【クラシック音楽】 2016.10.06 (Thu)

ドボルザークあるある

ドヴォルザーク『交響曲集』クーベリック
『交響曲集』クーベリック&ベルリン・フィル盤

少し前ですが、TVでハカセ太郎さん解説のクラシック音楽バラエティをやっていました。

でもブラームスの『ハンガリー舞曲』やドヴォルザークの『新世界』とか、ミーハーすぎて物足りなかった。

でもビギナーの人には取っつきやすいだろうから、それ以上は文句は言いません。

でも前もおんなじ内容やってなかったっけ??


 
 「ドヴォルザークあるある」

 音楽の授業でみんな聴かされた大スペクタクルな 『第9番≪新世界より≫』 から入って、オトナの人気曲 『第8番』 へ。
 そして8番同様に東欧ボヘミアの薫りあふれる 『第7番』、さらには粗削りながら若々しく快活な 『第6番』 へ――

 ――ドボルザークの交響曲を聴きこむほど、番号の大きい作品を「ミーハー」とバカにしだす。
 (でもマイナーすぎる 『第1~5番』 が好きと言う上級者は鼻について嫌われる。)
 



 ぼくはいま 『第6番』 のところにいます。じゅうぶん鼻につくと思われます。


 
 初心者は 「ドボルザーク」 と呼ぶ。
 ちょっとクラシックをかじると 「ドヴォルザーク」 と呼ぶようになる。
 さらに 「ドヴォルジャーク」 と呼ぶ上級者は鼻について嫌われる。


 で、チェコ語の正しい発音では・・・とか言い出してキリがなくなっていく――。
 



 ――けっきょく最大のあるあるは、ぼくみたいな「通ぶってる奴が一番嫌われる」でした。オチ音
 

タグ : クラシック ドヴォルザーク  テーマ : クラシック  ジャンル : 音楽

21:10  |  クラシック音楽  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【JAZZ】 2016.09.19 (Mon)

アート・ファーマー “アート”の秋

アート・ファーマー『アート』


ジャズ・トランペッター、アート・ファーマー の代表作 『アート』。1960年。


見事にいぶし銀4人がそろったカルテット。

そしてこれまたシブい選曲と音色と。

手持ちのCDは最新のリマスター盤じゃないので、よけいにくすんだ枯れ味が際立ちます。

虚無僧姿で尺八やらせても似合いそう。


それでも、人柄が伝わってきそうな、奇をてらわない誠実な音づくり。

少しだけ体が温まる軽快さと ほっとさせられる歌ごころは、「オレ様」マイルスの真逆を行く味わい。

一番有名な代表作 『モダン・アート(1958)』 よりぼくはこっち派です。


夜の気取ったお酒の店でというより、閑静な、アンティークなカフェで聴きたいな。

秋の昼下がり、べつに天気が良くなくったっていい。

灰色の曇り空にだってしっくりくる音楽があるのです。


でも雨すぎて今日の散歩はおあずけ。 うちの椅子でも磨いとくか。



 アート・ファーマー 『アート』

 アート・ファーマー (tp)
 トミー・フラナガン (p)
 トミー・ウィリアムズ (b)
 アルバート・ヒース (ds)

 アマゾン試聴ページ
 (・・・名パートナーだった”J・Mの仲本工事”ベニー・ゴルソン(sax)は不参加。)


 

タグ : ジャズ アート・ファーマー  テーマ : JAZZ  ジャンル : 音楽

20:16  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【全世界音楽】 2016.07.14 (Thu)

PVがダサかったあの名曲洋楽ベスト3!

『君の瞳に恋してる』 ボーイズ・タウン・ギャング

 思い入れ深い、ずっと大好きだった名曲なのに、最近知った当時のPV(プロモーション・ビデオ)がダサくてガッカリしてしまった洋楽が3曲たまりました。この場を借りて発表します。でれれれれ・・・



 【 プロコル・ハルム 『青い影』 】

 たぶん知らない人はいない名曲中の名曲。おごそかなオルガンの前奏、影を帯びたメランコリックなメロディ。
 あのユーミンもこの曲と出会って音楽を志した、という話は有名。なのに・・・

  【YouTube】A Whiter Shade Of Pale - Procol Harum

 はじめて父親のビデオカメラを持ちだした中学生みたいな、素人くさい、どーでもいい自撮りふう。
 こっち見んなー。指さすなー。

 「When we called out for another drink / the waiter brought a tray(お代わりを頼んだら、ウェイターが盆に持ってきた)」で、なぜ彼を指さしてるのだろう?

