クロマグロ)

金持ちどもはトロを買え。

 
00:23  |  ぐるめ…?  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2015.11.20 (Fri)

自宅でカンタン!男塾・毒手拳

『魁!!男塾』影慶の毒手拳


八百屋さんで 「ししとう」 を買いました。

辛いか辛くないか聞いたところ 「辛くない」 とのことなので、ひと山買って炒めものにしましたが

辛いじゃん!


もともと辛いものは好きな方ですが、不意打ちはひきょうだ。

かと言って放るわけにもいかないので、ヒーヒー言いながら半山ぶんを食べきりました。


しかし真の恐怖はそこから・・・。

なにげなく目をこすったところ、目が痛い! ヒーヒーする!

ししとうのタネを取ったぼくの左手は、猛毒カプサイシン<鯉犀疹>の辛みをまとい、

触る者みな傷つける人間凶器と化していたのでした。

これが世に聞く 「毒手拳」 です。


 「愾慄流 穿凶毒手(きりつりゅう せんきょうどくしゅ)」とは、中国拳法秘伝中の秘伝・・・
 巨象をも数秒で倒すであろう毒薬を手にふりかけ、その毒手でかすり傷でも負わせれば、そこから血液に毒が入り、たちどころに相手は絶命する。
 しかし仕掛ける者も、毒が直接体内に入ることとの時間差さえあれど、じょじょに毒が皮膚に浸透していき、己の命を絶つことになる。
 そして何よりも恐るべきは、死を覚悟した者がそこから生み出す闘いの気迫!! 将(まさ)に死の奥義よ。
                        民明書房刊 『魁!!男塾/三号生死天王影慶列伝』より



お風呂に入ったら、熱でさらにヒーヒーする! もうなんにも触れないよ!

翌朝、ようやく手のしびれは収まりました。いや、まだ少しヒリヒリするかも。


これをひと山食べねばならぬとは、辛くないと言ったあの(豪アデレードの)八百屋は一体??

ししとう流・毒手拳、げに恐ろしき技よ・・・。

 
21:03  |  ぐるめ…?  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2015.10.06 (Tue)

メンマが止まらない

竹取物語(50)
(夢)


いつも中国野菜を買っているお店で、メンマ1kgパックを見つけました。

ラーメンにチャーハンに白いご飯・・・、マンガみたいに山盛りできたらどれだけ幸せでしょう。


世の中には、紅しょうがをバカみたいに乗っけたり、七味唐辛子をバカみたいにぶっかけたりする

ジャンキーがいるみたいですが、ぼくは違います。あんなふうにはなりません。

次の3袋目でやめにします。



そもそもメンマって、「タケノコ」じゃなくて「竹」になりかけた部分を使うんだそうです。

それを蒸して、発酵させて、干して、水で戻して、味付けて・・・をくり返す、気の遠くなるような手間ひま。

たしかに家で作ろうとしても、「タケノコの中華風」になるだけ。あのコリコリと風味は真似できん。


竹取物語(メンマ行程1・蒸し)40
蒸し

竹取物語(メンマ行程2・干し)40
 干し

竹取物語(メンマ行程3・水戻し)40
水戻し

竹取物語(メンマ行程4・味付け)40
味付け


いつもありがとう、メンマ業界のみなさん。

そしてありがとう、ぼくを紅しょうが依存症から救ってくれて。


 
21:42  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2015.03.25 (Wed)

ピザ、いきあたりばったり

ピザ(45)


お友達を家に呼ぶので、ピザを生地からつくりました。

強力粉(モチモチ)と薄力粉(サクサク)をブレンドして、玉子、塩、砂糖(カリカリ感)、

そしてベーキングパウダー(BP)とか混ぜて。


発酵でふくらませるイースト菌と違って、重曹などの化学反応でふくらませる BP は

生地を寝かさず、すぐ調理しなきゃいけないって、この時はじめて知りました。


よかれと思って前の晩にコネコネ仕込んだのに、はよ言えや。

晩ご飯は急きょピザになりました。


でもいい練習になったのか、ピザ・パーティーは盛況のうちに終了。

ペパロニ、ソーセージ、和風の鶏そぼろ、コーン、じゃが、きのこ・野菜類・・・、手巻き寿司みたいに

具をいろいろ用意して、自分の「土地」にお好みでのっけてもらったのが好評でした。

ちなみに出来たピザは、オーブンに合わせた四角いかたち。


チーズの代わりに 「酒かす」 も考えたけど、いきなり本番でためす勇気がなかった。

次は、出来あいの生地でやるかな。やっぱり楽なのがいいや。


★  ☆  ★


最後にクイズ。 「ピザ」 って10回言ってみて。


・・・じゃあ、これな~んだ?


