FC2ブログ

【『ガラスの仮面』全巻】 2019.06.18 (Tue)

ガラスの仮面第7巻≪舞台あらし≫

 美内すずえ 『ガラスの仮面』 第7巻 ≪舞台あらし(1)≫
 ・・・引き続きマヤの栄進座出演(『おんな河』たず役)と、亜弓の『王様とこじき』公演。マヤは天性の無邪気さで年配客を、亜弓はアドリブを交えた多彩な演技で子供たちの心をそれぞれ虜にしていく(第6巻)。
ガラスの仮面~マヤ(白目・光)
「元の絵はこの記事…!」

 【栄進座出演】

 マヤ、背負った赤子人形の首がもげるというライバルのいやがらせも、何食わぬ笑顔でみごとに切り抜けてみせる。あたたかい喝采に包まれる舞台。しかし座長・原田菊子の厳しい目は、マヤが主役の演技を食ってしまう 「舞台あらし」 であることを見抜くのだった。(原田「あの子…こわい子ね…」 月影「まあね…」
 以後、栄進座から音沙汰はなく、アルバイトで赴いた大学の演劇サークルからも才能を妬まれてお払い箱になってしまう(園児を相手に即興ひとり芝居の『白雪姫』)。


 共演者を食ってしまう「舞台荒らし」…。マヤの才能が向かうところ敵なしだからこそ、重大な欠陥となることが明らかに。その理詰めの展開にやられた。巧い、巧すぎる!



 【『嵐が丘』 公演】

 マヤ、夏江梨子主演の舞台 『嵐が丘(E・ブロンテ作)』 の審査テストに参加。東洋劇場会長の肝いりで、本命候補の絵島由紀らを差し置いて主人公キャサリンの少女時代役に大抜擢される。
 はじめは地味で不器用ながら、またたく間に役柄をつかんだマヤ迫真の表現力に、共演の「ヒースクリフ」役の真島良は演技を越えて心を奪われていく。


 仕事をなくして失意のマヤ、いかにもマンガ的な楽観思考であっけなく立ち直り(「マスターのおじさん!カフェ・オーレおかわり!」)、再び快進撃。 芝居をすれば天才的、相手役に惚れられ、BFの桜小路にはやきもちを焼かれ…と公私に充実。 少女の夢を盛りこむ読者サービスに抜かりはない。
 そんなマヤの性格を「単細胞」「お調子者」と笑う意見もあるが、だからこそ読者は楽しく安心して読み続けていられる。バブル崩壊後の作品だとだんだん先鋭化して、ここまで広く大衆の支持は得られないだろう。

 (追記…まさかその『ガラかめ』自身が、バブル崩壊後の内向的なヘリクツ物語になるとは・・・!)


今週の月影先生…病院のテレビで亜弓の演技に食い入る。もしかして亜弓も 「紅天女」 後継者
            に・・・?
今週の桜小路くん…劇中の「ヒースクリフ」にやきもち。亜弓~月影に次ぐ通算3度目くらいの
             「白目」(今はまだ1巻に1白目くらいのペース)
今週のマヤ母…久々登場するも、血を吐く。
今週の「紫のバラのひと」・・・月影の病室に毎日のように紫のバラを贈っている、と青木麗の談。


 
関連記事
23:54  |  『ガラスの仮面』全巻  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【この本!】 2019.06.13 (Thu)

太宰桜桃忌に寄せて(再)

 太宰治(1909.6.19~1948.6.13)の桜桃忌に寄せて・・・。初出記事

「はしょれメロス」
はしょれメロス

     メロスは激怒した。
     /メロスは、いまは、ほとんど全裸体であった。
     メロスとセリヌンティウスは/ひしと抱き合った。
     暴君ディオニスは/顔をあからめて、こう言った。
     「おまえらの仲間の一人にしてほしい。」
     メロスは、まごついた。
     「メロス、君は、まっぱだかじゃないか。
     /私は/メロスの裸体を、皆に見られるのが、
     たまらなく口惜しいのだ。」
     勇者は、ひどく赤面した。
 

 
関連記事
00:04  |  この本!  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【はじめてのパソコン】 2019.06.06 (Thu)

さよならFirefox

paleMoon 2017
(Firefoxの姉妹版「Pale Moon」。昔ながらの分かりやすいボタン)

 インターネット・ブラウザーの「Firefox(ファイヤーフォックス)」が謎の全世界的クラッシュして1ヵ月。

 我が家のパソコンも大混乱の末に何とか落ち着きましたが、「遺産<レガシー>」と呼ばれる旧式のアドオンなど、だましだまし使っていた個人設定を勝手に!削除されてしまった。
 あとに残されたのはカスタマイズという自由を捨てた、メモリだけはバカ食いの、「Google Chrome(グーグル・クローム)」の後追い・サルマネで余命をつなぐFirefox最新版だけ。こいつがパソコン全体の足を引っ張るほどバカ重い!