 ・・・そもそも歌詞の内容がよく分かりません。酒場でどんちゃん騒ぎをしていたらふと彼女の顔が青ざめて(a whiter shade of pale)、「真実は明らか」と言ったとか何とか。
 「miller=粉屋」という歌詞から「ヤク中の幻想をうたった歌」とも言われていますが、どうでしょう。





 【 ボーイズ・タウン・ギャング 『君の瞳に恋してる』 】

 これも知らない人はいない、永遠のディスコ・ソング。
 やさしいストリングスが効いた前奏、ちょっと頼りない男の子の愛の告白。高校時代から大好きな、思い出の歌なのに・・・!

  【YouTube】Can't take my eyes off you - Boys Town Gang

 ・・・西川きよしさんが新喜劇の若手を連れて歌ってた・・・。

 うしろのヒゲマッチョふたりは、「ゲイ・ディスコ」全盛の時代を意識した、ヴィレッジ・ピープル『YMCA』みたいな路線なんだろう。たしかに相当な破壊力だが、事情を察したぼくは何とか許せた。それより、きよしさんの方にガッカリ・・・。

 ♪キミは信じられないくらい面白いよ
  天上のボケにツッコミ
  ようやく最高の相方を見つけたんだ
  やすし君から目が離せない♪





 【 アース・ウィンド&ファイヤー 『ブギー・ワンダーランド』 】

 ブラック・ミュージック界の偉大なレジェンドを笑うのは申し訳ないです。
 先日亡くなられたモーリス・ホワイトさん。

  【YouTube】Earth, Wind & Fire - Boogie Wonderland

 尊敬するレジェンドを笑うのは本当に忍びないのですが、なんか踊りがおっさんなんです。後ろのほうでチラッと見えてる時点で笑ってしまいます。キタキタキターー!って感じ。この人こんなだったっけ??
 えも言われぬいい味出していて、このPV大好きなんですけどね。

 お笑い投稿「ボケて」のこのネタは笑った。そうそう、似てる! TOKIOの城島
 リーダーをテレビで見かけるたび、モーリスさんを思い出します。どうぞ安らかに・・・。





 ・・・以上、誰でも知ってる名曲から。名曲だからこそガッカリ度も大きいというもの。
 なお、人様の著作物をまんま貼りつけるのは気が引けるので、申し訳程度に動画リンクだけにしました。
 いろいろごめんなさい。

 

タグ : 洋楽 PV 音楽  テーマ : プロモーションビデオ  ジャンル : 音楽

19:45  |  全世界音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【全世界音楽】 2016.06.12 (Sun)

≪全世界音楽≫書庫もくじ

  ≪全世界音楽≫もくじ (クリックすると新しいウィンドウで開きます)

  PVがダサかったあの名曲洋楽ベスト3!
  魔法のじゅうたんに乗って
  マイケル・ジャクソン 『ベンのテーマ』
  Zガンダムの原曲みっけ
  「アローン・アゲイン」は「また一人」?

  バート・バカラック、Myベスト3!
  アニメ「パチソン」感動の名曲ベスト3!
  赤塚ふうパーシー・スレッジ(濃い味シンガー大集合!その1)
  恐竜戦隊ティナ・ターナー (濃い味シンガー大集合!その2)
  いとしのトム・ジョーンズ (濃い味シンガー大集合!その3)

  はじめての『アビイ・ロード』 (ビートルズ・デビュー50周年)
  21世紀の『クリムゾン・キングの宮殿』
  あの曲はこの曲だったのか②~懐かしスポーツ編
  あの曲はこの曲だったのか①~テレビ番組編
  クレモンティーヌのバカボンなのだ

  松本隆 『赤いスイートピー』
  ドリフ&ソウル
  空耳『ヘイ・ジュード』
  イムジン河、しみた
  星になったマイケル

  『NHKスペシャル』テーマ曲ベスト3!
  空耳『Power to the People』(桑田佳祐トリビュート)
  ソラミミ・アビイロード!~桑田佳祐の音楽寅さん
  コミックソングの歴史的名曲ベスト3!
  featuring俺ら東京さ行ぐだ!

