【JAZZ】 2017.07.17 (Mon)

遅れて来たコルトレーン青の時代

J・コルトレーン『ブルー・トレイン』

今2017年7月17日は、ジャズ・サックス最大の巨人ジョン・コルトレーンの没後50年です。

膨大な録音、目まぐるしく進化していくスタイルの中でもやっぱり一番好きなのが、

初期の記念碑的傑作 『ブルー・トレイン』! (1957)

天才トランぺッターのリー・モーガンと、少年ジャンプみたいな華々しい超絶拳法を打ち合います。

(ぼくはむしろモーガンのほうがスゲーってなった。当時19歳(!)、モーガンにとっても生涯屈指の名演。)


のちに 「シーツ・オブ・サウンド」 と呼ばれた、とにかく音を 「敷きつめる」 演奏は、

30近くまで芽が出なかったコルトレーンのコンプレックスの裏返しとも言えるでしょう。

ぶきっちょだから美しい音が出ない。しゃべり続けないと間が持たない・・・。

体が小さいから音量より「間」で聴かせるしかなかったマイルスの真逆ってところがおもしろい。


このあとコルトレーンは深遠な精神哲学の海へと沈降していきますが、それは同い年(1926-)の

マイルス・デイヴィスも同様。 自分に満足できない人は変わり続けるしかなかった。


名門レーベル、ブルーノートでの録音は意外とこれ一作だけ。(だからタイトルが「ブルー」なの?)

同社のボス、アルフレッド・ライオンたっての招へいとあって、メンバー選びや内容など

自由にやらせてもらえたそうだ。

気の合う仲間と練りに練った自作披露の場を得て、本作はまだ 「出家前」 の明るいコルトレーン、

輝けるモダンジャズ黄金時代のキラキラした楽しさを聴くことができる。

コルトレーン31歳、遅かりし「青の時代」 と呼ぶにはぜいたくな逸品です。


 『Blue Train』
 ジョン・コルトレーン (tenor sax)
 カーティス・フラー (trombone)
 リー・モーガン (trumpet)
 ケニー・ドリュー (piano)
 ポール・チェンバース (bass)
 フィリー・リー・ジョーンズ (drums)

 1957年、ブルーノート



 ・・・モーガンだけじゃない、他のサイドメンたちも充実した熱演。
 この10年後、コルトレーンは40歳の若さでガンで亡くなるのだから、その衝撃と損失はどのくらいのものだっただろう。

 
23:58  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【全世界音楽】 2017.05.28 (Sun)

あの曲はこの曲だったのか③~日曜夜の憂うつ編


日曜洋画劇場ending イーストウッド


 『サザエさん』 のサントラ盤を買いました。『サザエさん音楽大全』。
 チェンバロやフルートで奏でられるあの曲このメロディ――そうそう、これこれ! タラちゃんの足音やタマの鳴き声が入っているのもうれしい。

 そしてもうひとつ知りたかった、次週予告用BGM。「さぁて、来週のサザエさんは?」 「フネです――」でかかるあの音楽!
 加藤みどりさんが歌う 『レッツ・ゴー・サザエさん』 という歌の、インスト・アレンジ・バージョンだそうです。(――というよりこっちがオリジナル? CDには両バージョン収録)

  【YouTube検索ページ】 レッツ・ゴー・サザエさん (人さまの著作物なので、こっそりリンクだけ。)

 ・・・あぁ、これで日曜日が終わる! 世のちびっ子たちを憂うつにさせた、たそがれの挽歌。

 作曲はごぞんじ筒美京平さん。ちなみに、これら主題歌群をのぞく劇伴BGMの作曲は越部信義さんという方。あの 『おもちゃのチャチャチャ』 も 『世界ふしぎ発見』 のテーマ(パラパパー♪)も越部さんです。


♪  ♪  ♪


 ・・・と、ここまで書いていると、ビッグニュースが耳に入ってきました。日曜夜の長寿番組 『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』 が、この春大きくリニューアルしたそうです。
 『ガキ使』 といえばこの曲!

  【YouTube検索ページ】 Coldcut 『Theme From Reportage』

 28年間おなじみだったこのテーマ曲も、もう聴けなくなったらしい・・・って28年もやってるのかよ! ずいぶんご無沙汰しています。『笑点』 目指してがんばってください。


♪  ♪  ♪


 しかし究極の 「日曜エンディング曲」 といえばそう、あの淀川長治さんの 『日曜洋画劇場』 のエンディング曲に尽きます。
 巨星コール・ポーター作曲による 『So In Love』 という曲。

  【YouTube検索ページ】 Cole Porter 『So In Love』

 この曲聞いたら日曜日はぜったい終わり。後戻りのできない最後通牒。ただでさえ重苦しいムードが、子供心に怖かった。

 今、この曲聴いて本気でブルーです。あぁ月曜やだやだー!

