FC2ブログ

【アメリカ映画】 2018.11.18 (Sun)

ハルストレムの佳品 『ギルバート・グレイプ('93米)』

『ギルバート・グレイプ』


 ラッセ・ハルストレム監督 『ギルバート・グレイプ』。1993年アメリカ映画。

 アメリカの小さな田舎町に暮らす青年ギルバート・グレイプ。
 過食症で動けないほど太った母、家を飛び出して音信不通の兄、知的障がいの弟アニー・・・。若いギルバートは残された一家の柱として働き、皆に気を配り、家族に社会に尽くして生きている。

 しかし彼の人柄はどこか偏屈で暗い。

 そこに彼の感情はあるのだろうか? 彼自身の人生はどこにあるのだろうか?
 逃げ出したくはならないのか。田舎町にも押し寄せる大手チェーン店の波に乗ろうとする若者もいる中、彼は動じない、変わらない。傾きかけた地元商店で今日も値札を張り続けている。
 家族ぐるみで知る人妻との不倫が、彼もまた血の通った人間である唯一の証明であるかのよう。当然そんな毎日の繰り返しが続くはずもなく、ついに弟に手を上げ、母の前で 「父の自殺」 という禁句を口にするギルバート。

 それでも、キャンピング・カーで放浪生活を送る女性ベッキーとの出会いが、彼の人生にほのかな明かりを灯すことになる。
 根無し草ゆえ永遠に「よそ者」であり続ける彼女は、手のかかるアニーと自然に打ち解け合い、太った母を笑うこともない。

 原題の 「What's eating ~」 は、「何をイライラしてるの?」 という表現だそうだ。ギルバートを悩ませるのは、母でも弟でも退屈な田舎社会でもないだろう。決して我慢や献身を強いられているわけではないのに、みずから何かを決めつけ、現状に「あきらめ」の根を張る人生・・・。
 喜怒哀楽なく生きた父を 「はじめから死んでいた」 と振り返るギルバートに、「似た人を知っている」 と返すベッキー。自由に見える彼女ですらそうだった。どの国どの社会も違わない。自由の中の呪縛を思った。

 人生と社会を寓話的に描くスウェーデンの名手ハルストレム。その記念すべきハリウッド進出作として大成功を収めた、青春映画の佳品。


 『ギルバート・グレイプ (What's eating Gilbert Grape)』

 監督/ラッセ・ハルストレム
 原作・脚本/ピーター・ヘッジズ
 出演/ジョニー・デップ (ギルバート・グレイプ)
      ジュリエット・ルイス (ベッキー)
      レオナルド・ディカプリオ (アニー・グレイプ)

 
21:33  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【アメリカ映画】 2018.09.14 (Fri)

≪このアメリカ映画!≫書庫もくじ

  ≪アメリカ映画≫書庫もくじ

  ハルストレムの佳品 『ギルバート・グレイプ('93米)』
  『大いなる西部 (1958米)』、対立の構図
  大女優競演 『何がジェーンに起ったか?』 『ミルドレッド・ピアース』
  世界の 「I am your father!」
  ビリー・ワイルダー作品の脇役おじさんたち

  真のアメリカの悲劇~『陽のあたる場所(1951米)』
  dog day な 『狼たちの午後(1975米)』
  隠れ名作/ポール・ニューマン『暴力脱獄(1967米)』
  『2001年宇宙の旅』ふたたび
  イースターだから 『イースター・パレード(1948米)』

  反戦をこめて・・・『ジョニーは戦場へ行った』
  『大脱走』 吹き替え版!
  ディズニーの 『白雪姫』
  原発と闘え!『チャイナ・シンドローム』
  ジャームッシュの 『ストレンジャー・ザン・パラダイス』

  吹き替え版 『トータル・リコール(1990)』
  追悼…ホイットニーの 『ボディガード』
  『追憶』のハッピーエンド
  『ブルース・ブラザース』ネ申吹き替え!
  ジョン・バリーの『007』

  『サウンド・オブ・ミュージック』TV吹き替え版
  本物の女 『ジュリア('77米)』
  スピルバーグの『激突!』!!
  吹き替え映画まつり
  『あなただけ今晩は』~それはまた別の話

  デ・ニーロ&ハーマン『タクシー・ドライバー』
  '07-08アカデミー賞授賞式を見て
  『十二人の怒れる男』
  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』!!!!
  『スタンド・バイ・ミー』異考

  ワタシが愛した007
  傑作コメディ『ギャラクシー・クエスト』!
  『ターミネーター』とハリーハウゼン
  2006年不眠の旅
  チャップリンのラスト・シーン