  ウイスキーが、お好きでしょ
  「原曲はクラシック」ベスト3!
  夢見るシャンソン人形
  『We are the World』
  ディスコでゴゴゴー

  ジョンのハッピー・クリスマス
  サッチモの『この素晴らしき世界』
  サザエさんのギター  
  この木なんの木、気になる木♪
  小さな恋のメロディ

 

タグ : 音楽  テーマ : 音楽  ジャンル : 音楽

21:40  |  全世界音楽  |  EDIT  |  上へ↑

【全世界音楽】 2016.06.11 (Sat)

魔法のじゅうたんに乗って

12754138134c0545351e4a9_import.jpg


ぼくの大大大好きな歌。ディズニー映画『アラジン』の主題歌、『A Whole New World』。

美しい曲、美しい詞、ピーボ・ブライソンとレジーナ・ベルの美しいハーモニー。



  「マジック・カーペットにライド・・・
   あほーにゅーわ~♪ 
   新しくファンタスティックなポイント・オブ・ビュー!




「魔法のじゅうたん」に乗った瞬間、サビの「新しい世界」に飛び立っていく、このニクい構成!

そして、野暮ったい「ポイント・オブ・ビュー」をあえて持ってくる、このボキャブラリーのセンス!

輝きのない箇所など皆無。完璧に練り上げられたメロディと言葉は一心同体。

辞書をめくる手が楽しくて仕方ありません。



  「すべてが新しい英単語!
   はじめての“インディスクライバブル(indescribable)”!
   魔法の英和辞書を開いてごらん
   そうね、言葉にならない世界!




以前、音楽やってる友人たちが、酒の余興で歌ってくれました。余興と呼ぶにはもったいない

熱唱に大感激。彼らと飲むたびしつこくリクエストして、ずいぶん困らせたものです。


作曲のアラン・メンケンと作詞のティム・ライス、ふたりの名匠にただ脱帽。

 

タグ : ディズニー 映画 映画音楽  テーマ : ディズニー映画  ジャンル : 映画

22:10  |  全世界音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2016.05.13 (Fri)

≪クラシック音楽≫書庫もくじ

  ≪クラシック音楽≫書庫もくじ

  ドボルザークあるある
  ベートーヴェンの 『悲愴ソナタ』 聴き比べ
  カラヤンの『ツァラトゥストラ』聴き比べ

  シャンパン・バッハ
  世界一ヘタクソな『ツァラトゥストラはかく語りき』
  プーランクのピアノ曲集
  立ち上がれ!ブラームス弦楽六重奏曲
  洋食喫茶?ラフマニノフ

  オペラ映画 『リゴレット』 (ヴェルディ生誕200年)
  グルベローヴァの『夜の女王』
  水曜日はワグナーを聴いて♪(生誕200年)
  無限『トリスタンとイゾルデ』
  フィッシャー・ディースカウとわたし

  マリア・カラスの 『夢遊病の女』
  クレンペラー×ベートーヴェン 『荘厳ミサ曲』
  ハチャトゥリアン 『フルート協奏曲』
  衝撃の歌姫 !? フローレンス・フォスター・ジェンキンス!
  わが心のドボルザーク交響曲第8番

  フォーレのピアノ曲全集
  フルトヴェングラーのワーグナー
  レナード・バーンスタイン記念
  『だったん人の踊り』改め・・・?
  チャイコフスキー『交響曲第4番』って何だ!?

  ショパン生誕200周年の『プレリュード』
  マーラーの交響曲≪巨人≫聴きくらべ
  驚異のシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ!
  イ・ムジチの『四季』50周年聴きくらべ
  トスカニーニのワーグナー

  プッチーニの『誰も寝てはならぬ』
  『展覧会の絵』めぐり
  カラヤンのモーツァルト『戴冠式ミサ』
  カラヤン愛憎
  ヴェルディ、怒りのレクイエム

  無伴奏チェロくらべ
  バッハとドラクエ
  バッハを兄弟に例えてみた。
  フルトヴェングラーの『第九』
  とすかにーにカンタービレ

  ブラームス交響曲第1番聴きくらべ
  アマデウス、走る
  さわやかな『皇帝』
  アラウのショパン『前奏曲』
  ショーシャンクのモーツァルト

 

