【エンタメ&テレビ】 2017.10.27 (Fri)

げぇっ!「横山三国志展」だと!?それは孔明の罠だ。


横山三国志展

 ある日、仕事という戦場で戦い終えて中野ブロードウェイ内を敗走していた時のこと・・・

  ジャーン ジャーン ジャーン!

 突然の銅鑼の音とともに、「甘寧、一番乗り!」 の顔ハメ看板が目に飛び込んできました。 (※ドラの音は脳内効果音。甘寧の顔ハメ看板はほんとにあった。)

 巨匠・横山光輝先生の大作マンガ 『三国志』。そして横山作品といえば定番の叫び声「げぇっ」 とうなり声「むむむ」 。そればっかりを集めた展覧会が開かれているというのです。
 好きだねえ。 鶏肋・・・いや、我が子房を得たり。


 「げぇっ」 は上のポスターにも使われた乱世の奸雄・曹操を筆頭に、有名無名のあの人この人が計20余回。『三国志』 最後最大の勝ち組・司馬懿も、かの「死せる孔明、生ける仲達を走らす」のエピソードで「げーっ、孔明!」 と叫んでいました。
 ついでに言うなら、同じ横山作の二枚目主人公バビル2世「げぇっ」 と叫んでた記憶があります。イメージとかお行儀とか言ってられないほど驚いたんだからしょうがないです。

 横山先生の擬音や感嘆詞は、こうして見ると笑っちゃうけどそれだけ庶民的で親しみやすいということ。手塚治虫の毒も含んだインテリジェンスや藤子不二雄の永遠の子供向けファンタジーとは違う、大衆娯楽作家の 「平均点の美学」 の一端と言えるでしょうか。
 それは原作の小説版 『三国志』 を執筆した吉川英治も同じ。『三国志』 はふたりの偉大な大衆作家にとって、出会うべくして出会った作品でした。


 中野ブロードウェイ内の 「墓場の画廊」 にて、'17年10月いっぱいまで開催。小規模だけど入場無料。名(珍)ゼリフ・場面をあしらったグッズも豊富でおもしろかった。

 会場ではほか、数少ない女性登場人物ももらさずピックアップ。ちなみにぼくの 「横山光輝あるある」 は 「横山先生は女性のおっぱいを描くのが苦手」 です。顔は美人なのになぜかおっぱいは 「 くく 」 ←こんな形。 「(魔法使い)サリーちゃん足」 と呼ばれたまっすぐずん胴の脚のように、わざと意識して女性の性的な要素を排除したのでしょうか? 夜遊びは好きで女性にもモテたという横山先生ですが、単に照れくさかったのかな?

 あと参考として、原寅彦・著 『待てあわてるなこれは孔明の罠だ/横山光輝三国志名言名場面200選』 も笑えた。ネタとして楽しむ 『横山三国志』 の格好の手引きとなるでしょう。

 
21:00  |  エンタメ&テレビ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【エンタメ&テレビ】 2017.10.18 (Wed)

≪エンタメ&テレビ≫書庫もくじ

  ≪エンタメ&テレビ≫書庫もくじ

  げぇっ!「横山三国志展」だと!?それは孔明の罠だ。
  秋のテレビにっき2017
  『ルパン三世』アニメ45周年だって
  宇宙一シブい宇宙刑事??
  年末年始のテレビにっき2016

  ドラクエ芸人だよアメトーーク!
  京都へ。『ぶらぶら美術・博物館(BS日テレ)』
  NHKドキュ『生理用ナプキン製造機を作った男』
  お正月のテレビにっき2014
  TBS時代劇『江戸を斬る』

  春のテレビにっき2013
  太陽にほえろ!第65話 『マカロニを殺したやつ』
  ウルトラセブン第37話 『盗まれたウルトラ・アイ』~市川森一トリビュート
  太陽にほえろ!第20話 『そして愛は終った』~市川森一トリビュート
  峰不二子ちゃ~ん