 
19:17  |  アメリカ映画  |  EDIT  |  上へ↑

【アメリカ映画】 2018.09.13 (Thu)

『大いなる西部 (1958米)』、対立の構図


大いなる西部(ポスター)


 名匠ウィリアム・ワイラー監督、グレゴリー・ペック主演の映画 『大いなる西部』。1958年。

 西部開拓時代のテキサス。ふたつの大農場の争いに巻き込まれた東部出身の男が、静かなる闘志と強固な精神によって困難に立ち向かっていく物語。
 西部劇といっても撃ち合いやアクションはあまりなく、雄大な自然の下での人間模様をスケール豊かに描く、ワイラー円熟の逸品です。
 有名なテーマ曲(ジェローム・モロス作)は、日本のテレビ番組でも「大いなるアメリカ西部」のイメージでよく使われていますね。カッコいい! 

 主人公の婚約者 「テリル」 という姓は初めて聞いたので調べたら、アングロサクソン系の苗字なんだとか。 つまり先祖はイングランドで、宗教はプロテスタント。
 その立ち居振る舞いから分かるとおりエリート志向が強く、「WASP (ホワイト、アングロ・サクソン、プロテスタント)」 といえばアメリカ保守派の代名詞になりました。
 もっともらしい正義を掲げて 「私的な戦争」 を始める独善は、21世紀のブッシュまったくそのまま。 理不尽であっても主人の後を1人2人と部下が続くシーンは、感動的な演出のようでいてゾッと寒気がした。

 一方、敵対する 「ヘネシー」 家はアイルランド系の苗字。(かの有名なコニャック・ブランデーを始めたリチャード・ヘネシーも、アイルランドから渡仏した移民。)
 アイルランドの宗教はカトリック。 イングランドとは領土や宗教問題で根深い対立を抱えているのはご存知の通りです。アメリカの観客にすれば、この両家の名前・風貌・言葉のなまりなどから、憎しみあっていることがひと目で分かる構図になっているのでしょう。
 アイルランド系の「負」のステレオタイプである、無教養な荒くれ息子たちはどうしようもないバカですが、親父さんは物事の道理が分かるひとかどの人物であることから、観客は両家を公平に見ていられるようバランスがとられています。(演じたバール・アイヴスがアカデミー助演男優賞を受賞したことから、アメリカ人観客もじゅうぶん彼らにシンパシーを感じたのだろう。)


 そして主人公 「マッケイ」。 あたまに 「Mac、Mc」 がつくのは 「~の子」 という意味の、典型的なスコットランド系の苗字。スコットランドではカトリックとプロテスタントが拮抗しており、両派の仲裁役としてまさにうってつけ。
 そもそも演じるG・ペックその人も、イングランドとアイルランド両方の血を引いているのだから、これ以上ないハマリ役です。(あと主人公は船長だというから 「海vs.大地」の気質という比較もできる。)

 ほか 「東部の人間=上品、教養、ずるがしこい、冷酷・・・」、「西部の人間=勇敢、義理人情、無知無学、野蛮・・・」 という対立構図もアメリカ映画の定番だし、ジーン・シモンズ演じるもうひとりのヒロイン 「マラゴン」 はスペイン系みたいなので、これも国境地帯テキサスでは大きな意味を含んでいます。

 ちなみにワイラー監督は、長く仏独が領有を争ったアルザス地方出身のユダヤ系。彼が生まれたときはドイツ領でしたが、現在はフランス領という複雑さ。ワイラーもまた、相容れない宿敵どうしの争いを肌に感じて育った人でありました。
 
20:11  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【アメリカ映画】 2018.05.20 (Sun)

大女優競演 『何がジェーンに起ったか?』 『ミルドレッド・ピアース』

『何がジェーンに起ったか?』


 老いて忘れ去られた女優姉妹のグロテスクな愛憎を描く、1962年のアメリカ映画 『何がジェーンに起ったか?』
 監督ロバート・アルドリッチ。主演はベティ・デイヴィスジョーン・クロフォード、ハリウッド史上の大女優どうしがまさかの共演。

 ハリウッドの邸宅に引き籠って暮らす老姉妹。車いすの姉をいじめたおす、妹ジェーン役デイヴィスの醜悪なメイクと演技!(『燃えよドラゴン』ばりのサッカーボールキック!)
 時代は世界的な「ニューシネマ」運動の黎明期。人間のリアルな悪や醜さをもてはやす時代だったとは言え、彼女ほどの人がここまでする必要があったかは、いまだに疑問に思います。
 このふたり、戦後のワーナー所属中はバチバチのライバル同士で、本当に仲が悪かったというのは有名な話。

