【JAZZ】 2017.07.17 (Mon)

遅れて来たコルトレーン青の時代

J・コルトレーン『ブルー・トレイン』

今2017年7月17日は、ジャズ・サックス最大の巨人ジョン・コルトレーンの没後50年です。

膨大な録音、目まぐるしく進化していくスタイルの中でもやっぱり一番好きなのが、

初期の記念碑的傑作 『ブルー・トレイン』! (1957)

天才トランぺッターのリー・モーガンと、少年ジャンプみたいな華々しい超絶拳法を打ち合います。

(ぼくはむしろモーガンのほうがスゲーってなった。当時19歳(!)、モーガンにとっても生涯屈指の名演。)


のちに 「シーツ・オブ・サウンド」 と呼ばれた、とにかく音を 「敷きつめる」 演奏は、

30近くまで芽が出なかったコルトレーンのコンプレックスの裏返しとも言えるでしょう。

ぶきっちょだから美しい音が出ない。しゃべり続けないと間が持たない・・・。

体が小さいから音量より「間」で聴かせるしかなかったマイルスの真逆ってところがおもしろい。


このあとコルトレーンは深遠な精神哲学の海へと沈降していきますが、それは同い年(1926-)の

マイルス・デイヴィスも同様。 自分に満足できない人は変わり続けるしかなかった。


名門レーベル、ブルーノートでの録音は意外とこれ一作だけ。(だからタイトルが「ブルー」なの?)

同社のボス、アルフレッド・ライオンたっての招へいとあって、メンバー選びや内容など

自由にやらせてもらえたそうだ。

気の合う仲間と練りに練った自作披露の場を得て、本作はまだ 「出家前」 の明るいコルトレーン、

輝けるモダンジャズ黄金時代のキラキラした楽しさを聴くことができる。

コルトレーン31歳、遅かりし「青の時代」 と呼ぶにはぜいたくな逸品です。


 『Blue Train』
 ジョン・コルトレーン (tenor sax)
 カーティス・フラー (trombone)
 リー・モーガン (trumpet)
 ケニー・ドリュー (piano)
 ポール・チェンバース (bass)
 フィリー・リー・ジョーンズ (drums)

 1957年、ブルーノート



 ・・・モーガンだけじゃない、他のサイドメンたちも充実した熱演。
 この10年後、コルトレーンは40歳の若さでガンで亡くなるのだから、その衝撃と損失はどのくらいのものだっただろう。

 
関連記事
23:58  |  JAZZ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【欧州&世界映画】 2017.07.12 (Wed)

不愉快な幸福のカタチ~A・ヴァルダ『幸福('65仏)』

A・ヴァルダ『幸福』
アニエス・ヴァルダ監督 『幸福('65仏)』

 フランスの小さな田舎町。ひまわり咲く野山で憩う若い夫婦の一家。父に抱っこされ、母に手を引かれるヨチヨチ歩きの子供たちの、なんと愛らしいこと!(4人はほんものの家族だそうだ。)

 ボンコツながらも味のある古い型のライトバン。ふたり抱き合ってようやく収まる小さな小さなシングルベッド・・・。そして、時どき挿入されるひまわりの映像。カットバックの瞬間、色が乱れるぶっきらぼうな編集がヌーベルバーグっぽくてかっこいい。
 昔の映画フィルムならではのざらついた、けれど温かみのある画調は、日曜カメラマンの家族アルバムのようで親しみが湧いてきます。

 モーツァルトの室内楽にのせて、絵に描いたようなフランスの田舎の休日が描かれる。まさに絵に描いたような、これでもかとばかりの 「幸福」 にあふれた、アニエス・ヴァルダ監督1965年の映画 『幸福 〈しあわせ〉



 未見の方がいるのを承知でネタバレしますが、この映画はこんなにも温かい一家の愛で始まり、同じように一家の変わらぬ愛で終わります。

 ・・・が、それがたまらなく嫌な気持ちにさせるのです。
 べつに 「他人の幸福に嫉妬して」 なわけではないことは、実際にご覧になって追体験してみてください。怖ろしい映画です。

