【めざせ東大 !?】 2018.02.19 (Mon)

誰がペニシリンをつくったか

H・フローリー豪50ドル札(部分)
ハワード・フローリー/旧・豪50ドル札(部分)

 20世紀最大の発明のひとつとされる、世界初の抗生物質ペニシリン。
 けがや病気の恐ろしさはそれ自体の症状だけではなく、患部からばい菌に冒される 「感染症」もまた大きな脅威だった。抗生物質はこのばい菌を退治することで感染症を劇的に減らし、世界の医療衛生を飛躍的に向上させる。
 その一般的な伝記は――

 1928年、イギリスの医学者アレクサンダー・フレミングは、偶然シャーレについた青カビの周りだけは培養中の細菌が死んでいることを発見。「ペニシリン」と名付けられたこの青カビ由来の抗菌薬は「奇跡の特効薬」と呼ばれて多くの人命を救い、1945年にノーベル医学生理学賞が贈られた。


 ――しかし実際には、彼の 「発見」 に続いた多くの研究者によってはじめて薬として 「発明」 され、世界中に広まったことは知られていない。


 実は、フレミングは青カビのいきさつこそ論文で発表しておいたが、有効成分を安定して取り出す作業は非常にむずかしく、なんとそのまま10年以上も研究を放置してしまったのだ。医療薬になると考えていたかすら怪しいとする指摘もある。(彼が近しい人の治療にはじめてペニシリンを使ったのは、研究が広く注目されはじめた後。それまで近しい人を救えると考えなかったのか。身近な数人くらいの用量ならたとえ不完全でも作れただろうに、と。)

 名前だけつけられたペニシリンがようやく日の目を見るのは、それから12年もあと。1940年、ハワード・フローリー(豪)とエルンスト・ボリス・チェーン(亡命独ユダヤ系)率いるオックスフォード大学のチームが、埋もれていたフレミングの論文を発掘してから。
 新しい抗菌薬を探していたフローリーとチェーンは、フレミングの論文をもとに青カビから「ペニシリン」を取り出すことに成功。この時ようやく薬としての実用化、その第一歩がはじまる。ちなみにチェーンはフレミングから連絡を受けた時、古い論文の主がまだ生きていると知って驚いたそうだ。それくらい埋もれた研究だったのだ。
 (※長くなったので↓【続き…】にもっと詳しく)

 フローリーの故郷オーストラリアでは、日本でいう野口英世くらいの国民的偉人として広く尊敬されている。今2018年2月21日は没後50年。再び脚光を浴びていることだろう。
 
21:45  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【めざせ東大 !?】 2018.01.13 (Sat)

≪めざせ東大!?≫書庫もくじ

  ≪めざせ東大!?≫もくじ

  【理系】
  誰がペニシリンをつくったか
  宇宙の膨張は光速を超えるのか?
  天才ガウスの爪の垢
  多摩川はよみがえったか?
  おどろきの微生物ドキュメンタリー 『LIFE ON US』

  超えろLED! わが家は「電球型蛍光灯」
  明けまして「夜の地球(NASA)」
  美しきフィボナッチ数列
  【太陽系】 一度は住みたいあの街この街
  悪魔の数学 「リーマン予想」

  超光速!?ニュートリノ
  「ラップ治療法」で傷を治す
  ボイジャー1号・・・あの人は今
  重曹洗顔のモルモット
  納豆で水を浄化!?

  ためしてみてガッテン
  クマムシのように
  地球のつくりかたレシピ
  泣くな冥王星
  トンネルを考える

  【文系】
  タカラヅカと阪急モダニズム伝説
  サマータイム、and the livin' is easy?
  ハプスブルク家の下唇
  學問の秋
   「僕」の語源は?
  もやしロマン
  節分のなぞ

  【実録!ことわざ辞典】
  良薬は口に苦し【りょうやくはくちににがし】
  石に漱ぎ、流れに枕す 【いしにくちすすぎ ながれにまくらす】
  画竜点睛を欠く 【がりょうてんせいをかく】
  李下に冠を正さず 【りかにかんむりをたださず】
  朝三暮四 【ちょうさんぼし】
  情けは人のためならず 【なさけはひとのためならず】

 
23:20  |  めざせ東大 !?  |  EDIT  |  上へ↑

【めざせ東大 !?】 2018.01.12 (Fri)