 2時間超もかけたアルドリッチの演出は無駄が多い。30分は削ってほしい。やはりヒッチコックやワイルダー、マンキーウィッツからは落ちる。
 でもラストはよかった。一瞬だけ変わるメイクと表情。謎を呼ぶタイトルに合点。


☆  ★  ☆


 じつはこの前に、同じクロフォード全盛期の作品 『ミルドレッド・ピアース』 をはじめて観ていました。その連想で(ほとんど忘れていた)『ジェーン…』を観なおしたというわけ。
 1945年の 『ミルドレッド・ピアース』 はその年のアカデミー作品賞候補になったというだけで、それ以外はまったく知らなかった。

 冒頭いきなりの銃声をきっかけに浮き彫りになる、ひとりの女ミルドレッドの波乱の半生。
 前夫の失業と離婚。平凡な主婦の身から飲食事業を立ち上げ、成功を収めたこと。わがままに育った娘、下心が見え見えの支援者、さらには後に再婚する(そして殺される)名士との出会い・・。
 大ヒットした 『風と共に去りぬ(1939)』 に触発されたのだろう、「みずからの手で人生を切り拓く女」の一代記が、サスペンスの形を借りて描かれます。

 クロフォードにとってはMGMからワーナー社への移籍第1作とあって、スタッフともども力が入っているのが分かる(彼女は本作でオスカー)。スターを美しく撮るカメラ、照明、美術、演出・・・ハリウッドでも名だたる名手が勢ぞろい。いかにも大げさなメロドラマ演出も多々ありましたが、『ジェーン…』の頃になるとそういう職人の伝統が廃れてしまうだけに、よけいに古き良きハリウッドの仕事ぶりにうならされました。個人的にはこっちのほうが良かった。
 ただ、取っつきやすいサスペンス&メロドラマ調にしたことは功か罪か。第二の『風と共に去りぬ』になれたかもしれないが、なれなかった。おもしろく、良く出来ていただけにむずかしいところです。
 日本では劇場公開もされていないらしい。
 
20:28  |  アメリカ映画  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【アメリカ映画】 2017.12.08 (Fri)

世界の 「I am your father!」

A long time ago in a galaxy far, far away....
スターウォーズop
「遠い昔、はるか彼方の銀河系で....」


映画 『スター・ウォーズ』 の新作が公開ということで、このところテレビでも連日放送しています。

ルーク=島田敏、ベイダー=大平透、C3PO=野沢那智らによる往年の吹き替え版。

ハン・ソロ/ハリソン・フォード役は村井国夫さんじゃないのね (磯部勉)。


☆   ★   ☆


スターウォーズ最大の名シーンといえば、ダース・ベイダー衝撃の告白 「I am your father」

世界各国の吹き替え版を集めた動画があったので拝借します。ルーカスさんごめんなさい。



 
 【YouTube】 Star Wars - I am Your Father - (Multi-Langage) 20 Langues


ベイダー的悪役の源流であるドイツ版はさすがぴったり。お隣りスラヴ語圏のチェコも大迫力!

スペイン、イタリア、フランスなどラテン系はあまり似合っていないかな。でもどれもなかなかの健闘。

ただひとつ、ヘブライ語(イスラエル)版は思わずコケた! もうちょっと演出ってものがあるだろうに。


なお、オリジナルのジェームズ・アール・ジョーンズさんと、

子供のころから思い入れ深い御大・大平透さんは別格。

J・E・ジョーンズさんはよく、ハリウッド映画の「ナントカ長官、ナントカ将軍」を演じていて懐かしいですね。

あと、米アニメ 『ザ・シンプソンズ』 ファンのぼくとしては、ベイダー大平=ホーマーと

ルーク島田=クラスティの競演がなんか笑えて仕方ありません。いや笑っちゃいけないんだけど。


☆   ★   ☆


『スターウォーズ』 に関するネタはたくさんあって、ネットで有名なものばかりですけど、

機会があればまた取り上げてみます。

今夜のテレビ放送は旧3部作の最後 『エピソード6/Return of the Jedi』か。

(副題の日本語訳はわざわざ改題したのにイマイチなセンス。『指輪物語』の二番煎じ。「ジェダイの“復活”」のほうがしっくりくるのにね。)


May the Force be with you! フォースと共にあれ
 
18:56  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【アメリカ映画】 2017.10.01 (Sun)

