FC2ブログ

【日本映画】 2018.10.17 (Wed)

『お茶漬けの味('52日)』 はお口に合いまして?

小津安二郎『お茶漬けの味』

 BSで黒澤明小津安二郎の映画を特集していました。小津の何本かは観たことがなかったので、保存用に録画しました。
 その一本、中年夫婦の倦怠期を描く 『お茶漬けの味』。1952年。田舎育ちで無口な夫(佐分利信)と、お嬢様として育った勝気な妻(木暮実千代)のお話。


 最初の1時間は、キャラクターが退屈でたまらなかった。
 温泉宿での「女子会」の、男の筆が見えるリアリティのなさ。古い日本の女の家庭観・男女観に付き合わされるのはつらい。彼女たちがそれ以上に古い日本の男にうんざりしているように。新憲法からまだ5年、彼らが礎とする社会の幼稚さ未熟さが垣間見える。
 小津が造形する若者像も相変わらずつまらない。お見合いをすっぽかした姪(津島恵子)が叔父の家に逃げてくるって、まぁご都合よろしいこと。彼女に自分の世界はないのかしら。お友達いないのかしら。

 後半ようやく、積もり積もった妻の不満が爆発してお話が動き出す。
 「鈍感さん」とあだ名された夫は自分の野暮無粋を詫び、「君は君のままでいい」と歩み寄る。ところが今度は妻の方が話し合いを拒否、ボタンの掛け違いが重なっていく。
 そこで派手な仕掛けを用意するでなく、時間の経過と人間の良識を信じて「雪解け」していくのが小津らしい自然な味つけ。(考えこむ妻のカットに頼りすぎではあるが。)


 お手伝いさん(感情がない役なのに重要に映る小園蓉子に家事いっさいを任せている、生活のリアルに追われる必要のないエリート家庭の物語。だからこそラスト、なんてことない「お茶漬けの味」が格別なものになるのだろう。
 ツンの後のデレが小津にしてはくどすぎたのと、「男は中身だ」と説教くさい結び。ようやく小津が分かる歳になったのに、またガクンときた。口直しには何がいいだろうか。


『お茶漬けの味 (1952松竹)』

監督/小津安二郎
脚本/小津安二郎、野田高梧
撮影/厚田雄春 (前後へのドリー<移動>撮影が新鮮な情感!)
音楽/斎藤一郎

主演/佐分利信、木暮実千代、津島恵子、鶴田浩二、淡島千景
(こういう勝気な女性をやらせたら、木暮姐さんの右に出るものなし。もっとも脇の淡島姐さん共々、まだ力をセーブした変身前のフリーザ様って感じ。こんなものではありませんよ。)


 
関連記事
18:53  |  日本映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【欧州&世界映画】 2018.10.11 (Thu)

脱獄するなら…ベッケルの『 穴 ('60仏)』

ジャック・ベッケル『 穴 』

ジャック・ベッケル監督の遺作となった映画 『穴』。1960年フランス。

刑務所からの脱獄を企てる囚人一味の、世にもあざやかな“プロ”の計画。


大予算のアメリカ映画とはひと味違う、フランス映画らしい硬派なつくり。

音楽はなく、ただ無感情に機械的に掘られていく穴、穴、穴・・・。


たとえばヒッチコックなら、穴を掘る囚人と近づく看守を交互に見せて、スリルを盛り上げるだろう。

しかし本作のカメラは狭苦しい監房に寄り添い、穴を掘る手元を写すだけ。

周りの状況が見えない、判らないからいつ破たん<カタストロフィー>が来るやも知れず、ハラハラ!

一方で、画面の横から伸びてくる手が土をかき出し、次の道具を受け渡す――

――そのチームプレイ、手際の良さときたら!

その職人仕事に感心すらしました。 あんたがた、じゅうぶんシャバで食ってけるでしょうよ。


鏡の破片と歯ブラシで“潜望鏡”を作ったり、土質や刑務所内部など描写は詳細にわたる。

砂時計も手作り。見てきたかのような名アイディアの数々。

それもそのはず、計画を主導するリーダー格の男は、この事件のモデルとなったご本人・・・

・・・って実話だったのかよ! しかも本人出演って!


堅いセメントをほんとに打ち壊していく轟音と息遣いが、これもまた「人間の営み」であることを

かろうじて思い出させてくれる。かろうじて。

ハリウッドの痛快娯楽 『大脱走』 にはない、この突き放したつめたさがいい。


ふたつの大戦や旧植民地諸国との独立戦争で疲弊・閉塞しきった、戦後フランスの「あきらめ」や

蟷螂(とうろう)の斧に似たむなしい「あがき」が突き刺さる、脱獄ものの傑作です。

牢獄から逃げおおせたところで、この世界のどこに自由があるのだろう?
 