タカラヅカと阪急モダニズム伝説

小林一三『逸翁自叙伝』


 阪急電鉄や宝塚歌劇を創業した小林一三の伝記を読みました。(小林一三『逸翁自叙伝』、伊井春樹『小林一三は宝塚少女歌劇にどのような夢を託したのか』など)
 当時田んぼしかなかった大阪郊外に鉄道を敷いて、モダンな住宅街や娯楽・文化施設をプロデュース。日本初の「田園都市文化」をつくりあげた大実業家。
 開発の過程で次々と持ちあがる問題の数々。それを逆手に取って飛躍のバネとした「逆転の発想」伝説にワクワクさせられました。

■ ■ ■

 ――20世紀初め、日露戦争後に進んだ工業化・都市化の時代。「煤煙と俗塵」の都市部を離れて、大阪郊外に鉄道を敷こうという事業計画に小林は参加する。1910年、阪急電鉄の前身 「箕面有馬電気軌道」 社。
 はじめはその名のとおり、箕面(みのお)と有馬温泉という2大観光地への開通が目的だった。ところが六甲山系の工事難航や日帰り客の増加を恐れた有馬の宿々の反対などで、計画は途中の宝塚までで止まってしまう。

 当時の宝塚は地域の温泉街として賑わってはいたものの、鉄道の終着駅を背負って立つには頼りない規模だった。そこで小林は、今でいうアミューズメント・テーマパークをプロデュースして新たな客層の開拓をもくろむ。目玉がなければつくればいい。のちの「宝塚ファミリーランド」として長く親しまれた新時代の温泉施設には、遊園地や動植物園、劇場、室内プールなどが設けられ、一躍人気の観光スポットになる。

■ ■ ■

 もちろん、田んぼだらけと笑われていた沿線一帯も放ってはおかない。町がないならつくればいい。安い田んぼを買い占め、住宅地に造成して分譲。若い勤め人でも買えるよう、一般向けの「住宅ローン」を導入したのもこの時が日本初だった。
 モダンな文化と静かな自然が同居する街並は、新しもの好きな若い中産階級の心を見事にとらえる。かの手塚治虫の父祖もそう。手塚作品の自由でハイカラな世界観は、まぎれもなく進取の気風に富んだ両親と阪急沿線の街並がはぐくんだものであった。(ぼくが阪急文化に興味を持ったのも、手塚の人間形成史が入口でした。)

■ ■ ■


 そして、鉄道開通の翌1911年にオープンしたアミューズメントパーク 「宝塚新温泉」。
 しかし日本初の(に近い)室内プールは、地下水をくみ上げただけだったので水が冷たくて不評(温泉が出なかった?)。そこで水を抜いた水槽を客席に、プールサイドを舞台にしつらえ、募集した少女たちに歌舞を演じさせることにする。失敗をも取りこむ逆転の一手が、「タカラヅカ」誕生の瞬間だったというわけだ。1914年初公演。
 (急きょプールを劇場につくりかえた、というのは有名な「発想の転換」伝説だが、実際はシーズンオフには劇場にするつもりで初めから設計していたのではないか。そうでないと「水が冷たい」のも分からないなんてお粗末な話だから。
 実際、少女たちは早い段階から集められ、訓練されていたそうだ。少女劇団は大好評で、プールはそのまま廃止になったことは事実。)


 少女たちの指導には著名な音楽・演劇人が招かれ、ゆくゆくは男子生徒も加えて日本初の本格オペラ歌劇場をつくる構想もあったそうだ。ただし阪急・小林にとってはあくまで集客のための娯楽事業であったため、さすがにこれは叶わなかった。その代わり、世界でも類を見ない女性だけによる歌劇団が生まれ、この一地方都市に人々を引きつけるキラーコンテンツとなっているのはご存知のとおり。

■ ■ ■

 かくして、郊外に新しい住宅地と文化を形成する「田園都市」文化はその後、東京の田園調布など日本各地に広がっていく。

 あともうひとつ付け加えるなら、阪急宝塚線もう一方の起点である大阪・梅田駅には「阪急百貨店」が開業。黙っていても人が集まるターミナル駅に大型商業施設を置くという発想も、当時としては画期的なものだった。
 阪急宝塚線はそのふたつの起点で、そして途中の駅々で、それぞれ日本の新しい文化を切り拓いたのである。

■ ■ ■

 ――以上が(阪急社員でもないのに)かいつまんでまとめた阪急創業史です。元からあるカネのなる木にただ乗っかるだけならつまらない。客がいなければつくればいい、文化がなければつくればいいという大胆な発想にこそ感心しきりでした。
 これがどこまで小林一三ひとりのアイディアによるのかは分かりません。個人をヒーロー視するのは簡単ですが、実際は多くの頭脳から絞り出されたビジョンの集約であっただろうし、それが近代ビジネスというもの。だとしても、「阪急モダニズム」という響きとそこから生み出された文化遺産は、今も大きな憧れをもって人々をひきつけているのは疑いないでしょう。

 
20:02  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【めざせ東大 !?】 2017.08.21 (Mon)

宇宙の膨張は光速を超えるのか?