ビリー・ワイルダー作品の脇役おじさんたち

B・ワイルダー『深夜の告白』
『深夜の告白(1944米)』

 ビリー・ワイルダー監督初期の映画 『深夜の告白(1944米)』 を観ました。
 「保険金殺人サスペンス」 の先駆けになった、フィルム・ノワールの古典。保険セールスマンが富豪の美しき後妻にそそのかされ、その夫殺しに加担してしまうお話――このあと世界中で何百何千と作られるこの手のサスペンスのひな型になりました。

 しかし犯人が保険のプロなら、周りにいるのもその道のプロ。主人公の上司が富豪の変死をあやしんで、周到に仕組まれた計画をズバズバと暴いていくのです。もちろん上司はまさか部下が真犯人だとは知らないわけだから、観客は主人公と一緒に隣りでハラハラさせられる、という構図。

 主人公を狂わすヒロイン、バーバラ・スタンウィックの 「魔性の女(ファム・ファタール)」 っぷりもたまらなかったけど、この上司を演じたエドワード・G・ロビンソンがいい。金に細かくていつもセカセカしていて、だけど憎めなくて、最後には主人公とのアツい見せ場まで――どんどん魅力的になっていきました。

 ワイルダー監督作はコメディにしろサスペンスにしろ、脇役のおじさんが潤滑油になったり飛び道具になって、物語を豊かにふくらませてくれるのが魅力のひとつです。




B・ワイルダー『第十七捕虜収容所』
『第十七捕虜収容所('53)』

 『第十七捕虜収容所('53)』 では、ワイルダーとは同郷オーストリアの映画監督オットー・プレミンジャーがドイツ軍の所長を怪演。
 その始めのあいさつ、「アーヴィング・“ベルリン”のホワイト・クリスマス――Just like the ones I used to know」 に思わず吹いた。ねちねちとイヤミったらしい言い方もおかしい、この映画で一番印象に残っているギャグです。


B・ワイルダー『あなただけ今晩は』
『あなただけ今晩は('63)』

 『あなただけ今晩は('63)』 の、ピンチの主人公を助けるカフェのマスター(ルー・ジャコビ)が大好き! 起死回生の策をひねり出すたびに自身のとんでもない経歴を語って、「それは別の話 (But that's another story)」 とはぐらかすナゾの?男。 バカバカしいけどつい引き込まれてしまう飛び道具タイプ。


 また、『サンセット大通り('50)』エーリッヒ・フォン・シュトロハイム 『昼下がりの情事('57)』モーリス・シュヴァリエなど名匠名優は、脇役と呼ぶにはもったいない第三の主役として物語を重厚に軽妙に支えます。
 『情婦('57)』チャールズ・ロートンも表向きは主役だけど、狂言回しとして物語を支えるという点では同じ。(※でもぼくは、先にA・クリスティ原作のほうに衝撃を受けたので、コミカルな好々爺ロートンの主人公役はイメージが違って好きになれない!)


 しかしワイルダー作品最高の脇役おじさんといえば、やっぱり文句なしで 『お熱いのがお好き('59)』 のオズグッド3世(ジョー・E・ブラウン)で決まりだ!

B・ワイルダー『お熱いのがお好き』
『お熱いのがお好き('59)』

 金持ちも頂点を極めると、マリリン・モンローよりコッチ↑のほうが 「Zowie !」 になってしまうのか!!? 映画史上に燦然と輝く名ラストの名ゼリフ 「完璧な人間はいない (Nobody's perfect)」 は、混迷の現代社会を差し照らすひとすじの真理といえるでしょう。
 (向井真理子、広川太一郎、愛川欽也の名・吹き替え版もおもしろかった! 珍富豪役のJ・E・ブラウンも吹き替え・坊屋三郎さんも、名コメディアンとして鳴らした方だそうです。坊屋さんのテレビ機器のCM 『クイントリックス』 は見たことある。)


  ほか、『七年目の浮気('55)』 のエロ家主(ロバート・ストラウス)や、『アパートの鍵貸します ('60)』 のガンコ医師(ジャック・クラッシェン)など、クセが強い隣人たちも忘れがたい。
 もっと言うなら、師匠エルンスト・ルビッチの下で脚本を手掛けた 『ニノチカ('39)』 などにも面白おじさんの源流が。そんなおじさんたちの姿を借りて、敵国の体制も自らの正義も、性の不純も倒錯(とされること)もすべて、笑いで包み込む批判精神の伝統が見て取れます。
 21世紀になっても褪せることなどない、色あざやかなビリー・ワイルダーの世界。思い出すなあ、ぼくがワイルダー先生の一番弟子についていた時・・・おっと、それはまた別の話。