関連記事
08:00  |  欧州&世界映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【きょうのごあいさつ】 2018.10.03 (Wed)

十月の蚊

043(20).jpg


10月だというのに、公園に行ったらいまだに蚊に刺されます。

下水溝がそこらにあり、温暖化がすすむ都会暮らしの忌むべき宿命。


さまざまな病気を媒介し、「人類の命を奪う生物」 堂々第1位の蚊。(ちなみに2位は同じ人類。)

絶滅させたらノーベル医学賞と平和賞、ダブルであげてもいいと言われるほどの人類の悲願です。

花の受粉や食物連鎖では役に立っているという意見もありますが、こちとらもう知ったこっちゃねえ。

「不妊」の遺伝子操作をした蚊を放つというプロジェクトも、その安全性も含めて注目しています。

たとえ悪魔と結ぼうとも・・・。(ドォォン)


それから、1年ぶりくらいに献血に行きました。

あいかわらずバカみたいに健康でした。

 
関連記事
19:07  |  きょうのごあいさつ  |  コメント(4)  |  EDIT  |  上へ↑

【全世界音楽】 2018.09.26 (Wed)

追悼…アレサ・フランクリンといえばこれ!

アレサ・フランクリン『B・B』(加工)

8月に亡くなられた 「ソウルの女王」 アレサ・フランクリンさん。


思い出すのは1980年の映画 『ブルース・ブラザース』 へのゲスト出演です。

「女王」の彼女が演じるのは、よりによってうす汚い安食堂のおかみ。

バンド再結成の誘いに浮かれる夫に、自身1968年の曲 『Think』 を歌って聞かせる。


 「あんた、ガキみたいなこと言ってないで、もっとよく考えなさいよ。
  付き合わされる方はたまったもんじゃないわ」

 


と、まさにぴったりな歌詞。


  【YouTube検索ページ】 Aretha Franklin Think


なんという声量! オリジナル版よりゴージャスに、2倍激しく!

張本人の“B.B.”もダンスに加わって、それがまた素人くさい感じなのが笑える。


なお、歌は別撮りなので、ところどころ演技と合っていないのはご愛敬ってことで。

アレサのCDは何枚か持ってますが、彼女は「録音」より「舞台」のひとだったのかな。

お目当てのステージの動画を探したけどなかった。(人様の著作物なのでほどほどにしときます。)

だとしても、この 『Think』 を観たファースト・インパクトがちょっと凄すぎて、

いまだにアレサ・フランクリンと言えばこれです。


またひとつの時代が終わりました。合掌・・・。
 
関連記事
19:49  |  全世界音楽  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ベランダでメダカ】 2018.09.20 (Thu)

秋のメダカ&ゴーヤ


P1080748.jpg


ようやくあの殺人的な夏が終わりました。

ベランダ水槽のメダカちゃんたちも、ひと息ついたことでしょう。

今年生まれた5匹は約2cm、いまや立派なメダカの姿に。(写真。親世代はこの1.5倍の大きさ。)

昨年組のようにおどおど弱々しいところもなく、エサにすっ飛んでくる図太さが頼もしい!

元気すぎて(というよりぼくがヘタすぎて)、いくら撮っても写真はブレまくりです。


# # #


ゴーヤ・プランターもまだまだ絶好調。現在2本の株に計10コくらい。

土の表面近くまで張りだす根っこ――、これも元気な証拠。

盛り土に盛り土を重ねて、プランターがてんこ盛り状態なのがうれしい悲鳴です。


欲張らずに早めに収穫するので停滞せず、次の実がじゃんじゃん生(な)ってくれます。

10月いっぱいまであと1、いや2サイクルくらいはいけるか。

保存用のピクルスにも飽きたので、ぬか漬けにしたいんだけどな。でもめんどくさいな。
 
関連記事
20:28  |    ベランダでメダカ  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【アメリカ映画】 2018.09.13 (Thu)

『大いなる西部 (1958米)』、対立の構図


大いなる西部(ポスター)


 名匠ウィリアム・ワイラー監督、グレゴリー・ペック主演の映画 『大いなる西部』。1958年。

 西部開拓時代のテキサス。ふたつの大農場の争いに巻き込まれた東部出身の男が、静かなる闘志と強固な精神によって困難に立ち向かっていく物語。
 西部劇といっても撃ち合いやアクションはあまりなく、雄大な自然の下での人間模様をスケール豊かに描く、ワイラー円熟の逸品です。
 有名なテーマ曲(ジェローム・モロス作)は、日本のテレビ番組でも「大いなるアメリカ西部」のイメージでよく使われていますね。カッコいい! 