タグ : クラシック音楽 オペラ  テーマ : クラシック  ジャンル : 音楽

20:01  |  クラシック音楽  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2016.05.12 (Thu)

ベートーヴェンの 『悲愴ソナタ』 聴き比べ

 
 ベートーヴェンのピアノソナタ第8番 『悲愴』 ――
 とくに甘くせつない第2楽章が、クラシック界を越えて広く親しまれている名曲中の名曲。

 ぼくも生まれてこのかた大好き。その時々で嗜好が変わっても、やっぱり全ベートーヴェンの中で一番大好き。

 動画サイトをサーフィンしてたら、たまたまこんな投稿を見つけたので拝借しました。そうそうたる巨匠の演奏集。思いつくまま気ままに感想を・・・。


 
 【YouTube】ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章 聴き比べ



 ≪エミール・ギレリス (ソ連)≫
 「名盤」ということで昔この人の「後期ピアノソナタ」CDを買ったけど、ぜんぜん好みじゃなかった。
 いかにもソビエト的な乾いたプラスチックのような音、何がいいのか何度聴いてもさっぱり分からん。・・・パス!


 ≪フリードリヒ・グルダ (オーストリア)≫
 実家の父のコレクションにモーツァルトのピアノ協奏曲CDがあったのですが、クセが強いイメージがあったので、こういう古典派モノは避けて通っていました。
 いま聴いてみると、これが思いのほか良い! がっちりと整った骨格の中にも現代的なスマートさ。21世紀の今なら、「これが正統派ベートーヴェン」と呼んでもいいのではないか。ようやくぼくの耳が追いついた。


 ≪ウィルヘルム・ケンプ (独)≫
 バックハウスと双璧を成した名ベートーヴェン弾き。実家のCDもこの人。ぼくはこれを聴いて育ちました。
 技術面ではたどたどしいけど、もう何とも言えない味があって、忘れがたい離れがたい魅力。

ケンプ『ベートーヴェンのピアノソナタ』(1964)

 この 『悲愴』 第2楽章は、「悲愴」といっても 『若きウェルテルの悩み(ゲーテ)』 に例えられる、ほろ苦い青春の痛み。ケンプの演奏は過ぎ去ったこの青春を追憶するかのようで、厳しい表情の中にもどこかしら温かみを感じさせます。
 お酒が入っていたらダントツ1位。


 ≪ウィルヘルム・バックハウス (独)≫
 人呼んで「鍵盤の獅子王」。ベートーヴェン直系の、20世紀を代表するベートーヴェンの大家。ぼくも 『悲愴』 を含む3大ピアノソナタのCDを持っています。
 ただ、ほかの重厚な曲だとさすが威厳と風格に満ちているのだけど、こういう甘美なメロディはちょっと似合わない。よりによってこの曲だけ、ハズレ感があった。


 ≪グレン・グールド (カナダ)≫
 奇才グールドの、淡々と刻む演奏は好みじゃないんです。たまにハッとさせられる演奏もあるにはあるけど、天下の楽聖ベートーヴェンは別の人で聴きたいなぁ・・・。


 ≪ウラジミール・ホロヴィッツ (露/米)≫
 悪酔いしそうな悪魔の指使い。この人らしいケレン味たっぷりなんだけど、いや、嫌いじゃない。むしろ好きかも・・・。
 全曲をぜひ聴いてみたくなった、まさに悪魔の誘惑!


 ≪アルトゥール・ルービンシュタイ­ン (ポーランド/米)≫
 最後は、20世紀最大のピアニストともいわれる巨匠を――。
 バックハウスのようにコワモテすぎず、ケンプよりもちろん上手く、ホロヴィッツやグールドのような奇抜なクセもない。とてもバランスが整っていて一番良かった。
 ぼくが持っているショパンのCD集は古くさくて時代遅れな印象だったけど、ベートーヴェンなら聴けるかも。ベートーヴェンはあまり斬新すぎるより、古いいかめしいほうがぼくの好みです。



 ・・・ぼくの1位ルービンシュタイン、2位は思い入れ深いケンプ、3位は新発見グルダ、そして大穴ホロヴィッツ。
 みなさんは誰がお好みですか?

 

タグ : 音楽 クラシック ベートーヴェン ピアノ  テーマ : クラシック  ジャンル : 音楽

18:54  |  クラシック音楽  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