  『ルパン三世』で学ぶ(使えない)英会話
  『モヤさま』であそぼう
  『美の壺』と谷啓さん
  復活!細かすぎるモノマネ
  徹子plays徹子

  四畳半の『銀河鉄道999』
  歴女・杏さんの「伊達政宗」
  三谷幸喜『王様のレストラン』
  「鉄ちゃん」ではないけれど
  NHKスペシャル『ONの時代』

  アメトーク!俺達のプロレスオールスター戦!
  『鉄腕DASH!』 今度は海岸!
  『家政婦は見た!』第1作を見た!
  勝手に選ぶ、歴代『空耳アワード』
  『ザ・シンプソンズMOVIE』声優変更問題

  細かすぎるモノマネ&昭和プロレス芸人
  星飛雄馬が愛したヒト
  『あしたのジョー』のあした
  侍・越中詩郎へのラヴ・レター
  ウルトラマンと実相寺昭雄監督

 
21:54  |  エンタメ&テレビ  |  EDIT  |  上へ↑

【エンタメ&テレビ】 2017.10.17 (Tue)

秋のテレビにっき2017


テレビジョン(10)


 ≪伝説の番組がぞくぞく再放送!≫
 BSフジでは 『ドリフ大爆笑』、しかも記念すべき第1回から! テーマ曲が 「ド、ド、ドリフの大爆笑♪」 じゃないやつ、初めて見ました。
 初期のいかりや長介さん中心のコントは、申し訳ないけど面白くなかった。一方、前'76年の『東村山音頭』で大ブレイクを果たしたものの、まだ5人の中のひとりでしかなかった志村けんさんだが、やっぱり光っていた。このあと 「いかりやから志村」 時代へ、ご当人たちの相克・摩擦はかなりのものだったと聞いているが、その変わりゆく歴史は必然だったのかな、とまじめに考えました。


 関東ローカルのtvk(テレビ神奈川)には、舘ひろし柴田恭兵の名コンビ 『あぶない刑事』 が登場! 撃ちまくり殴りまくりでほんとにあぶなかった。バブル真っ盛りのこっ恥ずかしいキザもあるけど、今でもなかなかおもしろくて続けて観ています。
 ガンコ課長役の中条静夫さんが今も昔もシブい。あと、毎回無理やり浅野温子さんでオチをつけるラストがなんか頑張ってて笑える。


 同じく関東ローカルの東京MX2では、ウルトラシリーズ第7作 『ウルトラマンレオ』 の第1話をたまたま見つけました。
 スポ根しごき、オカルト、容赦なく人が死ぬ展開など、子供向けを無視したハード路線ははっきりいって大嫌いです。そのくせ特撮はチャチいままだし。本作で昭和ウルトラシリーズがいったん打ち切られたのも当然。ボロクソな言いようですが、ほんとに嫌いなんです。(次回は見ないでしょう。)
 子役時代の杉田かおるさんはかわいかった。



 ≪NHK≫
 NHKの、国内外のドキュメンタリー、カルチャーものは玉石混淆がより顕著に。(この夏の戦争関連作品は素晴らしい、力作ぞろいだった。)

 先日たまたま録画しておいた 『ハイビジョン特集/すべては自然の贈りもの~西会津のお天気母さん』 というBSの再放送に思わず引き込まれた。
 西会津ののどかな田舎の風景と、農業を営むお母さんの素朴な人柄がベースにありながら、その気候分析と判断力は驚くほど冷静で科学的。スーパーコンピューターで見せる最新科学番組とはひと味違う、地域に根差した地球への鋭いまなざしにとても感銘を受けました。



 ≪バラエティ番組≫
 最後に、民放ゴールデンの人気バラエティはまぁ、面白いのもあればそうでないのもあった、ということで。
 (追記)インターネット放送AbemaTVの 『日村がゆく』 は、バナナマン日村さんが体を張った王道バラエティに挑戦していて笑えます。ネットTVとあってかなり粗く、攻めたゲスっぷり。リアルにお口あんぐりさせられます。無料・登録不要なので、お好きな人はネットで探してみてね。

 ところで、広島カープのクライマックスシリーズはどこも中継してくれないのね・・・。

 
00:11  |  エンタメ&テレビ  |  コメント(3)  |  EDIT  |  上へ↑

【エンタメ&テレビ】 2016.11.01 (Tue)

『ルパン三世』アニメ45周年だって

 
ルパン三世ed(40JPEG) .


