FC2ブログ

【クラシック音楽】 2019.10.10 (Thu)

新国立劇場オペラ 『トゥーランドット』 中継

プッチーニ『トゥーランドット』新国立劇場
(公式HPから拝借)

 BSでやっていたプッチーニのオペラ 『トゥーランドット』 を録画しました。
 大野和士指揮、バルセロナ交響楽団。この夏の東京公演。

 舞台は中国。求婚する者を次々と殺していく美しくも冷酷な王女が、突如現れた謎の王子の愛と才知に追い詰められ、そして・・・というお話。
 王子が歌うアリア 『誰も寝てはならぬ』 がとにかく有名ですね。ぼくもこの歌は大好き。
 『蝶々夫人』 同様、アジア趣味の音楽や描写はあざといけど、プッチーニ作品でも最大規模の壮大・壮麗さ。また (かの子供番組の名前にもなった)「ピン、ポン、パン」 のコミカルな大臣トリオや、謎解きクイズをからめた恋の駆け引きもおもしろい。


 ・・・んだけど、(ネタバレ) 自分のために死んだ侍女リューもそっちのけで、姫との色恋まっしぐらの薄情王子にどうしても肩入れできなくて、今はもう本気で物語を追う気にはなれません。

 しかも今回録画ぶんを観ていると、だんだん電波が弱ってきて映像がプチプチ途切れはじめた。
 はじめは故障かと思ったけどそうだ! 放送されたのは千葉など関東地方を襲ったあの巨大台風の夜だ! 録画の乱れは最大のハイライト、『誰も寝てはならぬ』 の曲中にも・・・。
 千葉の皆さん、お見舞い申し上げます。(そして1か月後のいま、次の台風が接近中・・・。)


 まぁ、そんなこんなで集中力も途切れて、ずっと「ながら見」していました。

◆トゥーランドット役の人は、巨体と短髪パーマでアジャ・コングみたい。
◆カラフ王子は名優マリオ・デル=モナコしか認めない。今回、名前を探すほどのものはなかった。
◆「リューの死」の場面は、泥だらけのメイクと「下から照明」で怖かった。
◆あれれ? リューの亡きがらは舞台上に残されたまま、感動・壮麗な大フィナーレへ――


 ――その大フィナーレ、「愛よ!太陽よ!生命よ!永遠よ!我らの限りない幸せよ!栄光あれ!」
 その瞬間、トゥーランドット姫が自らノドをかききったところで暗転、終幕!

 これには驚いた。従来の、人でなし同士のハッピーエンドに感じていた疑問とモヤモヤを吹き飛ばしてくれて、一種痛快でした。最後の最後に引きつけられた。


 「トゥーランドットの罪と罰」、じっさいは表面ウケだけで現実味のない演出だったかもしれない。深く考えると言葉足らずでまだ説得力に欠ける。が、しかし、誰も踏みこまなかった新たな視点を持ち込んだ演出家アレックス・オリエさんの提起は、もしかしたら『トゥーランドット』史の新しい一里塚になるかもしれません。これからの上演の進化に期待を抱かせるものがありました。

 日本人客は相変わらず狂ったような「ブラボー」の絶叫で、終演後の余韻を台無しにしてくれた。


 【公式ページ】 トゥーランドット [新制作] 新国立劇場 オペラ
 ハイライト動画では 『誰も寝てはならぬ』 をほぼ聴けます。


 
関連記事
23:22  |  クラシック音楽  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ベランダでメダカ】 2019.10.04 (Fri)

秋のメダカあれこれ2019

P1090045 (アップ)
(メダカ2世代)


ベランダのメダカちゃんたち、順調すぎるほど育っています。

今年の稚魚は史上最高の20匹超え。ぼくの動体視力では正確に数えきれません。

早生まれの子は、もう親世代に近い大きさ。エサをやってもあっという間になくなるところが頼もしい。

1cm程度の末っ子組たちも負けてない。堂々としたものです。


けっきょく水槽は増やさなかった。そうやってズルズルと手を広げたくないので。

その代わり“浅瀬”の仕掛けなどは取っ払って、水面を広げてやりました。水量もギリギリまで入れて。


あと、水草ホテイアオイだけは今年はハズレ。枯れてしまったので買い直しました。

残る秋のあいだ、水の浄化がんばれ。


それにしても、今年突如として大繁殖した理由は、けっきょく何だったんだろう?

①冬の間は水槽を暖かい屋内に移したので、体力を消耗しなかった。 
②昨年生まれの親組が元気いい (特に次期ボス候補のメス)。
③稚魚避難用の浅瀬の仕掛けが完成形に近づく (網目の小物入れと野菜ネット)。
④肉っ気のエサ(人間の食べ端)をよく与えたので、成魚は卵や稚魚を襲う気がなくなった。


・・・④のエサが大きい気がします。ちなみに今日はアサリとごはん粒を干して砕いたもの。

ほかにもよく水槽のコケをついばんでいるので、栄養のバランスは満点!


