FC2ブログ

【このアート!】 2019.11.12 (Tue)

美人画の巨匠・鏑木清方

鏑木清方
(東京国立近代美術館HPより拝借)

東京国立近代美術館の美人にひと目惚れしました。

鏑木清方(かぶらききよかた)作、『築地明石町』。1927年。(画像中央)


見返り美人のやわらかい曲線。その品と色気。

お召しものもすてき。

柵にからみつく朝顔。後方には帆船のマストがうっすらと見える。

楚々としていても深窓の山の手マダムとは違う、朝夕にぎわう商人の街の活きた身のこなしと、

磨きあげた趣味の良さ、センスの新しさを感じます。


近代美人画の第一人者・清方の代表作でありながらしばらく行方不明だったが、

このたび発見されての晴れてお披露目あいなったとか。


上の画像、「三部作」と呼ばれる 『新富町』 の傘を開く芸者、『浜町河岸』 のあどけない少女も、

無理にトリオを組ませるのはもったいない、ソロで売り出せるだろうにの別嬪ぞろい。

(コーディネートが粋でおしゃれ!)


ほか、季節のひとこまを12幅につづった 『明治風俗十二ヶ月』 も、

懐かしさとハイカラ両方の風情にあふれていて、いつまでも見飽きることはなかった。

近代日本画に疎かったぼくには、掛け軸に合わせたタテの構図も新鮮でした。


今までポスターや小説の挿絵など、大衆芸術のイメージくらいしかなかった清方ですが、

大きな感動とともにその真髄を知らしめてくれました。 ルノワールの 『イレーヌ嬢』 以来の恋。

 
18:51  |  このアート!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【このアート!】 2019.05.02 (Thu)

レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年

『モナ・リザ』
Mona Lisa (Men have named you)

 2019年はレオナルド・ダ・ヴィンチの没後500年。(1519年5月2日没、67歳。)

 西洋絵画史における彼の最大の功績は、「スフマート」と呼ばれる輪郭線を「ぼかす」技法と、背景が遠くになるほど靄(もや)がかって見えなくなる「空気遠近法」、そして人体の「解剖学」に通じた科学的視点の導入にあります。

 ぼかしによって絵の輪郭線がなくなることで、単なる「線で描いた絵」からまるで写真のようにリアルな表現の領域――その第一歩へ。(ひと世代前の巨匠ボッティチェッリ作品と比べれば一目瞭然。)
 またぼかした輪郭の、その色と色の境界をミクロまで探ろうとする欲求は、ずっとのちに「光」のかたちを分解・再構成した印象派絵画にまで通じるといっても過言ではありません。

 そして背景がモヤがかる「空気遠近法」。
 従来の「線」遠近法(ある一点に向かって狭まっていく、基本の遠近法)のように、建物の線などに頼らなくても背景の奥行きをよりリアルに描くことができる。
 遠くになるほど青みがかって見えるのは、光の波長の理屈にもかなった表現。レオナルドは500年も前にそれを感覚的・経験的につかんでいるのだから、天才やおそるべしです。


 彼の『モナ・リザ』が西洋絵画史上最大の傑作とされるのは、この「スフマート」と「空気遠近法」の2つが最高の形で示されたから。
 レオナルド以前のルネサンス初期にも、リアルな人体の描写や遠近法など技法の向上が模索されていましたが、科学者としても知られる彼の専門的な医学・科学的視点が加わることによって、世の画家に求められるレベルが格段に高いところへ進化しました。

 飽きっぽい?性格なのか、あれこれ手を出すけど完成品と呼べるものが少ないのが珠にキズ、な生涯でしょうか。だからこそ余計に『モナ・リザ』に価値があると言われています。
 
23:55  |  このアート!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【このアート!】 2019.01.07 (Mon)

≪このアート!≫書庫もくじ

  ≪美術≫書庫もくじ

  飛び込みトーハク!芸術の秋 (「京都・奈良&和ふう」書庫)
  レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年
  ルーベンス、王の画家にして画家の王
  かわいい『酒を飲むバッカス』(末恐ろしい)
  ルノワールの美少女『イレーヌ嬢』
  
  ぼくの「怖い絵」・・・ドレの神曲
  雨の『運慶』展
  圧巻!『赤ん坊1700人のコラージュ』
  ピカソの陶芸
  バロックの革命児カラヴァッジョ

  ブリューゲルのおしり星人
  光琳の「燕子花」と「紅白梅」
  ウフィツィといえばボッティチェリ
  アンリ・ルソーの 「子ども」 絵
  水墨画の秋

  ソール・バス×Google!!!!
  ウィリアム・モリスはお好き
  ジャクソン・ポロック展
  ジョジョ立ちロダン
  デ・ホーホ・・・明日のフェルメールはきみだ!