 このところテレビで 『ルパン三世』 が目白押しです。 聞けばアニメ化45周年らしい。

 関東ローカルのチバテレビでは第1作(緑ジャケ版、'71~72)が、東京MXでは第2作(赤ジャケ、'77~80)の再放送がぞくぞくスタート。
 録画して永久保存版にするつもりだけど、第2作まる3年ぶん気力が持つかな・・・。


 日テレでは劇場版の2と1、 『カリオストロの城』『ルパンVS複製人間』 をやってましたね。
 実を言うと 『VS複製人間<クローン>』 (1978)は初めて観た。

 尖がった線の不二子ちゃんにはちょっと違和感があったけど(作画監督・椛島義夫)、お色気シーンもたっぷりで、 『カリオストロ』 のロリコンな甘ったるさがないぶん良かったです。
 でも、アクションの躍動感は『カリオストロ』にはかなわないので、どうしても比較してしまうかな。(時々『ドラえもん』で有名な芝山努さんな絵も混ざっていたのはご愛嬌でしょうか?・・・あとこの世代の漫画家・アニメーターってナチス好きだね。)


 キャラデザインは、コケティッシュで小悪魔的なタッチがたまらない御大・大塚康生(第1作)
 全体的なアニメ演出は、夢のような躍動感の宮崎駿 (ただし女性描写にはノータッチであること。)
 監督は、ニヒルで退廃的な世界観を決定づけた大隅正秋(第1作前期)

 ・・・に、第2作の長寿番組の安定感とワールドワイドな広がり、そしてあの音楽(大野雄二)がそろえば、最強ルパンの完成だ!



 ぼく自身 『PARTⅢ』 以降は観ることなくなったルパンですが、宝石やナマの札束への憧れ・ありがたみが薄れ、実体のないカネの流れが世界を支配する現代社会・・・、
 今も作り続けられているという 『ルパン三世』 は、いったい何を盗んでいるんでしょう?
 そして銭形のとっつぁんは何を原動力に、飽きもせずルパンを追っかけてるんでしょうか??

 よく知らないけどえらいと思います、今の作り手のみなさんたち。
 
22:02  |  エンタメ&テレビ  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【エンタメ&テレビ】 2016.09.03 (Sat)

宇宙一シブい宇宙刑事??

 
 この夏休み、日本のテレビではウルトラマンや仮面ライダーなど、なつかし特撮ヒーローの特集をよく目にしました。
 その延長でふと思いついた大発見――

  『宇宙刑事ギャバン』 は ジャン・ギャバン
  『宇宙刑事シャイダー』 は ロイ・シャイダー
  『時空戦士スピルバン』 は スティーヴン・スピルバーグ



 ――が名前の由来だ! 今ごろ気づいた!

 フランス映画の名優ギャバンはともかく、アメリカのいぶし銀ロイ・シャイダー(『ジョーズ』『フレンチ・コネクション』で有名)までは気づかなかったなあ。メタルヒーロー~宇宙刑事シリーズをあまり熱心に観ていないせいもあったのですが。
 じゃあシリーズ第2作 『シャリバン』 の由来は誰だろう? (フランス俳優つながりでモーリス・シュバリエ?・・・いや違う。)