①の屋内移動は大変なのでもうやらない。どのみち冬の寒さで死ぬことはないし。

そのぶん秋のうち、思う存分お肉で贅沢させてやります。

 
関連記事
20:20  |    ベランダでメダカ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【『ガラスの仮面』全巻】 2019.09.28 (Sat)

ガラスの仮面第12巻≪マヤ版 『奇跡の人』≫

 美内すずえ 『ガラスの仮面』 第12巻 ≪炎のエチュード(3)≫

ガラスの仮面~マヤ(白目・光)

 【マヤ版『奇跡の人』】

 大喝采のうちに終わった亜弓版ヘレン・ケラーに続き、マヤ主演による 『奇跡の人』 開演。
 サリバン役の姫川歌子をも本気にさせるマヤ迫真の演技。予想もつかない舞台上での格闘劇に惹きつけられる観衆。公演は亜弓派とマヤ派に分かれるほどの大成功を収める。
 歌子、カーテンコールでマヤにキス。これに激しく嫉妬する娘の亜弓 (文庫版第7巻ラスト)。

 マヤと亜弓、そろってアカデミー芸術祭・助演女優賞候補にノミネート。そして授賞式の日…。


 正統派の亜弓版ヘレンに対して、マヤ版は 「けれん、ニッチ(すき間)」 な感があるが、'70年代小劇場ブーム(つかこうへい、野田秀樹、鴻上尚史…)の当時は、独創的で斬新なマヤ版のほうが受けたのかもしれない。本作の若い読者ならなおさらだろう。そのことは次13巻、芸術祭授賞式での亜弓がいみじくも言い当てている (「完璧なヘレン」「新鮮なヘレン」)。

 めずらしい亜弓のチャイナ服姿。御用達の紅茶 「クイーン・メリー」 初登場。(トワイニング社の紅茶葉缶ブランド 「クイーンマリー」 は、ティーバッグ紅茶がもっぱらだった戦後日本では庶民のあこがれだった缶入り茶葉の銘柄。当時の少女マンガではあちこちで「上流家庭の御用達」として用いられてイメージ付けられたそうだ。今はもう製造終了らしいが、コラボキャンペーンで復刻したら喜ばれそう。)



 【番外編・たい焼き対決!】
 (前11巻)亜弓版ヘレンに背を向け、ロビーで「たい焼き」をほおばるマヤ。セーターの羊マークは、雑誌掲載された昭和54年正月がひつじ年だから。たい焼きは速水真澄の生い立ち話(第34巻)にも出てくる。
 そしてマヤ版ヘレンの本巻では、亜弓がロビーでたい焼きを…。前11巻の稽古場での「大福もち」といい、亜弓ぽくないおやつのチョイスが逆にぐっとくる (後の『ふたりの王女』編での自炊サンドイッチはかえってガッカリした。片手鍋ラーメンをすするところを見てみたい…)。

 ふたりが持ち込んだ「たい焼き」は、どちらも大きな紙袋に山盛りの量。見た目で確認できる数はマヤ5個、亜弓7個(うちふたつは両手に!)。ひとつを真澄にふるまったマヤに対し(PM5:55)、亜弓は第2幕が始まってもまだ食べている(PM6:30)。「マヤ早食い説」も考えられるだろうが、公式記録としては亜弓の勝ち!



 ≪今週の「紫のバラのひと」≫
 『奇跡の人』開演前、ロビーに特大の「紫のバラ」の花輪。「あなたを見ています」
 終演後、客席から「紫のバラ」が投げこまれる。


 真澄、マヤをからかったり、芸能界の礼儀を厳しく教え諭した(前11巻)かと思えば、倒れてきたオブジェからマヤをかばったり、悪徳スカウトを追い払ったり、演劇に打ちこむマヤに 「うらやましい」 とつぶやいたり(前11巻)…。マヤ、そんな真澄の二面性にそろそろ戸惑い始める。

 
関連記事
17:02  |  『ガラスの仮面』全巻  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【京都・奈良&和ふう】 2019.09.22 (Sun)

飛び込みトーハク!芸術の秋

『奈良大和四寺のみほとけ』展
(『奈良大和四寺のみほとけ』展、~9/23)

 毎年「敬老の日」は東京国立博物館が無料なので(年齢不問)、上野に遊びに行きました。
 うまいこと雨もやんでくれた!