  琳派ビッグ・スリー
  酔っぱらいとカンディンスキー
  北斎250歳
  ロートレックと野口久光~仏ポスター展
  阿修羅vsルーヴル

  ジョアン・ミロ展
  ピカソ展とフェルメール展
  『対決-巨匠たちの日本美術』展
  東大寺の四天王
  東大寺法華堂オールスターズ

  新薬師寺の超サイヤ人
  向源寺・官能の菩薩像
  フェルメール『牛乳を注ぐ女』展
  たすけて!小松崎茂
  モネ『日傘の女』
 
20:26  |  このアート!  |  EDIT  |  上へ↑

【このアート!】 2019.01.06 (Sun)

ルーベンス、王の画家にして画家の王

ルーベンス展

 肉が波打つ豊満な裸体、大画面いっぱいに躍動する人間と神々のドラマ・・・。バロック派絵画の頂点に立つオランダの画家ルーベンス。
 巨大工房をかまえてチームによる超大作と大量生産を実現。スケールの大きな作風はヨーロッパ各国の王に愛され、自身はその名声を活かして王室から王室へと股にかける外交官としても活躍した、人呼んで 「王の画家にして画家の王」 だ。

 弟子の手が加わるためもあって、筆の跡も荒々しいものもあれば、写真と見まがうほどの細かい質感描写まで、一枚の絵の中ですら驚くほど豊かなバラエティ。後世のゴッホのような厚塗りを勝手に想像していたのは、そんな二次元には収まりきらない画力と生命力ゆえなのだろう。

 (下の【続き・・・】に彼の人生背景をまとめました。)

 アニメ 『フランダースの犬』で有名なアントウェルペン聖母大聖堂の 『キリスト昇架』。その体を斜めによじる構図は、バチカン蔵のこれも有名なギリシャ彫刻 『ラオコーン』 像に影響されて取り入れたという話は、歴史も宗教も国境も飛び越える彼の柔軟なフットワークの最たる例だ。(リンク先はDuckDuckGo画像検索。なおどちらも来日はムリ。)
 かと思えば、長女 『クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像』 に込めた輝かんばかりの愛情や、兄の子だという 『眠る二人の子供』 (上野で常設)のはちきれそうなプクプクほっぺまで・・・。

 古今「芸術家」といえば、ゴッホやセザンヌのような破滅的・破天荒な人が目立ち、そこに共感が集まってしまうものだが、ルーベンスのあまりに幸福で完璧すぎる人柄と人生に、かえって興味が沸いてしまった次第。

 上野・国立西洋美術館の 『ルーベンス展』。贅をきわめた奇跡の大広間に身を置けるのはあと2週間。
 (同時期の上野の森美術館のフェルメール展がホントひどかった(とにかく大混雑、フェルメール以外の作品の質の低さ、画面をツブすひどい照明、客の動線に無神経すぎるレイアウト演出、職員の運営・理解力の低さ・・・)せいで、余計にありがたみを感じました。
 
10:39  |  このアート!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【このアート!】 2018.12.01 (Sat)

かわいい『酒を飲むバッカス』(末恐ろしい)