☆ ★

 このたび調べたところによると、シリーズ中のある作品には 『宇宙刑事デニーロ』 なんて案も実際に出たらしい。
 そこで、名前の響きがかっこよくて、刑事役もやってるシブい役者さん(&監督)から、あたらしい宇宙刑事の候補になりそうな人を思いつくまま選んでみました。

 『宇宙刑事キャグニー』  (ジェームズ~。刑事というより名ギャング役)
 『宇宙刑事スタイガー』  (ロッド~。『夜の大捜査線』でオスカー受賞)
 『宇宙刑事ヴァンチュラ』  (リノ~。仏映画のダンディ名脇役。『死刑台のエレベーター』『シシリアン』)
 『宇宙刑事ボーグナイン』  (アーネスト~。泥くさい頑固おやじデカ。『ポセイドン・アドベンチャー』)
 『宇宙刑事スタージェス』  (ジョン~。『荒野の七人』『大脱走』の監督)
 『宇宙刑事ブリンナー』  (ユル~。スキンヘッドの『荒野の七人』)
 『宇宙刑事ブロンソン』  (チャールズ~。ワイルド&タフガイの代名詞。一番ありそう)
 『宇宙刑事コバーン』  (ジェームズ~。『GO!GO!フリント』、タバコのCM「スピーク LARK」)
 『宇宙刑事カサヴェテス』  (ジョン~。インディー系、B級アクションの雄。)
 『宇宙刑事サバラス』  (テリー~。TV『刑事コジャック』で有名。彼もありそう。)
 『宇宙刑事バディム』  (ロジェ~。名前はかっこいいけどナンパすぎる仏監督)
 『宇宙刑事ニコラスケイジ』  (ただケイジつながり)
 ・・・


☆ ★

 でも永遠のベテラン刑事役といったらやっぱりこの人、高品格主演の 『宇宙刑事カクー』!!
 変身のかけ声はズバリ 「天和<テンホー>」! (わずか0.05秒でアガることができるのだッ!)
 『ロボット刑事』や『麻雀放浪記』 は宇宙刑事シリーズと同じ東映製作なので、意外と実現したりして。 21世紀に甦らないかなぁ、高品さん・・・。


宇宙刑事ギャバン×高品格(平面加工・天和)50
(高品格さん 遊んでごめんなさい)


 ・・・てな具合に、どうでもいいことをいろいろ想像して楽しかったです。
 
21:04  |  エンタメ&テレビ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【エンタメ&テレビ】 2016.01.06 (Wed)

年末年始のテレビにっき2016


テレビジョン(10)

 2015-16の年末年始に観たテレビ番組について書こうかと思いましたが、印象に残るようなものが少なかった。ブルーレイ化はゼロ。ほんとに雑多なただの感想文になりました。
 ちなみにぼくはぜんぶ録画して、ズバズバ飛ばしながら観る派です。



 ≪バラエティ特番≫
 ◆テレ東の 『大食い』 が意外と面白かった。
 制作側の人選がずいぶん偏っているらしく、強さでは歴代選手にはっきり劣るけど、いろんな個性や企画で楽しませるアイドル化・バラエティ化のほうが個人的に好き。「きつい・きたない」バトル路線は好きじゃないので、世界大会編は見なかった。

 ◆『Qさま』 と 『くりぃむ&林先生』 のクイズ特番2つ。
 テレ朝のお勉強系クイズは欠かさず観ているけど、「詰めこみ教育、マークシート受験、ウィキペディア丸写し」のような薄っぺらさでいつも歯がゆい。クイズ勝負のアヤやうんちくの補足など、もっと出演者どうしで話題や知識をふくらませてほしい。――往年の大橋巨泉さんや山城新伍さんがぼくの理想。今の人なら有吉くん。(お願いだから『ミラクル9』に帰って来て!)――
 昨日今日人気のグルメ問題や、出どころも分からない難読漢字なんかは丸飛ばし。