 はじめはこんなのに何千円も出させやがってと、DVDを割ってやろうかとすら思いました。フェミニストとして知られるアニエス・ヴァルダが、悪びれもせず、臆面もなくこんな映画を作ったことに失望もしました。

 でもふと思い返すと、気になって仕方ありません。少しずつ、不愉快な気持ちが自分自身への罪悪感のようなものに変わっていくことに気づきました。
 自分が幸福であればあるほど、不都合にフタをし、うわべだけの美しさに日々酔いしれている罪悪感。さらにはその罪悪感にすらフタをして、忘れて、あるいは気づきもせず生きている自分自身の姿を鏡で映された。



  
  【YouTube】 Le Bonheur (1965) Trailer


 一家「4人」の幸福をつづった予告編。核心の部分には触れていないのですが、物語を知ってからこれを見た方は“あのこと”に気づくでしょう。本気でゾッとします。(BGMはこのスリリングな 『アダージョとフーガ』 じゃなくて、どこまでものんびりな 『クラリネット五重奏曲』 のほうが、かえって怖いと思うんだけどな。)

 仏映画の “新しい波” ヌーヴェル・ヴァーグを先導したアニエス・ヴァルダ。その術中に見事にはまった、一本取られました。
 参った。
 
関連記事
22:00  |  欧州&世界映画  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ドラクエ6】 2017.07.08 (Sat)

ドラクエ6冒険記≪3.下レイドック~バーバラ加入≫

③アモール~ムドー直前
スライム(20)

 スーパーファミコン(SFC)版 『ドラゴン・クエストⅥ/幻の大地』 の冒険記。
 攻略マニュアルにはせず、感想とお役立ち情報程度にとどめています。
 “幻の大地”の意味が少しずつ明らかに。新しい仲間バーバラも加わります。

 ≪外部攻略サイト≫
入手アイテム (『D-navi』さん)
武器防具 (『D-navi』さん)
町の情報 (『ドラクエ&パズル』さん)




 【下: レイドック】
 もうひとつのレイドック王国。 初プレイ時は 「??」 の連続で、本当に物語に引き込まれた。
 

 ≪おもな買い物・宝物≫
★やいばのブーメラン/主+25、1500G、全敵攻撃。次話の洞窟宝箱でも取れるが、早めが便利。
★チェーンクロス/バチ+28、1200G、敵1群攻撃。バーバラに。ミレーユが装備できないのが残念。
★貴族の服/主チ+23、800G。のちにチャモロも装備可。

どくがのナイフ/ミバチ+24、まひ効果。防具屋たんすに。



☆  ★  ☆


 【アモール】
 上下の世界。水の町に住みついた老婆の過去。
 ※主役のジーナばあさんはもちろん、町の人たちも過去・現在・その後と変化することで、それぞれの生活感・人生観がより味わい深く伝わってきた (ジーナ・ファンの男性の三様がおかしかった)。次作 『Ⅶ』 にも通じる、名もなき市井のリアリティー。


 【アモール北の洞窟】
 ボスのホラービーストは「こんらん」攻撃が厄介。混乱にかからないミレーユのMPは道中温存しておき、「スクルト」 で守りを固めよう。ボスを倒すと帰路の魔物は出なくなる。宝箱はこの時ゆっくりと。(再訪すると出没。メタルスライムが出るのでレベル上げ修行の場に。)
 ※のちのちこのアモール洞窟内では 「仲間モンスター」 にならないので注意!

 ≪アモールのおもな買い物・宝物≫
鉄のむねあて/主ハミバ+23、1000G。ほとんどの仲間モンスターも装備可。少し後に宝箱で1個入手。
鉄のよろい/主ハ+25、1200G。「胸当て」よりお下がり先が限られるので△。
鉄のたて/主ハ+16、720G、炎氷5p減。
鉄かぶと/主ハ+16、1100G。しばらく後に宝箱でも手に入るので1個買えばいい。

アモールの水/120G。HPを50pほど回復。タルやツボでいくつか手に入る。
うさ耳バンド/女+20。上アモールたんす。(のちドレッサーコンテストでボーナス点がつく。)

鉄のつめ、やいばのブーメランなど/洞窟の宝箱。
★はやてのリング/すばやさ+30の装備品。お話の最後に入手。



 ※“幻の大地” にもあったもうひとつのレイドック王国に、初プレイ時は「??」の連続でした。地理地形や住んでいる人たちが微妙に違うのはどういうことなんだろう?
 眠らない王と眠り続ける王、“ソルディ”を夢見るトム兵士長、そして上下の世界がより表裏一体となったアモールの町で、なるほどこの物語世界の構造が分かり始めてきた。人々の見る 「夢」 が具現化したもうひとつの世界・・・。“幻の大地” とは、「下」ではなく「上」の世界だったんだ!