 今年はなんと、特別企画の奈良仏像展もタダで見られるとか! 「仏像脳」になっていなかったので、鑑賞ポイントとかだいぶ忘れてた。慣れるまでに時間がかかりました。(なお、この日終わった『三国志展』は別途有料。)


 奈良の室生寺・長谷寺・岡寺・安倍文殊院の4寺から名仏が来京。
 目玉はなんと言っても、室生寺の 『十一面観音像』 でしょう(上のポスター)。千年の時を超えてなお彩色が残された、仏像界のドラッグクイーン。抑えた照明の具合もあったけど、意外とカラフルじゃなかったって印象。
 じつは前に室生寺まで見に行ったことがあるのですが、山を縫うようにして行くのが大変だった記憶しか残っていません。

 ほか、長谷寺の2仏 『阿弥陀如来像』『十一面観音像』、室生寺の 『地蔵菩薩像』
 平安時代最盛期の、おだやかで洗練された表情とたたずまい・・・、国宝や重文指定されていない方のものが良かった。(常設展にある聖観音のレプリカも秀作。)


 この日の無料開放、もうひとつの目玉は、隣の国立西洋美術館から間借りしてきた“松方コレクション”の浮世絵です。(~9/23)

 春信、北斎、歌麿などの良品の数々。
 心清らかなぼくには、最近人気の国芳国貞の毒々しいキッチュさは好みじゃない。ふたりの少女を描いた鈴木春信の素朴なタッチが、心美しいぼくにはいい清涼剤になりました。心やさし・・・(もうええわ。)

 これらも前に見たと思うけど、思い出せないなぁ。しかもあっという間の閉館時間で、この最後の浮世絵エリアはちゃんと見られなかった! また、あの超有名な“北斎の波”もあるはずだったけど、会期の前半限定だったともこのとき知った。

 タダだからって、何やるかとか少しは調べとくんでした。けっきょく「仏像脳」にもスイッチできず、初デートの日みたいなフワフワと上っ面な感じで、「芸術の秋」 終了――。

 
関連記事
08:17  |  京都・奈良&和ふう  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【アメリカ映画】 2019.09.16 (Mon)

アメリカの良心 『アラバマ物語(1962米)』

『アラバマ物語』(1)

 先日、テレビの映画劇場で 『アラバマ物語』 をやっていた。1962年アメリカ。
 (KKKの発祥地でもある)黒人差別が根強く残る南部アラバマ州の田舎町を舞台に、子供の目線から社会の差別や偏見、その理不尽さを見つめる。

 リベラルのバイブルとも呼ばれる本作、弁護士の父親を名前の「アティカス」で呼ぶ、子供たちのくだけた態度が象徴的。


 町で若い白人女性が暴行され、家に出入りしていた黒人男性が逮捕される。父アティカスはこの黒人容疑者の弁護を請け負うことに。
 たまたま回ってきた頼まれ仕事。アティカスは必ずしも強い政治意識を持っているわけではないだろう (不気味な隣人“ブー”のことを「かわいそうな人だから構うな」で片付ける点からもそう)。子供の手前、難しくは語らないこともあるが、どこにでもいる平凡な、それでも当たり前の良心や「誇り」を持った父親像として描かれていく。

 (以下ネタバレ・・・)アティカスは裁判で健闘するも、白人男性ばかりが揃った陪審員団を取り崩せず、敗訴する。
 起立してアティカスを見送る2階席の黒人たちと、目を合わすことなく退廷するアティカスの後ろ姿は、本作最大の名シーンだ。務めをまっとうできなかった面目なさと、真実が伝わらない、正義が貫けない、人権が守れない・・・、さまざまな悔しさを背負った無言の後ろ姿は、何度見ても胸が詰まるものがあった。


 原題は 『To Kill a Mockingbird (ものまね鳥を殺すこと)』。
 きれいな声で鳴いていたばかりに撃たれたマネシツグミの悲運を歌う、たしか童謡か何かからの一節だったと思う。隣人としての善意が身を滅ぼすことになる社会の歪みは、純朴な子供の瞳にどう映ったか。
 邦題は大ざっぱすぎ。芸も信念もない日本の配給の仕事は今も昔も変わらず。

 しばらくぶりに再見した今では、「卑劣な白人」「誠実な黒人」の構図や演技がステレオタイプすぎるきらいがあった。
 が、アメリカの良心、その代表的名作としての価値が揺らぐことはないだろう。
 
関連記事
00:08  |  アメリカ映画  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【『ガラスの仮面』全巻】 2019.09.08 (Sun)

ガラスの仮面第11巻≪亜弓版 『奇跡の人』≫

美内すずえ 『ガラスの仮面』 第11巻 ≪炎のエチュード(2)≫

ガラスの仮面~マヤ(白目・光)