 
18:53  |  全世界音楽  |  コメント(2)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2017.04.27 (Thu)

ホロヴィッツ plays モーツァルト

ホロヴィッツ plays モーツァルト
モーツァルト 『ピアノ協奏曲第23番(K.488)』 CD盤


20世紀を代表する偉大なピアニスト、ウラジミール・ホロヴィッツ。

ロシア⇒アメリカ好みのきらびやかな超絶テクニックを持ち味とした彼が、珍しくモーツァルトを演奏。

ずいぶん昔、NHK-BSでこの 『ピアノ協奏曲第23番』 の録音ドキュメンタリー番組を観たのですが、

その時の雷に打たれたような感動は今でも忘れられません。


  ≪Amazon試聴ページ≫


指揮はカルロ・マリア・ジュリーニ、演奏はミラノ・スカラ座o。1987年。(亡くなる2年前の84歳!)

CDはよく見かけますが、ドキュメンタリー版はVHSだけでまだDVD化されていないらしい。

ぼくはNHKでの再放送時に満を持してビデオ録画したテープを今、たまたま掘り出して観ています。


まず目をひくのが、伸ばしたり折り曲げたりと、気持ち悪いくらいの指づかい!(ほめ言葉)

「悪魔的」と形容されるのも分かる。 真似したら指の腱ブチブチ切りそうです。


そして通常より速いテンポの、いま聴いたらずいぶん奇抜なモーツァルト像。

でもこの異形さというか、唯一無二の個性と世界にこそホロヴィッツたるゆえんがあります。

この不思議な求心力と説得力は、どう説明したらいいのだろう??

やっぱり映像で見ないと伝わらないので、ぜひDVDで復刻してほしい。


ちなみに録音現場にも同席しているワンダ夫人は、大指揮者トスカニーニの娘なのは有名。

そのせいかなんかすごい貫禄感じてしまいました。

 
18:54  |  クラシック音楽  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2016.10.07 (Fri)

≪クラシック音楽≫書庫もくじ

  ≪クラシック音楽≫書庫もくじ

  ホロヴィッツ plays モーツァルト
  ドボルザークあるある
  ベートーヴェンの 『悲愴ソナタ』 聴き比べ
  カラヤンの『ツァラトゥストラ』聴き比べ

  シャンパン・バッハ
  世界一ヘタクソな『ツァラトゥストラはかく語りき』
  プーランクのピアノ曲集
  立ち上がれ!ブラームス弦楽六重奏曲
  洋食喫茶?ラフマニノフ

  オペラ映画 『リゴレット』 (ヴェルディ生誕200年)
  グルベローヴァの『夜の女王』
  水曜日はワグナーを聴いて♪(生誕200年)
  無限『トリスタンとイゾルデ』
  フィッシャー・ディースカウとわたし

  マリア・カラスの 『夢遊病の女』
  クレンペラー×ベートーヴェン 『荘厳ミサ曲』
  ハチャトゥリアン 『フルート協奏曲』
  衝撃の歌姫 !? フローレンス・フォスター・ジェンキンス!
  わが心のドボルザーク交響曲第8番

  フォーレのピアノ曲全集
  フルトヴェングラーのワーグナー
  レナード・バーンスタイン記念
  『だったん人の踊り』改め・・・?
  チャイコフスキー『交響曲第4番』って何だ!?

  ショパン生誕200周年の『プレリュード』
  マーラーの交響曲≪巨人≫聴きくらべ
  驚異のシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ!
  イ・ムジチの『四季』50周年聴きくらべ
  トスカニーニのワーグナー

  プッチーニの『誰も寝てはならぬ』
  『展覧会の絵』めぐり
  カラヤンのモーツァルト『戴冠式ミサ』
  カラヤン愛憎
  ヴェルディ、怒りのレクイエム

  無伴奏チェロくらべ
  バッハとドラクエ
  バッハを兄弟に例えてみた。
  フルトヴェングラーの『第九』
  とすかにーにカンタービレ

  ブラームス交響曲第1番聴きくらべ
  アマデウス、走る
  さわやかな『皇帝』
  アラウのショパン『前奏曲』
  ショーシャンクのモーツァルト

 
20:01  |  クラシック音楽  |  EDIT  |  上へ↑

【クラシック音楽】 2016.10.06 (Thu)

ドボルザークあるある

ドヴォルザーク『交響曲集』クーベリック
『交響曲集』クーベリック&ベルリン・フィル盤

少し前ですが、TVでハカセ太郎さん解説のクラシック音楽バラエティをやっていました。

でもブラームスの『ハンガリー舞曲』やドヴォルザークの『新世界』とか、ミーハーすぎて物足りなかった。

でもビギナーの人には取っつきやすいだろうから、それ以上は文句は言いません。

でも前もおんなじ内容やってなかったっけ??