 もう潮時だな・・・。

 うちは姉妹版の「Pale Moon(ペール・ムーン)」をメインに格上げしたので、本家Firefoxの地位は急速に没落。パソコン内には化石「Internet Explower(IE)」もあるので、「オワコン」ブラウザは2つもいりません。

 ・・・というわけで、10年お世話になった「Firefox」をアンインストールしました。

 もしかしたらまた便利に進化するかもしれませんが、その時はその時。積み上げてきた個人設定を守れないこいつを残しておいたってね。
 ほな、バイなら。

 かくして席がひとつ空いたいま、「Pale Moon」同様にFirefoxの古いレガシー・アドオンを使えるという派生ブラウザ「Waterfox(ウォーターフォックス)」を新たに加えてみようか思案中です。ほか、旧「Opera」の技術陣が作ったという「Vivaldi(ヴィヴァルディ/Chrome系)」はとにかく速いらしい。
 (・・・後日ご報告できれば。ほんとは足して2で割った「Firefox系で軽い」やつが欲しいんだけどな。Chrome系は「SRウェア・アイアン」に満足してるからいらないんです。)

 こういう姉妹・派生ブラウザーの不安は、安定して開発が続くかということ。プライバシー強化で注目されていた「Cyberfox(サイバーフォックス)」も頓挫しちゃったし。
 Firefoxの没落が新たな地殻変動のきっかけになってくれないと、こっちも浮かばれません。ひとり勝ちで慢心するグーグル・クロームの牙城を脅かすような切磋琢磨に期待。

 
関連記事
20:46  |  はじめてのパソコン  |  コメント(2)  |  EDIT  |  上へ↑

【『ガラスの仮面』全巻】 2019.05.30 (Thu)

ガラスの仮面第6巻≪プロの世界へ≫

 美内すずえ 『ガラスの仮面』 第6巻 「あした草 (2)」
 劇団を失った月影の負担を減らそうと、独力でさまざまな演劇のオーディションに挑戦するマヤ。一方、すでに『紅天女』の主演を目標に定め、演技の幅を広げようと試みる亜弓。ふたりはそれぞれ広いプロの世界へと巣立っていく…。

ガラスの仮面~マヤ(白目・光)
「あたらしいTOP絵…こわい絵!」

 【映画初出演】

 マヤの映画初出演は、アイドル田淵エミ主演の 『白い青春譜』。足が不自由な「ただの通行人」役を死にもの狂いで演じるマヤの熱意に、周囲は圧倒される。
 「思い出したわ…あの子よ」 「姫川亜弓と互角にたたかい…一人舞台で一般投票第1位という経歴の持ち主だ」 「甘かった…はずかしいわ」 「アップ…こんなに大きく…名前もないチョイ役なのに」


 端役もいとわず 「あしたへの第一歩、あしたへのレッスン」 と演技に打ち込むマヤの情熱と根性。ひと昔前の定番メッセージではあるが、今の時代だからこそかえって心を打たれた。
 ここまで 「他にとりえがない平凡な子」 ぶりが強調されているが、マヤの演技力は向かうところ敵なし。失格処分、劇団崩壊、ライバルのいやがらせなどの試練に見舞われても、人生やアイデンティティ(つまり演技)の危機にまでは踏み込んでおらず、若年層向けのヒロイン成長記として安心して読める (当時の読者はハラハラだったでしょうが…)。文句なしに面白い。


今週の月影先生・・・『紅天女』権の譲渡を迫る真澄に激昂して昏倒。
             (途中、第4巻の亜弓(劇中劇『灰の城』)以来2つめの「白目」。)
今週の「紫のバラのひと」・・・倒れた月影の入院費負担。


 マヤたち、先に『ジーナ…』を妨害した元劇団員からオンディーヌの陰謀を聞かされ、真澄への怒りを新たに…。その直後の「紫のバラ」。 読者が真澄をひどい人間だと思わないのも、こういうマメさがあってこそ。ほんとうの「紫のバラ」の贈り先は、作中のヒロインではなく読者その人たちなのだろう。



 【商業演劇の世界へ】

 前後して、中学の演劇部 『古城の愛』 での女王役(…地味な端役が続くので読者サービスか…)を経てプロの商業演劇の世界へ。原田菊子ひきいる栄進座 『おんな河』 の子守「たず」役。
 原田の言葉を借りて、マヤが『紅天女』候補であることが明示される。