 【マヤと亜弓のWキャスト!】

 『奇跡の人』 ヘレン・ケラー役の最終テスト。耳の聞こえないヘレンになりきって、突然の非常ベルにも動じないマヤと亜弓に軍配。サリバン役・姫川歌子の決断で、マヤと亜弓のWキャストに決定。


 「自分を忘れて別人物になりきる」マヤと、「理性的に演技を貫く」亜弓の資質の違いが初めて語られる。マヤを前にして 「どうしようもない不安感」 に駆られる亜弓。彼女が人間的な弱さを見せるのはほぼ初めてで、マヤに並ぶ「ガラかめW主役」として深い人間性を帯びていくのと同時に、後の重要なテーマ 「天才型のマヤ」「努力型の亜弓」 の対比につながっていく。
 一方、逆転で敗れてそれっきりの金谷英美。 「このまま捨てるにはおしい素材だ」 ←作者にそっくり言い返したい。
 (文庫版第6巻おわり)



 【稽古~それぞれの「奇跡の瞬間」】

 稽古場。母娘の情を捨てて迫真の演技をぶつけあう姫川歌子と亜弓。一方、マヤの演技は荒削りで型破りながら、歌子をして 「この子の演技にひきずられる」 と怖れさせる。

 物語のハイライト 「Water!」 の演技を研究するふたり。亜弓は洗濯機での感電で、マヤは顔にぶつかった水ヨーヨーの破裂で、ヘレン・ケラー 「奇跡の瞬間」の表現を獲得する。


  大福もち!


 ≪今週の真澄さま≫
 記者会見の場で敵意をあらわにするマヤに、芸能界の礼儀をきびしく教え諭す。

 ≪今週の桜小路くん≫
 久々登場。マヤとの再会でどぎまぎするふたり。絵には作者の愛情がこめられているようだ(竹宮惠子っぽい)。この頃になると絵に力を入れる場面と力を抜く場面を、のらりくらりと描き分けている。





 【亜弓版 『奇跡の人』】

 いよいよ 『奇跡の人』(ウィリアム・ギブスン原作) 開演。まずは亜弓版。

 あらすじ・・・目、耳、声に障がいを持つ「三重苦」の少女ヘレン・ケラー。その家庭教師としてアニー・サリバンが赴任する。サリバンは指文字や学問を教えるかたわら、野放図に育ったヘレンに厳しいしつけをほどこす。長く苦しい格闘の末、ヘレンは手に「水」がふれた瞬間、「water」 の言葉を発するのだった。


 鼻血のアクシデントも美しく見せる亜弓の舞台センス! これぞ正統派ヘレン・ケラー! 単純に 『奇跡の人』 マンガとして大いに感動した。連載も3年目に入り、マンガ演出の脂がのりにのっている。すべての劇中劇の中でも1、2の「My 亜弓ベスト」。

 なお、本作や映画などで語られているヘレンとサリバンの壮絶な格闘劇は、ほとんど大げさに脚色したものらしい。また本来 「奇跡の人 (The Miracle Worker)」 とは、奇跡を働きかけたサリバンのほうを指すのだそうだ。

 …次12巻はマヤ版 『奇跡の人』 開演。そしてもうひとつの対決?「たい焼き大食い決定戦」を!

 
関連記事
22:19  |  『ガラスの仮面』全巻  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ゴーヤ絵にっき】 2019.09.02 (Mon)

夏のゴーヤは小粒で苦い(&脱線しすぎ)

P1090071(縮小)


長い梅雨から酷暑の8月へ――。

プランターの “緑のカーテン” ゴーヤは、まずまずの成果が続いています。

栽培専用の種ではない「食べ播き」 なので小さな実ばかりだけど、早め早めの収穫で数だけは維持。

2株が2か月で30~40個くらい。


採れた実は、あれやこれやですぐ胃袋に消えていきます。日持ちするピクルスや干物にする間もなし。

売ってるゴーヤのほうが大きくて安いのですが、ギュッとしまった新鮮味はこっちのほうが上。


偶然芽が出たピーマンも、ようやく実がなりました! ・・・2つだけ。

もうひとつの偶然芽が出た組、トマトはダメだった。徒長(ひょろ伸び)しただけで止まった。

元の実を完熟させて、種も熟させないといけないんでしょう。

来年はゴーヤを休んで、トマトやピーマンの食べ播きリベンジをしてみるか。



東京は、お盆過ぎから“普通の”暑さに戻りました。朝晩は寒いと感じることも。

けっきょくバカ暑さは2週間程度でしたね。それはそれで夏好きにはさびしい。水星に移住計画中。
 
関連記事
19:55  |    ゴーヤ絵にっき  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