☆  ★  ☆


 【月鏡の塔】
 下レイドック北、伝説の鏡がねむる塔。
 1階の小ボスども(ポイズンゾンビ3体)にはマヌーサが効く。出没モンスターは強いので、無理せず逃げたり何度かに分けて攻略するとよい(外観部は即ルーラ可)。※特にマホカンタやモシャスが厄介な「あくまのカガミ」には、ハナから逃げまくりでした。
 バーバラ登場。戦力になるのは塔の攻略後。※バーバラ正式加入後、マーズの館がタダ宿に。(~セバスの兜まで)

 ≪おもな宝箱≫
鉄のむねあて/主ハミバ+23。塔の地下1階宝箱。小ボス戦の前に取っておこう。
ラーの鏡/シリーズおなじみの名物アイテム。



 ドラクエ&鳥山明らしい、人なつっこく元気のいい「いえでむすめ」 バーバラは、呪文に特化した典型的な魔法使いタイプ。身体能力は低いので、馬車内からのサポート専門になるだろう。武器装備はお下がりでいい。 (仲間になりたてモンスターたちの熟練度上げ修行の時には、弱い敵を相手に活躍してくれる。)
 職業は 「魔+僧⇒賢者Lv.6ザオリク」 まで一気に駆け上がろう。そのあとは誰も目指していないマイナーな職業にでも。(賢Lv.8イオナズンを省くと戦闘120回ぶんも浮く)。
 主人公同様、「ルイーダの酒場」に預けることができない。

 ※公式攻略本・上下巻の表紙は「主人公、ハッサン、ミレーユ」と「テリー、チャモロ、バーバラ」の絵が対になっていたので、バーバラはミレーユの別の姿なのかな、なんて物語の謎をいろいろ想像していました。


 ・・・次回はいよいよ魔王ムドーとの決戦だ!
 「まってっ! あたしは ここに のこるわ。」

 
関連記事
17:16  |    ドラクエ6  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ゴーヤ絵にっき】 2017.07.03 (Mon)

【水耕栽培】 トマト&ナス収穫!


P1080209 (20)


発泡スチロール箱で水耕栽培しているミニトマト、実りの季節です!

苗を買ってきて1ヵ月くらいの6月中旬に初収穫。


味は濃く、しっかりつまっていて美味い。

いま花がどんどん咲いて、少しずつ収穫量が増えているところです。


ナスも遅ればせながら花から実へ。つい先日、第1号を収穫しました。

でも実が曲がり、あまり大きくもならず、皮が固くて口当たりがよくなかった。

オムライスの中へ、小さく賽の目にしてごまかした感じになりました。

それでも、実ってくれただけでも感謝。そういうことで納得しています。


・・・いよいよ夏本番、わが家のにわか仕込みの野菜ファーストは大躍進なるか?

それとも、忖度と慢心で一敗地にまみれる方になるのか??

いざ、刮目して待て!
 
関連記事
08:09  |    ゴーヤ絵にっき  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【どうわ】 2017.06.27 (Tue)

吾輩は赤ちゃんで ある(第7話)

夏目漱石イラスト

 その後吾輩は、たびたび車屋の黒と邂逅(かいこう=めぐりあう)する。邂逅するごとに彼は気焔(きえん)を吐く。先に吾輩が耳にしたという不徳事件も、実は黒から聞いたのである。
 或る日、例のごとく吾輩と黒は、暖かい保育ルームで寝転びながらいろいろ雑談をしていると、彼はいつもの自慢話をさも新しそうに繰り返したあとで、吾輩に向って下のごとく質問した。
 「おめえは今までに、離乳食を何杯食った事がある?」