 一方、スター街道まっしぐらの亜弓は 『王様とこじき (マーク・トウェイン作)』の舞台に主演。体を張った「道化役」や「汚れ役」で新境地を開拓。役作りのために、実際に街頭で物乞いをするほどの凄まじさ。


 亜弓の貴重なショートヘア姿。 マヤに負けじと亜弓の役作りも壮絶を極めていく (「いいえ 負けたくない マヤ…あの子にだけは…!」)。この頃はまだ「あたしには天性の才能がある」 と 「亜弓=天才型、マヤ=努力型」 の図式で語られており、亜弓も(作者も)また、試行錯誤の只中にいるのが分かる。
 …しかし美人は何やっても絵になるなあ。(ブラックデビル!)

 
関連記事
22:55  |  『ガラスの仮面』全巻  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑

【日本映画】 2019.05.25 (Sat)

天才監督・山中貞雄の『丹下左膳』

『丹下左膳余話・百萬両の壺』

 戦前の天才映画監督・山中貞雄(1909~1938)。戦争によって29歳の命を奪われたうえ、フィルムも散逸して現存する作品はわずか3作のみ。

 『丹下左膳余話・百萬両の壺』(1935)
 『河内山宗俊』(1936)
 『人情紙風船』(1937)


 それでもその3作いずれもが日本映画史上の傑作として現代でも親しまれている、恐るべき天才です――。


 『丹下左膳余話・百萬両の壺(1935日活)』
 大河内傳次郎の当たり役となったチャンバラ劇のニヒルなアウトロー「丹下左膳」を、ホームコメディにしてしまった奇想天外。
 (シリーズ3部作の堂々完結編をコメディにされて、原作者・林不忘はご立腹だったとか。前2作を大ヒットさせた監督・伊藤大輔が退社後の、誰もやりたがらなかった重すぎる後任。山中はならばと思いきり割りきって、自分色に染めあげたのだそう。)

 百万両のありかを記した壺をめぐる、左膳と柳生一門との争い・・・が物語としてありながら、おもしろいのは左膳とその女房・お藤の丁々発止の掛けあい。口を開けばケンカばかり、お互い嫌だ嫌だとさんざんゴネておいて、場面が変わると喜々として尽くしているこの笑いのセンスが抜群!
 山中はカメラをあまり動かさない代わりに、こういうカット編集だけで映画の躍動感、楽しさを与えてくれます。

 表向きはお藤の店の用心棒という左膳だが、平たく言えば女の「ヒモ」な生活。ライバルの柳生源三郎(演・沢村国太郎=長門裕之・津川雅彦兄弟の父)も、肩身の狭い婿養子をスネてる軽薄なキャラに変更。
 ほんとダメ男ばかり。だけど憎めない、これがまたおかしい!

 一方の女性陣は美女ぞろい。左膳の情婦「お藤」役の喜代三(きよぞう)さんは向こう気の強い姉御肌。メイクも現代的で、余計な飾り気がなくとも艶気あふれるこのカッコよさ! 芸者から流行歌手、そして本作での女優起用へ、という転身は当時画期的だったそうです。
 かたや店の娘役・深水藤子さんという方の、なんと可愛らしいこと! 山中監督とは恋仲だったそうで、源三郎がふらり見初めるシーンなど、特別な愛情をもって美しく撮ってもらっているのが分かります。(下の動画のサムネイル画像)


 ――世界恐慌に始まる不穏・不透明な時代に生まれた、異形異色のアンチヒーロー『丹下左膳』。先立つ伊藤大輔監督版では主君に捨てられ怨みの中死んでいった左膳が、山中の才覚でたまらなく可笑しくたまらなく愛おしい 「逆・異色作」 となって、21世紀のわれわれをも楽しませてくれます。

 しかし軍に招集された山中は戦地で病死。その後の戦火や困窮により生き残ったフィルムもわずか3作とは「チト、サビシイ 」 (山中)。命も文化遺産も灰と消した狂乱の時代を恨まずにはいられません。
 
関連記事
20:24  |  日本映画  |  コメント(2)  |  EDIT  |  上へ↑

【  ゴーヤ絵にっき】 2019.05.19 (Sun)

メダカ&ゴーヤの春2019

P1080682(20).jpg


ベランダ水槽のメダカちゃんも春!