 
10:11  |  アメリカ映画  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【アメリカ映画】 2017.04.08 (Sat)

真のアメリカの悲劇~『陽のあたる場所(1951米)』

『陽のあたる場所』

 親戚の大工場に仕事を得た貧しい青年。勤勉さを認められ昇進し、名家の令嬢との縁談も進むが、それまでの恋人が邪魔になってくる。恋人は妊娠していた――

 貧しい境遇から脱しようともがく青年の悲劇を描いた 1951年のアメリカ映画 『陽のあたる場所』。 監督ジョージ・スティーヴンス、主演モンゴメリー・クリフト、エリザベス・テイラー、シェリー・ウィンタース


 原作はセオドア・ドライサーの小説 『アメリカの悲劇』。暗い闇を抱えたネガティブな主人公像は、心身に傷ついた第二次大戦直後あたりから描かれはじめてきた('45年アカデミー作品賞『失われた週末』他)が、これはその最初の成果となった。
 何といってもブロードウェイの舞台劇出身、モンゴメリー・クリフトの名演によるところが大きい。声に出さずとも目の動きだけで苦悩やスリルが語れる緊張感は、今なお観ていて肩に力が入るほど。

 戦後の独占禁止法によりメジャー・スタジオ主導およびスター・システムが崩壊し、舞台劇の人材が続々ハリウッド映画に進出してきた時代の代表格。 役柄を研究しそれになりきる舞台流の 「メソッド演技法」 は、俳優のスター性に頼っていた従来のハリウッド映画に リアルで等身大の社会派ドラマをもたらした。
 (一方で演技へのストイックな没入は、少なからず彼の精神状態に負担をかけてしまったのは皮肉だった。クリフトは45歳の若さで没。)
 目の焦点はどこに合っているのだろう? 透明感のある彼の美しい目は、不透明の時代に生気を失いあてなくさまようようだ。


 そしてもうひとり特筆すべきは、脚本のマイケル・ウィルソン。本作でアカデミー脚色賞を受賞し、このあと 『戦場にかける橋』 『アラビアのロレンス』 『猿の惑星』 などそうそうたる名作を手がけながらも、共産主義を弾圧する 「赤狩り」 の犠牲となって公式から名前を外され、長く不遇の時代を強いられた。
 大戦中、共産主義はファシズムを共通敵とするアメリカの同盟者であり、多感な若者にとっては一種のトレンドであったにも関わらず、その戦中の態度が問われたのだから、国ぐるみの狂乱の嵐たまったものではない。

 彼はほかの 「ブラックリスト」 映画人同様、 魔女狩りの目がゆるいイギリス映画やインディペンダント系などで、名前を隠して糊口をしのいだ。
 いや、ぎりぎりでオスカーを受け取ることができた彼はまだ幸運なほうかもしれない。主人公の母役の女優アン・リヴィア('44年『緑園の天使』でアカデミー助演女優賞)は、ブラックリストに載ったとして出番を大幅に削られ、映画生命を絶たれてしまった。国家権力による理不尽で残酷な仕打ちの最たる例だ。


 『陽のあたる場所』 と同じ1951年にはエリア・カザン監督、マーロン・ブランド主演の 『欲望という名の電車』 も公開。ブロードウェイからの血を加えたこの2作はハリウッド映画史でもひとつの転換点となり、「動」のブランドと「静」のクリフトは新時代の寵児として大いにもてはやされた。 ともにアカデミー賞の最有力候補だったが、赤狩りを恐れたハリウッドは当たりさわりのないミュージカル劇 『巴里のアメリカ人』 を作品賞に選ぶ。

 「Then... in your heart was murder, George (君は心の中で殺人を犯した)」 

 本作で一番心に響いたセリフ。
 後年、赤狩りの犠牲者たちは相次いで名誉回復がなされる。脚本のウィルソンの名前も改めて公にされ、『戦場にかける橋』 に対しては2つめのアカデミー脚色賞が追贈された。
 国家による裏切りや密告が奨励された 「赤狩り(マッカーシズム)」 が激しかったのは1950年代前半の数年間であったが、その癒しには続く'60年代をまるまる要し、完全なつぐないを果たすには'80年代に入るまでかかってしまった。ウィルソンの 『戦場…』 へのオスカー追贈も、彼が亡くなった6年後の1984年のことだ。

 国や権力による暴走は、それだけ罪深い傷跡を残す。日本こそ繰り返してはならない。
 
15:00  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