 膝の内部構造


こたえ : 膝蓋下脂肪体 【しつがいかしぼうたい】

 
21:36  |  ぐるめ…?  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2014.08.08 (Fri)

夏野菜でピクルス

ピクルス「押すなよ」(40)


知り合いから夏野菜をいただきました。ゴーヤにナスにキュウリ。

家庭菜園だから色も形もいろいろ。でも市販のものより実が詰まっていて、味もしっかりとうまい。


はじめからピクルスにするつもりでいたので、遠慮なくドッサリと頂戴しました。

ひとくち大に切ったら、砂糖・白ワイン・鷹のツメ・昆布そして酢で(適当~に)漬けこみます。

塩は使わず。

ほとんど「ぼく専用」のゴーヤは、辛くて濃い料理に合わせたいので酢をたっぷり利かせました。

紅しょうがの代わり、な感覚。


ビールのつまみにもバリバリいっちゃうよ。

野菜の水分が出た最後の汁もうまいんだ。いっぱい漬けたら薄めなくてもごくごく飲める。

ど変態の酢M呼ばわりされていますが、おかげで夏バテ知らずです。


 ≪ピクルスまとめ≫
 ほか固いトマトやスイカの皮、たまねぎなど野菜ならなんでも。インゲンやカボチャならまず茹でor揚げてから。
 小さく切って漬けると切り口から野菜のえぐみが出る。たしかに丸ごと漬けて食べるときに切ったほうが味がまろやか。お好みで。

 野菜は生でもいいが、さっとお湯にくぐらせたほうが、冷めるときに味がしみこみやすい。えぐみも抜け、殺菌にもなる。
 容器は煮沸消毒した清潔なものを。食べるときの取り箸も清潔に。

 調味液は 「砂糖、塩、酢」 がメイン。そこに 「はちみつ、酒・ワイン、みりん、オイル、昆布&だし類、鷹のツメ、ローリエ」 などなどお好みで。甘めの味付けなら初めてでも無難。
 味がしみるのは数時間~ひと晩。賞味期限は1~2週間くらいか。

 肉料理のお供にぴったり。濃い料理から冷しゃぶ、肉巻きフライまで。「味つき生野菜」だと考えたらいくらでも応用がきく。長く残ったら、きざんでチャーハンにでもしてまえ~。


 
21:02  |  ぐるめ…?  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【ぐるめ…?】 2014.01.20 (Mon)

キムチ改造

キムチ1 - チャングム(40)

 キムチがおいしい季節です。

 いつもなら、秋の白菜大安売りに乗せられて、いきおいで2玉セットどーんと買って、家に帰って我に返って、どうしようか困って、いちおう 「ロール白菜」 とか 「白菜クリームシチュー」 なんてやってみるものの、ぜんぜん先が見えなくて、結局キムチとかお漬物に・・・
 ・・・という冬の風物詩、「白菜バカ地獄」 なわが家でした。

 さすがに今年は学習機能が働いたのか、お店でもっとおいしいキムチを買って、ボリボリ食べてます。 お正月にも食べてたなあ。



キムチ2 - ハイジ(40)

 ただ、においだけが気になるので、いろいろ考えた結果、ヨーグルトを混ぜてみることにしました。
 同じ発酵食品。 ヨーグルトには、ニンニク臭を包み込む効果があるとかないとか。

 ・・・うん、変化球としてけっこういける。味もマイルドになって、子供も食べやすいではないか。
 ごーかーく。



キムチ3 - 桃太郎(40)

 あと本場・韓国人の友人から、キムチの素 「ヤンニョム」 にフルーツを使うのがコツと聞いていた。リンゴや梨のすりおろしのほか、桃の缶詰がお手軽とのこと。
 そこで手っとり早く、缶詰の桃を細く切って、市販のキムチに和えてみました。

 ・・・あぁ、分からんでもないが、さすがにそのままは生々しすぎた。生の、熟す前のモモなら合ってたかも。
 来年は手抜きせずちゃんと漬け込みます。




キムチ4 - ダースベイダー(40)

 ほか、カレーやらミートソースやら濃い味の料理に、市販の 「キムチの素」 を1滴だけ入れると、たった1滴でびっくりするほどコクが出るのでお試しあれ。(それ以上入れると味をこわすので注意。)

 次は、宇宙食キムチに挑戦・・・かな?

 
19:15  |  ぐるめ…?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