 
 「ドヴォルザークあるある」

 音楽の授業でみんな聴かされた大スペクタクルな 『第9番≪新世界より≫』 から入って、オトナの人気曲 『第8番』 へ。
 そして8番同様に東欧ボヘミアの薫りあふれる 『第7番』、さらには粗削りながら若々しく快活な 『第6番』 へ――

 ――ドボルザークの交響曲を聴きこむほど、番号の大きい作品を「ミーハー」とバカにしだす。
 (でもマイナーすぎる 『第1~5番』 が好きと言う上級者は鼻について嫌われる。)
 



 ぼくはいま 『第6番』 のところにいます。じゅうぶん鼻につくと思われます。


 
 初心者は 「ドボルザーク」 と呼ぶ。
 ちょっとクラシックをかじると 「ドヴォルザーク」 と呼ぶようになる。
 さらに 「ドヴォルジャーク」 と呼ぶ上級者は鼻について嫌われる。


 で、チェコ語の正しい発音では・・・とか言い出してキリがなくなっていく――。
 



 ――けっきょく最大のあるあるは、ぼくみたいな「通ぶってる奴が一番嫌われる」でした。オチ音
 
21:10  |  クラシック音楽  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【JAZZ】 2016.09.20 (Tue)

≪JAZZ≫書庫もくじ

  ≪JAZZ≫もくじ (※クリックすると新しいウィンドウで開きます。)

  遅れて来たコルトレーン青の時代
  アート・ファーマー “アート”の秋
  シェルブールの雨傘、ジャズ。

  JAZZスパルタカス/愛のテーマ
  真夏の夜にJAZZ <ウェザー・リポート>
  永遠の親指、ウェス・モンゴメリー
  サッチモでメリクリ
  ハービーの『ウォーターメロン・マン』

  『ムーン・リバー』をジャズ・メッセンジャーズで
  ミルト・ジャクソンの、ルパン三世ふうジャズ
  【追悼】 デイヴ・ブルーベック 『テイク・ファイブ』
  ジミー・スミスのジャズ煮込み
  ○○ & ジョン・コルトレーン

  電子マイルスの『On the Corner』!
  リアル・マッコイ・タイナー
  円熟の『ハウ・ハイ・ザ・ムーン』
  リー・モーガン『クリフォードの想い出』
  マイルスの『いつか王子様が』のコルトレーンが

  ディジー・ガレスピー The Real
  ジャズの風雲児F・ハバード、逝く
  バド・パウエル『クレオパトラの夢』
  マイルスの『枯葉』
  おやすみデビー

  ステファン・グラッペリ~なんにもない休日のジャズ
  ジャズ界のグランマELLA
  かもめのチック・コリア
  ミルト・ジャクソン~ルパン三世ふうジャズ
  フレディ・ハバードの?『処女航海』

 
00:12  |  JAZZ  |  EDIT  |  上へ↑

【JAZZ】 2016.09.19 (Mon)

アート・ファーマー “アート”の秋

アート・ファーマー『アート』


ジャズ・トランペッター、アート・ファーマー の代表作 『アート』。1960年。


見事にいぶし銀4人がそろったカルテット。

そしてこれまたシブい選曲と音色と。

手持ちのCDは最新のリマスター盤じゃないので、よけいにくすんだ枯れ味が際立ちます。

虚無僧姿で尺八やらせても似合いそう。


それでも、人柄が伝わってきそうな、奇をてらわない誠実な音づくり。

少しだけ体が温まる軽快さと ほっとさせられる歌ごころは、「オレ様」マイルスの真逆を行く味わい。

一番有名な代表作 『モダン・アート(1958)』 よりぼくはこっち派です。


夜の気取ったお酒の店でというより、閑静な、アンティークなカフェで聴きたいな。

秋の昼下がり、べつに天気が良くなくったっていい。

灰色の曇り空にだってしっくりくる音楽があるのです。


でも雨すぎて今日の散歩はおあずけ。 うちの椅子でも磨いとくか。



 アート・ファーマー 『アート』

 アート・ファーマー (tp)
 トミー・フラナガン (p)
 トミー・ウィリアムズ (b)
 アルバート・ヒース (ds)

 アマゾン試聴ページ
 (・・・名パートナーだった”J・Mの仲本工事”ベニー・ゴルソン(sax)は不参加。)


 
20:16  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