ハッブルの法則(PNG)
膨張する宇宙のイメージ (『ハッブルの法則』)


 夏休みも終盤。ちびっこの皆さん、いかがお過ごしでしょうか。宿題は終わりましたか?
 まだの人、みんな大好き 「うちゅう」 について考えたので、「なつやすみの自由研究なう。」 に使っていいよ――。


 ――この宇宙空間は、今も絶え間なく膨張しつづけています。
 その広がっていくスピードは観測地点(地球)から遠ければ遠くなるほど速くなり、宇宙の果て(とその先*)になると、光速をも超えるスピードで広がっているのだそうです。(天文学者ハッブルが、銀河が遠ざかっていく様を実際に観測したので、これを 『ハッブルの法則』 といいます。)

 でもでも、「光の速さを超える」 なんてできるの!? アインシュタインの 『相対性理論』 と矛盾するんじゃないの!? ・・・それが疑問のはじまりでした。


 しらべてみると、宇宙空間にある“物質”は光速まで加速することはないけど、宇宙“空間”そのものは光速を超えてもいいんだそうです。それが 『相対性理論』 なんだそうです。

 地面が動いているだけで、上に立つ人間は超光速じゃないってことなのか?
 でも、「宇宙の果て」が超光速で遠ざかっているという事は、「宇宙の果て」の側から見れば、地球も超光速で動いているということじゃないのか?


 疑問が疑問を呼んでいまいち納得いかないけど、それ以上はぼくのアタマと夏休みでは理解しきれません。
 頭のやわらかいちびっ子たち、だれか噛みくだいて説明してください!


 ≪とにかくこれだけは理解した≫
◆「*宇宙の果てとその先」・・・光速を超えて広がっていくということは、その光が地球に届けられるスピード以上に遠ざかっていくということ (エスカレーターを逆に歩いても進まないのと同じ理屈)。「光が届かない」イコール「見えない」ことなので、そこが地球から見た「宇宙の果て」になる 。ただし決して見えないだけであって、「その先」 も存在する。(宇宙で一番速い“光”すらやって来ないので、電波だなんだで観測もできない。)

◆今も銀河が四方八方に遠ざかっているのを観測できたという事は、大昔は銀河どうしが近く、宇宙は狭かったということ。さかのぼって突きつめていけば、宇宙はある一点から始まったことになる。有名な 『ビッグバン理論』 は、この 『ハッブルの法則』 をもとにつくられた。

◆なお、我々がいる天の川銀河とお隣りアンドロメダ銀河など、 銀河どうしが近すぎると、お互いの重力で引き寄せあう。『ハッブルの法則』 とはそんな太陽系とか銀河系レベルじゃない、もろもろひっくるめた全宇宙スケールの話。


 
22:00  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【めざせ東大 !?】 2017.02.21 (Tue)

天才ガウスの爪の垢

ガウス肖像
Carl Friedrich Gauss(1777-1855)


 問題 「1から100までの整数をすべて足すといくつか?」


 単純な足し算なので、地道に計算していけば答えは出ます。でも――

ガウス「101×50=5050」

 図のように、端っこどうしの数字をペアにして足していけばすべて「101」。それが50続くのだから、101×50で答えは「5050」。

 ――と、暗算でもできる!

 このからくり、19世紀ドイツの大数学者フリードリヒ・ガウスは、10歳の時にもう気づいていたそうです。
 しかも「1から100まで」というのは後の伝記作家が分かりやすくアレンジしたのであって、実際はもっとむずかしい、端数から始まる計算だったとか。

 ガウスといえば、磁石の強さをあらわす単位「ガウス」になったことで有名。(ピップ・エレキバンで有名。)
 その業績は数学に物理にと多岐にわたるそうですが、何やったのかいまいち理解できないのが凡人の哀しさよ。


 ・・・その凡人、ツーンと身もだえる辛~い大根おろしを食べながら、じゃあ大根の先っちょの辛いのと、青首の甘い部分を混ぜたらちょうどいいんじゃないか――
 そんなダチョウ上島さんみたいなどうでもいい理屈に身もだえながら、人類史上に冠たる天才数学者に思いを馳せた次第です。

 
08:39  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【めざせ東大 !?】 2016.11.07 (Mon)

多摩川はよみがえったか?