 主人公の婚約者 「テリル」 という姓は初めて聞いたので調べたら、アングロサクソン系の苗字なんだとか。 つまり先祖はイングランドで、宗教はプロテスタント。
 その立ち居振る舞いから分かるとおりエリート志向が強く、「WASP (ホワイト、アングロ・サクソン、プロテスタント)」 といえばアメリカ保守派の代名詞になりました。
 もっともらしい正義を掲げて 「私的な戦争」 を始める独善は、21世紀のブッシュまったくそのまま。 理不尽であっても主人の後を1人2人と部下が続くシーンは、感動的な演出のようでいてゾッと寒気がした。

 一方、敵対する 「ヘネシー」 家はアイルランド系の苗字。(かの有名なコニャック・ブランデーを始めたリチャード・ヘネシーも、アイルランドから渡仏した移民。)
 アイルランドの宗教はカトリック。 イングランドとは領土や宗教問題で根深い対立を抱えているのはご存知の通りです。アメリカの観客にすれば、この両家の名前・風貌・言葉のなまりなどから、憎しみあっていることがひと目で分かる構図になっているのでしょう。
 アイルランド系の「負」のステレオタイプである、無教養な荒くれ息子たちはどうしようもないバカですが、親父さんは物事の道理が分かるひとかどの人物であることから、観客は両家を公平に見ていられるようバランスがとられています。(演じたバール・アイヴスがアカデミー助演男優賞を受賞したことから、アメリカ人観客もじゅうぶん彼らにシンパシーを感じたのだろう。)


 そして主人公 「マッケイ」。 あたまに 「Mac、Mc」 がつくのは 「~の子」 という意味の、典型的なスコットランド系の苗字。スコットランドではカトリックとプロテスタントが拮抗しており、両派の仲裁役としてまさにうってつけ。
 そもそも演じるG・ペックその人も、イングランドとアイルランド両方の血を引いているのだから、これ以上ないハマリ役です。(あと主人公は船長だというから 「海vs.大地」の気質という比較もできる。)

 ほか 「東部の人間=上品、教養、ずるがしこい、冷酷・・・」、「西部の人間=勇敢、義理人情、無知無学、野蛮・・・」 という対立構図もアメリカ映画の定番だし、ジーン・シモンズ演じるもうひとりのヒロイン 「マラゴン」 はスペイン系みたいなので、これも国境地帯テキサスでは大きな意味を含んでいます。

 ちなみにワイラー監督は、長く仏独が領有を争ったアルザス地方出身のユダヤ系。彼が生まれたときはドイツ領でしたが、現在はフランス領という複雑さ。ワイラーもまた、相容れない宿敵どうしの争いを肌に感じて育った人でありました。
 
関連記事
20:11  |  アメリカ映画  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【ニュース&カルチャー】 2018.09.07 (Fri)

行かないで、放送大学・・・

東大・安田講堂 (2)
(東京大学・安田講堂)

テレビの放送大学で『歴史からみる中国』という講座番組をやっていたので録画しました。

中国四千年の歴史を、3人の講師が10数回にわたってリレー。2013年の再放送らしい。


最初の講師は華の古代史の激動を、気候変動や農工業の変遷などの視点を交えながら読み解く。

(採れなかった作物が採れる、採れていた作物が採れなくなる、といった気候変動や環境破壊――)

単なる英雄譚に終わらせず興味深かった。

2人目、中世担当の講師はウィキペディアに載ってるレベル。これで金取られるならかなわん。

3人目、近現代担当は「自分はそう思わないが」「必ずしも成功したわけではないが」などと

中途半端な主観が一言多くて嫌味たらしかった。

そのくせ日本やイギリスなど侵略者への舌鋒はずいぶん甘いし。


放送大学はこの9月いっぱいでBS放送だけになるらしい。

ラジオのFM放送は朝の目覚ましがわりにしていたので残念です。

しゃべりの素人がボソボソ棒読みするだけなので、穏やかな目覚ましにはピッタリだったのになあ。


 いま海外の大学を先頭に、“授業”のスタイルが変わりつつあるらしい。

 教師の授業はインターネット動画にして、学生はそれを自宅で見る。学校の教室ではそれに対する宿題や質問、議論などに充てる――。

 「学校の授業は先生が一方的にしゃべるだけの居眠りタイム。家での宿題は適当にこっそり丸写し」という、今までの退屈なお勉強の風景。だったら図式・役割を逆にしたらいいじゃないかという、まさに逆転の発想。
 インターネットの導入は学校・学生にとっていくらか負担増になるかもしれませんが、高い授業料払って居眠りするよりはずっと有意義。
 日本の大学のあちこちでも講義の動画をオープンで無料配信しているので、みなさんも学問の秋にどうぞ。「OCW (オープン・コース・ウェア)」 で検索を。

 放送大学さんの棒読み講義を観ていると、彼らはこの変革の波の先頭に立てるのか、生き残れるのか。余計なお世話ながら気になっているところです。


 
関連記事
00:06  |  ニュース&カルチャー  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