レーニ『酒を飲むバッカス』

新酒の季節です。

イタリアの画家レーニ作、『酒を飲むバッカス』。1623年。

お酒の神として、酒飲みの代名詞にもなったローマ神バッカス。

大先生は生まれた時から違うぞってところを見せつけてくれます。


ぷくぷく赤ちゃんのラッパ飲みだけでも ものすごいインパクト。

よく見れば、飲んだそばから泉のごとく噴き出すおしっこ。

樽に片ヒジついたポーズも小憎らしいこと。腰を下ろす間もなく酒樽を空けて回ってるんでしょう。

大先生、かなわねえっすよ。


柔らかく上品なタッチと明るくシンプルな背景から、パッと見、ラファエロの絵かと思いました。

レーニはラファエロから100年もあとの人。17世紀はじめ、時代はすでにルネサンスからバロックへ。

カラヴァッジョやルーベンス(蘭)と同年代ながら、古風なラファエロ調を色濃く受け継いだようです。

ほかにもいろんな人の影響を受けているのが分かる。

詳しくは知らなかったけど、何かの作品を上野やプラドで見た記憶があります。


ちなみに本作は独ドレスデン美術館の蔵。レーニが生まれた美食の都ボローニャはもちろんのこと、

ドレスデンのある旧東独ザクセン州でも今年もおいしいワインができたそうです。


・・・今年もはや12月、お酒がおいしいシーズンも最終盤。

年明けから始まる、お酒がおいしい新シーズンも楽しみだな~。

 
10:27  |  このアート!  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【このアート!】 2018.03.17 (Sat)

ルノワールの美少女『イレーヌ嬢』

ルノワール『イレーヌ嬢』

ずっと夢焦がれていた名画が来日しました。

ルノワール作の肖像画 『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』。 東京・国立新美術館。


子供のころ、家にあった美術全集が初めての出会い。

あまりの美しさに、薄紙にトレースして色鉛筆で模写したものです。

似せるまで何度も描き直してみたものの、自分の画才のなさを思い知るだけ。

きびしい?現実に最後がっくりきたのを覚えています。


ルノワールにとっては、陽光のアルジェリア旅行によって 「脱・印象派」 を果たす、その直前の作品。

透き通った白い肌と一本一本まで輝く髪。 空気の色まで伝わってくる清潔感。

古い美術全集の色あせた記憶と印刷が、鮮やかに塗り替えられたような感動がありました。

脱・印象派後の、古典風にのっぺりと塗った後期ルノワールが好きじゃないぼくにとっては、

「最後のルノワール」とでもいえる心の傑作です。


同時に、イレーヌとその肖像画がたどった陰のドラマも今になって初めて知りました。


 パリの裕福なユダヤ系一家に生まれたイレーヌ。描かれたのは1880年、当時8歳。苗字の「Cahen d'Anvers」は「アントワープのカーン家」という意味だそうだ。(「アントワープ」は英語読みで、蘭語「アントウェルペン」や仏語「アンヴェール」のほうが実際のところ。)

 一方のルノワールは、人気の「印象派」の中心画家ではあったものの、世間一般の認知はあまたいる画家のひとりでしかなく、こういう金持ち相手の商売も余儀なくされていた。
 しかもカーン家は印象派のぼんやりとした画風を気に入らず、この絵は屋敷の隅にひっそりと掛けられただけだったという。

 長じてイレーヌは結婚し家庭を持つが、晩年期にナチスドイツがフランスを占領。ユダヤ人の一族の財産は収奪され、この絵もH・ゲーリングの手に渡る。イレーヌはカトリックのイタリア人伯爵と再婚していたため難を逃れたが、妹そして前夫との娘や孫たちはアウシュヴィッツの犠牲となってしまった。

 戦後この絵はイレーヌのもとに返還されるが、彼女はほどなく売りに出し、1963年に91歳で亡くなった。最晩年の生活はあまり伝わっていないが、イタリア貴族との再婚も大戦前には破綻していたというから、絵の売却は経済的に迫られたのか、単に愛着がなかったのか、それとも・・・。



いくつか残っている成年後の写真が、絵のイメージを崩さずにいてくれたのがせめてもの救い

でしょうか。


一方、肖像画のその後は明らか。

よりによって、ナチスとも結んで財を成した武器商人ビュールレに渡って現在に至っている――。

――子供の頃からの記憶にある、印象派の名品ばかりを集めた素晴らしいコレクションでしたが、

死の商人の名を冠した展覧会に立っている複雑な思いも残りました。

 
23:30  |  このアート!  |  コメント(2)  |  EDIT  |  上へ↑

【このアート!】 2017.11.26 (Sun)