 智識は黒よりもよほど発達しているつもりだが、腕力と勇気とに至っては到底黒の比較にはならないと覚悟はしていたものの、この問いに接したる時は、さすがに極(きま)りが善くはなかった。けれども事実は事実で詐(いつわ)る訳には行かないから、吾輩は
 「実は食おう食おうと思ってまだ食わない」
 と答えた。黒は彼の鼻の先からぴんと突張っている長い唇をびりびりと震わせて、非常に笑った。

 元来、黒は自慢をするだけにどこか足りないところがあって、彼の気焔を感心したように咽喉(のど)をころころ鳴らして謹聴していれば、はなはだ御しやすい赤ちゃんである。吾輩は彼と近付きになってから直(じか)にこの呼吸を飲み込んだから、この場合にもなまじ己(おのれ)を弁護してますます形勢をわるくするのも愚である。いっその事、彼に自分の手柄話をしゃべらして、お茶を濁すに若(し)くはないと思案を定めた。そこでおとなしく
 「君などは年が年であるから、だいぶ食ったろう」
 とそそのかして見た。果然、彼は墻壁(しょうへき)の欠所(けっしょ)に吶喊(とっかん)して来た。(「果たして、防壁の弱点に突貫してきた」。ここぞとばかり乗ってくるさま)

 「たんとでもねえが、三四十は食ったんじゃね?」
 とは得意気なる彼の答えであった。彼はなお語をつづけて
 「白米の百や二百はひとりでいつでも引き受けるが、納豆ってえやつは手に合わねえ。一度納豆に向ってひどい目に逢った」
 「ふん」 感心して見せる。
 「離乳食ってけども何、大人の食い物を薄めて潰したぐれえのものだ。こん畜生って気でがっついて、とうとう泥みてえな粥を食い尽くしたと思いねえ」
 「うまくやったね」 と喝采してやる。
 「ところがおめえ、納豆ってえ段になると奴め、最後っ屁をこきゃがった。臭えの臭くねえのって、それからってえものは納豆を見ると胸が悪くならあ」
 彼はここに至って、あたかも去年の臭気を今なお感ずるごとく両手を揚げて、鼻の頭を二三べんなで廻わした。吾輩も少々気の毒な感じがする。ちっと景気を付けてやろうと思って
 「しかし君なら保育園に入れば人気者だろう。君は親御さんが料理の名人でご馳走ばかり食うものだから、そんなに肥って色つやが善いのだろう」

 黒の御機嫌をとるためのこの質問は、不思議にも反対の結果を呈出(ていしゅつ)した。彼は喟然(きぜん=嘆く)として大息していう――
 「考げえるとマジむかつく。いってえ役人ほどふてえ奴は世の中にいねえぜ。いくら親が稼いで育児休暇をとったって、0歳のうちから公立保育園に登録しないと定員が埋まって入れねえと言うじゃねえか。それじゃ育休取った意味がねえってもんだ。
 うちの知事なんか税金でファーストクラスだかスイートルームだか取ってる癖に、碌(ろく)に保育園をつくった事もありゃしねえ。おい役人てものァ、体のよい泥棒だぜ」

 さすが無学の黒もこのくらいの理屈はわかると見えて、すこぶる怒ったようすで頭の毛を逆立てている。吾輩は少々気味が悪くなったから、いい加減にその場を胡魔化(ごまか)して家へ帰った。
 この時から吾輩は決して離乳食は食うまいと決心した。黒の子分になって保育園を回ってあるく事もしなかった。保育園に落ちて日本が死のうが寝ていた方が気楽でいい。無愛想の家にいると息子も親のような性質になると見える。要心しないと今に胃弱になるかも知れない。

 つづく

 
関連記事
20:33  |  どうわ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【きょうのごあいさつ】 2017.06.22 (Thu)

夏至の無駄使い

ミヤコワスレ (4)20
(ミヤコワスレ)


