【ナチュラル・ライフ】 2014.09.23 (Tue)

ヤギさん除草

ヤギ 除草 - Google 検索

 
 おもしろい話題を見つけました。
 空き地の雑草を、ヤギに食べさせて除草しようという事業。

 参考動画・・・YouTube「ヤギ 除草」検索

 牛・豚・ヒツジなど他の家畜とくらべて、好き嫌いが少ないことや適度な体の大きさ・タフネス度・身軽さなど、「除草」に使いやすいのだとか。
 そして何といっても環境にやさしく、動物とふれあう癒やし効果は抜群! 人間どうしのコミュニケーション、ひいては地域の活性化も期待できるというのです。

 ◇1週間で10m四方の範囲を食べる。
 ◇ざっと調べたところ、ヤギのレンタル料は1頭あたり1か月1万円の前後。もっと短期だと安いし、その料金で数か月飼えることも (集団型なので、複数頭レンタルするのが望ましい)。 総費用は人力と同等かそれ以下(30%オフ)。
 ◇屋根付きの小屋を用意 (雨を嫌うので、屋根さえあれば簡易なものでいい)。逃げないよう柵またはリード。
 

♪  ♪  ♪

 ≪メリット≫
 ◇好き嫌いが少ない。固いツルや笹、木の皮も食べる。
 ◇日本の地形に多い傾斜地が得意。他の家畜よりフットワークが軽い。
 ◇蚊やヘビなど害虫害獣が出るうっそうとした雑木林に、人間が入らなくてすむ。
 ◇おとなしく、人なつこい。動物とふれあうセラピー効果や集客効果が大。
 ◇食べた草はフンになって土に帰るので、刈り草を廃棄する労力・費用が省ける。
 ◇草食なので雑食動物より糞尿は臭わない。そもそも人間エリア外での活動が多いので、
   フン処理はおおらかでいられる。
 ◇草の種も噛み砕いたり消化するので、再び雑草が生えにくい。
 ◇根っこは残るが、そのぶん土砂の流出が少ない。芝生の庭など土地の再利用がしやすい。
 ◇機械や農薬に頼らないので環境にやさしい。

 ≪デメリット・課題≫
 ◆除草に時間はかかる。(1頭につき1週間で10m四方。)
 ◆生き物なので放置はできない。(業者と分担して、日々の新鮮な水と健康チェック、
   1週おきに足りない栄養を補給など。事故などで死んだら賠償することも。)
 ◆乾燥地帯原産なので、日本の雨・湿気に弱い。
 ◆鳴き声やニオイ。周辺住民の理解が必要。(集団型なので、少数で寂しいと鳴きやすい。)
 ◆乳や食肉加工など、「その後」の利用法が未開拓。



 ヤギの乳はタンパク質の形が小さく消化しやすいので、牛乳のようにお腹をこわすことは少ないのだそう。アトピーにも有効。日本でも戦後すぐまでは、人間の赤ちゃんへの母乳代わりにあちこちでヤギが飼われていたとか。ぼくはチーズなら食べたことがありますが、よく言われるクセや臭みはなく、カマンベールのようにやわらかい味わいだったと記憶しています。――ただし乳が出るのは出産する春だけなので、供給は限定される。

 大都会の忘れ去られていた片隅・・・、そのあちこちでこういうのんきな光景が広がっていたら、さぞ楽しいでしょうね。子供たちの歓声もかわいいし!

 
11:28  |  ナチュラル・ライフ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ナチュラル・ライフ】 2014.06.15 (Sun)

赤ちゃんのローズマリー

013(22).jpg

 
ローズマリーの挿し木をして1年、無事に根付いたようです。

もとの親株も、5年ほど前に知人から分けていただいたもの。ようやく「孫」ができるまでに伸びました。


子供の頃、こういう山の低木を挿し木にするのが楽しくて、庭じゅう挿し木だらけにしたこともあったっけ。


じつは1年前の本命の株は全部失敗。

捨てる部分、ほんとの枝くずを最後のダメもとで挿しておいたら、こうして芽が出てきた。

人生わからんもんだ。


生命力が強いローズマリー。東京や欧米の街角では、そこらの街路に自生しているのをよく見かけます。

この季節は枝打ちしたほうがより茂るので、ご近所さんに頼んだら何本か切らせてもらえるかも。

挿し木は超カンタンなので、遊び感覚で試してみてはいかがですか?


 ≪まとめ≫
 挿し木は春から初夏に。
 若く健康な枝先10数cmを切って、1時間ほど水に挿しておく。根張りに全精力を集中させるため、下のほうの葉っぱはごっそりむしる。
 乾燥した荒地を好むので、土はそこらの山土でもOK。水もごく少量。

 葉っぱはごぞんじ、トイレの芳香剤みたいな香りだが、火を通すと芳香剤っぽさはなくなった。肉魚のくさみ消し効果は大したもので、魚をさばいたあとの指先にも1枚。コネコネ

 その強い香りで、蚊などの虫除けにもなる・・・らしいけど、近所の植え込みには小さな羽虫がワンワンたかってた。 あと 「頭がよくなる」 というネット検索の見出しを見かけたが、こないだ九九の7の段を間違えましたじゃん。



赤ちゃんのローズマリー(30)
「のびろ~。ウケケケ」
『Rosemary's Baby』

09:46  |  ナチュラル・ライフ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ナチュラル・ライフ】 2012.06.01 (Fri)

豆苗は豆の苗

豆苗(15)

 
今年のプランター栽培・・・、

マメ類は根からチッ素を出して土壌を回復してくれるそうなので、これに決定。


植えるのは・・・スーパーで買った 「豆苗」 の根っこ部分!

なんたって 「豆の苗」 だからね、やがては花が咲いてマメが採れるはず。


ちなみに、水栽培でも2~3回は 「豆苗」 が採れるそうです。


あと、一緒に植えると相性のいい 「コンパニオン・プランツ」 として、

害虫よけのローズマリーの鉢を隣りに置きました。

(土の病原菌を撃退してくれるというネギ類も植えようかと思ったが、

豆類とは相性が悪いらしい。)


・・・かくして、適当に水をやること幾日夜。

無事に根づいたようで、切り口からワサワサと新しい芽が生えてきました。

もとの豆苗より柔らかくておいしそう。

間引きがてら、お味噌汁に入れて食べました。


でもこれって、まんま牧草じゃん。

食後ダラダラと放牧したので、いい霜降りになるとは思います。

 
23:03  |  ナチュラル・ライフ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ナチュラル・ライフ】 2012.05.08 (Tue)

プランターの土づくり

キャベツの花3


春--

人間は眠たいだけですが、草花にとっては芽生えの季節です。

ベランダのプランター、今年は何を作ろうかな?


まずは昨年ゴーヤを育てた土を、ベランダに広げて日光消毒。

そして冬限定で貯めておいた、「生ごみコンポスト」 の堆肥をまぜまぜ。

ついでにキノコ類の根っこの 「おがくず」 もまぜまぜ。(いい土壌改良になるらしい)

さらにお菓子の袋に入っている、乾燥剤の 「生石灰」 をまぜまぜ。(アルカリ化)


土に良い、と言われているものは全部まぜてみました。

お好み焼き屋さんが開けそうです。


今年は、連作を避けてゴーヤはお休み。(↑このくらいまぜまぜしたら、連作障害は出ないと思うが。)

豆、唐辛子、ハーブの挿し木・・・、簡単なやつをあれこれ混栽してみようかな。



キャベツの花 (4)
キャベツの芯をメダカ水槽につけておいたら、花が咲きました。

 
08:24  |  ナチュラル・ライフ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