 ◆フジ 『VS嵐』 の 「ババ抜き最弱王」 を初めてちゃんと観た。
 ポーカーと違って誰にでも分かりやすい「ババ抜き」。レギュラー放送の人気コーナーだそうで、「最強」じゃなく「最弱」ってのがいい。ジャニーズの面々のドジっ子ぶりのほか、人気子役の坊やが無邪気に引っかき回してくれておかしかった。

 ◆『ダウンタウンの笑ってはいけない』は冒頭、SMAP中居くんがゲスト参加してたのに驚いた。その部分だけ見て、もう録画はしなかった。いっそ、彼ら若くてフレッシュなメンバーに総入れ替えしたらどうだろう?
 ◆『アメトーーク』もマンネリの極み。これも今年は見ていない。


 ≪「NHK教育」もの≫
 わが家は『紅白』にまるっきり興味ない一族です――。
 ◆大みそか、チャンネルを変えたら『N響の第九』のちょうどラストをやっていた。終曲と同時に狂ったような「ブラボー!」の嵐。狂信的な宗教みたいでほんと気持ち悪かった。これらの手合いがぶち壊すから、日本のクラシック・コンサートには行きたくない。

 ◆歌舞伎の初芝居中継は、「忠義」だの「耐える妻」だの、お話じたいがもう古くさくて。次に劇場に見に行くとしたら現代的な新作ものかな。

 ◆『ピタゴラスイッチ』 の総集編に感心しきり。単なるドミノ倒しとか玉転がしだけじゃなくて、あんな動きこんな動きの発想に思わず「スゲー!」。しくみの科学的な解説もおもしろかった。この年末年始いちばん感動した番組だったかも。


 ≪見逃した!≫
 ◆BSフジで三谷幸喜脚本 『王様のレストラン(再)』 が始まったのを忘れてた! 第1話、録りそこねた! ブルーレイに永久保存しようと思ってたのに!
 (フジは不振が叫ばれているけど、テレビ欄を真ん中に戻すか、色付けして目立たせたらあっという間に復調するだろうに。)


 ・・・恋人よこれが私の一週間の仕事です。
 テュリャテュリャテュリャ、テュリャーリャー!!!


 
22:15  |  エンタメ&テレビ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【エンタメ&テレビ】 2014.12.05 (Fri)

ドラクエ芸人だよアメトーーク!

スライム(20)

『アメトーーク!』 で 『ドラゴンクエスト芸人』 をやっていました。

楽しみにしていたので、録画して永久保存するつもりです。

★  ☆  ★

ケンコバ(Ⅷヤンガス)やしょこたん(Ⅳアリーナ)たちはみんなコスプレして登場したけど、

ぼくなら誰にするかな。

「初ドラクエ」で思い入れのある Ⅱの主人公ローレシア王子もいいけど、やっぱり一番好きなのは

Ⅶのホンダラおじさんだ。


いや、いっそシリーズ1の嫌われ者、Ⅶの裏切り王子キーファにしよう!

「オレたちは友だちだよな!」 ってなれなれしくしといて、面倒になったら投げだす迷惑キャラとして。

しょこたんに 「オレ じつはああいう人 好みなんだよ」 なんてちょっかい出したり・・・。

★  ☆  ★

肝心の番組内容は、面白いのかどうかよく分からなかった。「そうそう、あるある!」がなかった。

たとえば『Ⅴ』のプロポーズの話をするなら、ルドマンさんの「なんと、この私が好きと申すか !?」 まで

ツッコんでほしかった。 究極の選択に迷うプレイヤーが、一度はやった「あるある」。


ほか、提供クレジットには入力BGM(『Love Song 探して』)とか、最後のスタッフロールも似せたりとか。

音楽のすぎやまこういちさんの紹介も、「♪ハウスバーモントカレーだよ~」 の人、といえば

「エェー!」ってなっただろうに。


作品があまりにメジャーすぎるので、この番組には向かなかったのかもね。

でも取り上げてくれてうれしかったです。

 
19:04  |  エンタメ&テレビ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