ぼくの「怖い絵」・・・ドレの神曲


ドレ『神曲』ウゴリーノ伯2
「父よ、なぜ助けて下さらないのですか?」


 東京上野で 『怖い絵』 展が開かれています。一見なんのことはない名作絵画の裏側に隠された、歴史の闇や画家の恐るべき怨念・・・。文学者・中野京子さんによる同名ベストセラー本からの企画のようです。
 ぼくもシリーズ3冊、夢中で読みました。中野さんの卓越した文章力や、テレビ出演時に見せるアツい解説があってこそ面白いんだけど、混んでるらしいしどうしようかな。12月半ばまでなので、気が向いたら行こうかな・・・。


 そこで、ほんのお口汚しのお茶濁しですけど、ぼくも 「怖い絵」 をひとつご紹介。ギュスターヴ・ドレ画、ダンテの 『神曲』 よりウゴリーノ伯爵の図。(上の画像)

 イタリア文学の最高峰、ダンテ・アリギエーリの叙事詩 『神曲』 は、ダンテ自身による地獄・天国めぐりの記 (⇒過去記事)。
 地獄の悪魔に突っ刺されたりぶった切られたり、煮られたり食われたり・・・。この世で罪を犯し地獄に落とされた者への責め苦が、これでもかとばかりに展開します。そこに19世紀フランスのイラストレーター、ギュスターヴ・ドレによる生々しい挿絵が加われば、エグさも倍増!


 ダンテは神話や歴史上の事件などを散りばめて地獄世界を活写しましたが、この 「ウゴリーノ伯爵」 についてはダンテ(1265-1321)と同時代に実際に起こった事件だそうで、『神曲』 では地獄の最下層 「裏切り」 のひとつに入れられています。

 暗く冷たい石の牢獄に押し込められ、もだえ苦しむウゴリーノ伯爵とその子や孫たち。故郷 ピサを裏切った果てに一族ともに獄死した、その獄中での 「生前」 の絵。
 ただし、煮たり焼いたりの直接的な地獄絵からすればずっと大人しいほう。にもかかわらず 『地獄編』 の中でも古今多くの読者を揺さぶってきたのはその内容にあります。


 死して氷地獄に落ちたウゴリーノ伯は告白する――。
 最初のうちは、獄中の彼らにわずかなパンが支給された。幼い孫たちはひもじさのあまり、みな夢の中でパンを求めて泣くありさまだった。ところがある日、食事が支給されるはずの時間に、牢獄の扉を釘で打ちつける音が響く。一家を閉じ込めた政敵たちは、そのまま彼らを餓死させようというのだ。

 そしてそれっきり幾日かが過ぎ、悲嘆のあまり自分の手をかじり始める伯爵。その姿を見た息子は、父に恐るべき 「助け」 を乞う。

 「父よ、いっそ私たちを食べて下さるなら、私たちの悲しみはずっとずっと軽くなりましょう。このみじめな肉の衣を着せたのはあなた、だからどうぞ、私たちからそれを剥ぎとってください!」 (寿岳文章・訳)



 驚いた伯爵はいったん正気を取り戻すが、やがて子供たちは飢えと運命を恨みながら、ひとり、ふたりと息を引き取っていく。そして・・・


 「悲嘆に勝てたわしも、絶食には勝てなんだ」



 ――と、伯爵の亡霊の告白はそこで終わる。ダンテはそれ以上書いてはいないが、伯爵は子供たちより数日間長く生きたらしい。
 果たして、彼は子や孫の肉を食ったのか?
 少なくともいま地獄の淵で、憎き仇敵の頭をむさぼり食うウゴリーノのおぞましき復讐図は、明らかにそれを示唆しています。

 しかしダンテは必ずしも、彼の人肉食を罰したいわけではないらしい。 ウゴリーノもダンテも、権力闘争に敗れて辛酸をなめた者どうし。(祖国を売り暴政を敷いた実際のウゴリーノが同情に値するかは別だが、)ダンテ自身の怨みを重ねた独りよがりな筆は、独りよがりであるがゆえに異様な激情と執念をもって700年後の今日まで迫ってくるのです。


 近年、伯爵とされる遺骨を科学分析したところ、「死の直前に肉を食った形跡はなし」 という結果が出たらしい。
 歴史の敗北者への同情あるいは憎しみが、かくも恐ろしき伝説を生んだのだろう。そんな 「伝説」 でしかなかったというのが、ウゴリーノ伯爵にとってせめてもの救いと言えるでしょうか。

 
09:58  |  このアート!  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