『ナショナル・ジオグラフィック』
(勝手に画像借りました。ごめんなさい)

 仕事の出先に、科学・文化の雑誌 『ナショナル・ジオグラフィック』 が置いてありました。なんとなく手に取ったら、これが面白くて夢中になってしまいました。


 一番食いついたのが東京・多摩川の特集(2016年10月号)。
 多摩川といえば、かつての汚染された「死の川」からアユが戻るまでに蘇りつつあることで話題ですが、いま 「その水量の半分は下水処理で出た水」という事にびっくり!(中・下流)

 意外と 「大河の一滴」 なんてロマンはなかったのね。
 そのうえ上流の水も、埼玉県境に近い「羽村取水堰」(米軍横田基地の西)で8割がた汲み取られていて、「最初の一滴」が海に届くのは幻想かもしれないだなんて・・・。

 でもそれだけ、下水処理の技術や導入が進んで、アユが泳ぎ人間も口にできるキレイな水が戻りつつあるのは素晴らしいことです。
 (ここではくわしい下水処理技術には触れていなかったけど、微生物の不思議だったり、汚泥の中にも「宝の山」があったりして、これがけっこうおもしろい。)


 一方で、現代ならではの新しい問題も。
 どの家庭もふんだんにお湯を使うようになったので、「20年間で3℃水温が上がった」という。ある意味、水の温暖化。下水処理の過程では水温が下がることはなく、環境への悪影響はなまじ目に見えないだけに深刻なのだとか。
 また、カミツキガメやブラックバスなど外来生物の繁殖は、目に見える悪影響の代表例でしょう。

 そもそもの下水処理技術にだって終わりはありません。まだまだ除去すべき不純物は一部含まれたままだし、かといって完璧を求めてどこまでお金をかけられるか。


 そしてわれわれ一般家庭、かつて多摩川を殺した主犯たちも罪滅ぼしをしなければならないのは言うまでもありません。
 わが家も、住まいの関係でやめていた「台所排水を捨てる専用の植木鉢」、復活させたいな。多少の汚れの排水は、でっかい鉢にそこらの土を入れておいて、そこに捨てる。水より土のほうが浄化能力があるそうだから。不潔にならない程度の、できる範囲でやっていました。
 
21:57  |  めざせ東大 !?  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【めざせ東大 !?】 2015.12.13 (Sun)

おどろきの微生物 『LIFE ON US』

『LIFE ON US~あなたの中のミクロの世界』

 オーストラリアの科学ドキュメンタリー 『LIFE ON US』 を観ました。(邦題 『あなたの中のミクロの世界』)
 人間の体を取り巻く 「微生物」 の世界。
 グロテスクな顕微鏡写真は悲鳴モノでしたが、ふだん「ばい菌」扱いされている彼らが、われわれの健康はもちろん存在そのものまで支えているという。
 まだ研究途上で 「本当かなあ?」 な話題もあるけど、実際に応用が始まっているのもいくつか――。


 ――中でも驚きは、腸の病気の患者に健康な人のウンチ(!)を注入する 「便微生物移植」 という治療法。
 健康な人の便は、汚いようでいて乳酸菌・ビフィズス菌など善玉菌の宝庫。
 従来は抗生物質でとことん殺菌するのが主流でしたが、それだと善玉菌も洗いざらい殺してしまう。それより善玉菌だけが好む環境をつくって、悪玉菌だけ追い出そうという考え。
 ちなみに、移植に使われる便は身近な家族のもので、ちゃんと余計なカスを取り除いた有効成分だけをお尻から注入するのだそうです。そりゃそうだわな。
 今年一番びっくりの科学の話題でした。


ほかにも、胃がんの原因として悪名高い 「ピロリ菌」 は、一方でアレルギーを防ぐ役割がある。
感染することで性格が怖いもの知らずになるという 「トキソプラズマ」 。小動物がより大きな宿主に食べられやすくするためで、人間の場合、交通事故率が2倍以上になるとか。
また、ガンやうつ病まで防ぐと期待されている 「エムバッキー」 という新ワクチン。途上国の人々にはふつうに存在する細菌が由来だが、先進国ではこういうのも 「除菌・殺菌」 して減らしている。

 ・・・などなど、最新研究が盛りだくさん。日本でもNHKで放送されたそうなので、また再放送してくれないかな?
 でもキレイすぎるのもなんだけど、やっぱりキタナイままなのは真似できないよね・・・。

 
17:02  |  めざせ東大 !?  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