水底で半冬眠している間に飼い主を忘れてしまい、近づくとすぐ逃げてしまうメダカたち。

えさをエサに飼い慣らすのに、例年ならしばらくかかってしまいます。

でもこの冬は屋内に水槽を入れていたので、冬眠することはなかった。なかよしのままです。

うぇ~い。(←ハイタッチ)

卵もつけ始めており、もうすぐかわいい赤ちゃんが見られるでしょう。


あと、今年もゴーヤの芽が出ました。

苗用ポットなんてないので、ヨーグルトだなんだの容器に種まきしました。

これも屋内のあたたかい窓ぎわに置いていたので、4月初めにはもう発芽。

写真はGW前のもの。今はもうプランターに植え替えて、ツルが分岐しはじめています。


ただし、昨年の市販の「F1種」(1代限りの栽培用の苗)から採れた種なので、

あまりよくは実らないだろう。

こっちは涼やかな「緑のカーテン」だけに期待しています。


メダカ~ゴーヤへとバトンされた南向きの暖かい窓際は、これからしばらくは人間様のもの。

本当はここにも「水耕栽培」で緑のカーテンを作りたいのだけれど、ぼくの趣味・細工は

たいがい貧乏くさいので、なかなかわが家のコンペを勝ち上がれないのです。

ヨーグルト容器や発泡スチロール箱の何がわるい!

 
関連記事
08:32  |    ゴーヤ絵にっき  |  コメント(1)  |  EDIT  |  上へ↑

【『ガラスの仮面』全巻】 2019.05.13 (Mon)

ガラスの仮面第5巻≪伝説のひとり芝居『ジーナ』≫

 美内すずえ 『ガラスの仮面』 第5巻 ≪あした草(1)≫

マヤ(白目)

 【『ジーナと5つの青いつぼ』】

 全国大会。劇団つきかげの演目 『ジーナと5つの青いつぼ』(作者オリジナル)は、オンディーヌ小野寺とマヤに嫉妬する劇団員の策略で、マヤ以外の役者がすべて出演不能になる事態に・・・。それでもマヤは、ずば抜けた舞台度胸で驚異の即興ひとり芝居をやってのける。アクシデントを感じさせない斬新なマヤの舞台は、みごと一般投票で1位を獲得。
 しかし審査では失格処分となり、スポンサーを失った劇団つきかげは崩壊。麗やさやかたち生え抜きの仲間とともに、古アパートからの再出発を図る。


 即興のひとり芝居をやってのけたマヤ。その天才を象徴する伝説的エピソードとして、以後しばしば作中で語られる。
  旅人から謎のつぼを預かったばかりに、騒動に巻き込まれる少女の1日を描いた 『ジーナと5つの青いつぼ』 は、作者のオリジナル作品。 アイディアのもとは戦前の名作映画 『丹下左膳余話・百萬両の壺』 か。作者は落語や時代劇など「オヤジ系芸能」 がお好きらしいから。

 物語が詳細に出来上がっているところをみると、別の企画からの転用なのだろう。何かの話で聞いたが、作者のネタ帳には数百単位の企画がストックされているのだとか(未確認情報)。本編と劇中劇、その尽きぬ創作力に脱帽した。
 できればセリフの「活字」頼みではなく もっと「マンガ」技法内で表現してほしかった…が、それも美内すずえ先生が美内すずえたるゆえんでしょうか (マンガ技術の至らなさは、ご本人も若手のころコンプレックスだったらしい)。



 【映画オーディション】

 あらためて始まる稽古の日々。月影、『紅天女』 は「梅の木の化身」であることを明かす。
 真澄と小野寺、桜小路を使ってマヤをオンディーヌに引き抜こうとするが、マヤはその手に乗らず。

 マヤ、アイドル映画・田淵エミ主演 『白い青春譜』の脇役オーディションに挑戦。いったん落選するも「なぜか心ひかれてならん」 ものが審査員の目に留まり、入院中の足が不自由な子というチョイ役をもらう。(文庫版第3巻も終わり)

 
 月影の忠実な付き人・源造さんの名前が出るのは初めて?(初登場は連載第2話)。なお「小林」という姓は'97年TVドラマ化(安達祐実主演)の際の公認。

 マヤ、「演技力はありそうだが」(審査員)、まだまだ多くの人に才能を認められるほどではない。それでも端役にすら全精力を傾ける熱心さは、甘ったれたアイドル田淵エミとの対比で周囲を驚かせていく。


 ≪今週の「紫のバラのひと」≫
 『リア王』 劇場前で偶然マヤを見かけた真澄、子供に託してチケットと紫のバラを贈る。


 真澄の有能な秘書・水城冴子初登場。 「冴子」 という名は同じくTVドラマ化の際の公認。

 
関連記事
00:09  |  『ガラスの仮面』全巻  |  コメント(0)  |  EDIT  |  上へ↑