夏至の日は休みだったのに、あいにくの雨模様でした。

家に籠ったきりなので2、30分昼寝しようと思ったら、2時間寝てしまいました。

夜、目が冴えまくりです。

見上げれば暗い雲。今年も夏至を無駄使い。


♯ ♯ ♯


夏至で思い出したので、気を取り直して、現代ベトナムを代表する映画監督トラン・アン・ユンの

作品 『夏至』 をご紹介。2000年。


  
  【YouTube】 Mùa hè chiều thẳng đứng (2000) - Trailer


トラン監督らしく、亜熱帯ベトナムのしたたるような 「湿度」 が伝わる、豊潤な色彩と映像美。

お話は平凡で面白くないです。だから予告編で雰囲気だけどうぞ。

 
関連記事
18:56  |  きょうのごあいさつ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【  NBA】 2017.06.17 (Sat)

【NBAファイナル2017】 ウォーリアーズ優勝!

NBAロゴ
 米プロバスケNBAは、ゴールデンステート・ウォーリアーズの2年ぶり優勝で幕を閉じました。
 クリーヴランド・キャヴァリアーズとのファイナル決勝戦は、史上初の3年連続同一カード。人気スター軍団どうしで楽しんだ人も多かったでしょうが、彼らの見境いのないスター買いあさりに幻滅して、もうファイナルは見ませんでした。(ウォリアーズ4勝1敗)
 また、ひいきのスパーズのレナードが、危険で卑劣なやり方(ジャンプの着地点にGSWのパチュリアがわざと足を入れた)でケガを悪化させられたのも大きい。
 そんなわけで、すっかり忘れていたプレイオフ中盤戦の展望と結果について、遅ればせながら投稿しておきます。


 ≪西① ゴールデンステート・ウォーリアーズ vs. ⑤ ユタ・ジャズ≫
 ウォーリアーズ4勝0敗。地方小球団ジャズは、新司令塔ジョージ・ヒルを故障で欠くようではあり余る戦力の優勝候補に勝てない。
 ここまで負けなし8連勝のウォリアーズは、中5日の余裕をもってうるさいスパーズと西の頂上決戦。不安なのは、スティーヴ・カーHCがまたも腰の手術で1回戦途中から離脱していること。代わりにマイク・ブラウン助監督が指揮を執っているが、彼は'14年スパーズ優勝時の相手キャブス監督。雲の上の名将グレッグ・ポポヴィッチに借りを返せるか。(誰が指揮しても勝てるって、もうプロの仕事じゃないよ。)


 ≪② サンアントニオ・スパーズ vs. ③ ヒューストン・ロケッツ≫
 スパーズ4勝2敗。ロケッツは水モノの長距離砲が当たればとんでもなく強かったが、当たらなければスパーズの堅実組織戦術にチグハグ沈黙。意外にも守備が充実していたこともあって、良くも悪くもロケッツに振り回された印象のテキサス対決だった。(それだけに最終戦、疲労蓄積とはいえ覇気のないジェームズ・ハーデンのプレイ態度には大きく失望させられた。)
 スパーズはトニ・パーカー(残り絶望)クワイ・レナードの新旧エースが負傷欠場する緊急事態。代役のパティ・ミルズジョナソン・シモンズらがしっかり穴を埋めたのはさすがだったが、正念場はこれから。レナードは次のウェスト決勝には復帰できそうだ。ほか、高さのパウ・ガソルが機能していないので、彼を外す手もありそう。
 (⇒西の決勝はウォリアーズ4勝0敗)


 ≪イースタン・カンファレンス≫
 “キング”レブロン・ジェームズ率いる東の大本命クリーヴランド・キャヴァリアーズ②も負けなし8連勝。東首位だが対抗馬あつかいのボストン・セルティックス①は、妹さんの交通事故死に見舞われたエースのアイザイア・トーマスが何とか踏ん張って、東の決勝に駒を進めた。いずれにせよキャブス優位は揺るがず、面白くない。
 (⇒東の決勝はキャヴス4勝1敗)



 ・・・トランプや安倍なんかが牛耳る現実世界同様、露骨で醜い格差の広がりと強者の横暴に、NBA全体への興味がどんどん失われています。
 来季もスパーズだけ見ることになるのかな。
 
関連記事
22:11  |    NBA  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